にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

大妄想中 Olympus、即刻投げ売って欲しい

2016年12月23日 00:00

築地、どうなるんだろうねぇ~

築地、どうなるんだろうねぇ~

Olympus OM-D E-M5 markII, M.ZUIKO 12-50mmF3.5-6.3


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



例によって妄想バリバリ、好き勝手にカメラ、レンズがこーなったら、あーなったら、今回はOlympusに関して。最近のボッタクリ路線はやっぱり駄目だよね、そんなお話を・・・。

Olympus OM-D E-M1markIIの価格、最安値で22万弱と言ったところ。

11月くらいからそれくらいになるだろうと言われていて、その頃はどこのカメラサイトを見ても「高い!」、そんなコメントのオンパレードだったようだ。一応はプロ向けとして発表しているので、一概に高いとは言えないものの、本当にカメラそのものの性能が他社のプロ機レベルに匹敵するのか?・・・。

「センサーの面積が大きければ大きい程画質が良い、小さければ小さい程悪くなる」

この説を覆す事はほぼ無理でしょう?。唯一、「時代の異なるセンサーなら下克上もあり得る」だけだと思う。

Pentax K-7の極悪APS-Cセンサー、これはLumix GX7やOlympus OM-D E-M5markII(初代含め)のm4/3センサーよりも質が悪い。K-7は2009年のモデルでDxOのテストを100%信じる訳ではないが、許容ISO感度が536!。ISO800にも満たない。

DxOのISO数値はかなり辛口なのでK-7の限界はISO800と思って良いだろう。そしてその3年後に発売されたOM-D E-M5(初代)のISO許容数値は826。これはISO1600でも行けるぜ!、を意味しており、この他、色再現、ダイナミックレンジもK-7を上回っている。

このようにセンサーメーカー、開発時期によって「一時的」小さなセンサーが大きなセンサーを越える性能を持つ事はあっても「恒久的」には同じメーカーのセンサーならば小さなセンサーは大きなセンサーに決して性能を上回る事は出来ない、これはほぼ断言して良いと思う。

幾らOM-D E-M1markIIがカメラの機能が他社のプロ機を超えていたとしてもセンサー性能で負けるのだから、この初期価格を高いと見るか安いと取るかは手にするカメラマンの撮影スタイルによって大きく意見が分かれるところだろう。

The Imaging Resource!
Photography Blog - Olympus OM-D E-M1 Mark II Sample Images

上記の海外のサイトに転がっていたISO3200以上のRAWファイルで確認する限り、確かにノイズ耐性は上がっている。ISO3200、6400で撮影されたRAWをRawTherapeeで読み込んで現像をするとGX7よりも質の良い絵だった。またE-M5markIIと比較する画素数を考慮してほぼイコール、そんな感覚。

※GX7とE-M5markIIとではE-M5markIIの方が画質が優れている

だから「APS-Cと同等、超える画質」、これは嘘!。とは言え4年前のセンサーを持つSony Nex-7よりも良いかもしれず、となるとα6000等に搭載されている失敗作と言われている2400万画素APS-Cセンサーとも十分に戦える可能性があるのは間違いではない。

と言うのもソフトウェアで行うノイズリダクションの性能が優れている為、ISO3200、6400程度ならm4/3もAPS-Cもほとんど変わらない絵を提供してくれる。増してやA3程度のプリントサイズならm4/3とAPS-Cの差はないと言っても差し支えない。

また被写界深度がAPS-Cよりも約1段深いのだから極限状態、例えばK-70にDA35mmF2.4の絞り開放でもISO12800になる風景ならm4/3カメラに25mmF1.7でISO6400になる。今もAPS-CカメラはISO12800の壁は越えられていないのだから、ISO6400で撮影出来るE-M1markII、適切なノイズリダクション処理を行えばK-70+DA35mmF2.4よりも良い画質を得られる筈。

しかもOlympusのカメラなら強力なブレ補正機能のお陰でシャッタースピードを落とせる。E-M5markIIは1秒で止まる、そしてE-M1markIIだと焦点距離によって2秒でも止まるらしい。静物に限ってしまうが、そうなるとAPS-Cカメラよりもノイズにおいては遥かに質の良い絵を得られてしまう。

