にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

あれから1年・・・

2016年08月11日 00:00

untitled

untitled

Sony α7, Sonnar 55mmF1.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本ネタで撮影に利用しているSony機材は昨年Sony αアンバサダープログラムのモニター企画にてお借りしたものです。
あれから1年経ったのである。今日は写真、カメラとは全く関係のない腰のお話を・・・。

本ブログを長く読まれている方は1年前、私に何があったか何となく覚えておられるのではなかろうか?。

若い頃からの腰痛持ちでちょうど1年前、それが悪化し、結果、1ヶ月以上休職を余儀なくされた(2015年7月26日の記事)。 その後どうなっただろうか。

当時の痛みは腰周辺、腰痛と言うよりも左のお尻から左脚、左足首に掛けての痛みが激しく、一般に坐骨神経痛と呼ばれるもので、昨年の8月初めは自宅のトイレに行くだけで一度座り込まないと前に進めない状態にあった。左脚はむくみ、運動機能も著しく低下した。力が入らないんだ。

それらは昨年の8月末くらいにはおおよそ収まったものの、左足の運動機能は未だに100パーセントとは言えず、痺れもあるし、頻繁に小さな痙攣を起こしている。そして従来からの痛み、右の腰に関しては相変わらず。これは学生時代からの付き合いだからかれこれ30年。

左右の腰が痛くて、左脚が100パーセントではない、結果、この1年、ずっと騙し騙しの生活を続けていた。一応5キロのダイエットに成功したが医者からはあと最低でも5キロ落とさないとすぐに昨年の痛みが再発すると脅されており完治には程遠い気がする。

そんな時、先月の初め、ぎっくり腰になってしまった。慢性の腰痛持ちでも急性のぎっくり腰になる。幸い仕事を休むような症状は出なかったものの、数日間座薬のお世話になっていた。

あくまでも私見として・・・。

何年か前からラックルと言う腰痛市販薬のCMを良く見るようになった。なんだ?、腰痛専門薬?、新たな薬が認可されたのかと思ったら、中身はただのアセトアミノフェン。しかも1回たったの300mg。

同じ成分で処方箋が必要な医療薬でカロナールがある。私の場合、1日の限度が3600mgに設定されていた。1日4回で1回の摂取が900mgなんだ。ラックルの4日分を1日で消費する処方。それでも効果は薄い。

しかもラックルの値段を知ってびっくり。ボッタクリ以外のなにものでもない。市販薬が高いのは仕方のないものの、たかがアセトアミノフェンであの値段はあり得ない。カロナールはその量で3日分で数百円だった記憶がある。診察代も含めて千円くらい?。

勿論、人によって症状によって薬の効きは異なるが、ラックル如きにお金を払うのなら1度で良いから整形外科を訪れて同じ成分でもカロナールを、そうでなかったらロキソニン、ボルタレン、トラムセットなりを処方して貰った方が遥かに楽な生活が可能だ。

あんなもんで製薬会社を儲けさせちゃ駄目だって。私にはボルタレン座薬が結構効くので急性のぎっくり腰にはいつもそれを処方して貰っている。
腰痛持ちの多くは体が固い。一説によると腰に負担が掛かり過ぎるから脳が命令を下し、体を固くしていると言われているが、私自身は同年齢の男性と比較すると体は柔らかい方で、前屈をすれば指先をピタリと地面に付けられる。

でもぎっくり腰が完治して10日くらい経たくらいだったろうか?。久し振りにストレッチをしようと体を前に倒したら・・・。

自分でもビックリ。指先が地面から20センチくらいのところでギブアップ。背中から下半身の筋と言う筋がカッチンコッチン。腰の負担を減らす為に脳が命令している?、でもここまで固かったらぎっくり腰になるのも判るし、今後このままだったらさすがにやばい。とにかく下半身の至るところの可動率が大幅に下がっていたのだから・・・。

昨年の今頃、自宅のトイレまで歩くのに四苦八苦していた時でも前屈をすれば指は地面に届いていたのに今じゃ地面が遠い。ストレッチは定期的に行っていて、ぎっくり腰になる数日前までは正常だった。だからこのぎっくり腰を境に体、下半身が固まってしまったようだ。

