にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ケチケチ人間が夜な夜な暇潰しに行う遊び

2016年04月07日 00:00

鉄っちゃん養成遊具

鉄っちゃん養成遊具

Lumix FX55

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



大ニュース!。マップカメラの定期メールを開いてみたらPanasonicがGX7markIIを発表!、すでに初期値も決まっていた!。いやいや、これは今世紀最高のニュースって言ったら大袈裟だが、かなり素敵な発表だ。2年後投売りが始まった頃にコイツを買えるじゃないか!。いやぁ、ホント、嬉しい!。今日は槍を持ってテーブルの周りをウッホッホと踊らなくちゃいかんな。

だってGX8のあの馬鹿でかさ、写真オンリーの人間は絶対に買わないでしょ。写真派、単焦点、広角~標準派はGX7系へ。動画派や大きな望遠ズーム利用者はGX8やG7へ!。Panasonicはユーザーの心を理解しているねぇ。しかも仕事が早い!。MX-1のような馬鹿メラを出しちゃったPentax/Ricohとは大違いだぜ!。

って事で本題へ・・・。

コンデジとしてはCanon Powershot G9もPenax MX-1も大柄。コンパクトとは言い難い。7年も使っていたコンデジは胸ポケットに入る大きさ。こういうのが欲しい。そうなるとEVFなんて付いてなくても良い。カメラじゃなくてポケットサイズの風景複写機が欲しい。

そこで暇を見て「激安コンデジ検索ごっこ」、そんな一人遊びを楽しんでいる。だいたい週に一度、金曜の夜、タモリ倶楽部を見ながらその作業に入る。

上限を5千円と決めて中古カメラ検索サイトやAmazonなどの通販サイトに出品しているコンデジを片っ端から見ていくんだ。その手の代物、意外とある。ほとんどが1000万画素前後の1/2.3型のCCDセンサーのコンデジ。2010年以前の物が多い。でも時折、CMOSセンサーの1600万画素なんかを見つけられちゃう。

写りに満足しているコンデジを2台手に入れているので、高感度が強いとされているCMOSセンサーじゃなくても良い。ISO800で2Lプリントが出来れば十分、とにかく記念、記録にしか使わないのでそれ以上の感度が必要になるような風景ではストロボを炊くだけ。

だから選り取り見取りなんだ。そしてそれを見ていると幾つかの疑問が湧く。

2千円台のはどうしてそんなに安いんだ?
何故2008年の古いモデルなのに4800円もするんだ?
2012年発売CMOSセンサー搭載が5千円しないけど何か理由があるのか?

こういう疑問を見つけるとメーカーサイトに飛んで仕様を確認、価格.comでレビューや口コミ情報を見る。当たり前だが高いカメラ、安いカメラにはそれなりの理由がある。その理由を追い求めるのが面白いんだ。

とあるコンデジ、メーカーサイトの仕様等を見るとかなり優れている。今でも十分に使えるじゃないか。ISO1600でもA3プリントだって出来そうだ。どうしてこれが5千円しないんだろうか?、と口コミを見ていると「バッテリーが貧弱で1日持たない」なんて意見が大多数を占めたりしている。

また特に欠点も無い、むしろ良い面ばかりが目立つのに5千円以下で流通しているカメラ。謎でしょう?。モデル末期の投売りに答えがあるのを突き止めた。

かつてのOlympusやPanasonicの販売方法と同じで投売りが始まった瞬間に1万円に満たないで流通している。言い換えると1万円の商品が半額の5千円になっただけ。

この手の中古コンデジの大半は初期不良の対応しかされず1ヶ月で壊れても文句を言えない。保証の無い5千円中古品を買うよりも保証が1年ある新品を1万円で買った方が賢いのが判ってくる。

※そんな新品在庫があるようなコンデジは、量販店のアウトレットを探索しない限り、見つけるのは困難だが・・・

気になったコンデジは徹底的に関連記事を見て回るので1時間なんてあっという間に過ぎる。ブラウザのタブが20個くらい開いている。気になるカメラを複数見つけたらどっちがお買い得か、そんな比較もするからだ。

