にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

MarkIIじゃないPanasonic Lumix GX7レビューその24 HOLGAトイレンズを使ってみる

2016年09月18日 00:00

玉ねぎ

玉ねぎ

Lumix GX7, Holga 25mmF8


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回のレビューが7月8日だから2ヶ月ぶりの再開だ。とは言っても次のその24でまとめて終了なんだが・・・(笑)。

今日はずっと以前に購入したHOLGAのトイレンズをGX7に付けた時の感想を述べていく。このトイレンズの詳細は2013年9月20日の記事を参照されたし。内容がダブってしまうのはご勘弁を。



このレンズを使って一番不快なのは操作性だ。とにかくピントリングが固い。しっかりとピント合わせしようと思うとイライラしてくる。

とは言え、この手のレンズは距離は目測で決め打つべきで、反対に簡単にピントリングがクルクル回ってしまうと予期せぬ位置にピントが行くので、この固さを悪いとは言い切れない。

しかし困ったものでピントリングの指標がしょ~もない造りのレンズだから個体差が大きいのだろう。説明書の通りにセットすると確実にピンボケる。「人間1人マークが0.7メートル、人間3人マークが2.0メートル、人間7人マークが6.0メートル、山マークが10メートル」とあるが、すでに3メートルを超えたらもう無限遠の山マークに合わさないとならない。

でもこれもこれで悪くはないんだ(笑)。焦点距離が25mmだからm4/3だと50mmになる。寄って接写のような撮影もするが、トイレンズの割には画角が狭いので70パーセントくらいのコマで被写体までの距離が3メートルを越える。だから最初から山マークに合わせておけばあとは構図を整えてシャッターを切るだけ。レンズ付きフィルムの「写るんです」と同じ(笑)。

またこの手のレンズは構図、水平を整えて云々なんて作業をしない方が良い。水平が取れず曲がった写真になっちまってもそれはそれで「味」とすりゃいいんだ。どのみち画質なんて言うに及ばず「糞」だからだ(笑)。とにかくカメラを構えた瞬間に何も考えずにパチリ。

神経を使うのは3メートル以内にある被写体だけに対して。さすがにピントを外していて「味」なんて言っていたら単なる言い訳馬鹿でしかない。

ピントリングが固いのと絞りはF8固定なのでドピーカン以外はEVFを拡大表示させてもGX7のEVFの性能が悪いのでコントラストが弱く合っているんだかないんだか・・・。1メートルくらい先の風景にピントを合わせるのにあーでもないこーでもないと5秒以上掛かるから(笑)。

コンセプトが間違っている気がしてならない。どうせまともに写らないのだからm4/3で50mmになっちまう画角はこの手のお遊びレンズに合わない。これで現価格が3千円ちょっとでしょう?。だったらOlympusのキャップレンズ、BCL-0908、BCL-1580を買った方が遥かに使い勝手があると思う。135換算それぞれ18mmと30mmだからきっと面白い絵を作れると思う。

フィッシュアイレンズには全く興味が無いが、デジタルの良いところ、Lightroom等で再現像時に歪曲補正をしちゃえば良い。周辺はかなり削られると思うが、22mm程度の画角に収まるんじゃなかろうか?。つまりBCL-0908は18mmのフィッシュアイと周辺描写が悪いが超広角レンズとしても使えるんだ。

さて、このHolgaレンズ。絞りはF8との事だか実際にはもうちょっと暗いんじゃないかと思っている。と言うのも夏の日の夕方、まだまだ十分に写真が撮れる、そんな明るさであるのにカメラ任せにしているとISO6400まで上がってしまう。シャッタースピードは1/30secだからF11くらいになっているんじゃないかなぁ~。

またこの手のレンズでは常にシャッタースピードをチェックしてなくちゃならない。ここでGX7最大の欠点が出てしまう。Sony αシリーズやPentaxカメラのようにTAV(SonyはMモード+ISO AUTO)モードがないからだ。しかも絞り優先AEだとボディ内ブレ補正が付いているのにシャッタースピードを下げずにISO感度をどんどんと上げていってしまう。

トップ写真、限りに無く夏至に近い時期の午後4時半のコマ。軒下で多少暗い状況であったが、これの1つ前のカットが1/125secのISO1600になっていた。そう、この時ISO感度の上限をISO1600にしていたからGX7は最高感度まで上げちゃう。そこで気付いたんだろう。掲載したコマはISO800で撮影されている。ISO感度の上限を800に下げたんだ。

次の写真。これは同じ日に撮影したコマで午後6時半。日没までまだ30分はあるだろう。2ヶ月以上前の事だが良く覚えている。上限ISO1600で1/4secくらいを示したんだ。えっ?、まだそんなに暗くないのに・・・。

