にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

新製品が面白そう・・・

2016年02月23日 00:00

やっぱり日本家屋の廃が好き

やっぱり日本家屋の廃が好き

Pentax K-5, DA16-45mmF4AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



α6000レビュー四方山話はまだまだ超高感度ネタが続く。JPGを4枚コンポジットするマルチショットノイズリダクションでの結果とPhotshopで6~8枚コンポジットした結果、さらには余力があれば過去にテストしたPentax K-3やSony α7との比較・・・。

でも超高感度域なんてど~でも良いと思っているカメラマンの方が多数の筈でレンチャンで超高感度ネタでは皆さんが飽きてしまう?・・・、かもしれず、そしてこっちの方が重要だったりするんだが、書く方が飽きちゃうんだ(笑)。よって本日α6000レビュー四方山話はお休み。

万が一、レビュー用の写真選定が間に合わなかったり、公開直前で使い込みが足りず間違った情報を書いたのに気付いた時などにすんなり記事を差し替えられるように予備のネタを用意している。今回はその中から1つ。

※本日のネタは2月上旬に書いているので情報もその時点のもの、それをお断りしておく。

2016年に入ってすぐにNikonからD5とD500が発表された。D5はほぼプロ専用でお値段もお値段だけにあまり興味は無く、とんでもないISO感度が使えるのをネットで見たくらいで詳しい仕様を知らなかったりする。今後も余程の事がない限り調べたりはしないだろう。

興味があるのはD500だ。興味があるイコール「欲しい」・・・、と言う程ではないが、こちらは一応仕様を眺めており、仕様通りならAPS-Cセンサー搭載カメラでようやくありとあらゆる撮影に耐えられるのが出てきたなぁと感じている。

先ず2000万画素に落とした事。これは英断だろう。ぶっちゃけAPS-Cで2400万画素はトリミングが有利なだけで、多くのカメラマンがズームレンズ主体の撮影だろうから、トリミングが有利ってだけのセンサーは不要だったりする。2000万画素だって半分にぶった切っても1000万画素も残り、A3ノビプリントは可能だ。

そして最新のセンサーと言うこともあるのだろう、超高感度域の画質がどうやら優秀ならしい。これを書いている今、まだサンプルを見られないが、まぁこれを売りにしているカメラなのだから間違いはないだろう。

100万ナンボなんて特殊な撮影意外には使い道はないだろうが、ISO25600がSony α6000やPentax K-3よりも1段、2段の上の画質だったら、それだけでも買う価値はある。廃墟マニアは全員D500へ行け!、と言っても良いかもしれない。何しろおおよその廃墟はISO25600で事足りるからだ。

画質の面では1200万画素135センサーのSony α7S、α7SIIとどの程度の差があるか、きっとこの記事が掲載される頃には勝負が決まっているだろうからとっても楽しみだったりする。

また10コマ/secの連写機能もスゲェ!。Sony α6000の11コマ/秒を先日体験しただけに、α6000には届かないものの、一眼レフ、1コマ撮影する毎にミラーのアップダウンを繰り返すのだから10コマに到達するのは至難の業だった筈。

しかもRAW撮りで200コマまで連続撮影出来るってんだからお口あんぐり。確か少し前に東京オリンピックに向けて50コマ連続で撮れるカメラじゃないと駄目!、なんて書いたが、いやはや、日本の技術って凄いなぁ~。

この10コマ/sec、連続200コマの機能を利用して廃墟でノイズ軽減用としてコンポジット用の写真を連写すると短時間で20カットを撮れちゃう。そしてコンポジットは平均2段分以上のノイズ軽減効果があるからISO25600がISO6400相当以下になり、そのISO6400が他社と比較してISO3200相当以下だったら・・・。やっぱりこのカメラは廃墟マニアの最高の相棒になるのかもしれない。

初期の最安値が約23万円でしょう?。妄想癖のある身としてはうちにはNikkorの16-85mmがあるから23万円を何とか捻出出来れば即今の数倍画質が優れた廃墟写真を撮れちゃうし、半年我慢をすればもしかしたら20万円でお釣りが来るかもしれない。

