にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

気になるカメラの情報をネットで漁る楽しみ

2016年04月09日 00:00

廃屋にて

廃屋にて

Olympus E-P3, 14-42mmF3.5-5.6II R

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事の続き。元々は1つの記事だったのだが、あまりにも長文になってしまった為に分割したんだ。

3月30日の記事にて欲しいカメラの4位、5位がOlympus OM-D E-M10とE-M5とお伝えした。

その記事の通り、今までほとんど興味がなかったから量販店でもちょこっと触ったくらい、ネット情報も積極的に漁ろうとはしなかった。だからおおよその仕様は理解していても実際にどんなカメラなのかを知らないでいた。

だから一から調べ直しているんだ。国内外のレビューサイト、GANREFやみんぽすと言ったユーザーレビュー、個人ブログでのレビュー記事・・・。

3月30日の記事で「人生って未来を妄想するから楽しい」と書いた。まさにその通り。未来を予測するのでなく「妄想」、ここがキーポイント。

これも5千円以下のコンデジ検索と同じく、買う買わない、欲しい欲しくないなんてすでにどーでも良くなっている。単にE-M10、E-M5(それぞれのMarkII含め)の情報を仕入れ、自分がそれらを使ってどんな写真を撮るだろうか、はたまたどんなレンズを装着すれば面白いのだろうか?、そんな「妄想」をこれまた夜な夜な行っているのだった。

勿論、以前から同じような作業はしている。Pansonic GX7、GM5、LF1、Fujiflm X30辺りは(LF1とX30は量販店で触った事すらないのに)ユーザー以上に知識があるかもしれないと勝手に思ってたりする。

でもGX7、GM5、LF1、X30以降は興味のあるカメラがほとんどない。α7系とかPentax K-3II、K-S2はメーカーから借りる事が出来たから、情報を収集する必要が無かった。なんだかんだと百聞は一見に如かずであるからだ。だから恐らく半年くらいは本格的カメラに対して真面目な情報収集をしていなかったと思う。

そこへ振って湧いた?、E-M5とE-M10だ。まずはこの2機種の違い、そして現行のそれぞれのMarkIIモデルはどこが進化したのか?、何しろ知識がないのでその辺から調べていく。でもそれが面白い。

そう言えばブラタモリを見ていると、以前のシーズンだとRicohのGRもしくはGX系(GXRかな?)を使っていたが、今シリーズではどうやら一貫してOlympusカメラを使っている。

富士山ではネオ一眼(STYLUS 1か?)、桑子もどこかの回でPEN系(PLかな?)で撮っていたから私物と言うよりもOlympusが機材を支給しているのかなぁ~。

熊本編ではO-MDシリーズを使っていた。何かまでは判らなかったが、ネットで調べるとグリップの形状から最上位機種のE-M1の可能性が高く、レンズも12-40mmF2.8Proだと言う。
例えばOlympusの最新技術である5軸ブレ補正。それぞれのMarkIIモデルに搭載で5段分の補正があると言われている。135換算で50mmなら頑張れば1/2secでもブレないともっぱらの評判だ。でも初期型のE-M5派同じ5軸でも4段分程度、E-M10は3軸のブレ補正で実質3段程度の補正効果と言う。50mmなら1/8secが限度となる。
量販店でE-M5markIIに12-50mmを使ってだいたい25~50mmで(135換算50~100mm)で1/4、1/2secでテキト~にパチパチしたが、テキト~にパチパチしているとやっぱり結構な確率でブレるな(笑)。ブレを意識しないと3割程度でしか止まってくれない。

ブレ補正効果を「テキト~にパチパチしても安心!」、そう定義すると補正効果が5段あるとか、望遠域でも1/2とか1/4secで止まる!、なんてレビューは大嘘だと感じる。

まぁPentax K-5は「テキト~にパチパチしても安心!」だと1.5段程度だから現行のPentax K-3IIやE-M5markIIらが遥かに優れているのは確かだが・・・。
スペックを見る限り、明らかにMarkIIモデルを買うべきだ。特に私のように暗い廃墟を撮る人間はブレ補正が強力であればある程楽な撮影が出来る。

しかしである!。本当に暗い、肉眼でも「こりゃぁ写らんだろう」と思う風景ってそうはないんだ。1/8sec、F2.8、ISO1600でEV2。暗くても大半の廃墟はそれくらいの明るさはある。m4/3の場合、135よりも約2段も被写界深度が深いのでF5.6相当の深度がある。これで十分なんだ。

勿論、(カメラマンも軸をしっかりとさせた上で)5軸ブレ補正ならば1/2secが切れるのは大嘘として1/4secなら行けるだろう。ならばISO感度を800にセット出来るメリットはある。当然MarkIIモデルを買うべきだ。

