にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

MarkIIじゃないPanasonic Lumix GX7レビューその15 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mmF4.0-5.6を使う

2016年06月20日 00:00

ペッチャンコ

ペチャンコ

Lumix GX7, G X45-175mmF4-5.6

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



LUMIX G X VARIO PZ 45-175mmF4.0-5.6(以下45-175mm)、上位モデルとなる「X」の称号が与えられている。またレンズ内ブレ補正も「Power O.I.S」と言う通常のものよりも大きな揺らぎに強いものが搭載されている。

ところが・・・。

結論を先に申し上げる。

「普通過ぎるレンズで相当ガッカリしている」

m4/3レンズ優秀説が崩壊した瞬間とでも言おうか?。

同条件で比較した訳ではないが、Tamron 70-300mmF4-5.6(A17)やSigma APO70-300mmF4-5.6で写した写真と大して変わらないし、むしろ悪いんじゃないか?。

TamonのA17とSigma APO70-300mmF4-5.6は135センサーに対応したレンズなのでAPS-Cで利用すると周辺部はカットされるから程々良い描写をし、特に中心部は安価なレンズの割にはカリカリしているが、それでもm4/3レンズの方が小型で優れていると思い込んでいただけで残念でならない。

当初、45-150mmF4-5.6を買う予定だった。ところが色々と調べていると上位レンズに当たる「X」のついた45-175mmの方が画質は上だなる情報を至るところで見つけた。だったら45-175mmでしょ!、しかも電動ズームで壊れるのが怖くて保証の長い新品を購入した。

ホント、どこを見ても45-175mmを買えと書いてあるし、お値段の割には非常に優秀だなるレビューしかないんだ。Photozoneくらいか?、「極普通のレンズだよね」と結論付けていたのは・・・。

そんなPhotozoneでもTamron A17を1000万画素のPentax K10Dでテストした結果よりもこの45-175mmの方がクオリティは高いと言うデータが出ている。勿論、悪口も見つけられるが、ネットの情報ではおおむね「好評」なレンズ。しかし体感した限り、A17、Sigma APO70-300mmを使い、特にローパスフィルターレスのPentax K-3との組み合わせの写真を見ると悪く感じる。

Pentaxカメラにはファインシャープネス、エクストラシャープネスと言った解像力のないレンズでも輪郭がある場所をカリカリにしてくれる特殊なシャープネス処理がある。

A17、Sigma APO70-300mmがカリッと見えるのはこれのお陰でもあるのだが、Panasonicにも超解像なる通常のシャープネスよりも解像感が上がる機能がある。

それでもA17、Sigma APO70-300mmの方がカリッと見えるのだからPentaxのファインシャープネス、エクストラシャープネスは余程強力なのだろう。

こういう事を考えると、K-3IIやK-1にあるリアルレゾリューション、K-S2の輪郭強調も含め、Pentaxカメラの画像処理エンジンは他社のカメラよりも解像感重視で、それに関しては他社より秀でていると見て良い。解像感が欲しかったらPentax!、と言っても良い。

まぁPentaxの欠点はAF精度とレンズなんだが、それさえクリア出来ればCanon、Nikonに楽に追いつけると思っているし、解像感だけを見ればすでに追い抜いているかもしれない。

あとはリアルレゾリューションが進化して手持ちでも撮れれば言う事はない。
周辺部が各種収差や像そのものが流れたりするようなレンズではない。開放描写はお話にならないものの(それはA17、Sigma APO70-300mmでも同じ)、1段以上絞れば中心部よりは輪郭は弱くなるものの問題はない。しかし何が悪いのか、光の影響か、ピント位置がズレているのかどんな絞りでも全体に光が滲んでしまう時があるんだ。

Lightroomをお使いの方ならお判りになると思うが「霞の除去」を加えたくなるような写真とでも言えば良いだろうか?。

曇り日だからコントラストがないだけ?、でも晴天時にテストしても、むしろ晴天時だからとでも言おうか、光が滲んで見えたりもする。

ではGX7のPanasonicのセンサーが悪さをしているのか?、いや違う。Sonyセンサーと言われているOlympus OM-D E-M5markIIを使っても同じように全体が何かフレアーっぽい絵になってしまう時があったのでセンサーではなく明らかにレンズ由来の描写だろう。

