にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

「フラガール」を観てフラッと産業遺構探索 その15 常磐炭鉱中郷炭鉱住宅2

2016年09月12日 00:00

常磐炭鉱中郷炭鉱幹部住宅

常磐炭鉱中郷炭鉱幹部住宅

Pentax K20D, SMC PENTAX 55mmF1.8


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



今回も常磐炭鉱の中郷炭鉱住宅を紹介したい。前回の記事で映画フラガールのワンシーン、蒼井優演じる紀美子がバスに乗り込むシーン。この場所辺りから先は少し風景が変わってくる・・・。



家屋がちょっと豪勢になるんだ。フラガールのセット造りに携わった親方に訪ねたところ幹部住宅になるらしい。そしてトップ写真、ここは小高い丘に建っていた。下のような坂道を登ると住宅がある。勝手な想像、この集落で一番偉い人が住んでいたに違いない。


2016-09-12-02


玄関もゴージャスだ。そこらの一戸建てとなんら変わりない。残念ながら鍵が掛かっていたのと全体に腰の高さまで草ボーボーだったのでこれ以上の探索はしなかったが、これを含め、幹部住宅なら空き家であっても多少手を加えるだけで十分に住める。


2016-09-12-03


とは言え、間取りそのものは大きな変化はなく、ご覧の通り、限界の横に便所がある。勿論幹部住宅とは言え、いわゆるポットンである。何故か知らないが、この辺り、ポットン特有の臭いがプンプン。住民はすでにいないけど、住民の腹から出たものは残っている?(笑)。


2016-09-12-04


幹部住宅とは言え、時期的なもので内風呂ではなかったらしい。上の写真、これは物置じゃないだろう。テレビのアンテナが建っていて風呂用の煙突がないのがちょっと解せないものの、煙突はすでに撤去されたと仮定すればここが風呂場と考えても良いかもしれない。

そして風呂場と言えば・・・。ここから先は一般鉱員の住宅に戻る。


2016-09-12-05


一世代前の炭鉱住宅だとこの小屋は便所である。でも良く見ると煙突がある。そう、これは確実に風呂である。ちょっと中を覗いてみよう。


2016-09-12-06


2016-09-12-07


風呂釜はもう取り払われているが、入り口から見て右側が風呂、左側が脱衣所を兼ねた洗濯場ではなかったのだろうか?。

また違う風呂小屋では入って右に風呂場があるのは変わりないものの、左側はこうような物置になっている。どうも風呂小屋に関してはおおよその規格はあったとしても各自使いやすいように建てていたと思われる。


2016-09-12-08


さて、神ノ山住宅と同じくこの中郷住宅にも神社はある。神ノ山住宅のそれはすでにどこかに合祀され廃と化していたが、こちらの神様はまだいらっしゃるようだ。中郷住宅はかなり大きな集落だったのだろう。

映画フラガールで松雪泰子演じるまどかが酔いから冷めて窓をガラリと開けるシーン。眼前に広がる仰山な鉱山住宅。これがCGなのか映画撮影時にまだ存在していたのは何とも言えないが、広さを考えると多分そこが中郷、そんな設定だったのだろうな。


2016-09-12-09


2016-09-12-10


立派でしょう?。でも上述の通り、この中郷住宅は今後数年で更地になる可能性が高い。その時はこの立派な神社も合祀されて廃になってしまうのだろう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. auf | URL | 3eyVfeeo

    幹部住宅はさすがに一戸建てで豪華・・・って程でもないですか.
    近くの三笠市の炭鉱の幹部住宅をアトリエ(ギャラリー?にして
    いる人がいると聞きました.一度拝見してみようと思います.

  2. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    十分に豪華だと思うんですけどねぇ。玄関は両開きの引き戸ですし、恐らく一部屋半くらい一般の鉱山住宅よりも広いんじゃないでしょうか?。水回りと虫対策が施され貸し別荘として生まれ変わったら住んでみたいと思うくらいです(笑)。

    福生市辺りのアメリカンハウス、ほとんど現存していないんですが、今でも住んでいる人いますし、改築してレストランになっていたりするのを見ていると鉱山住宅もなんとか後世に残して欲しいですね。

  3. tsunomagari | URL | -

    お風呂の煙突と洗い場からするとガス風呂っぽいですよね。
    うちは五右衛門だったので、グレードが高めの外風呂っぽい気がします。

  4. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    昭和30年代、隅田川の河口地区で6畳+2畳の木造平屋の長屋社宅で6人家族で暮らしてましたよ。もちろん、風呂なし、汲み取り便所でした。
    昭和40年代になるあっという間になくなりましたが、それに比べらば立派な社宅です。

  5. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    五右衛門ってもしかして薪でフーフーですか!。

    中郷住宅ではガス釜は見ませんでしたが、多分ガス風呂でしょうね。石炭って事はないでしょうし(笑)。今度行く時はもうちょっと細かい部分もチェックせねばなりませんねぇ。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    昭和30年代は長屋、汲み取りは当たり前だったでしょうね。当時の写真を見るとこの鉱山受託のような、もしくはそれよりも質の悪いバラック的なものも多かったようですし。

    うちは記憶にある限り水洗で風呂もありましたが、私が生まれる少し前まではやっぱり汲み取りだったみたいです。仰る通り40年代から東京の水回りが整備されたみたいですね。

  7. 田舎もん | URL | -

    懐かしい… 豪華玄関?の元住人です。

  8. BigDaddy | URL | -

    > 田舎もん さん

    えっ!、ここに住んでおられたのですか!。となると鉱山関係の幹部さんだったのですね!。とっても雰囲気の良い場所でした。
    この中郷住宅は訪れた時にはすでに半分くらい解体されており、賃貸物件の住民でも次の更新は出来ない、つまり数年後には更地になってしまうようです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)