にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

MarkIIじゃないPanasonic Lumix GX7レビューその8 セッティングを煮詰めてみた

2016年05月27日 00:00



春

Lumix GX7, SMC PENTAX-M 50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



5月5日の記事で機能が多く、カスタマイズ性に富んでいるが故に設定が面倒臭いと書いた。

あの時はこのカメラをどうカスタマイズして行くか、錯綜中だったが、これを書いている今(4月末)、ようやく決まってきた。今日は自分のセッティングを。今後GX7やPansonicのカメラを使われる方に少しでも参考になればと思う。

先ず基本セッティングで参考にした2つのサイトを紹介したい。

LUMIXカメラ教室 DMC-GX7 プロの使いこなし設定を教えていただきました
DMC-GX7を買ったらすぐに設定したい項目

全てを真似ている訳ではないが、例えばEVFの設定は非常に参考になっている。

注意すべき点は「エコモード」の中の「スリープモード」。これがかなり曲者。上のリンクでプロカメラマンはここをオフにしろとしている。これが何故か判らなかった。スリープをオンにした方がバッテリーの消費が少ないからだ。

でも判明したんだ。GX7もしょ~もない仕様が・・・。C1~C3-3まで自分なりのセッティングを登録し、それを利用していた時、スリープをオンにしていると、復帰した瞬間に登録した時の情報に戻ってしまうんだ。

撮影中にISO感度、ISO上限感度を変更していても全てがリセットされてしまう。電源オフなら全てがリセットされるのは判る。でもスリープでそうなるのは明らかにおかしい。電源オフとスリープの違いが判らない。

結果、私もスリープモードは使わない事にした。変わりに「モニターオフ」を1分にセットしている。皆さんもスリープモードではなく、モニターオフを使われるべきだし、長い時間カメラを使わなかったから電源オフが一番。

ただISO感度上限を6400に設定せよ、これには異論がある。Olympus E-P3のセンサーと比べて格段に高感度の画質が良くなったが、適うならISO6400は使うべきじゃない。そして露出プログラミングが手ブレ補正をおおよそ無視しており、ISO上限をそこまで上げているとシャッタースピードを下げずにどんどんとISO感度を上げていってしまう。

G25mmF1.7、これにはブレ補正が付いていないので本体のブレ補正が自動的にオンになる。幾らこの本体のブレ補正が弱いと言っても1/20~1/25secでも確実にシャッターを切れる。しかしISO感度上限を上げていると1/60secから下がってくれない。ISO1600のところ頑張ればISO400で撮れる。なのにカメラはそこまで自動ではやってくれない。

レンズのブレ補正の有無、焦点距離、被写体にもよるが、日中のお散歩写真に限ればISO感度上限は800で十分だろう。あとは撮影する度にシャッタースピードをチェックし、ブレそうだと判断したらISO感度設定を呼び出し、上限を1600、3200へと変更すりゃ良い。

ISO上限の設定は割りと簡単でISOボタン(もしくはISO感度変更をセットしたfnボタン)を押して前ダイヤルをクリクリするだけ。夕方になるとシャッタースピードを見ながらISO感度上限を頻繁に上げたり下げたりするようになるが、慣れれば面倒ではない。

とにかくGX7はPentax一眼レフやSony α6000で可能なMモードでのISOオートが出来ないので、こうやってカメラマン自らがシャッタースピード、ISO感度を神経質になるくらい管理しないとならない。

m4/3はセンサーサイズが小さいのでレンズを無理に絞る必要はなく、またm4/3用レンズは普及タイプのズームレンズの絞り開放でも及第以上の画質を確保出来るので、静物を撮り、シャッタースピードをしっかりと管理していたら夜景や暗い屋内でも撮らない限り、ISO1600よりも感度が上がるなんて滅多にない。