あとはダイナミックレンジがどれほど上がったか、それによってハイライト、シャドーが弱いと言われたm4/3の歴史も変わるかもしれない。

いずれにせよ4/3でAPS-Cに匹敵、それが実現出来ているのならば、次世代のAPS-Cセンサーは当然E-M1markIIのセンサーよりも優れた絵になる。恒久的にはセンサー面積が広ければ広い程画質が良い、センサーの性能だけに言及するとこれが至極当然の話。
ほとんどのカメラサイトで「Nikon D500、Canon EOS 7DmarkII、Fujifilm X-E2、Sony α6500、Pentax K-3II、Lumix G8が無茶苦茶お買い得に感じる」なるコメントが多々出ていた。私もそう思う。

Olympusはこれらの機種はワンランク下、OM-D E-M5markIIと同一カテゴリと見ているのだろう。「うちのE-M1markIIはフラッグシップだからカメラとしてのランクは上なんだよ!」、そんな思考、だからこそのあの価格なのだろう。

「OM-D E-M1markIIに撮れてD500、EOS 7DmarkII、X-E2、α6500、Pentax K-3II、G8で撮れない風景ってあるの?」

我々はそれだけを考えるべし。「ない」と答えたカメラマンはOM-D EM1markIIに対して「ボッタクリ、おめえはLeicaかよ!、身分をわきまえろ、この粉飾企業が!」と暴言を吐けば良いし、「ある」と感じるならば高かろうが買うしかない。それだけの話だ。

「一眼レフを超えた連写、AFスピードにカメラを振っても乱れが少ない優秀なEVF、そして雨天決行、極寒、高温多湿地域にも出向くから防塵防滴が必要、かつ軽量のシステムでないと写真を撮るのが困難な荒地を延々と歩く、さらには三脚が使えず2秒の手持ち撮影を強いられる・・・」

車に喩えると物凄く判り易くなるかもしれない。

1.5リッターの小型車なんだけどジープのように頑丈でどこでも走破出来る車があったとする。日本の狭い道を走るのならそのクラスが最適で、アウトドア大好き人間には最高の車になると思う。しかも最高速度もリミッターの利く180キロまで簡単に出せちゃうし、万が一事故を起こしても高級車クラスの頑丈さ!。

しかし値段を見てびっくり。2.5リッタークラスのフラッグシップカーが買えちゃうし、メーカーを問わなければ3リッター以上の車も買えちゃうお値段。つまり400万円を超える1.5リッターのジープ。

そんな小型ジープが必要な人は400万円払うしかないし、こういう人達にとってはm4/3だろうが、それが20万円を遥かに超えてもE-M1markIIを買うしかない。

撮影が難しい被写体の1つに「飛んでいる鳥」があると思う。上記リンクのPhotography Blogでは鷹を撮影していて、こういう撮影が主な人にはE-M1markIIは力を発揮してくれるに違いない。噂通り、一眼レフに匹敵するAF、EVFを持っていればもはやAPS-Cの高速連写機は不要になる。

絞りを開けても被写界深度が深いので高速シャッターが使え、Photography Blogを見る限り、ISO10000でも十分に耐えられる画質を持っている。

もし私が動物選科のカメラマンならE-M1markIIは確実にメインカメラの候補に挙がる。このカメラを得るだけで岩合さんに一歩近付けるに違いない。勿論岩合さんはすでにE-M1markIIは手に入れているだろうから、距離は縮まる筈も無く、E-M1markIIを手に入れる以前の過去の岩合さんに一歩近付けると言う意味である。だからこの金額に暴言を吐く気は無いが、今後のOlympusに物凄い不安を持ってしまう。

「フラッグシップだから、最先端の技術、そして極限の状態での撮影に特化しているから高価」

これなら理解出来る。そんなフラッグシップを買わなければ良いのだから。しかしOlympusが勘違いをして単純に強気の金額設定を敷いていたのなら今後のOM-D E-M5markIIIやE-M10markIII、PEN-FmarkIIにも影響が出てくる。本当に馬鹿な企業だったら今後も現行機の5割増し以上の金額が設定されるんだ。

