にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

「フラガール」を観てフラッと産業遺構探索 その1 経緯

2016年07月18日 00:00

常磐炭礦内郷礦中央選炭工場

常磐炭礦内郷礦中央選炭工場

Sony α6000, EPZ16-50mmF3.5-5.6

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



「gyao」と言う(合法の)無料動画サイトがある。その中「昭和TV」と言うコンテンツ、私のような昭和好きには懐かしい映画、ドラマ、音楽を見られるので時折覗くサイトだ。そこで見つけたのが映画「フラガール」。

封切り時、かなり人気を博し、様々な賞を受賞した名作映画だったようだが、子供の頃から海外映画被れだったから日本映画はほとんど見ない(見るとしたらサスペンスやオカルト系くらい)。そもそもディズニーランドや遊園地も含めてレジャー施設にはとんと興味がなく常磐ハワイアンセンターの踊り子さん誕生物語なんてどーでも良いと思っていた。だから・・・。

※今回から連載する産業遺構巡りネタに掲載した写真はクリックすると普段より少し大きな長辺1200ピクセルになるので迫力ある像を楽しめると思う

映画の内容を全く知らなかった。何しろ勝手な思い込みで海女さんが職を求めてフラダンサーになった物語だと信じて疑わなかったのだった(笑)。そうしたらキャッチコピーに「炭鉱の娘がフラダンサーに・・・」とあるじゃないか!。

「はっ?、そうなの!?、海女さんの話じゃなくて炭鉱の娘さんの話なんだ!、へぇ、福島に炭鉱があったんだ・・・」

皆さんに朗報だ。CS系のTBSチャンネル1で来月お盆の8月14日、15時10分から「フラガール」が放映される。TBSチャンネルを視聴可能な方は是非録画登録を!。

きっと今回の私のように常磐炭礦を訪れようと思われる筈だ。
福島は大好きでここ10年で4度かな?、訪れている(今度の夏休みも福島)。でも全てが県西部、会津周辺だった。だから浜通り、中通りの知識はない。だいたい浜通り、中通りなんて地域名を知ったのは2011年の震災にてテレビでひっきりなしに耳にしてからだ。

以前から申し上げている通り、廃墟や産業遺構が好きでも今まで撮影した多くはたまたま見つけた物件。積極的に情報を収集しないタイプ。旅は廃墟ありきではなく、観光が目的。だから行く先に廃墟があるか否かは調べはするものの、産業遺構の大半は名前は知っていてもどこにあるか、正確な位置はほとんど把握していない。

しかも今の今までいわき市は福島県でなく茨城県、つまりかつての常磐ハワイアンセンターであるスパリゾートハワイアンズは茨城にあると思っていたのだった。

少し前、テレビで女性アイドルが九州の県を言えなかった。しかも九州だから九つの県があると思っていたようで、「最近の若い者はホントに馬鹿だなぁ」とお口あんぐり、呆れていたが、人の事は言えない。地理に関しては結構無知だったりする。

そこで調べてみると常磐炭田と言う福島県南部から茨城県北部に掛けて縦長の大規模な炭鉱があったと言うではないか。

そんな時に・・・、日立製作所、今じゃ電機メーカー、鉄道メーカーのイメージしかないが、元々ここは鉱山や発電所関連の機械を製作していた会社であったのをふと思い出した(正しくは日立鉱山の機械修理部門が日立製作所として独立したそうだ)。そう、常磐炭鉱の南端はこの日立鉱山なのだった。

そう言えば少し前、日立製作所の名前がテレビを賑わせた。

人の尿からガンが判る!、そんな検査方法を開発したそうな。うーん、日立って医療関係にも力を入れていたのね・・・。

また鉄道事業で有名なのは知っていたが、蒸気機関車時代から続いているそうな。スゲェな日立って!。茨城周辺の人は東京の有名商社等よりも日立グループに就職するのがステータスなのだろうなぁ~。

地元市民もこの木なんの木のCMを見る度に誇りに感じているに違いない。
最初はその日立鉱山を調べたんだ。するとすでにほぼ解体され、資料館、博物館として一部の遺構が残っているだけで面白味に欠ける。

でも色々とネット探索をしているとこの福島から茨城に掛けて、日立鉱山の先に産業遺構が仰山残っているのが判り、東京から3時間も掛からないで大規模な産業遺構が見られる?、こりゃ行かねばならんだろう!、そう相成ったのだった。

興味ある方は、、、

常磐炭田 - wikipedia
いわきヘリテージツーリズム協議会
常磐炭田史研究会

をどうぞ。この3つを見るだけでかなりの知識を得られる。

当然現地に訪れる前にお勉強の一環、gyaoの昭和TVにて映画フラガールを観る(今は配信が終了している)。最初のシーンから足尾でも見つけたらガンガンに時間を割いて撮影していた好物の鉱山住宅風景だ。そしてこれら風景はセットではなく、実際の鉱山住宅でロケをし、それらが今でも残っているんだ。

