にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

SMC PETNAX-A645 75mmF2.8の描写力は如何に!?

2016年10月22日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap

Sony α6000, SMC PENTAX-A645 75mmF2.8


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事からの続き。ようやく屁理屈ネタから脱出だ。

APS-C、135、デジタル645、フィルム645・・・。フィルム時代の645用レンズはAPS-Cセンサーに対して3回り大きなフォーマットに耐えられる描写力を持っている。

またPentaxの方曰く、645用レンズは67用レンズとほぼ同じ設計(645と言うフォーマットに対して余裕のある設計)なので抜群の描写力を持っているそうな・・・。これが本当ならばAPS-Cよりも4回り大きなフォーマットに耐えられる能力があるって話になる。

ただメーカー談ってのはあまり当てにならない。悪い話は決してしないし、良い話は数割盛っちゃうに決まっている。何せこの75mmF2.8は30年以上前に発売されたレンズだ。

例外とも言えるが、、、

マジかよ!、SMC PENTAX-M28mmF2.8も駄レンズだった!

M28mmF2.8はI型とII型が存在し、I型は私が世界一描写の悪いレンズとして糞未満扱いしているDA18-55mmF3.5-5.6に匹敵するくらいの駄目レンズ。APS-Cで使って周辺がカットされていても周辺部の描写は反吐が出る。

勿論それで不評を買ったから描写力を改善したII型を出したのだが(II型は優れたレンズらしい)、過去にそういう事を何度もやらかしているPentaxだから信じちゃいかんのだ。

こう書いちゃうと「だから等倍マニアは気持ち悪い」なんて言われそうだが、DA18-55mmもM28mmF2.8のI型もA3ノビプリント程度でも絞りを開けた撮影なら周辺部の悪さは比較対象があれば瞬時で判るからね。

下手した同じく周辺部の描写力が弱いと言われているSony EPZ16-50mmF3.5-5.6の28mm近辺の描写よりも劣る。それくらい酷いレンズがPentaxのしかも単焦点レンズとして存在している。

多分、Pentaxって今も昔も広角レンズを作れる技術が無いんだと思う。現行型で言えばDA18-55mm以外にもDA18-135mmF3.5-5.6の広角側、HD化されていない時のDA21mmF3.2Limitedの周辺部の描写も褒められない。特にDA21mmは単焦点レンズの癖してどうして周辺部が悪いの?、と感じた。

これを一部の人は「味」と表現する。F8まで絞ればいいだけさ!、なんて強がり発言。しかしレンズの場合、おおよそ「味=欠点」でしかなく、その欠点に我慢出来るか否か、または一般と思考が掛け離れていてその欠点に美徳を感じるか・・・。

焦点距離は21mmと無理はしていない、開放がF3.2の単焦点レンズ、Pentaxの事だからフレアーカッターのようなものを設けて、設計そのものはF2.8で行っている筈で、だとしたらF5.6で周辺がビシッと決まってくれないと、そしてF4半でも風景によってなんとかなる、そんなレンズでないと不快でしょ~がないから、単焦点レンズに対してF8まで絞れば・・・、なんて人とは仲良くなれない。

ゴーヤ。沖縄の方には申し訳ないが美味いとは思わないし、万人に好まれる食材ではない。健康の為に食しているなんて人は見掛けるが、そんな人に美味いか不味いかと問うと大概「美味くはない、薬のつもり」と答えてくる。

仮に・・・。沖縄でゴーヤに代わる、それよりも美味くて栄養価の高い食材が昔からあったとしよう。ここで比較対象が生まれる。多分ゴーヤはご当地食材にはならず、せいぜい珍味扱いしか受けなかったと思う。

Pentaxの広角レンズってまさにそんな感じ。比較対象がなければ「まぁお値段を考えればこんなもんじゃないの、これがレンズの味と言うものだよ」となるが、ひとたび他メーカーの同じようなスペックのレンズの描写を見ちゃうと、恨みの感情しか持たなくなる。裏切られた感とでも言おうか?。

おっといけねぇ、また屁理屈をかましちまった!。

とにかくPentaxレンズはネットの意見なんて丸で当てにならない。何しろみんなが「味」で片付けちゃうのだから己で試写してみないと・・・。


2016-10-18-02


上のような風景を撮ってみた。距離は100メートル以上はあるだろう。遠景とまでは行かないものの東京駅は壁の質感で描写力をチェック出来るので試写にはピッタリ。急いでパチパチしているので構図の違いなどはご勘弁を。