それに気付いてから入念にストレッチを始めて10日程度でほぼ元の状態に戻ってくれた。そうしたらこれまた不思議な現象が・・・。

ぎっくり腰の痛みと慢性腰痛の痛み、場所は全く異なる。でもぎっくり腰が治った直後は痛みが大きく拡散しており、大袈裟に言えばぎっくり腰の痛みなのか慢性の痛みなのか区別が付かないような状態だった(動けばどっちの痛みかは判るが)。

一般的に背骨(腰椎)中心に痛い時は良い兆候、反対に尻や背中まで痛みが広がっていたら、至るところの神経が圧迫されているから悪化している状態だと言われており、この時はどこが痛いかと問われたら「全部」と言ってしまうくらいに広範囲に渡っていたんだ。

ところが前屈において指先が地面に付くようになった途端にお尻や背中の痛みが和らいできた。判り易い体と言うか、人間の体の不思議と言うべきか・・・。

腰痛の原因は様々で癌やリンパ腫が腰近くに出来ると神経を圧迫し、腰痛が引き起こされる時がある。でもCT、MRI検査にて命に関わるような危険な病ではないのは確認済み。またそういう時の痛みは24時間ずっと、安静に寝ていても消えないのでおおよそ判るそうだ。

※だから24時間、どんな体勢でも痛みが消えない方は内臓やその他の病気を疑った方が良く、すぐにCT、MRIを受けるべし

ところがこの腰痛の原因が未だに判明していない。症状から言えば坐骨神経痛で、ヘルニアと狭窄があるのだが、どちらも軽度であり(手術する必要が全く無い)、1年経っても痛みが引かないのがお医者さんからすると不思議なんだそうな。

病院は幾つか変えている。一番酷かったのはろくすっぽ問診もせずに「ああ、こういう原因不明なのはストレス!、うん、ストレスを解消すればすぐに治るから!」。この医者、馬鹿だろう!。確かに心因的な腰痛は存在するらしい。しかし「ストレスを解消しなさい」って医者が言う台詞かね?。



仮にストレスや脳の勘違いからの腰痛だったとしても30年も腰痛と戦っているのだからそれを解消するなんて不可能でしょう?。人間やめなさいって事だよ。そしてたった5分の診察、そしてその診断で金を取るんだからまぁ最低な医者だ。

「1週間後また来てね、それまではストレス要因を考えて御覧なさい」って、二度とおまえのところなんぞ行かんよ!。

その頃、近所のおじさんと腰痛談義になった。この方は股関節が悪いだかでそれが腰全体までに痛みが広がっていたとの事で、その「ストレスだよ、ストレス!」と言い切った医者に掛かったそうだ。そして「ああ、あいつは藪医者だよ、ろれつが回っていないし、アル中なんじゃないか?」と言っていた。アル中かどうかは定かではないが、藪医者認定だ。

そう言えば数週間くらい前、テレビ番組でも脳が勘違いして痛みだと感じていると主張している医者がいた。「腰痛に新事実!?」、そんなキャッチフレーズの番組だっただけに注目して見ていたら10年くらい前から言われている事を繰り返しているだけ。何を今更!、大いにガッカリした。

さて、とにもかくにも原因が不明なのだから対症療法しかない。ダイエット、筋力強化、そしてストレッチ。この3つを今後も生涯やり続けなくちゃならないのだろう。

先月から行っているトレーニングがある。通称「お尻歩き」。ネットで検索すれば仰山出てくる。今まで馬鹿にしていて一度も行っていなかったのだが、駄目で元々、腰痛は治らなくてもわき腹の強化に繋がるので始めている。

さすがにネットで書いてあるような「腰痛が治る」なんて嘘っ八だ。少なくとも私の腰痛改善には繋がっていない。しかし骨盤の位置が矯正されたり、お尻に全体重を掛けてエッサエッサと歩くのでお尻の筋肉の血行が良くなるのか、疲れが取れるんだ。

これは瞬時で判る。お散歩写真で10キロ歩いて帰ってきた。当然腰は痛く重い。そこでお尻歩き。そんな時は3メートルを前後するのを3往復。これを1セットとして行っていて、その直後、腰の重さが一気に取れるんだ(取れた気がするだけかもしれないが)。その後、湯船に30分くらい浸かれば確実に腰の疲れは取れる。やはり血行が良くなっているのだろう。