ボタンのカスタマイズは1ヶ月以上あーだこーだと悩んだ。

「ダイレクトフォーカス移動」、オンにしているが今でもオフの方が良いかなぁと迷っている。

デフォルトでは左右上下の十字ボタンには「ISO感度」、「ホワイトバランス」、「ドライブモード」、「フォーカスモード」が振られているが、「ダイレクトフォーカス移動」をオンにすると、左右上下のボタンを押すだけでフォーカスエリア(測距点)を変更出来る。

割り振られていた4つの機能を変更しない人、もしくはタッチパネルで変更している人はダイレクトにフォーカスエリアを変更出来た方が遥かに楽だろう。4つのボタンがそれぞれに機能していると不用意に押してしまった時にもあたふたしてしまうし。

しかしタッチパネルでは何故か変更出来ない機能もあったりする。「ドライブモード」がそれ。単写にセットされていたら連写モードを選べない、連写モードにしているとHi、Lo等の変更は可能なのに単写モードに戻れない。どうしてこんなしょ~もない仕様にしたのか理解不能・・・。

「ドライブモード」と「ISO感度」は頻繁に変更するのでそれは最初から割り振られている十字ボタンで使った方が良いのかもしれない。

またm4/3は被写界深度が深いのでフォーカスエリアは近くの被写体を絞りを開けて撮る時以外は中央1点で全く問題はない。お散歩写真なら100の風景を撮ったらフォーカスエリアを変更するのは10枚くらい。でも特にISO感度は上述の通り、もし夕方の撮影ならば数十回触るボタン。

ダイレクトフォーカスがオンだとFnボタンに何かを割り当てなくちゃならない。頻繁に変更するISO感度とタッチパネルでは変更出来ないドライブモードだ。今はFn1にISO感度、Fn4にドライブモードを充てているが、私にはフォーカスエリアよりもISO感度やドライブモードの方が大切なので「ダイレクトフォーカスはオフでもいいのかなぁ」と・・・。

そんな感じで1つのFnボタンにどの機能を割り振るかエライコッチャだった。1ヶ月以上に渡りあーでもないこーでもないと悩んだ結果・・・。

通常モード(A、S、Mなど)

フォトスタイルを風景でノイズリダクションを-4
十字ボタンのダイレクトフォーカス移動をオン
iDレンジコントロールをオン

露出補正リセットをオフ
ISOオート、ISO上限を800

Fn1をISO感度
Fn2をピーキング
Fn3を手振れ補正(レンズ焦点距離入力)
Fn4をサイレントモード

この通常モードを絞り優先にセットしてオールドレンズ専用として使っているんだ。

最初はC1をオールドレンズ専用モードとしていたのだが、これを行うとセットされた焦点距離がずっと活かされるので電源オンオフ時に厄介だったんだ。

焦点距離を50mmにしてC1に登録したとする。そしてレンズを28mmにしたとしよう。当然その時には手ブレ補正オンオフ内のレンズ焦点距離入力で28mmにセットし直すのだが、カメラをオフにするとこのセットした28mmがキャンセルされ元の50mmに戻ってしまうんだ。

C1 通常、AFレンズ使用時セット

絞り優先AE、AFS
フォトスタイルを風景でノイズリダクションを-4
十字ボタンのダイレクトフォーカス移動をオン
iDレンジコントロールをオン
露出補正リセットをオフ
ISOオート、ISO上限を800

Fn1をISO感度
Fn2をシャッタースピード効果確認
Fn3をサイレントモード
Fn4をドライブモード

Fn2のシャッタースピード効果確認。これは「被写界深度確認」と置換して頂くと良い。

電子接点のないオールドレンズの場合は絞込み測光されるのでレンズを絞ればファインダー上で被写界深度を確認出来る。しかし電子接点のあるレンズだと一眼レフのように常に開放測光になるようで被写界深度の確認が出来ないんだ。だからFn2にそれが可能な機能を登録した。25mmF1.7装着時に主に利用している。