うちのPentax K-5は5年目に突入した。今のデジタルカメラは5年以上使えるんだ。それを考えると安い買い物に見える。ぶっちゃけ135センサー搭載のPentax K-1よりも廃墟専用カメラと考えるとNikon D500の方が遥かに勝手が良いに違いない。

そしてライバルのCanonはEOS 7DmarkIIのままで数年行くのか、それともすかさずmarkIIIを投入するのか?。マイナーブランドのPentaxユーザーからすると対岸の火事、今後の楽しみである。NikonもCanonも2020年の東京オリンピックを見据えている筈で今から3年、4年は壮絶なバトルを繰り広げるに違いない。この時しかカメラ業界は稼げないのだから!。

続いてFujifilmのネタ。これはFujifilmユーザーには申し訳ないが、NikonはAPS-CのフラッグシップでしかないNikon D500が化け物スペックだけに、用途や購買層が全く異なるとは言えX-Pro2のスペックは微妙だ。

画素数はNikonが2400万画素から2000万画素に下げたのと反対にFujifilmは1600万画素から2400万画素に上げてきた。これが吉と出るか凶と出るか・・・。

ユーザーが2400万画素を望み、それを実現したから悪い話ではないと思う。でも時代はすでにAPS-Cは2000万画素くらいが良いのでは?、となっている気がするんだ。

Pentaxユーザーは恐らくK-3II後継機種には2000万画素センサーを載せてくれ!、と訴える人が多いと思う。D500に付いているセンサーがSony製ならおこぼれちょうだい!、となる筈だ。単なる憶測でしかないが、それがPentaxユーザーだけでなくカメラマン全体の常識と化したらFujifilmは周回遅れになっちまう。

しかもD500とは数万の価格差しかない。OVF、EVFのハイブリッドファインダーがとっても高価なのだろう、それは判るが、D500のスペックを見ると幾ら畑が違うとは言え高過ぎる。

※X-Pro2の超高感度域のサンプルをまだ見ていないので「X-Pro2の2400万画素センサーは半端じゃねぇ!」となるかもしれないけれど・・・

このカメラが15万円くらいで流通するのなら恐らく誰もが文句を言わないだろう。もしや、かつてのEpsonのR-D1のような孤高な存在として一部のマニアに喜ばれるだけのボッタクリカメラと化すのか?。まぁFujifilmくらいの優良企業なら我が道を行き、1機種こけてもどーにでもなるのだろうな。東京オリンピックなんて考えていないかもしれない。

但し!。お弁当箱タイプのクラシックタイプのカメラが大好き人間としては財布に余裕があったらスペックなんてど~でも良く(実際、詳しいスペックを知らない(笑))、デザインだけで是が非でも欲しいカメラであるのは確かだ。Epson R-D1がボッタクリ価格を止めて正当に進化していたらそれが一番欲しいカメラになっていたのだろうな。Epsonは頑張るべきだった。

Fujifilmで言えばX-E2Sの存在は面白い。なんか良く判らないがこの改良版は日本では発売されないのかな?。X-E2のファームウェアのアップデートでX-E2S相当のカメラになってくれるとかくれないとか?。もしそうだったら中古のX-E2を買って中身をX-E2Sにして・・・。X-Pro2は買えないけれどお弁当箱が欲しかったらそういう選択肢になる。

ただFujifilmのミスは135センサーカメラに参入しない事。これも時代を逆行している気がしてならない。現行レンズは135センサーに対応していないようだから今後もAPS-C中心の戦略なのだろうか?。中判ミラーレスを開発中との噂もあるが、発売されてもかなり高価になるだろうし・・・。

お弁当箱が欲しい人の中にはLeicaへの憧れがある人も多い。私もそんな人間。そうなると幾らFujifilmのレンズが優れているとは言え50mmレンズは50mmで使いたいよねぇ~、それが本音だと思うんだ。ぶっちゃけSonyのα7があんな無様なデザインでなければとっくの昔にメインカメラになっていた筈。