買う買わない、欲しい欲しくない、そんな意図で調べているのでなく、そのカメラに対する疑問、何故?、を知りたいだけなんだ。

だから価格.comだけじゃなく、そのコンデジのレビュー記事を見つけると見入るし、掲載されている写真はダウンロードしてじっくりと等倍鑑賞する(笑)。

そんなカメラ達はそれを販売しているお店を含め関連サイトをお気に入りに加える。「5千円以下の中古コンデジのカタログ化」とでも言おうか?。

このカタログ化ですでに気になるコンデジが4機種。1ヶ月くらい前からこの遊びを始めたが、うち3台は未だに販売店に残っている。需要が無いんだ。欲しかったらいつでも買える状態にある。

でも買わない!。ポケットサイズのコンデジは喉から手が出る程欲しいには欲しいのだが、買っちゃうとタモリ倶楽部を見ながらの激安コンデジ検索ごっこが終わりを迎えてしまうんだ。それはそれでつまらんのだなぁ~(笑)。

レンズ交換式のデジカメ、はたまた車や家電でも買うまでが楽しいでしょう?。色々比較しながらあーだこーだ、そんな時期が一番ワクワクする。でも買っちゃったら安心しちゃってどーでも良くなっちゃう。その時点で過去になるんだ。人生って未来を妄想するから楽しいんだ。

本日の写真。7年間愛用した胸ポケットサイズのコンデジ。すでに電源が入らず風景複写機として機能しない。棚に飾ってあるだけ。

7年前のコンデジでこんなにメリハリがあって背景がぼけるの?、と思われるかもしれない。そんな事はさすがにない。コンデジだからこそパソコンで色々とレタッチして楽しんでいる。使用したツールはAlien Skin Exposure 7のみ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. アグリ | URL | 41Gd1xPo

    MX-1

    長らく、こちらのブログを楽しませていただいております。

    私、MX-1を所持してまして(笑)感想は共感するばかりです。

    Iso6400でコンポジットをしたことがありますが、結構な写りに驚きました!手ブレ補正も充分。輝度差のある風景は失敗も多いですが、コンデジの画質としては満足しております。

    あ、あと自動開閉キャップは安物を買ったのですが、使い勝手は良いです。当たり外れがあるかもしれませんが、製品名分かりましたら、一応再投稿致しますね。

    話は変わりますが、こちらのブログを読んでいてgx7に興味津津です(笑)

    そこで、1つお尋ねしたいのですが、raw耐性はaps-cと大きくちがったりはありますでしょうか?主観で教えていただけると有難いです。

    余談ですが、最近はraw therapeeで遊ぶ楽しさを覚えました。感謝です!

    それから、α6000のまとめ記事の写真は惚れ惚れでした!aps-cでボディ内手ブレ補正のミラーレスが出てきて欲しいのですが、出ませんね(涙)

    では長々コメント失礼しました。
    更新いつも楽しみにしております。

  2. アグリ | URL | 41Gd1xPo

    連投失礼します。

    MX-1の自動開閉キャップはユーエヌ 「UNX-9527」というもので2200円ほどでamazon購入でしたが、今はどこも在庫なしですね…。失礼致しました。

  3. BigDaddy | URL | -

    > アグリ さん

    コメントありがとうございます。

    おお!、MX-1をお持ちですか!。最も不快なのがストラップ用の取り付け金具だと思われませんか?。このせいで首からぶら下げたいとは決して思わないんですよねぇ。反対に画質は今後のネタにもなりますがほぼ完璧だと思います。

    さて、GX7、m4/3センサーですからAPS-Cよりは評価は低いと思います。しかし色々と試している限り、少なくともノイズ耐性に関してはかなり評価出来ます。MX-1でISO6400のコンポジットが満足されているのなら十分だと思いますよ。

    適正な露出においてのISO3200やISO6400はAPS-Cと違ってもせいぜい半段程度でしかなく(しかもAPS-Cの2400万画素は意外と高感度は良くないですからほぼイコールと見て良いでしょう)十分な性能なんですが、但し、m4/3の大きな欠点はダイナミックレンジであり・・・。

