にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

カメラマンのジレンマ

2016年08月01日 00:00

廃屋と紫陽花

廃屋と紫陽花

Lumix GX7, G25mmF1.7

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



現在夏季休暇中。パソコンのない生活をしている。勿論これは予約投稿。本日の写真、これには小話がある。まぁ小話と言っても長文になるんだが・・・(笑)。

巷で流行っているとされているポケモンGO。確かにダウンロード開始日から数日のターミナル駅周辺は通勤中や昼休みにサラリーマン、OLでもスマホ見ながら歩いている輩が多数出現していた。しかし、今日(7月29日の金曜日)ふと周囲を見渡すと、あれ?、歩きスマホな人達、普段とさほど変わりないぞ?。

仕事場でこれについて私も含め多くが「日本人は熱しやすく冷めやすいから半年くらいじゃねぇの?。半年我慢するしかないね」って会話が成立していたが、半年どころかすでにそんな兆候が見られるんじゃなかろうか?。

外出が増えるから経済効果がある、歩くからダイエット出来る、見知らぬ人とのコミュニケーションツールになる、引き篭もりな人々が外に出るようになる・・・、このゲームは色々と社会的にメリットはあるのだろう。

でもゲームそのものは、表現が悪いけど要するに暇で時間を持て余している人が多数のモンスターをゲット出来る、そしてモンスターを集めるのが趣旨のようだから、そういう人が勝ち組みになるゲーム。

どこぞの有名人が「侮蔑」なる言葉を使ったが、そこまで嫌悪しないまでも、モンスターを集められない人は確実に心の中でその暇人に対して「あいつは暇人で無趣味だからねぇ~」と蔑視はするよねぇ。また日本にはそんなに暇人はいないって。だから廃れるのも早い気がする。反対にもし廃れなかったら日本の労働力はやばいよね(笑)。

1週間前のポケモンGOな人々が大量に溢れ出た時、そうでない人々は「自分の身は自分で守る」、だから普段より周囲に注意を払って歩いていた。だから事故が少なかったのだろう(車の場合はどうにもならんだろうが)。

しかし今後、ポケモンGOの人々は減り、コアな人達だけのゲームになっていくとしたらその時が怖い。互いが周辺に気を配らなくなるからだ。子供達の夏休みが終わるくらいまでは私も意識しながら歩くと思う。しかしそれを過ぎてからは普段通りにのほほんと歩くようになるだろう。そんな時に前方からポケモンGOなチャリンコが走ってきたら・・・。

そう言えば日本のテレビ局なんて死んでいると思っているからどーでも良いけどテレビがポケモンGOをニュースにし過ぎなんじゃないか?。しかも多くが肯定的。営業部の意向が相当強いんじゃねぇか?、今後任天堂にスポンサーになって貰いたいだけでしょ!なるほど、日本のニュースはテレビの営業部が作っているんだな、そう邪推してしまうのは私だけか?。

仕事仲間が「テレビでああやって宣伝する事で関連会社の株価が上がったりするからそれで日本が潤うのだからいいんじゃないか」と言っていたが甘い!。テレビで話題になっている時点ですでに株価は上限、あとは下がる一方だと思うべき。

と、そんな時事ネタからなんとかこれを写真の話に持っていくんだな(笑)。

先日、親族が入院しているのでその見舞いがてらお散歩写真をしていた。お散歩写真だから病院への最短ルートではなく、おおよその方角だけは把握し、路地から路地へと敢えて道に迷ってみる。そうしたら案の定、完璧に方向感覚を失ってしまった。

そんな時こそスマホの出番!、と言いたいところだが・・。地方で迷ったら即地図アプリを起動するにせよ、東京の街を歩いているのだから人に尋ねれば済む話。

「地図アプリも結局スマホ歩きしてんじゃねぇか!」

そんな事を言う人へ。道に迷って地図アプリを見ながら歩いているかなぁ?。私はまずそんな事はしない。

迷った!、と感じた時、とりあえず前に進むのか、後退するのか、左右に曲がるのか、それを知りたい訳だから、己の居所を知り、目的地のおおよそのルートを確認したらスマホをしまうでしょう?。

例外的に自分がどっちを向いているか判らない時があるからそんな時は地図アプリを見ながら歩いたりもするのであんまり聖人君子面はしたくないのだが・・・(笑)。

その時はちょうどおばちゃんが目の前にいたので「すみません、XXX町に向かいたいのですが方角だけ教えて頂けますか?」。

不思議なんだよねぇ。毎度の事なのだが、「方角だけ知りたい」と言っているのに、ほとんどの人が詳しく説明を始めてしまう。これは東京でも地方でも同じ。皆さん良い人なんだ、いや、良い人過ぎるんだ。「2つ目の信号を右行くと突き当たるからそれを左に折れると坂があるのでそれを上って云々・・・」、いやいや、判りません!。

どのみちそれをちゃんと暗記出来たとしてもお散歩写真なのでまたあっちへフラフラ、こっちへフラフラして方向感覚を失うのだからホント、方角だけでいいの!(笑)。再び判らなくなったらそこでもう一度「方角どっち?」と伺うだけなんだ。