同じm4/3のLumixのG8、この秋発売になったばかり。もう最安値で10万を切る価格で市場に出回っている。私ならOM-D E-M1markIIを買うくらいならG8にOlympusのPEN-Fの2台体制にするかな?。その方が遥かに楽しいフォトライフを送れそうだ。

GX7ユーザーとしてはGX7markIIにも魅力を感じ、これならばすでに6万円台だ。もっと妄想すれば20数万円もあればSony α7IIにPentax K-70を買える。うん、α7IIにK-70を買うのが私にとっては一番幸せになれる気がする。

「買いたい人が買う」、「使いたい人が使う」、フラッグシップとはそんな性質を持っているから文句は言わないにせよ、フラッグシップだろうがなんだろうが、OM-D E-M1markIIの値段を見ると他社のカメラが全て安く思えてしまう、こういう現象を作り出しちゃうのは戦略としては失敗している気がする。あの価格を見て他社は万歳三唱しているんじゃないか?。

OlympusはE-M1markIIを来年の夏のボーナス時期までに15万まで落としてくれるのが我が大妄想。1ヶ月に1万円ずつ落とすだけだから頑張ればそれくらいは実現出来る筈。

20万円を切るのは案外早い気がする。大台を切るか否か、購入予定のユーザーはそこを見極めていると思う。そしてイチキュッパになった時点でドバァとE-M1markIIが売れ、だったらと販売店が勝負に出て最安値挑戦!、と18万くらいまでは楽に落ちそうな気はする。問題はそこからだなぁ。

E-M5markIIの価格推移を見るとビックリ仰天。2年で2割ちょっとしか落ちていない。ここまで強気なのはなんだかんだと売れているのだろう。m4/3をメインシステムにしているカメラマンに加え、135システムやAPS-Cシステムを構築しているカメラマンがサブシステムとしてm4/3を選び、Olympusのカメラを手にしている事が考えられる。

うちもそうだ。m4/3の利点は小型、軽量にある。加えて「安価」、それも魅力的だ。しかしこれが「安価だった」と過去になってしまうとAPS-Cのミラーレスの方がいいんじゃないか?、そんな思考が確実に出てくる。

Sonyのα4桁シリーズ、FujifilmのXシリーズ、CanonのEOS Mシリーズが視界に入ってくるではないか!。画質にさほど拘りがないのなら1型センサーのNikon 1シリーズだってあるし、画質に拘るのならSigmaのsd Quattroがある。sd Quatrroを除けばどれも小型、軽量のグループに入れて良く、特に一眼レフをメインシステムとされているユーザーには勝手が良い。

E-M1markII以降もOlymspusがボッタクリ路線を突き進むとしたら残念ながららうちは来年以降発表されるだろうOM-D E-M5markIIIを手に入れられないだろう。うちには高いカメラなんて不要。

とは言え、東京オリンピック以降も意外とOlympusカメラも楽しめるんじゃねぇか?。デジタルカメラの画質はセンサーによって決定される訳で、(画質に言及すると)最新のOM-D E-M1markIIでも結局はAPS-Cに勝りはしないのだから、E-M5、E-M10、E-M10markIIでもなんだかんだと十分な画質。

さらにはE-M1markIIの発売により今後はE-M1がどんどんと安くなる。来年の春頃には4万円くらいの中古が出てくる筈。1600万と言う画素数に納得出来るのなら、それらを買えば良いだけ。またその頃、安くなっているPEN-Fを仕入れても良いだろう。

135、APS-Cをメインシステムにしているカメラマンはサブシステムをm4/3で選ぶのは今の同じでも強気姿勢のOlympus新品を使わなくなり、中古市場が賑わって行く。さらには新品でも買えてしまう安いLumix製品が今度はもっと脚光を浴びるんじゃないか?、そんな妄想をしている。

ただLumix(Panasonic)ねぇ、なんかSonyと同じ臭いがするんだよなぁ。単なる好みの問題、Sony程ではないが、デザインが気に食わない。一眼レフデザインのGシリーズがもうちょっとカッチョ良く、質感が高ければ・・・。家電屋の方が優れたデザイナーが多いと思っていたが、どうやらそれは気のせいみたいだ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハンドル職人 | URL | Ko3VlV3g