でも確かに絞りがF11近いのだからそれくらいになるのはしょ~がないだろう。結果、ISO6400の1/30secで撮影している。GX7のブレ補正は経験上1段半くらいだから頑張ればISO3200でも撮れる写真。

でもこれはこれでいいのかもしれない。所詮中心部にしかピントが合わないようにあしょ~もない画質なんだからノイズが出てもそれはそれでいいんじゃなかろうか?。


2016-09-18-02


2016-09-18-03


切り抜き像はマウスクリックで1200x1200の等倍像となる。GX7の画像処理エンジンは(と言うよりもほとんどのメーカーの画像処理エンジンは)超高感度域でしょ~もない写真しか出力してくれないのでLightroomで現像している。

Adobe Standard、ノイズはデフォルトのまま、カラーノイズだけを取っただけで輝度ノイズは一切減らしていない。シャープネスだけ適用量50、半径1.6、ディテール0、マスク10としている。等倍像でこの程度のノイズだからA3プリントだと丁度良い按配、ISO1600のカラーネガフィルムで撮影したような雰囲気になってくれる筈だ。

さて、このトイレンズ。何が魅力か?。まぁ私はトイカメラやトイレンズに思い入れがない人間なのでこいつを頻繁に使ってやろうとは微塵にも思っていない。

トンネル効果が面白い?、そんなもん、現像ソフトでどうにでもなるっしょ。周辺部の汚い描写に味がある?、これも現像処理で収差風の味付けは簡単だ。トンネル効果も収差も現像ソフト+Photoshopで簡単にシミュレーション出来ちゃう。

しかし唯一、それらに出来ない事がある。2013年9月20日の記事のトップ写真をもう一度ご覧になって頂きたい。

そう、逆光時に出てくるハレーションやゴースト。この手のトイレンズを上手く使うこつは「逆光で撮れ」って事なんだと思う。

逆光時にはカメラをほんのちょっと動かすだけでハレーションやゴーストの形状が大きく変化する。これが無茶苦茶面白い。ファインダーを覗きながら、風景の為の構図ではなく、ハレーション、ゴーストの為に構図を整える。次の写真もそうだ。ほんのちょっと構図を動かしただけで・・・。


2016-09-18-04


2016-09-18-05


Photoshopには「逆光」「照明」なるフィルターがあったり、ハレーションやゴーストを作り出すプラグインも有料、無料と存在するらしいが、どうも多くは綺麗な逆光を生むみたい。このHolgaレンズのようにお下品過ぎてたまげちゃうような絵を作りだすのは容易ではないだろう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    トイレンズ面白いんですよね。でも確かに暗い!
    私もFマウント用を持っていますが、デジタルだとイマイチ気分が乗りません。
    フィルムで撮る方が楽しいですね。
    OLYMPUSのボディキャップレンズ15mmと9mmも買ってしまいましたが殆ど稼働していません。
    お遊びでしたら、9mmの方が面白いですね。
    近況報告ですが、D700とD90をドナドナして、Dfを購入しました。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    このHOLGAのレンズは何かを外すとF5.6相当になるって書いてありましたが、面倒でやっていません(笑)。多分明るくすると今でも四苦八苦しているピント合わせがより大変になり、無限遠すら合わないんじゃないかと・・・。

    Olympusのキャップレンズ、15mmは綺麗に写り過ぎるんですよね。うちには17mmF2.8があるので15mmを買ったところで使わないだろうな、そう感じています。だとするとやはり遊びに徹する意味で9mmでしょうね。

    Df購入されましたか!。未だに街でDfを使っている人を見た事がなんですが、でも結構売れているらしく・・・(笑)。皆さんどこで使っているんだろうなと・・・。

  3. tsunomagari | URL | -

    何かを外すとって、ブラックコーナーエフェクトのことですかね?
    周辺減光がわざとらし過ぎたので、ブラックコーナーエフェクトは外しました。周辺減光はLRなどで処理した方が好みです。
    難点は解像度の割にデータ量が大き過ぎると思うんですよね。
    それはレンズの所為では無いんですけど。

  4. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    そうです!。ブラックコーナーエフェクトです。確かにこの周辺減光はわざとらしいんですよねぇ。外し方が良く判らないですし(笑)、うちの個体はそれを外すと無限遠が出なさそうで・・・。

    解像力で言えば「写るんです」よりも悪いんじゃないでしょうかね。まぁ写りが悪いからトイレンズなんでしょうが、用途が微妙です(笑)。やっぱり25mm(換算50mm)って焦点距離が厄介な気がしますねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)