ところが最近のm4/3はISO1600までなら画質はかなり踏ん張ってくれ、精密な描写を必要としない廃墟ならA3プリント前提でISO800もISO1600も大きな差はない。

しかもノイズまみれになると判れば複数枚撮影してコンポジットするだけ、ISO1600の像はISO400相当になってくれる(あくまでもノイズ量のみ、ダイナミックレンジやコントラストはISO1600のまま)。だから1/8secが1/4secになってくれるだけなら高いmarkIIは買わないぜ!、差額でSigmaのDNレンズが買えるじゃないか!、ケチな私はそう妄想する(笑)。

MarkIIモデルを活用出来るのは開放F値の暗い普及タイプのズームレンズを使った時だろう。12-50mm、50mm側はF6.3、14-42mmレンズの42mm側はF5.6が開放だから2段も補正量が異なればISO6400がISO1600になってくれる。これは大きなメリットだ。

そこで自分を納得させる為に思考を変えるんだ。

「待てよ、だいたいm4/3カメラを廃墟の為に手に入れたい訳じゃないよね」

そうなの、廃墟なら今後購入するSony α6000や手持ちのPentax K-5、新兵器のPentax MX-1を使ってりゃいいんだ。だったら3軸ブレ補正で十分じゃないか、そんな結論に至る。

こういう事をこつこつと1つずつ考えながら夜を過ごす。いやぁ、面白いのなんのって!。

これでなんだかんだと初志貫徹でPanasonic GX7を買うのだが、今得ている知識は後に活きるでしょう?。2年後にGX7に飽きたら今度はE-M5markII、E-M10markIIが予算内に入ってくるのだから・・・。GX7markIIのサンプルやレビューが出揃ったところで、違いを比較し、再び妄想する。

そして仮にその時、3代目のMarkIIIモデルが生まれ、さらに画質やブレ補正が進化しても今回と同じく、、、

「でも1/4secが切れれば十分だよね、画質だって俺の撮る風景ならISO3200が使え、所詮A3プリント前提だからMarkIIでいいんだよ」

と納得している自分がいる気がする。

本日の写真・・・。廃墟マニアは何故か水場が好き。便所(トイレと言っちゃいけない)、風呂、台所は必ず撮る!(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    私は妄想していると欲しくなるので、あんまり情報収集していないです。
    Flickrでいい写真撮られている方のEXIFデータをチェックすることもありますが、Leica の文字を見てしまうともうお手上げですから(笑)

    量販店はゆっくり見れないので、ちょっと苦手です。α7Ⅱ,PEN Fを覗いた時に販売員が売る気満々はいいけど、何だか会話が噛み合わなくて、もっとゆっくり触りたいんですよね。
    まぁ基本的にはメイン機をマウント変更する気が無いというが積極的に情報収集しない理由ですけど。

    NIKON機以外の情報収集はこちらのサイトの影響が大ですよ。
    flickrでフォローしているスイス人フォトグラファーがE-M5 mark2を使ってまして、m4/3もいいかなと思ってた時にこちらでGX7推し記事を読みましたから(笑)
    m4/3のレンズが揃ってくれば、EM-5にも手を出しそうです。

    廃墟って水場に惹かれるんですか?
    霊が引き寄せられるみたいなものですかね。
    スマホで拝見しているせいか、説明読むまでJapanese style 便器と気付きませんでした。
    海外でも、しゃがむタイプの便器はあるんですが、前の金隠し?があるのが日本式の特徴だと改めて認識しました。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    Leicaは庶民が見るのも触るのも駄目!、カメラ界のロールスロイスと思うしかありません(笑)。これをいつかはクラウン、そんな感覚で見ちゃうと欲しくなっちゃうんです。

    量販店の販売員のやる気満々、確かにちょっと邪魔臭いですよね。同じくPEN-Fの時にウザッたかったです。ちょうどその時、こっちはE-M5markIIの5軸ブレ補正の効果を確かめたく、E-M5をずっと触っていたんですが、PEN-Fをどんどんと薦めてくるんですよ~。

    m4/3の現行機なら防塵防滴も含めE-M5markIIが一番に違いない!、ひたすら調べてそんな結論に達しています。あとはお値段でしょうかね(笑)。いずれにせよ近頃のm4/3が高感度でも結構粘るのが判ったので今後はm4/3に注目ですね。

    廃墟の水場、そうですね、一通り撮り終えると「便所、便所!、便所はどこだ!」と独り言を言っております(笑)。なんでしょう、風呂場もそうですが、昭和特有のタイルとかにドキドキしちゃいますし、水場が一番生活感がありますもので。

    金隠しってブラタモリだったか、元々は後ろにあったとか。着物を背中側に引っ掛けるからとか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)