今回のおばちゃんは凄かった。ちょうどその時、お隣の家から若い男性が出掛けるところだった。その彼を捕まえて、「XXX町と言うとこっち行ってあっち進んであーだこーだ・・・だわよね」、さらにはその対面にいた女性二人にも話し掛ける。

もう一度言っちゃおう。「方角だけで良いのです!」と言っていたのが一瞬のうちに4人で「いや、こっちから行った方が判り易いかもね」と会議を始めちゃったんだ。困った・・・(笑)。

挙句の果て、「ちょっと待ってね、玄関に鍵を掛けてくるから」・・・。なんのこっちゃと思ったら、「さぁ、行きましょう、私が判り易い場所まで案内しますわ」ときたもんだ。

当然こちらは「いえいえ、それは申し訳ないです。方角だけ判ればなんとかなりますから」と制したのに関わらず、どんどん前へ進んでいってしまう。私はと言えば残された男性と女性二人にペコペコと「ありがとうございます」と詫びを入れ、そのおばちゃんの後ろをトコトコと・・・。

そしてある場所に来た瞬間に判ったんだ。ああ、この辺に出るんだねって。だから「もうおおよそ判りましたので結構ですよ、ありがとうございました」と言っているのにおばちゃんったら「ここから先が複雑なのよ!」と・・・。

結局、100メートル以上かなぁ~、案内して頂いた。その最中に廃屋を見つけちゃった。撮りたい!、と思ってもおばちゃんはどんどんと先へ進んで行くし、さすがに「ちょっと待った!」とも言えんでしょう(笑)。

とにかくこれ以上おばちゃんに歩かせちゃ申し訳ないし、その廃屋だって撮りたい。なんとか丁重にお礼を述べて先を急ぐ・・・、振りをしておばちゃんが視界から消えるのを待つ。そして今歩いてきた道を戻る。この先の角を曲がると廃屋だ!、と思って曲がったら、そのおばちゃんったらまた誰かに話し掛けて会議を始めているではないか!。

だからその会議が終わるまで角で待機。まぁ会議そのものは1分くらいで済み、もう一度おばちゃんが視界から消えるのを待つ。

ようやくその廃屋へ。さぁこれからパチパチ撮るぞ!、と思ったらどこからか子供達がやって来ちゃって近くで遊び始めちゃった。さすがに子供達の前で廃屋に侵入しようとしているオッサン、これはまずいっしょ。結果、撮影出来たのがトップ写真の1枚だけ。

まぁ紫陽花と廃屋、いかにも昭和の名残りで納得はしているが、もうちょっと突っ込んで撮影したかったってのが本音。

帰宅してGoogle Mapでその廃屋を突き止めようとしたものの、何しろ道に迷っていた時に見つけたようなものだからどこにそれがあるのか皆目見当が付かない。はぁ・・・、とため息である。おばちゃんを恨んじゃならないし、こういう定めだったのだろうと諦めるしかない。

こういう時の為に電柱や表札に書かれている地番を何故撮影しないのか?・・・、自宅で毎度後悔するのだった。

さて、その後・・・。

病院まであと10分くらいだろうと思った場所で再び道に迷った。おおよその方角は判っていたが念の為にと、目の前にいたお子さん連れのお母さんに方角を尋ねる。

この方はすんなり「あっちです」と指差してくれた。そうそう、このパターンがお散歩写真中には一番嬉しい。お礼を述べて「あっち」へ進む。どれくらい歩いたろうか?、後ろから突然、「あの~、XX町だったらそこを右に曲がった方が早いですよ」と先程のお母さん。この方も親切過ぎるでしょう!。

ここでまた困った問題。この時点で自分の位置はしっかりと把握しており、最短ルートならば右に曲がるのは判っていたんだ。でもそうするとすぐに大通り。昭和風景を求めるお散歩写真では決して大通り方面に向かってはならない。狭い方、狭い方に進まなくてはいけない。

しかもそのお母さん、「そこの通りに出たら左に曲がるとXX町です」。そこでも「いえいえ、私はこっちの狭い道を歩きたいので直進します」とも言えず・・・。

結局大通り方面に向かいつつ、お母さんが視界から消えるのを確認し、もう一度今来た道をトボトボと戻ったのだった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    夏季休暇、いい響きですね。
    私の休暇は10日ほど先のようです。

    道案内、海外だとThis way ? This way ! ってな調子が多いですね。

    廃墟記録、GoogleMAPでGPSをオンにしてその場でポイントを保存されれば如何でしょうか?
    同じアカウントならPCでも確認出来ますが、面倒ですか?
    私のGoogleMAPはレストランや訪問先の星だらけになっています。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    昨年なんて腰痛で動けず1ヶ月以上夏季休暇でした。つまり一日中エアコンの効いたうちにいて夏を体験しておらず、私にとっては2年振りの夏なんです(笑)。

    道案内、海外のパターンが一番良い気がします。こっち?、こっち!、でいいんですよね(笑)。再び迷ったら同じくこっち?、と尋ねりゃ良いだけで・・・。

    Google Mapでポイント保存って出来るんですか!(笑)。いやぁ、知りませんでした。今度やってみます。まぁ頻繁に使うとイラっとするでしょうから、ここだけは抑えておきたい、そんな場所だけ任意でポイントすれば煩わしくも無くバッテリーにも優しいかもです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)