だってα7はおおよその他社対応のマウントアダプターが発売されていて、世界中のレンズを使える訳でしょう?。しかも28mmは28mm、50mmは50mm、135mmは135mmと焦点距離通りの画角で利用出来る。これほど面白いカメラは類を見ない。デザインさえ優秀だったらLeicaに勝てた筈だし、世界を制覇したろう。

でもそのLeicaがα7を一回り大きくしただけのようなデザインの「SL」を出したから大笑い。あのα7がとってもかっこ良く見えちゃうんだから・・・(笑)。なんだろ、世界的にはこの手の試作品デザインが流行しているのか?。

となると将来、Leicaのレンズ交換式APS-Cミラーレスカメラが発売されるとしたらα6000を一回り大きくしたようなデザインになるに違いない!。

そうそう、お弁当箱タイプと言えばコイツがいたじゃないか!。真打登場とでも言おうか?。OlympusのPEN-Fである。スゲェカッコイイじゃないか!。しかもOlympusさん、ようやくお弁当箱カメラに内蔵EVFが必要だと気付いてくれちゃった。

お値段が如何ほどになるのか判らないがm4/3カメラはPanasonicもそうだけど何故か初期値はかなり強気。そう、ボッタクリ価格。しかも数年経ってもかつてのように投売りしてくれない。これが現在のE-P5の価格+外付けEVFのお値段くらいだったら、スペックも何も知らない状態で大いに無責任であるが、全てのカメラマンにお勧めしたい(笑)。

当然こういうカメラにズームレンズなんて似合わない。やっぱり単焦点レンズ、しかも1本だけで勝負したいねぇ。やっぱり画角が135換算で50mmになる25mmレンズかな。これに何だっけ?、15mm(換算30mm)になるレンズキャップ?、それさえありゃ十分楽しめるでしょ!。

そして換算50mm前後で大口径レンズと言えば先日、Sigmaがスゲェもんを発表したっしょ!。DNシリーズの最新作、30mmF1.4!。Sony Eマウントなら45mmF1.4、m4/3なら60mmF1.4相当のレンズになってくれちゃう代物。これはたまらんね!。将来α6000、GX7のどちらを買ってもメインレンズになれる素質あり!。早くサンプル写真を見たいぜ!。

本日の写真、新製品ラッシュでシーラカンス化しているPentax K-5でのコマ。まだまだ現役だぜ!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    Pentax K-1用の新発売のレンズ、タムロンのOEMがどんどん出てくるようです。
    タムロン15-30mmf2.8、大体100000円くらいですが、Pentax K-1用でコーテイングが違うだけで、価格コムで二倍の価格になってます。
    nikonD500は野鳥撮りのカメラマンも注目しております、1秒10コマ連続200枚は魅力です。ただ、メモリーカードは新しいタイプで32Gで2万円ちょっとです。
    FujifilmのX-Pro2はファインダーが独特で楽しいです、私はX-Pro1をアウトレットで購入して使っております。
    今日もいろいろ新製品が発表されておりました、CP+が楽しみです。

  2. アキオ ココロトレール | URL | -

    BigDaddyさんはやっぱり、Kー1買わないんですね、辛口レビューを期待してましたが残念です。うちは8年前のkー200dも壊れず、Kー5も調子が良いんです、大きな声では言えませんがkー5で大満足、そしてAPS-Cの画角にも慣れていますし家計も苦しいのでKー1は無理です。
    Kー5からkー3のユーザーたちから何割の人達がKー1を購入するんでしょうか?
    俺の予想ではこの内2割の人達が乗り換えるのではと予想してます、そしてこの2割のうちの半分の人達の実際の購入時期は夏頃、一年後の底値は18万円です。

  3. 田中一郎 | URL | -

    CP+もあり新製品の嵐ですね、PENTAXはK-1が猛プッシュされておりますが、APS-Cの新型の噂もありそちらも期待したいです
    そしてなんとシグマから新型ミラーレス一眼(!)が発表されましたね
    SAマウントですがアダプタを介して他社レンズでもfoveonセンサーが使えるとなると物欲が湧いてきます…