そしてm4/3レンズと言えばどんなレンズでも絞り開放でもそこそこの描写する、コストパフォーマンスが最高!、そう信じて疑わなかったが、等倍像を見る限り、遠景においては絞り開放の周辺部の描写は酷いくらい輪郭がない。

F8まで絞り込めば周辺部までしっかりと解像してくれるが、全体にとにかく甘い描写。「シャキッと感」がないとでも言おうか?。

勿論プリントサイズを考えれば輪郭がありゃ十分に鑑賞可能なレベルであるが、m4/3レンズは等倍像でも感動する神話があっただけに・・・。

手持ちのKマウント用のTamron A17やSigma APO70-300mmは中古品ともなると1万円を切った価格で売られている。この45-150mmF4-5.6は中古市場では17000円前後、倍程度の価格。描写力で価値を決めるのならこのレンズ、中古なら1万円が限度と言ったところ。それ以上払う価値はないと断言して良い。

※問題はこのレンズに変わるコストパフォーマンスが良く画質も優れた望遠ズームレンズが存在するか否か・・・

レンズだけの性能を考えればTamron A17、Sigma APO70-300mm、そしてこの45-150mmはほぼイコールだろう。しかしデジタルカメラの場合、センサー込みで画質をチェックせねばならない。

そうなるとF8まで絞らないと周辺部までシャキッとしないのだから、特に最望遠を使っていた場合、真夏でも曇り日ともなれば午後4時前後でISO800を超える時がある。当然m4/3のセンサーだからノイズが乗ってくる。それを考えるとAPS-Cセンサー付きカメラでTamron A17、Sigma APO70-300mmを使った方が良質な絵を出せる。

しつこいようだがこれらは等倍像で見た限りでの話なのでA3プリントなら遠景でもISO800の風景でも十分写真として鑑賞可能であろうが、それよりも綺麗に写ってくれる手持ちの機材がある・・・、人は必ず比較、相対的に物事を判断するから、ちょっと残念なレンズ。

とにかくm4/3レンズ神話が崩れたねぇ~。

但し!。

どんな焦点距離でもF8まで絞れば良いし、プリントサイズを考慮すれば焦点距離によってはF5.6でも何とかなるのだから、むしろ「こんな小さなレンズでここまで描写すりゃぁしめたもんだぜ!」と思うべきかもしれない。

と言うのもこのレンズは少し前のAPS-C用レンズ、18-55mmF3.5-5.6クラスをほんの少し長くした程度の大きさしかなく、しかもどんな焦点距離にセットしても、ピントリングを最短、無限遠にしても全長は一切変わらない。m4/3システムを知らないカメラマンならGX7とこのセットで135換算350mmの風景を撮っているとは思わないに違いない。

このサイズは数値やネット上の商品写真を見ても判らないと思う。是非とも量販店で実物をご覧になって頂きたい。

要するにSony α6000に使っている16-50mmF3.5-5.6と同じ感覚とでも言おうか?。このレンズもF8まで絞らないと特に広角側は全く解像しない。でも16-50mmも沈胴タイプのあの大きさ、重さだから我慢して使えているし、これで十分と思えるんだ。

また最短撮影距離が90センチなのも良い。下に掲載しているタンポポ?、の写真は175mmで最短に近い距離で撮影している。A17やSigma APO70-300mmの大きさ、重さを考えると携帯性も含めて便利なレンズなのは確か。

では下にサンプルを掲載したいが、ひとつお断り。

どうもピント精度に難があるのか様々な風景で45mm、90mm前後、135mm前後、175mmと撮影し、絞りも開放から1段毎のテストをしているのだが、風景によって結果がまちまちなんだ。

例えばAの風景で絞り開放がF5になる焦点距離でF5.6とF8の像を比較するとF8の方がカリッとしていた。でもそのままBの風景で撮るとF5.6の方が良かったりする。また明らかにピント位置がズレているのもある。