    例えばISO800とかISO1600と言った今では当たり前の感度の像でもシャドーを1段以上プッシュするとAPS-Cよりも一気にノイズは浮いてきます。またハイライト耐性はあんまりないと思っていた方が良いかと思います。Pentax K-5で白く飛んだハイライトを補正して青い空が綺麗に出てもm4/3では薄い青にしかならなかったりします。この辺もMX-1と似ていると思っていて良いかと思います。

    APS-Cや135のセンサーはダイナミックレンジが広いので輝度差のある風景は最新のm4/3センサーでも太刀打ち出来ないでしょうねぇ。ですからそこはカメラマンのセンスで飛ばすところは飛ばす、潰すところは潰してしまえば良いだけで私は最悪と呼ばれているOlympus E-P3の1200万画素センサーでも気にならない人間です(MX-1よりも酷いんじゃないかと思う程の画質)。

    まずは先日発表されたばかりのGX7markIIのサンプル写真が出回ってからお考えなっては如何でしょうか?。画質はほとんど変わらないと思いますが、ボディ内手振れ補正がかなり強化されたようで、例えばAPS-CでISO6400を使わざるを得ない風景でも被写界深度と手振れ補正の考慮すればGX7markIIやOlympus OM-D E-M5markIIではISO800が使える事になり、後者の方が絵は良くなる筈です。GX7はそこでISO1600になるかなってところでしょうか?。

    またGX7markIIの写真が出回り、色々な評価が出るのはGW前後だと思うので、GW明けにどうするかを考え、きっとその頃にはGX7の中古は今よりも安価になっている可能性もありますので、価格面でどう天秤に掛けるかでしょうか?。

    但し、Olympus関連の記事で1/2secでピタリと止まるなんて嘘ですからお気をつけ下さい。5軸だろうが4軸だろうがピタリと止めるにはカメラマンもかなり神経質に微動だにしないと決して止まりません。量販店で何度も試しました。135換算50~100mmの焦点距離で極普通にカメラを構えた際、1/2secが止まる確率は3割に満たないです。3割だと効果があるとは言えませんよね。結果、どんな手振れ補正でも1/4secが限界だと思っています。

    α6000のまとめ記事と言うと廃墟系写真ですよね。となるとアグリさんも廃墟がお好きなのでしょうか?。まぁノイズ軽減の為のコンポジットを積極的に行う人は星屋さんか廃墟屋さんなので(笑)。


    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  4. BigDaddy | URL | -

    > アグリ さん

    おっと連投されていたんですね(笑)。

    そうです!、最初、そのユーエヌをamazonで見ていて在庫がないので他の同じようなものを探していたら、Stokのレンズバリアがありましてそれの評価がかなり微妙、それで思案中なんです。まぁ2千円くらいなのですぐに壊れても良いかなぁとは思うんですけどね・・・。


  5. アグリ | URL | 41Gd1xPo

    こんなに詳しく教えていただけるとは・・・驚きと共に感謝です!
    MX-1は初めて買ったカメラなんですよね。何もその頃は知らず価格.comの評判で買ってしまった流れです。ストラップは仰るとおり不快です!なので、首からは下げません(笑)柔らかいストラップ付けて、散歩中は腕に絡ませています。

    コンポジットの件ですが画像を確認してみると、ISO3200でした(汗)夜外にいることが多いので、人のいない公園とかちょっとした夜景をパチパチしております。

    レンズが明るいのと手ぶれ補正のおかげで大体3200までの範囲でコンポジットして楽しんだりします。あと、暗所AFが使えること。これはいいなぁと感じます。でも、自分で買って何ですが…でかいですね(笑)

    その後、一眼で中古購入のペンタックス・フジと変遷しましたが、使ってみて初めて分かることって多いです(その他、家族の持つニコンも含め)。散財しましたけれども勉強になったかなと…(汗)

    本当はフジ一本で行くつもりが…どうも手放したK-5IIsの方が扱いやすく、まぁその他フジとはごにょごにょと色々ありまして(笑)塗り絵的描写はこちらで勉強させてもらったRawtherapeeで概ね解決できるのですが、どうもX-transは苦手でした。歪み補正ファイルが無いのも痛いです。

