にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ローカル線の旅 只見線郷戸駅

2016年10月16日 00:00

郷戸駅ホーム

郷戸駅ホーム

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



10月8日の記事からの続き。今日は只見線の郷戸駅を紹介したい。

ここは思い出深いと言うか、これだからローカル線っていいなぁと大いに感じた駅。

車でこの駅を目指している際、カーナビが変なところを曲がれと言う。いやいや、違うでしょ、これって農道でしょ!、ここじゃねぇよ、この先にもう1個曲がる道があるんだよ!、とナビを無視して直進した。するとどんどんと駅から遠ざかってしまう。うーん?・・・。

Uターンをすると目の前に看板。確かにその農道を進むと郷戸駅って書いてあるわい!。その農道を登っていく。周囲は田んぼ。看板は正しいよね?、でも田んぼだぜ?。とりあえず行けるところまで行こう!。果たして突き当たりに広場があり、左手を見ると階段。おお!、ナビは間違っていなかったぜ!。


こんな農道を走ってきた

2016-10-12-02

Pentax K-7, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di


左奥に案内標識が見えるでしょう?。この位置に国道があって、この標識に右が郷戸駅って書かれていたと記憶している。そしてこの農道、実は県道である。

確か法律で駅に続く道は県が整備するとされていて、どんなにしょぼい道でも県道だった筈。だから国道から私が農道(私道)だろうと思った分岐点からこの駅の広場までの短い距離が県道に当たるんだと思う。

調べてみた!。正式名称は福島県道226号会津郷戸停車場線と言うようで距離268メートルとの事。確かにMapionの距離測で測るとそれくらいの距離。

そう言えば日本一短い県道もどこかの駅前で、すぐ国道が走っているから10メートルだか20メートルだか・・・。ブラタモリでそんな話をしていた記憶がある。


ホームからはこんな風景を望める

2016-10-12-03

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


雨上がりの夕方だったので遠方にはもやが掛かっている。実に牧歌的な風景だった。線路は一段高いところを走っており、ホームからは見渡す限り田んぼ。


シェルターのような待合室の中

2016-10-12-05

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


ローカル線を巡っていていつも不思議に思うのは駅舎。只見線はJRだから合理化されている筈。なのに一駅一駅、駅舎、もしくは待合室の形状が異なっている。

この郷戸駅の待合室はトップ写真の右側、シェルターのような近未来デザインとでも言おうか?。この手のローカル線は駅毎にデザインが公募されていたのだろうか?。

下、これが2013年当時の時刻表。今と若干異なっているが、上下とも日6本なのは変わりない。只見線堪能の難しさはここにある。会津若松を拠点としていたら6時、7時台の列車には乗らないだろうから、そうなると13時台になってしまう。


2013年当時の時刻表

2016-10-12-04

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


2016年10月現在、13:09に会津若松を出発し、郷戸には14:15、終点の会津川口(2011年の台風によりその先、只見駅まで不通)には15:00。そして15:27の会津川口発で折り返して会津若松に戻って17:20、15:27に乗らないとすると19:09発で会津若松着が20:57・・・。

単に往復するだけで半日使ってしまう。だから2013年の旅では列車移動は諦め、かつ3駅限定で車で巡るようにしたんだ。もし全線開通していたらそれこそ行って帰ってくるだけで1日掛かりとなる。

この時17時半くらいに駅に到着している。そしてここでの最後のコマが17時46分。時刻表を撮影しているのだからあと16分ここで粘れば下りの列車の撮影が出来るのを判っていた筈。夏の撮影だから18時でもまだまだ明るい。なのに撮影していない。今思うと不思議・・・。

18時を少し過ぎたくらいに宿に入っているのが判っている。となるとただ単に18時前に宿に入りたかった、ただそれだけの理由で18時2分の下り列車を撮らなかった事になる。

夕食中のスナップ写真の撮影時間を見ると19時20分。となると答えは1つ。夕飯を19時に指定しており、夕飯前にひとっ風呂浴びたかったって事だろう。

秘境駅で有名になった牛山氏(秘境駅へ行こう!)が駅寝するってのが判るなぁ~。鉄道、特にローカル線だけの為に旅をしようと思えば最終列車まで利用しないと無理があるのだろう。

私は駄目。幾らローカル線に惹かれていてもそこまでは出来ない。夕飯前に風呂に入ってさっぱりしたい。特に夏だから汗ビッショリ。汗を流す為だけに列車を撮り損ねてもしょ~がないと思っている。きっと今後も本物の鉄っちゃんにはなれないだろう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. auf | URL | 3eyVfeeo

    トップの写真,雨上がりでいい感じですね.木々の間を走る線路,奇妙な
    待合室.東欧にこんな駅ありそうです.

  2. tsunomagari | URL | -

    乗り鉄か、撮り鉄か

    それが問題ですよね。
    乗って撮るが理想的なんでしょうが、この時刻表だと途中下車して駅が撮れない。
    時間がないとローカル線の撮影は難しいですね。
    旧国鉄のうちの田舎の時刻表もこんなもんでしたが、運行されて残っているのが羨ましいです。

  3. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    ありがとうございます。奥の木々の間の線路、ホント、あの先まで歩いてみたいと思ってしまいます。只見線は山間を走るので集落と集落の間はこんな感じの風景が多いようです。あの待合室、最初は廃棄車輌を改造したのか?、と思いましたが、そっちの方がむしろお金が掛かるでしょうから合理化JRがそんな事をしないかなぁと。

  4. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    千葉県を走る4つのローカル線だと本数が多いので乗って撮るが可能ですが、全国にはそうでないローカル線の方が多いのでしょう。鉄っちゃんは乗り鉄と撮り鉄に大きく分かれるそうですが判る気がします。

    1週間くらい休みを取れれば1日くらいじっくり乗りたいですねぇ。SLだと撮るより乗りたい欲求が高いですかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)