にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

中判デジタルカメラを好き勝手に考えてみる その1

2016年11月11日 00:00

野に咲く

野に咲く

Pentax 645D, SMC PENTAX-FA645 45-85mmF4.5


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本ネタで撮影に利用している機材は2012年にRicohからお借りしたものです。
先頃発表されたFujifilmのGFX、来年には発売との事でとっても興味ある存在。今日は中判デジタルカメラについて主観最優先で考えてみたい。

FujifilmのGFX 50SやPentax 645Zと言った中判デジタルカメラはフィルムの中判とはちと違う。フィルム645は約56x42mmで、デジタル645は一回り小さい約44x33mmのセンサーを持っている。

焦点距離の135換算はフィルムカメラを使うのなら0.6倍、デジタルカメラなら0.8倍となり、Pentax 645の標準レンズは75mm、これはフィルムカメラでなら135での45mm相当、デジタルカメラなら60mm相当になる。60mmだと長いからPentaxは新たに55mm(換算44mm)の標準レンズや35mm(換算28mm)と25mm(換算20mm)を加えている。

GFXの標準レンズは63mm、これは135換算でほぼ50mmになる。Fujifilmは来年中に63mmを含めて6本のレンズを発売するようだ。広角単焦点は45mmと23mmがあり、135換算で36mmの準広角と18mmの超広角レンズになる。一般的な広角レンズの24~28mmクラスが存在しないが、その代わり32-64mmズームがあり、これは135換算で約25-50mmになる。

これらを材料に中判デジタルは44x33mmと言う「嘘中判」のフォーマットを当分の間使用すると推察出来る。Pentax、Fujifilm、そしてHasselbladと言う中判カメラメーカーとセンサー開発元のSonyが「今後10年は44x33mmで行きましょう!、Sonyさん、勝手に自社で本当の645カメラなんて出さないでよ!」、そんな大人の事情なミーティングがされているのだろうなぁ~。

※Leicaの中判デジタルもSonyのセンサーなのかな?

さて、ここで好き勝手にこの44x33mmの中判デジタルに対してあーだこーだ述べたい。

中判デジタルは135センサーの1.7倍の面積を持つ。これは「1.7倍の面積しか持っていない」と言った方が良い気がするんだ。

カメラマンが中判デジタルに求めるものは主に「飛び抜けた解像度(解像力)」、「大きなボケ」の2つだろう。しかし1.7倍しかないセンサーにそこまで求めても良いのだろうか?。

被写界深度は4/3(m4/3)とAPS-Cとの差とほぼ同じと考えて良いのだろう。m4/3とAPS-Cは一般に1段の差があると言われているが、面積比で考えると2/3段。これと同じく135とデジタル645も面積比だと2/3段しか違わない。

最近WEB上で様々なセンサーの大きさの被写界深度を計算出来るサイトが増えている。それで確認するとこの面積比の計算が間違っていないのが判る。

換算焦点距離をイコールとし、APS-Cで絞りF1.8、135で絞りF2.8、デジタル645で絞りF3.5、この値で被写体深度はほぼイコールになる。

各センサーのフォーマットの面積比から計算すると換算焦点距離が同じならば、、、

4/3でF2の被写界深度はAPS-CでF2.5、135でF4、デジタル645でF5.0、フィルム645でF7.1となるが、非常に判り辛いので大雑把で良いのならどのフォーマットも1段ずつ違うって覚えていても大きな間違いではない。

4/3でF2の被写界深度はAPS-CでF2.8、135でF4、デジタル645でF5.6、フィルム645でF8。

あとはカメラマンが実際に撮影した写真を見てどう感じるかだ。私はAPS-Cと135の差は1段と1/3以上、1.5段くらい差があるように見える時がある。

だから135とデジタル645は机上では2/3段しか違わないとは言え、見た目は1段、もしくは1段以上違って見えるかもしれず・・・。その辺はセンサーの色再現、ダイナミックレンジ、はたまたレンズの特性など全てが影響するのかもしれない。
ここで困った問題が発生する。Pentax 645Dが発売された頃、どんなサイトでも「被写界深度が浅いから・・・」、そんな文面を多々見た。