最初にそんな結果になったので、後日再び、特にピント位置に注意して、また手持ち撮影なのでブレないように気を配りながら様々な焦点距離、撮影距離、絞りでテストしても結果は同じ。

こういう時は自分を疑っちゃいけない。秋葉原に即日修理が可能なLumixのサービスステーションがあるので近いうちに点検をして貰おうと思う。もしかすると解像感が悪いのも微妙なピントズレなのかもしれないし・・・。

とにかく描写が悪くておかしいと感じ、5回、そしてカット数(テストした風景)で言えば20カット近く、晴天、曇天、距離50メートル、100メートル以上・・・、そこまでテストを繰り返し得た結論が、冒頭の「普通過ぎるレンズでガッカリ」なんだ。

そこで今回は自由作例とでも言おうか?。それを幾つか紹介したい。Lightroomで現像し、シャープネスは適用量を50まで上げた写真を掲載したい。等倍切り出し像はマウスクリックで1000x1000となる。


45mm(開放F4)全体 F8

2016-06-20-02


中央

2016-06-20-03


左端

2016-06-20-04


右端

2016-06-20-05


175mm(開放F5.6)全体 F5.6

2016-06-20-06


ピント位置

2016-06-20-07


ボケ始め部分

2016-06-20-08


114mm(開放F5.3)全体 F7.1

2016-06-20-09


中央

2016-06-20-10


左端

2016-06-20-11


右端

2016-06-20-12


175mm(開放F5.6)全体 F5.6

2016-06-20-13


中央

2016-06-20-14


左上端

2016-06-20-15


右下端

2016-06-20-16


85mm(開放F5.0)全体 F8

2016-06-20-17


中央

2016-06-20-18


左端

2016-06-20-19


右端

2016-06-20-20


トップ写真 175mm(開放F5.6) F8 中央

2016-06-20-21


左端

2016-06-20-22


右端

2016-06-20-23


中心部は絞り開放でもしっかりと輪郭があるものの、どの焦点距離でも周辺部はかなり甘い。当然F8まで絞ると全体的に輪郭が出てくるが、Lightroomのシャープ適用量を50にしてこの程度なので描写力としてはカリカリタイプのレンズじゃない。

とにかくピント位置が結構暴れているので、もう何度かテスト的に撮影し、それでも暴れていたり、解像感に不満があったら上述の通り、秋葉原に出向こうと思っている。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    確かにネット上では、コスパも含めて評判の良いレンズですよね。
    私も購入しようかと考えていた時期もありましたが、あまり望遠を使わないので、望遠は一眼レフに任せて、見送っております。
    ピント位置ズレの可能性はあるかもしれませんね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    m4/3レンズの中では安い部類でしょうが、本文の通り、写りは大した事がなく、コスパが良いかと問われるとノーですねぇ。まぁピント暴れがレンズのせいなのか、その辺をサービスにチェックして貰うのが先決ですかね。ホント、繰り返しになっちゃいますが現状だとガッカリレンズなんですよ~。

  3. PZ45-175は、確かに軽くて、写りもいいという評判のレンズですよね。
    いまひとつってとこですか。
    私も今回MFT用のレンズを揃えましたが、元々あまり望遠を使わないため、
    便利レンズということで、14-140mm(新しい方)を買ってみました。
    私は、解像度よりもどちらかというと、描写の柔らかいレンズを
    好みますので、あくまでもイメージですが、カリカリのオリンパスより、
    パナのレンズを選びました。

  4. BigDaddy | URL | -

    > tomohiro さん

    photozoneのサンプル写真、まさにうちのレンズもあんな写りです。陽炎のせいで像が歪んでいますが、それとは別にどことなく光の滲みを感じられるかと思います。それに加えピント位置が暴れているんでお世辞にも良い描写とは言えないんですよね。

    レンズ描写の好みはそれぞれですが、カリカリレンズだとそれとソフトな描写にするのは簡単ですが、柔らかい描写をカリッとさせるには画質を悪くする事になるので、私はやっぱりカリカリレンズが好きですねぇ。

    ただどうせプリントしたら判らんから私のレンズ選びはコスパ重視ってのが一番でしょうか(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)