このお尻歩き。今では朝起きて1セット、帰宅してから就寝までに3セット行っている。ダイエットを期待するのなら1日に20セット(3メートルのお尻歩きを60往復)くらいやらなくちゃならないだろう。でも私の場合、いつもやり過ぎてより痛めてしまうパターンに陥るので今は単に疲労感を取る、血行を良くするだけの目的で1日4セットに抑えている次第だ。

要するに人は椅子に座っているだけで骨盤は歪むし血行も悪くなる。これをお尻歩きでリセットする訳だ。サラリーマン、OLは日中、仕事場でお尻歩きなんて無理だろうから、自宅でしか出来ない。それでも1時間に1回、腰のリセットを目的で行えばかなりの効果を期待出来る筈。今後徐々に回数を増やして行こうと思っている。

※お尻歩き、副産物として便通が良くなるみたいで、確かにそんな兆候はある、あれっ?、今日も出るざますか?、そんな感じ

まだ始めて間もないので腰痛緩和の感覚は全くないが、とりあえず1年間続けてみようと考えている。結果は来年夏にまたご報告しよう!。

さて、これだけ腰痛に悩んでいるのなら写真撮影に支障を来たすだろう?、と思われるでしょう?。でも意外と平気。

ヘルニアと狭窄があるし体重も重いから健康な人よりは辛いのは事実。でも30分に一度、座ったり、前屈などのストレッチを行っていれば問題なく長距離をこなせる。だいたい1回のお散歩写真で10キロくらい歩いている。帰宅するとヘロヘロであるが、そこはお尻歩きと入浴でリセット。翌日に疲労感は残らない。

本当は毎日1時間、ウォーキングすりゃいいんだけどそこはものぐさはもので・・・。5月まではそこそこ歩いていたものの、今は夜でも蒸し蒸ししているから(笑)。これを何とかルーティーン化したいと思っている。そうしないと年内に5キロ以上落とすのは無理だ。

夜が蒸し蒸しと言えば・・・。

昨年の夏、猛暑だったらしい。「らしい?」、そう、歩けないからずっと自宅にいたでしょう?、だから昨年は夏を経験していないんだ。その夏、一切汗を掻いていないと言い切っても良いくらい、エアコン付けっ放しで快適、かつ堕落した日々を送っていたのだから。

今、2年振りの夏を実感している。いやぁ、ホント、きつい!。暑くて暑くて・・・。

本日の写真、昨年6月末に撮影している。Sonyアンバサダー企画でSony α7にFE28-70mmF3.5-5.6、Sonnar 55mmF1.8を借りていた時のもの。

この写真を撮る1時間前、本郷通りを歩いている時にピキッ!。今までの痛みとは明らかに違う、またぎっくり腰でもない、未経験の痛みに襲われた。これが左のお尻から左脚全体に掛けて起こった坐骨神経痛だったのだが、この1ヵ月後、上述の通り、ほんの5メートルすら歩けないエライコッチャな状態に陥ってしまったのだった。

その時に接骨院や鍼灸院に通っていれば、さらには整形外科にてちゃんとMRIを撮って原因を究明していればここまで悪化しなかったかもしれない。でもその時は「ああ、また腰がちょっとずれた?」くらいにしか思っていなかったもので・・・。

体力は確実に落ちている。ジジイ化まっしぐら。若い頃の感覚で物事を考えていてはいかんって事なんだな。アンチエイジングが叫ばれている今、より一層自己管理に努めなければならない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. tsunomagari | URL | -

    タイトルで

    綾小路きみまろを思い出してしまいました。

    関節系の痛みは骨格に異常が無ければ、筋肉バランスが原因だと思っているのですが、思っていてもなかなか僕の左膝は良くなりません。
    やっぱりリハビリというか、トレーニングしないとダメですよね。
    医者も商売ですから、稼げる保険点数の方程式を考えているに違いありません!
    アレルギーの関係で鎮痛剤はアセトアミノフェン系のみですが、300mgの市販薬タイレノールで済ませています。
    体調不良時は下手な薬より鎮痛剤飲んで休むが自論で、今回の出張でも倒れずに済みました。
    体調管理は大事ですよね。壊れても使い捨てなオーナーに変わったので、真面目に体力維持とジョブチェンジを考えています(笑)