「被写界深度が浅いからピント合わせは慎重に行う必要があるし、パンフォーカスを得たいのなら思っている以上にレンズを絞り込む必要がある」

上のような文章、良く見ていたでしょう?。しかし実際には2/3段程度しか違わない。となるとPentax K-1に50mmを使い、F1.4の絞りの被写界深度に対抗しようと思うとF1.8の絞り開放を持つレンズが必要になり、それはPentax 645用レンズにもFujifilmのGFX用レンズにもない。

詳しく調べていないが、135に被写界深度の浅さで勝てるのはPentaxでは150mmF2.8、Fujifilmでは110mmF2くらいじゃなかろうか?。

結論。デジタル645は我々がイメージしている程、被写界深度は浅くない!。

では次に・・・。

Pentax 645Dが発表された頃は画素数の大きさに意義があった。あの頃は4000万画素なんて夢だったからだ。でも今はSony α7RIIで4000万画素を超えてしまった。今後もそれクラスの135カメラがどんどん発表されるだろう。

勝手な推測で写真プリントの値段、余程の革新的技術が出来ない限り、今後もずっと我々アマチュアが可能なプリントサイズはA3、A3ノビだと思っている。

だとすると2400万画素ありゃ十分。仮に近い将来2千円くらいで全倍プリントが出来たとしても、毎年写真展を企画しているようなカメラマンを除けば長辺が90センチの紙媒体なんて誰も持ちたがらないでしょう?。どうやって保管する?、飾るにしてもそれを入れる額に一体幾ら掛かる?。

最近はテレビで写真を鑑賞する時代になった。大型モニターにスライドショー、そんな写真展が当たり前の時代が来るかもしれない。4Kテレビが普及するのが次の東京オリンピックくらいだってのだから、10年後でもせいぜい8Kテレビでしょう?。となると3000万画素ちょっとありゃ良く、現状、中判デジタルの画素数には全く驚かない。

皆さんの手元にあるテレビ、4Kじゃなかったらいわゆるフルハイビジョン、これって300万画素もないんじゃなかったけか?。結論。画素数の多いデジタル645を活用出来るフィールドは我々にはない!。

この2つの結論から4000万画素を超えているSony α7RIIやCanon EOS5Ds等を所持しているカメラマンは、あくまでも数字レベルの話なものの、Pentax 645ZもFujifilmのGFXも買う必要なんて全くないと断言出来る。

これらを踏まえ、次回、もう一度、中判デジタルカメラを好き勝手に考えてみたい。

最後に。本日の写真。これは45-85mmズームの75mmを使って絞り開放で撮影している。撮影距離は1メートル前後ってところだろうか?。

撮影当時はまだデジタル中判の被写界深度に対して不勉強だったので「おお!、暗いズームレンズ、F4.5でも結構ボケてくれるじゃんか!」と思っていたが・・・。

今見ると、あれっ?、大してボケてねぇじゃん!。これってPentax K-1に50mmレンズを使い、F3.5の絞りでほぼ同じような写真を撮れちゃう。

あくまでもこの写真に対してだが、これ以上絞りを開けてもボケボケのアホ写真になるだけであり、だったらm4/3の25mmの絞り開放のF1.7で十分。こういう写真ばかりを撮り、プリントサイズがせいぜいA3程度ならデジタルの中判って要らねぇ?、ってなる。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. auf | URL | 3eyVfeeo

    フィルム時代の中判と異なり,アマチュアにはあまり縁のないカメラに
    なるような気がします.プロの場合は撮影結果は大して変わらなくても
    「中判で撮りました」っていうのがクライアントに対してアドバンテー
    ジになる場合も多いでしょう.ライカ判じゃぁアマチュアでも持ってる
    ワケで差をつけないとね.