C2 ノイズ軽減コンポジット専用セット

絞り優先AE、AFS
フォトスタイルをスタンダードでノイズリダクションを-5
十字ボタンのダイレクトフォーカス移動をオン
iDレンジコントロールをオフ

ドライブを連写Hi

露出補正リセットをオフ

ISOオート、ISO上限を6400

Fn1をISO感度
Fn2をピーキング
Fn3を手振れ補正(焦点距離入力)
Fn4を電子シャッター(デフォルトでオフ)

主に廃墟用。Photoshopでノイズ軽減コンポジット(合成)を行う為の超高感度連写モードだ。これを使う時は1枚の写真をRAW現像しても無理だと判断した場合で、GX7はISO6400でもギリギリ使えるのでISO上限を12800にしても良いのだが・・・。

言い換えると「ISO6400だと駄目な風景も多い」のだからISO6400になるような風景では保険で連写しておいた方が良い。

Fn4はサイレントモードではなく電子シャッター。サイレントモードはAF補助光をオフにするので暗がり、廃墟での撮影では使えない。

またデフォルトでは電子シャッターをオフになっているが、これはISO3200を超える撮影の場合、電子シャッターが使えないからだ。

C3-1 超高感度専用セット

絞り優先AE、AFS
フォトスタイルをスタンダードでノイズリダクションを-2
iDレンジコントロールをオフ

十字ボタンのダイレクトフォーカス移動をオフ
ISOオート、ISO上限を3200

Fn1をフォーカスエリア選択
Fn2をピーキング
Fn3を手振れ補正(焦点距離入力)
Fn4を電子シャッター(デフォルトでオン)

C2と違い、こちらはISO3200まで、コンポジット用の連写でなく1枚撮影で超高感度を使う場合。GX7はISO3200までは撮って出しJPGは及第以上だし、RAW現像ではどうにでもなるのでISO上限は3200、そして電子シャッターのデフォルトをオンにしている。

機能的にはC1の高感度版とでも言おうか?。フォトスタイルを風景よりも彩度が弱く、コントラストの低いスタンダードに。そしてオールドレンズでも使い勝手の良いようにFnボタンはC1とは異なる。

C3-2 HDR加工用ブラケティングセット

絞り優先AE、AFS
フォトスタイルを風景でノイズリダクションを-4
十字ボタンのダイレクトフォーカス移動をオン
ドライブを-2EV~+2EVまで1EV毎に5枚連写
ISOオート、ISO上限を1600

Fn1をISO感度
Fn2をピーキング
Fn3を手振れ補正(焦点距離入力)
Fn4を電子シャッター(デフォルトでオン)

カメラ側のHDR機能は使えないと思っていた方が良い。うちにはHDR加工の定番ソフト、photomatixがあるのでダイナミックレンジを特に重視した写真はそれを使うのでその為の撮影モードがこれ。

C3-3 動体用連写セット

シャッター優先AE、AFC フォトスタイルを風景でノイズリダクションを-4
十字ボタンのダイレクトフォーカス移動をオン
iDレンジコントロールをオフ
ISOオート、ISO上限を1600

Fn1をISO感度
Fn2をドライブ
Fn3をフォーカスエリア選択
Fn4を手振れ補正(通常、流し撮り)

これを書いている今、一度もこれを使っていない。動体を撮る機会が全くないんだ(笑)。まぁ家の近所で走ってくる車を撮ってテストすりゃ良いのだが、そういうテストの為のテストって馬鹿馬鹿しくて・・・。




以上のようなカスタマイズを施している。

タッチパネル設定は勿論オン。パネルのタッチタブもオン、とは言えそれで利用出来るFn5~Fn9には関してはまだ錯綜中。今は押し間違いのないようFn5~Fn9まで全てインフォメーション画面ではセッティング出来ないストロボ使用時の調光補正を割り当てている。

