にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

何を今更!、Canon Powershot G9ショートレビューその2 光が回っていれば美しい絵が出てくる

2016年03月18日 00:00

どこぞの廃屋

どこぞの廃屋

Canon Powershot G9

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



Canon Powershot G9の今更ショートレビュー、前回の記事の続きを・・・。

※本日掲載している写真は全てマウスクリックで長辺1150ピクセルになる

幾らCanonの高級コンデジとは言え、9年前の代物。今更レビューをしても誰も喜んで見てはくれないのは承知している。でも憧れだった機種、自分が納得したいからこうやって記事にする。

そんな9年前のカメラでも画質は極普通だ。これはG9だけでなく、デジタルカメラが500万画素を超えてからの画質はその性能内に納まる風景に関しては今のコンデジと比較しても引けを取らない像を提供してくれる。

古いデジタルカメラの大きな欠点は「ダイナミックレンジが狭い」、「ノイズ耐性がない」の2つ。だからこそダイナミックレンジが5~7EVくらいに収まっている明るい風景ならば今でも通用する。

例えばISO200になった瞬間に画質が劣化し、ISO400は見たくもない像のRicoh GX100でもISO80、ISO100の画質は優れており、順光の風景ならば今も尚十分に使える。

恐らくGX100の後継機種であるGX200とこのG9のセンサーはほぼ同じ性能だろう。だから手持ちのGX100よりも1段~1.5段程の高感度耐性がある。等倍で見てもISO400が問題なく使える。そしてRAWから現像すれば私が撮る風景であればISO800でも気にならない。

さすがにISO1600になると等倍ではかなりえげつない写真になっているが、A4プリントくらいならさほど問題視する程でもない。と言うよりもISO800とISO1600の像にあまり差がないんだ。だからISO800でブレそうな風景は問答無用でISO1600に上げても良いと思っている。ブレたら使い物にならない、でもノイズが煩いだけなら使い道はある。

そうなると尚更、2010年の夏、GX100を買わないでGX200を買っていれば今もかなりの勢いで使っていたろうなと今回で100回目くらいの後悔をしちゃう(笑)。なにしろGXシリーズには画素数は少ないにせよEVFがアクセサリーとして装備されており、当然視野率は100%、G9での光学ファインダーよりも遥かに勝手が良い。もしGX200を持っていたらG9を手に入れる事は無かったかもしれない。

だったら素直にGX200を入手すれば良かったかもと101回目の後悔をしちゃうが、GX200って意外と高いんだ。今でもEVF込みで2万円近くの値を付けている。手元のGX100+EVFを下取りに出しちゃえば1万円台前半で手に出来るようだけど、ケチな私にはそれでも高い。

それにしてもRicohって会社は駄目だなぁ~。PentaxファンはRicohがPentaxを買い取ってくれたお陰で念願の135センサー搭載の一眼レフを手に入れられ万歳三唱ものだろうけど、Ricohファンは腹が立っているに違いない。

RicohがPentaxを手に入れてからRiochブランドで出たコンデジって360度カメラを除けばGRシリーズだけでしょう?。GXRシリーズは死に体だし、一世を風靡したCXシリーズは知らぬ間に消えちゃった。そしてGXシリーズはGX200から一切更新されていない。

GX300の登場を待ち望んでいるRicohファンは今でも大勢いると思う。私もその一人だ。Pentaxブランドから発売されたMX-1がGX200の後継機種、GX300だなんて人もいるみたいだが、違うね。MX-1にはEVFがない。GXシリーズはEVFがあるからこそ、24mmスタートだからこそユーザーが存続を望んでいる。

自社のMX-1よりもNikonの今度発売されるDL24-85の方が遥かにGX300だ。このスペックのままユーザーインターフェースをGX風にすりゃそれはもはやGX300。Nikonに先を越されて何をしているんだ、Ricohは!。
とにかく全体が明るく輝度差の少ない風景ならば9年前のカメラが今でも通用しちゃう。一眼レフにしょ~もないレンズを使った写真よりも周辺部までカリッと仕上がったりもするから用途は多い。

トップ写真。普段はこんな仰いた写真なんて気持ち悪いから撮らないのだが、ふと液晶画面を見て「こりゃぁ~鮮やかじゃのぉ~」と感じ、思わずパチリした。

「くっきりカラー」を使ったと思うが、とにかくコンデジらしい彩度の高い描写はたまに見ると面白い。Pentaxカメラもカスタムイメージで「鮮やか」や「雅(miyabi)」を使うと空が綺麗に描写されるが、Canonのそれはそのカスタムイメージの彩度を大幅にプラスしたような像。それでいてあり得ない色合いでもない。