    アマチュアで購入するとすれば天体写真,風景写真,他と差をつけたい
    人でしょうね.とくに天体写真にはアドバンテージ大きいです.

    僕は買いません.皆格好悪いですよねハッセルのものっぺりしていて・
    ・・.ライカ判で明るくて優秀なレンズ買ったほうがいいや.




  2. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    このネタ、あと2、3回続く予定なのですが、きっと金持ちのジジババは平気で買いますよ(笑)。Pentax 645D、645Zってそこそこ売れているらしいです。

    昨年だかにPentaxの事業所を訪れた際に、どっから見てもそこらのジジババ夫婦なんですが、「ああ、~~様、よくお越しくださいました」、デパートの外商コーナーで金の仏像を買うお客さんを見ているかのような接待振り。その人は645Zを買うか買わないかそんな話で来ていたようです。そういうジジババが結構な数いると思います(笑)。

    Fujifilm曰く135に対抗するシステムとの事ですが、だとしたらボディ50万、レンズも1本15万以内、それなら金持ちジジババ以外にも食い付くアマチュアカメラマンも多そうですが、そんな値段で出てくれそうにないとは思っています。

    645D、645Zをすでに持っているカメラマンは移行を考えているでしょうしね。どうせすぐにペンタ用中判マウントアダプターが出てくるでしょうし。

  3. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

     中判は66が定番だと思っている、戦前戦後流行った二眼レフやスプリングカメラのフォーマットは66が主流だったし、学生の頃憧れの中判機はブロニカとハッセルと66でした。
     正方形のフォーマット、fujiのインスタントカメラチェキでも、スクエアフォーマットとして新発売です。これはプリントが62x62mmですから66のベタそのものです。
     我が家にはYashica-Dという二眼レフがあって、学生の頃によく使いました、66って縦横がないので撮影が楽なんですよ。デジカメでも66フォーマット出ませんかね。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    私は写真はスクエアが一番カッコイイと思っています。

    66のスクエアのセンサーをSonyにでも開発して貰って、それを645にも流用するのが良いのでしょうね。Pentaxはもう67を作る力はないでしょうから無駄にセンサーが増えないのである程度の量産が出来る気がします。

    結局今のデジタル中判って135センサーが様々な理由で使えず仕方なくAPS-Cにしたのと同じですからあと5年もすれば6x6センサーでも作れると思うんですよねぇ。

    ただし実際にそんなの大きなフォーマットが必要かどうかは微妙ですけどね。センサーは安くなってもレンズが高くて買えないパターンでしょうか(笑)。となると44x33なんてセンサーじゃなく44x44を作れば良いのにとふと思ったり・・・。

    時にピンぼけ小僧さん、ブログ開設されたんですね。おめでとうございます。

  5. YYK | URL | F9ckFCGU

    蜍牙シキ縺ォ縺ェ繧翫∪縺励◆縲ゅ≠繧翫′縺ィ縺?#縺悶>縺セ縺吶?b

    縺ッ縺倥a縺セ縺励※縲よ怙霑代?:UJI縺ョ荳ュ蛻、繧ォ繝。繝ゥ縺ョ逋コ陦ィ繧ゅ≠縺」縺ヲ莉翫?繧ォ繝。繝ゥ繧貞」イ縺」縺ヲ雋キ縺?鋤縺医h縺?°縺ェ縺ィ諤昴▲縺溘j繧ゅ@縺セ縺励◆縺後?√ヶ繝ュ繧ー縺ョ蜀?ョケ繧定ヲ九※逅?ァ」縺ァ縺阪∪縺励◆縲ゅ≠繧翫′縺ィ縺?#縺悶>縺セ縺吶?ゅ??縺薙?FUJI縺ョ荳ュ蛻、繧定イキ縺?¥繧峨>縺ェ繧臥判雉ェ繝サ隗」蜒丞コヲ縺?縺代r豎ゅa繧九↑繧峨た繝九?縺ョa7R2縺ョ縺サ縺?′濶ッ縺輔◎縺?↓諤昴>縺セ縺励◆縲ゑシ亥ス捺婿縺ッ縲√た繝九?豢セ縺ァ縺ッ縺ェ縺??縺ァ縺吶′縲√が繝ェ繝ウ繝代せ豢セ縺ァ縺吶?ゑシ演