    K-5IIsにあった悩みは赤の色飽和と時折り気になる輪郭線。リンギングというんですかね。でもAPS-Cはペンタに戻る気もします。
    たぶん、そのときはK-5IIかなと。ペンタは知っているので納得がいくのとイメージングスクエアは好きなんですよね。ペンタはレンタルをしてみて考えようと思っています。K-S2が少し気になるので。

    とはいえ、当分は妄想的生活を強いられそうです。こちらは経済的理由(笑)
    マイクロ・フォーサーズのダイナミックレンジはやはり狭いんですね。
    ganref性能テストでJpegのダイナミックレンジ評価は割りと広かったので、行けるかな?と思ったのですが、実際にお話伺えて良かったです。
    シャドウの1段プッシュのお話は考えていなかった点でとても勉強になりました。輝度差のある風景の飛ばす、潰すは適宜現像しながら楽しみたいと思います。

    手ぶれ補正でISOを下げられるというのは大きいですね。
    経済的事情と合わせて、GX7mkIIの様子を眺めてみようと思います。
    オリンパスの手ぶれ補正は魅力ですが、でもデザイン的にパナソニックが好きでして、パナソニックばかり調べてます(笑)

    書いてて思ったのですが、たぶん買いますね(笑)

    GX7mkIIは見た目も好きですが、BigDaddyさん同様・・・ウン年後に価格が落ちてきた頃に・・・という感じです。でも、良さそうなカメラですね。

    いやはやありがとうございました。
    あ、あと廃な風景ははこちらで好きになりましたが、今のところ一般風景を修行中の初心者です。パチンコ屋さん?の解体の写真とか廃校風景は特に好きですね。

    でも、写真を拝見して思うのは…やはり機材じゃないなぁって感じます(笑)修行あるのみです。こちらこそ、よろしくお願いいたします!

    レンズキャップ、当たりのものだといいですね。


  6. BigDaddy | URL | -

    > アグリ さん

    MX-1が初カメラですか、ではお若い方なんですね。てっきりMX-1ユーザーなので私と同じくオッサンかと思っていました(笑)。なるほどコンポジットは夜景で行われているんですね。

    FujifilmはやはりX-Transの気持ち悪さをどう乗り越えるかでしょうかね(笑)。ただ少なくともレンズ性能は無視し、等倍で見た場合はK-5IIsの方が遥かに解像感は高いです。RawTherapeeを使うと同じになるのでしょうけど。

    ちなみにFujifilmのレンズは内部プロファイルを利用し、Lightroomでは自動で歪曲補正されますし、RawTherapeeでも「歪曲収差補正」でボタン一発で修正が可能です。それはm4/3カメラでも同じです。今後は一眼レフでも内部プロファイルが主流になるのでしょうね。

    K-5系のカメラでネックなのはあと数年で部品が欠品する可能性がある事です。K-3と多くを共通化している筈ですが、メーカーに「ない!」と言われたらおしまいなんですよね。だから私は今後5年は使うのを想定し、K-S2か初期型のK-3を狙っています。

    ダイナミックレンジに関しては夜景のコンポジットをされているのならHDRでも良いと思います。私はダイナミックレンジが狭いE-P3ではHDR加工前提で露出ブラケットで撮影する事が多いですね。GX7でもそういう撮影をすると思います。

    写真は見せ方でしょうか?。ショボいカメラやレンズでも撮影方法や見せ方によってどうにもでなりますし、シーラカンスコンデジのCanon G9でも私は大丈夫な人間です(笑)。特殊な撮影を除けば機材の差はなんだかんだとなんとかなるもんです。

    廃墟は勇気と根性とちょっとした法律違反をものともしなければ誰でも撮れます(笑)。でも廃墟撮影の一番は情報収集と運だと思っています。私は運が強い方で地方を歩けば廃墟って事が結構あります。有名な廃墟を除けば全て偶然見つけたものだったりするんです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)