常磐炭礦中郷礦炭鉱住宅

常磐炭礦中郷礦炭鉱住宅

Sony α6000, EPZ16-50mmF3.5-5.6

常磐炭田を巡るには茨城から福島まで縦にずっと移動せねばならない。ほとんどが阿武隈山地の東の突端に位置しており、常磐自動車沿いにあるが、それでも全てを巡って満足する撮影結果を得るには朝から晩まで時間を割いても3日は掛かる。

またフラガールのロケ地も細かいものを入れるとあっちこっちに点在していて内陸方面にも足を伸ばす必要もあり、そうなると4日をスケジュールする必要がある。それを1泊2日で行こうってんだから今後本格的に探索する為の事前調査、そんな旅となった。

時間がないのが判っていたので出発前日までにひたすら調査である。何しろ少しでも道に迷ったら予定を消化出来ない。今はインターネットでおおよその情報は手に入る良い時代、映画のロケ地も含め、ピンポイントで位置が確定出来、幾つかの施設を除いて多くの位置を車のナビにセットする事が出来た。

※Googleの航空写真、ストリートビューでほとんどの遺構や鉱山住宅を確認出来る

それでも上記リンクで紹介された遺構を含め事前に見つけた半分は時間的に無理だったのでカット。とにかく移動時間が勿体無いので今回は内郷地区、湯本地区、北茨城地区の三箇所に限定したのだった。まぁこの三箇所を抑えておけば一応は常磐炭田に行った事になるだろう。

余談だが、福島の湯本を車で20分南下し海側へ出ると有名な小名浜漁港がある。ここは古い町並みがあるので昭和堪能も可能かと思って、時間があったら立ち寄ろうかと事前にGoogleのストリートビューでチェックをすると何か違うんだ。昭和の感じがしない。

春に千葉県は銚子漁港を訪れた際、漁港そのものがピッカピカ、綺麗になっていた。日本の漁港の古臭さが皆無。どうやら2011年の震災による津波でやられ、新たに建築されたそうだ。それと同じく小名浜も海から近い距離の場所では津波の被害が相当にあったようだ。改めて津波の恐ろしさを実感した。

今回は結果的に時間を取れなかったので小名浜などの海側には行けなかったが、次の炭田遺構探索は草木がまだ育っていない来年3月に行く予定、その時は海側も散策してみたい。

このネタ、10回くらいのシリーズになる予定。久々に廃墟写真が続く。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. senri32 | URL | -

    超安定

    シャープ、ソニー、三菱大手製造企業の中で、日立は、一番安定しているのではないかな。少し、給料安いけど。

  2. auf | URL | 3eyVfeeo

    僕も常磐ハワイアンセンターって茨城県にあると思っていました.最近名前聞かないな
    と思ったら名称変えたんですね.スパリゾートハワイアンズ・・・うーむ.常磐ハワイ
    アンセンターでよかった気もしますが.

  3. 920 | URL | -

    日本加工製紙

    もしよかったら、帰り道、高萩にある日本加工製紙もいかがですか?

    双日がメガソーラーを計画していて、4月から解体が始まっているようです。もしかしたらすでに何もなくなってしまっているかもしれませんが(^_^;)

  4. BigDaddy | URL | -

    > senri32 さん

    シャープ、ソニー、三菱大手製造企業の中で、日立は、一番安定しているのではないかな。少し、給料安いけど。

    日立も単なる製造業でなく色々な分野に進出しそれが成功しているようなので少なくともシャープよりは良いでしょうし、ソニーとの違いは新幹線などの鉄道車輌がありますしね。日立と三菱はほぼ同じで、実際に手を結んだりしているようですね。

    昔、車に凝っていた時期があっては日立でなく三菱のタービンを付けていました(笑)。

  5. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    「常磐」と聞くと東北の福島県は含まれないって勝手に思っちゃうんじゃないでしょうかね。ですからいわき市も茨城県だと思ってしまうのでしょうね(笑)。今、福島の地図を見ているんですが、福島県ってでかいですねぇ。

    スパリゾートハワイアンズ・・・、「スパ」って言葉が流行りましたよね。常磐ハワイアンセンターだと勝手ながらジジババの慰安旅行のイメージしか浮かばず、今風で良いのかもしれませんよ。

  6. BigDaddy | URL | -

    > 920 さん

    ぬかりありません!(笑)。ちゃんとそこもナビに登録していました。これって6号線から見えるんですよね。常磐炭礦撮影の帰りで夜になってしまったので写真には撮っていませんが車で走りながら「あそこね!」と確認してきました。

    そうですか解体が始まりましたか!。道路から見る分にはまだでっかいものは仰山残っていましたので、なんとか来年3月くらいまでに残っていて欲しいものです。次回常磐炭礦の旅は草木が枯れるその時期を考えていますので(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)