  6. YYK | URL | F9ckFCGU

    蜍牙シキ縺ォ縺ェ繧翫∪縺励◆縲ゅ≠繧翫′縺ィ縺?#縺悶>縺セ縺吶?b

    はじめまして。最近、FUJIの中判カメラの発表もあって今のカメラを売って買い換えようかなと思ったりもしましたが、ブログの内容を見て理解できました。ありがとうございます。 このFUJIの中判を買うくらいなら画質・解像度だけを求めるならソニーのa7R2のほうが良さそうに思いました。(当方は、ソニー派ではないのですが、オリンパス派です。)

  7. BigDaddy | URL | -

    > YYK さん

    コメントありがとうございます。

    本文の通りなのですが、Olympus派でおられるのなら2段分の違いのある135フォーマットの方が良いかと思います。Fujiの中判、先日、おおよその価格が出てきたようですが、本体はPentax 645Zより安くもレンズが高価過ぎて一般人には届かない機材だと感じています。となると仰る通り、画質、解像度をお求めになるのであればα7RIIが最適なのでしょうね。私はα7RIIも高くて買えないのでα7IIを手に入れようと考えているのですが(笑)。

    今後ともよろしくお願い致します。

  8. YYK | URL | F9ckFCGU

    お返事ありがとうございます。

    実はX-T2かX-T20あたりにしようかと思ったりもしています。
    ソニーは結構、高くて手がでないです。ソニーカメラとレンズ1本でフジでもある程度の買い物が出来ると思ってしまって。
    実はソニーとフジで本気で悩みまくって調べていると、どんどんとよくわからなくなってきました。(笑)
    a7Ⅱは、どうかわからないのですが、裏面照射型CMOSセンサーって言うほどノイズの処理がいいようには思わないとのスレを見てから
    フジのX-T20あたりにしようかなと思ったりもしました。 (画質が汚いとの声も・・・・)

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1495560014

    ミラーレスはこれからどんどん進化していくと思うと、ソニーさんの商品を買うべきではないのかなと
    躊躇してしまいます。 とはいってもオリンパスよりはきっといい画質なんでしょうけど・・・・。

    毎年、新しい商品が出るたびに物欲が沸いてきて仕方がないです(笑)

  9. BigDaddy | URL | -

    > YYK さん

    カメラボディは5年で一昔となるので5年使い捨てとなりましょうが、レンズは資産ですから新しいマウントに移行するとなるとそれなりに悩まれるのは仕方のない事ですよね。

    裏面照射型とかはあまり気にされないと良いと思いますよ。今の各社のセンサーの性能はどんぐりの背比べのようなもので、Sigmaカメラを除き、どこのカメラを買おうがその違いは微々たるものだと考えています。画質が気になるのでしたら海外のレビューサイトで片っ端からJPG画像とその元になるRAW画像をダウンロードされご自分の目で確認したり、現像されるしかないかと思います。

    APS-Cからダウンサイジングしてm4/3を使っていますが、海外のレビューサイトで色々と写真を見て、ネット上に飛び交っている言葉なんて嘘ばかりと思うようになりましたよ(笑)。私には今のm4/3のセンサーで十分でした。

    あとは量販店に赴いて実際にカメラを手に取り、デザインや使い勝手を確かめ決められるのが良いかと思います。物欲はしょうがないですよね(笑)。物欲がある時が一番楽しいですし!。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)