下の切り出し像はJPG撮って出しで画像処理エンジンのシャープネスなどはデフォルトのまま。1000x1000で切り取っており、マウスクリックで等倍となる。

またF2.8で撮影したコマだけ明るく写っているが、適正露出がF4の1/4000secだった為、α6000は1/4000secまでしかシャッターがないので1段オーバーになってしまっている。


中央 F2.8

2016-10-18-03


中央 F4

2016-10-18-04


中央 F5.6

2016-10-18-05


中央 F8

2016-10-18-06


30年前のレンズだから絞り開放での滲みは致し方ないし、これこそオールドレンズの欠点を「味」と表現して良い描写だ。しかし絞り開放像、構図が大きく変化し、ちょうど時計の針が見えている。そこをご覧になると滲んでいるもののかなりシャープな像を結んでいるのが判る。

絞り開放は1段オーバーで撮影されているので、LightroomやOptics Proで-1EV補正をし、霞の除去、Clear Viewを使えば良い。F8の像で少しくすんだように見えるのは光の加減か?。

次に左上隅の等倍像をどうぞ。


左上隅 F2.8

2016-10-18-07


左上隅 F4

2016-10-18-08


左上隅 F5.6

2016-10-18-09


左上隅 F8

2016-10-18-10


さすがに絞り開放だと等倍で見ると四隅の描写は悪い。とは言え像が流れている訳でもなく、この程度ならA3ノビプリントより大きなプリントをしてもあまり気にならないと思う。そして1段絞ったF4でそれが解消され始め、F5.6でカリカリになる。他の3方向の隅っこも同じ描写で片ボケもない。仮に片ボケしていても3回り大きなフォーマット用のレンズだから気付かないかもしれない。

ただ、この事から「645用のレンズをAPS-Cやm4/3で使うと中心部しか使われないから適している!」、とは必ずしもならない。135用の85mmF1.8クラスのレンズでF4まで絞ればほぼ同じ描写をする筈だからだ。

例えばSony用の135をカバーするZeiss 55mmF1.8はF2.8で周辺部も満足の行くものになる。ワーキングディスタンスを自由に取れるのならAFが可能な55mmF1.8の方が楽に撮影出来る。

まぁ100メートルちょっとの風景で1段絞るだけで実用性があるのだから十分と言えば十分だし、若干画質は落ちても絞り開放のF2.8でもLightroomでシャープネスを強め、霞の除去さえすれば等倍でも十分に鑑賞が可能だから、今後も重宝するレンズとなるだろう。

ここでおさらいだ。

「Pentaxのレンズ、広角はどうしようもないが、標準(75mmは645では標準レンズ、135換算で約46mm)以上の焦点距離を持つレンズはどんなに古いレンズでも優秀である」

増してや75mmレンズをAPS-Cで使うのだから115mm相当で明るさF2.8の中望遠レンズになってくれる。被写界深度はF4相当になるが(実際にはF4と1/3段か?)、115mmでF4の深度が使えるのだから問題ないでしょう。

さて、レンズは解像感(解像力)の他にボケ味も気になるところだろう。しかし・・・。

本ブログで何度も申し上げている通り、ボケ味には全く拘らないタイプ。だからボケテストは一切していない。何しろレンズに求めるのは周辺部の解像力だけだから(周辺が良ければ中心も当たり前に良い)・・・。

絞り羽根が8枚あるレンズなので背景に点光源が多くても円形絞り程ではないが、煩くはならない、それくらいしか判らない。「30年前であっても中判の標準レンズですよ」、腐っても鯛、ボケ味に煩い方でも落第点にはならないだろう。

このレンズを使う利点は中判用レンズなのに小さくて軽く、でっかいマウントアダプターを装着してもボディを選ばない点だ。当然m4/3のLumix GX7に付けても違和感はない(さすがにGMシリーズでは無理があるだろう)。機会があったらGX7にこれを付けて150mmの望遠レンズとして描写力を試してみたい。

本当はこういうレンズこそPentax K-1で試せば良いのだろう。MF、マニュアル露出を強いられても数値通り、75mmF2.8の中望遠レンズとして使えるのだからK-1ユーザーはこれでポートレートとか撮影して欲しいものだ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    テスト結果は予想通りですね。
    中判カメラのレンズの解像力恐るべし。

    ただ、全自動カメラに慣れた現代人にはMF、マニュアル露出は苦痛ですよ(笑)

  2. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    中判デジタルも入れればAPS-Cから3回り大きなフォーマットですからテストせずとも判る描写でした。さすがに本文の通り、絞り開放は若干画質が悪いものの、十分だと思っています。

    MF、マニュアル露出、あんまり気になりません。人物スナップともなるとそんな事言えませんが、私が撮る風景なら1枚撮るのに多少時間が掛かっても大した事ないですねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)