タッチAF(EVFを覗いての指クリクリはタッチパッドAF)はEVFを覗いて撮影出来ない風景で背面LVFを使わざるを得ない時、AFを簡単に使えるようにオンにしている。タッチシャッターは手振れを誘発するのでオフにしているのとタッチAEは有効かと思ったがまず使わないので誤動作防止でオフ。

フォトスタイルは上の通り「風景」がメインで廃墟用だけ彩度が少し落ちる「スタンダード」。またスタイル内のノイズリダクションはデフォルトの0設定でもノイズリダクションが効き過ぎて気持ち悪い像になるので-4が基本でISO6400まで上げざるを得ないであろうC3-1では-3。C2のPhotoshopを使ってのノイズ軽減コンポジット用のセットの時はノイズリダクションは不要なので-5にしている。

遠景においてノイズリダクションをデフォルトの0設定のままだとISO800から木々が絵画化しており(特に柳の木は完全に絵と化す)、そして遠景のゴチャゴチャした風景はプリントするとノイズはあまり目立たないだろうと何度も比較検討した結果、通常は-4で良いと判断した。どのみちノイズが目立ったら再現像するだけ。

※汎用的に考えれば(空にノイズが浮き出るのが嫌なら尚更)ノイズリダクションは-2~-3が適当だと思う


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ド素人志向 | URL | CjlWd7YA

    更なる使い込みに基づく検証ありがとうございます。

    拝読すると手ぶれ補正、EVF内蔵、液晶解像度、シャッター最高速等スペック上の違いはありますが、
    当方のGX1でも設定メニューのセット出来る項目はほぼ同等なので大変参考になりました。

    スリープモードの件は全く知りませんでした。
    早速スリープモードはOFFにし自動液晶OFFを30秒に設定しました。
    (自動液晶OFFはOFF、15秒、30秒しか選択できない仕様でした)

  2. ANNE | URL | MF8IyTP2

    新しいカメラの試行錯誤、楽しく読んでおります。
    デジカメは設定項目が膨大で、試すだけでも大変ですね。
    Fnキーが多いと、覚える自信も無くなってきます(笑)

    先日アドバイスいただいた買い替えの結果ですが、悩んだ末に方向が大きく変って、Xマウント/X-E2に移行することにしました。
    本気でAPS-Cをやっているメーカーとして信用できますし、ほどほどに値が崩れてきましたので。
    実はサブにE-PL6がいるので、使い分けがちょっと難しいんですが…(^^;)
    BigDaddyさんを見習って、こちらのレビューも参考に色々試してみようかと思います。

  3. BigDaddy | URL | -

    > ド素人志向 さん

    スリープモードは不思議な仕様ですねぇ。露出補正とかもリセットされますからねぇ。液晶オフはGX7は1分が最短で他2分、5分でした。ただこの液晶オフ、そのままにして何時間も放っておくとバッテリーが切れちゃいますので5分くらいでも撮影しないと思ったら電源オフが一番でしょうね。

    あとはカスタムモードを電源オフにして設定が初期化(保存した内容に戻る)されても問題のない設定を考える事でしょうか。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ANNE さん

    1台のカメラを使い込めば設定項目が多くても面倒なのは最初だけなんですが、GX7とα6000とK-5を使い分けていると、ホント、カメラを代えた瞬間に数分、脳味噌が真っ白になりますねぇ(笑)。

    X-E2、ご購入おめでとうございます。ミラーレスで優れたレンズを使う、そうなるとα6000よりもX-E2の方が遥かに良いと思います。私も真剣に悩んだんですよねぇ。18-55mmF2.8-4がそこそこしっかりと写るので・・・。

    E-PL6との使い分け。難しいでしょうねぇ。Fujiもm4/3もレンズはおおむね優れているのでレンズ云々では大きな差は付きませんしね。高感度も普通の風景を撮る分にはさほど変わらないでしょうし。やっぱり気分で使い分けるのが一番でしょうかね(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)