また太陽が出ていなくても日中の明るさを確保できていれば次の写真のように見た目どんよりしていても絞りを開けているからISO80で撮影出来てしまう(多分かなりマイナス補正している筈)。そして光が回っていて輝度差がないので、やはり今でも通用する絵を出力してくれる。


2016-03-18-02


周辺部の描写はPentaxの一部のしょ~もないズームレンズを使うよりもしっかりしている。レンズが専用設計なのと電子補正が上手く効いているのだろうし、広角側が35mmと無理をしていないのも画質向上に貢献しているかもしれない。

次の写真は最広角、135換算の35mmのISO80で撮影。Lightroomで再現像し、カメラプロファイルにCamera Positive Filmをセットし、ハイライトを下げ、明瞭度を上げた。部分切り出しはマウスクリックで1000x1000ピクセルの等倍像になる。

こういう風景が9年前のコンデジで撮れてしまうし、最新の2/3型や1型センサーを搭載したコンデジはさらに優れた像を見せてくれるのでしょう?、一眼レフを使うのが馬鹿馬鹿しくなってしまう。


2016-03-18-03


中央

2016-03-18-04


左端

2016-03-18-005


右上隅

2016-03-18-06


おっと電子補正が上手く効いているとたった今書いたが歪曲に関してはあまり補正していないようだ。広角側では樽型の歪みが出ている。これはちょっとカッチョ悪い。でもこんなもんはLightroomで補正しちゃえば済むから気にしない。

LightroomにはG9のレンズプロファイルは存在しないが、G10、G11辺りのが使えるし、色々と試した結果、Poweershot S90のプロファイルが一番しっくりした。歪曲補正はG10とS90では同じなのだが、周辺光量の修正がS90の方が良いんだ。


撮って出し

2016-03-18-07


LightroomでS90のレンズプロファイルを適用

2016-03-18-08


Lightroomにて、9年前のコンデジにもレンズプロファイルがあり、カメラプロファイルだってG9用のが9種類もある。Pentaxのカメラなんて645ZすらAdobe Standardしかないのだから・・・。

AdobeがPentaxを見下しているのか、PentaxがAdobeに情報を一切提供しないのか・・・。どちらにせよ商売するにはこの件はデメリットでしかない。こういうところがRicohになって改善されると思ったのだが、Ricohも結局何もしないのだから見限る人が増えるのは判る気がする。

Ricohさん、まずは頼むから市川、Silkypixと縁を切ってくれ!。そしてAdobeにお願いしてでもカメラプロファイルを増やしてもらってくれ!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. 通りすがり | URL | -

    rss登録してますよ〜。アクセス数にはあまり貢献してないと思うけど。

    古いデジカメ使うならやっぱりLightroomですよねぇ。
    ブログ主さんは倍率色収差は気にしない方?
    プロファイル当てるなら一緒に修正しちゃってくださいよ。
    それともS90用のだと合わないのかな?

  2. BigDaddy | URL | -

    > 通りすがり さん

    RSS登録、そしてコメントをありがとうございます。

    倍率色収差、レンズによって気になる時もあります。Pentaxのあるレンズは一目で判るとんでもない倍率色収差が出るのがあり、それはオンにしていましたが、パッと見て特に気にならないと思ったのは修正していないですねぇ。あれをオンにすると解像感が反対に悪くなる像になった時もあったもので。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  3. 田中一郎 | URL | -

    全く同感です!リコーのデジカメはCaplioR6、CX1、GRD4と使っておりましたが使い勝手と性能のバランスが良く本当に重宝しておりました。
    リコーのコンデジはGRとWGシリーズのみとなってしまい非常に残念です。
    一眼レフの開発リソースを考えれば仕方ないのかも知れませんが、GR以外の便利コンデジも復活願いたいですね。

  4. BigDaddy | URL | -

    > 田中一郎 さん

    R6、今でも使っています(そろそろ引退させようと思っているんですが)。ある時、CXシリーズに買い換えようと思ったらラインナップから消滅し、中古でも見掛けなくなりなんだかなぁと。胸ポッケに入るコンデジが欲しいと思ってもRicoh、Pentaxはないんですよね。

    サイトを覗いたら1/1.7型のGRDも無くなっちゃったんですね。GRD4はまだあると思っていました。WGはもともとはPenaxブランドですし、Ricoh純粋のコンデジがGRと現場監督的なGシリーズだけ・・・。企業姿勢に疑問を持っちゃうとPentaxブランドでさえ不信感を持っちゃいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)