にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

おやおや、Pentax MX-1がやってきた その5 解像感は如何に?

2016年04月15日 00:00

Apricot

Apricot

Pentax MX-1

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



トップ写真は季節が春だと判って頂けるだろう。解像感を見せる写真も花咲く木々で行うのが適当だったが、テストをしていたのはこのカメラを手に入れてすぐ、まだまだ真冬(笑)。なんたって正月開けてすぐだから・・・。

時に、トップ写真は桜ではない。タイトルの通り、杏だ。どうして杏だと判るか?。それは自分ち(実家)に植えてある木だから(笑)。毎年その実でジャムや杏酒を作るのだった。今年は花数が非常に少なく実が不作っぽい・・・。

本題へ入る前に・・・。

先日、一応はPentaxユーザーなので新宿のフォーラムでPentax K-1をガンガンに触ってきた。

デジカメinfoのコメント欄に「6Dよりも軽い感じ」と書いている変な人を見たが、どうしてこういう大嘘を吐くのか良く判らない。K-1は1キロあるんだぜ!。6DとはCanon EOS6Dの事を言っているのだろう、過去に量販店でそれを触り、「意外と軽いわぁ」と思った経験がある。

そしてK-1を触って「おお!、やっぱりズッシリするねぇ」。ちょうど数日前にPentax 645でお散歩写真をしてきたところだから意外に重く感じたんだ。だからして6Dよりも軽い、どういう感覚でそれを得たのか不思議でならない。K-1でそう感じたのならNikon D810なんてきっとAPS-Cカメラと勘違いした!、Nikon D610なんて、丸でm4/3カメラを触っているようだ!、と言い出しそうだ。

まぁ本人がそう感じた事に関してウダウダ言っても始まらないが、あの手の多くの人間が見るサイトで軽々しくトンチンカンな発言は如何なものだろうかと思う。

確かに重さを感じさせない、人間工学的と言おうか?、そういうカメラがあるにはあるのだろうが、K-1がそれに該当するとは到底思えない。もしそうならEOS6Dは余程しょ~もない造りで実際よりも相当重く感じる筈だ。でもそうじゃない・・・。

さて、そのK-1、特にDFA24-70mmF2.8を装着すると、これはお散歩では決して持ち歩けないな、それくらいの大きさ、重さだった。それこそ爆買国の人に見られてしまうだろう。

勿論、その分造りはしっかりしている。高級感はある。ネイチャー系の方にはきっと満足出来るカメラに違いない。何しろPentaxユーザー悲願の135センサーのデジタル一眼レフだから、多少重かろうが、レンズがTamronのOEMのボッタクリ価格だろうが、きっと目を瞑るに違いない。

私は無理だなぁ。仮にこれが10万円で売り出していても残念ながら用途が無い。特にα7系をカメラを使ってそう思った。α7系のカメラは決して優れたデザインとは言えないが(むしろ世界一お馬鹿なデザイン)、135センサー搭載カメラを気軽にお散歩写真で使えるのは現行ではそれしか見当たらない。

では本題。Pentax MX-1の解像感について。

最初に結論を書いちゃおう。大きなフォーマットのカメラを使うのが馬鹿馬鹿しくなる程、すこぶる良好な絵を出してくれる。遠景のネイチャーだろうが街風景、マクロで寄ろうがなんでもござれ!。

勿論、3600万画素オーバーの135センサー、2400万画素のAPS-Cらと比較すれば緻密性には欠けるかもしれない。しかし成果物をA3プリントと考えれば低感度で撮影されている写真なら135、APS-Cセンサーで撮影された写真と比較してもパッと見るくらいなら遜色ないのではなかろうか?。

また1/1.7型センサーなので被写界深度は深く、遠景なら最望遠でもF2.8の絞りでほぼパンフォーカスになってくれ、例えばAPS-CでF5.6、135でF8まで絞り込むような風景でもシャッタースピードやISO感度が有利になる。

何しろAPS-C、135センサーでISO800、1600じゃないと撮れないような写真でもISO100、200で撮れてしまう。でかいセンサー不要論を唱えたくなるくらいだ。

画素数が1200万画素なのもちょうど良いのだろう。トリミング耐性はないにせよ、A3プリントにぴったりの数字だからだ。レンズは各種補正が電子的だとしてもセンサーにマッチした専用設計だろうからとにかく四隅までカリッとしている。