  4. 中古のスバル | URL | -

    BigDaddyさん初めまして。いつも拝見させて頂いています。
    α6000レビュー続き楽しみにしています。
    >Leicaのレンズ交換式APS-Cミラーレスカメラ
    ライカTがありますよ。最も値段が凄いですが・・・

  5. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    Nikon D500はかなり売れるんじゃないでしょうか?。Canonユーザーも鞍替えする人が多い気がします。

    PentaxブランドになるとTamronレンズが倍近い値段になる、ネットで結構話題になっているみたいですね。Tokinaレンズの時は共同開発と言う大義名分がありましたが、今回のはTamron設計なんですかね。外側とコーティングだけPentaxがやっている?、もしそうなら仰る通りボッタクリ価格だと思います。

    私はこの噂が正しかろうが誤りだろうがPentaxの135は買わないですから結構どうでも良かったりするんですけど(笑)。135だったらやはりほぼどんなレンズも装着出来るα7II以外考えられません。

  6. BigDaddy | URL | -

    > アキオ ココロトレール さん

    今でもPentaxデジタル一眼レフで最高のカメラはK-5系だと思っています。当然AFと背面液晶が進化したII系の方が良いでしょう。K-1は買わないです。買わない自信があります(笑)。レンズがどうもボッタクリ価格なのが・・・。

    K-1は出てくる高価なレンズを買えるか否かで市場は変わるのでしょうね。何しろSigmaが今のところKマウントを作る気がなさそうですし、TamronはOEMで提供なのでTmaron名の安いKマウントも出てこないでしょうし、Tokinaとも縁が切れているようですし・・・。今時純正レンズだけで頑張れるブランドってあるのか?、ちょいと疑問です。2割と言う線は非常に現実的で私もそれくらいだろうなと思いました。

  7. BigDaddy | URL | -

    > 田中一郎 さん

    K-1って何かスペックが普通過ぎて逆にびっくりしました。ファインダー倍率とか0.8倍以上とかやってくるだろうと思っていたら他社と変わらないようですし・・・。

    Sigmaのミラーレス、情報ページ見てきました。なるほどこれは面白いですね。foveon、1ヶ月で良いので使ってみたいです。ただ、このカメラ、右目用なんですよね、どう見ても(笑)。まぁ右目でファインダーを覗こうと思えば覗けますが、普段は左目なのでそれだけで使い勝手が悪そうに思えちゃいます。

    マウントアダプターには興味ありますねぇ。将来α7系を買った時に安いEF、SAレンズを買って遊べそうですし。

  8. BigDaddy | URL | -

    > 中古のスバル さん

    コメントありがとうございます。

    α6000レビュー、まだまだ続きますのでどうぞ今後もお付き合い下さい。

    Leica T!、うーん、知りませんでした!。情報ありがとうございます。いやぁ、びっくりです。Nex、α4桁系じゃないですか!(笑)。SonyとLeicaってセンサー以外は提携していませんよね?。なんであんなに似ちゃうんでしょうかね・・・。あくまでも主観ですが、SonyのLeciaのデザイン担当者ってダサ過ぎます(笑)。


  9. のっぽ親父 | URL | -

    昨晩新製品に興奮していました。そこで今日シグマSD1とペンタックスK-3をカバンに入れてパシャパシャ撮ってきました。。するとなかなか良い感じに撮れたので少し欲しい病が覚めました。。(笑)限りある小遣いをどう新商品に使うか悩み中。マウントアダプタにはいきそうです。。

  10. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    私もここ数日、デジカメinfoからネタ元にリンクを行ったり来たりしていますよ。のっぽ親父さんは昨年α7やK-3を入手されておられるのですから我慢しましょう!(笑)。私がどうなるかですねぇ~。いや、すでに結論は出ているんですが、それは今後のネタで発表したいと思います。

    E-EFマウントアダプタはCanonのレンズが使えるのなら私もSonyユーザーになったら是非とも欲しいアイテムですね。これは今後のレビューに期待したいと思います。YouTubeとかにすぐにアップされるでしょうからね。EFレンズを使うとどうなるかって。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)