  3. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    僕の腰も爆発こそありませんがなんとか生活できるレベルです。お互い辛いですがだましだまし頑張ってやるしかないですね。そう私も少しウエイト落とさなければいけないのですがちっとも痩せません。自己管理でしょうか

  4. ふてくされパン屋 | URL | T8/WNMRs

    お久しぶりでございます。

    腰痛の件、お見舞い申し上げます。
    自分も腰椎分離症でして、長時間のドライブや10分以上のしゃがみ姿勢、中腰は鈍痛になりそれらの姿勢の後に腰を伸ばすのもゆっくり「いてててて」と言いながらですが痛みはそれほど持続しないので生活に支障をきたすほどではないのが幸いです。敷布団や枕なども何回も工夫しています。
    職場で同じ腰痛仲間がエアウィーブを買ってから寝起きが違うとのことでしたので検討しましたが何しろ10万クラスの買い物になるので悩ましいところです。
    それでもその腰痛仲間は腹筋と背筋を鍛えて筋力をつけるようにしているそうですので、Bigdaddyさんもおっしゃっている通り結局は己の改善が一番なのかなとも思いました。

    その第一歩として今、自分は夏休みの子供と一緒に早朝のラジオ体操に行っています。

    大人になってからのラジオ体操、効きますねぇ~(笑)

  5. BigDaddy | URL | -

    > 鍵コメさん

    少し前までプロテオグリカン配合のサプリメントを試していましたが、これは全く駄目でしたね。3ヶ月飲み続け、レントゲンを撮ったのですが、軟骨なんてちっとも増えていませんでしたよ(笑)。ですから完治云々ではなく如何に緩和させるかなのでしょうね。

    ナタ豆と言うと口臭予防の植物だと思っていましたが、そういう効果もあるんですね。確かに調べてみると腰痛云々なんて出てきます。

    冷え性とは縁遠いのですが、(メーカーにもよるのでしょう)意外とお安いので駄目モトと言うよりも今は何でも試す時期でしょうから薬局行って見つけてこようと思っています。情報ありがとうございました。

  6. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    タイトルは勿論狙ってみました(笑)。

    膝にせよ腰にせよ、筋肉バランス、体重・・・、要するに体感を鍛えダイエットすればある程度は予防出来るのでしょうね。とにかく今はあと5キロ減を目標としています。

    超強烈な麻薬系は別にして私に唯一効くのがボルタレンなのでアレルギーで問題なければ膝痛にもボルタレンをお勧めしたいところです。アセトアミノフェンは一説では(膝は判りませんが)腰痛には全く効かないとか言われていますしね。

    体力維持どころか今以上に体力を強化しなくちゃならない気がしています。アンチエイジングってかなり大変だと思います。でもやるしかないですもんね(笑)。

  7. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    立ち仕事も座り仕事も結局腰に負担が掛かるんですよね。何か手は無いかと常に考えています。やっぱりウェイトを落とすのが一番で、如何に歩くかですね。人って不思議なもので5キロのウォーキングに体が慣れちゃうと体重がが落ちなくなるんですよね。かと言って時間の制約上10キロ、15キロのウォーキングなんて毎日出来ませんし、あとは負荷を掛けるしかないと言う哀しいパターンが今後待っているかなぁと(笑)。

  8. BigDaddy | URL | -

    > ふてくされパン屋 さん

    お気遣いありがとうございます。

    症状を拝見すると私よりも重症ですね。私は運転も5時間くらい平気でします。勿論途中でストレッチしたりしますけど。中腰の鈍痛は辛いですよね。ちょっとキッチンで作業したり、掃除するだけでイテテですもんね。

    私はムアツ布団を使っていますが、今度トゥルースリーパーを導入しようと思っています。でも評価が微妙なんですよね。エアウィーブも含め反対に高反発性の敷布団の方がマッチする気もするんです。多分両方買う羽目になるんじゃないかなぁと。エアウィーブ、確かに高いですよね。amazonでも7万ですからね!(笑)。カメラが買えますよ~。

    腹筋、背筋、あとケツ筋ですね。その辺の強化はやっていて以前よりかなり赤いお肉がしっかりしてきているんですが、何しろその上の白いお肉が落ちないもので・・・(笑)。

    ラジオ体操を1時間に1度くらいやる根性があればきっと改善されるのでしょう。私には無理です(笑)。簡単な事だとは思うんですがねぇ・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)