以下、JPG撮って出し。切り出し像は等倍でクリックすれば1000x1000ピクセルで表示される。


135換算28mm絞り開放F1.8

2016-04-15-02


中央

2016-04-15-03


右端

2016-04-15-04


左端

2016-04-15-05


最広角の絞り開放、等倍で見ると全体に若干コントラストが弱い。しかしそれでもA3プリントを考慮すれば絞り開放でも十分な描写力を持っていると言える。

次はF2.8まで絞った像だ。


中央

2016-04-15-06


右端

2016-04-15-07


左端

2016-04-15-08


1段と3分の1絞ったF2.8、完璧だろう。これ以上絞る必要はないくらいだ。以下の写真もそうだが、むしろシャープネスが強過ぎる気がしないでもない。カスタムイメージのシャープネスをマイナスに振った方がより写真らしくなると思う。

では最望遠ではどうだろうか?。

135換算112mm絞り開放F2.5

2016-04-15-09


中央

2016-04-15-10


右端

2016-04-15-11


左端

2016-04-15-12


続いて最望遠で半段だけ絞ったF2.8の像を。


中央

2016-04-15-13


右端

2016-04-15-14


左端

2016-04-15-15


最広角と最望遠でこういう描写をしているから中間の焦点距離もほとんど同じと言って良いだろう。どの焦点距離でも絞り開放から使え、半段~1段絞るとベストなパフォーマンスを得られる。

1200万画素、1/1.7型センサーが特に優れているとは思わない。この描写はPentaxの画像処理エンジンによるものだ。上述の通り、かなりシャープが強いんだ。空との境界を見るとすぐに判る。太い輪郭線が描かれている。

勿論、これはA3プリントなら全く考慮する必要は無いが、等倍で見るとちょっとこの輪郭の太さが気になってしまう。MX-1はカスタムイメージの内容が端折られており、ファインシャープネスやエクストラシャープネスが存在しない。

もしこの太い輪郭線が気になったらLightroom等の汎用現像ソフトの利用をお勧めしたい。Lightroomならシャープ適用量を50、半径を1.0、ディテールを30、これで気になる輪郭はなくなってくれる。

次の2枚は判り易いように2倍、2400万画素にした切り出し像(マウスクリックにて)。空との境界を見るとJPG撮って出しの輪郭が太くてきついのが判るだろう。Lightroom現像の切り出し像のシャープネスは上の設定で行っている。


JPG撮って出し2倍像切り出し

2016-04-15-16


Lightroom現像2倍像切り出し

2016-04-15-17


このカメラでポートレートなんて撮る人はいないと思うが、人物スナップくらいは撮るだろう。人物だとこれくらいシャープがきついと少しでも感度が上がったらギスギスした感じになるに違いない。それも含め、カスタムイメージのシャープネスはマイナスに振るのがベストだ。

と言う事で画質、解像感に関しては100点満点と言って良いだろう。次回は高感度耐性について書こうと思う。ある程度耐えられるのなら廃墟撮影でかなりの戦力になってくれるに違いない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    手に入れたフイルムカメラはPentax 645でしたか、私も数年前に中型フイルムカメラを購入しようといろいろ検討しましたが、中型フイルムカメラのランニングコストと重さ(笑)で諦めました。
    MX-1の解像感は各種レビューでも結構褒められていましたね。コンデジも適材適所で使えばいい仕事をしてくれます。

  2. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    そこです。α7はお散歩に持って歩けるフルサイズです。K-1をお散歩写真に使うと怖がられそう。(笑)
    mx-1中々良い感じです。良い感じだと大きなカメラは持ち出さなくなりそうです。

  3. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    フィルムカメラの話は追々語りますので(笑)。色々とネタがあるので5月中旬くらいでしょうかね。すでに現像も上がってきており上々です!。

    MX-1、画質は素晴らしいですね。だからこそ何故EVFをつけなかったのか、どうしてストラップ用金具をあんな変な位置に設けたのか・・・、非常に残念ですねぇ。

  4. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    α7の大きさって昔の手巻きフィルムくらいのサイズなんですよね。そしてレンズも単焦点が似合います。ですから昔の感覚で写真を撮れるとでも言いましょうか?。

    K-1はEOS一桁辺りと比較すると小さいには小さいんですが、あれを街中で振り回すのは・・・。24-70mmの馬鹿でかさ、フィルム時代の70-200mmF2.8くらい、そう表現しても良いかもしれません。絶対に無理ですね。

    でも24-105mmかな?。それを付けてみたんですが、これならレンズとしてはギリギリでしょうか。反対にDA35mmF2.4を付けると(ファインダーのAPS-Cクロップ画面を見たかったんです)、今度はレンズが小さ過ぎてカッチョ悪いんですよ~(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)