    こんにちは! お久し振りです。

    とうとう発売になりましたね、E-M1 MarkⅡ。仰るとおりこの価格が適正なのか、高いと見るか安いとみるか、購入者の判断次第だと思いますが、それじゃ「試しにいっちょ買ってみるか?」っていう金額じゃないですよね。
    先代のE-M1は発売されたのが大体3年前ですから昨今のデジカメとしてはややロングスパンでしたが、MarkⅡも当然その間ありとあらゆる改良をメーカーとしても重ねてきたハズですから劇的な進化を望むところですが、今後のレビューも含め動向を見守りたいところです。

    私事で恐縮なんですが、この度E-M10 MarkⅡを購入致しました。ここ最近忙しくてまだ試し撮りしかしていない状況ですが、今後BigDaddyさんの記事も参考にさせていただきたいと思います。
    (購入に至る経緯等は私のブログにアップ済みです。)(汗)

    今年もあとわずかとなりました。お体にはくれぐれにも注意をされて下さいネ!

  2. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを購入するならあと三万五千円で、EM-1が新品でついてきます。
    最近のデジカメの価格設定、OlympusばかりでなくSonyも結構唖然とする価格ですよ。

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハンドル職人 さん

    お久しぶりです。お気遣いありがとうございます。

    今現在の国内外のレビューを見る限り、E-M1markII、一眼レフを超えたか超えないかは個々の判断でしょうが、かなり凄そうですね。私としては2秒でも止まるってのにビックリしています(笑)。実際E-M5markIIでは1秒でもなんとか止まるので静物を撮るだけならISO800を超えるなんてほとんどないです。

    E-M10markII購入されましたか!。センサーと、多分画像処理エンジンもほとんど同じでしょうから画質はE-M5markIIとイコールでしょうね。うちは防塵防滴が必要だったのでE-M5markIIにしました。レビューは1月、成人式くらいから始めるつもりです。色々と新発見があります。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    E-M1と12-40mmF2.8だとタモリと同じになりますね。あとはサングラスですかね(笑)。

    でも私は少しでも機材を小さくしたいのと普及タイプのズームでも十分な画質を得られているので12-40mmF2.8にはあまり魅力を感じないんですよねぇ。

    SonyとOlympus、確かに価格設定は似ていますね。Sonyはα7、α6000と言う撒き餌カメラ、OlympusはE-M10markIIがそれに該当するのでしょうかね。

    為替とか海外の人件費の高騰もありますが、K-1やD750、EOS6Dみたいに135の癖にリーズナブルって設定もあるので、やはりその辺は企業努力だと思いますねぇ。

  5. auf | URL | 3eyVfeeo

    これはまぁ「プロ向けのフラッグシップ機出してみました」ってことなんでしょう.
    ブランド・イメージ向上のために.高くなるけどやれることやってみた.かつての
    ミノルタX-1みたいなものでしょう.X-1よりは売れると思うけど.お金のある人に
    は10万も20万も大して変わらないんじゃないのかな.想像ですが.(笑)

  6. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    Pentaxフラッグシップの645Zの発売時、センサーで半分くらい金が掛かっているのか?、いや、そうじゃねぇよなぁ、なんだかんだとプロ機ってのは利幅が無茶苦茶大きいんだろうなぁと思うんですよ(笑)。でもE-M1markIIがそれをやっていたら結局「m4/3の癖に・・・」とか言われておしまいって気もするんですよね。

    価格.comを見ているとすでにE-M1markIIが手元にあり、レビューをしている人がいて、20万をポンッ!、って出せる人がいて羨ましいなぁと。まぁそれを言っちゃSony α7RIIなんてその倍の40万でしたけどね(笑)。

    645Zくらいになると買う人は限られるので価格が下がらずなのは判るんですが、多くは利幅が大きいと値下がるのも容易でα7RIIはすでに10万以上値が落ちており、E-M1markIIも半年~1年後には15万以下にならなくちゃおかしいカメラ、そう思っているんですよ。
    でもE-M5markIIを見ると約2年で3万くらいしか値が落ちておらず、これはボッタクリか?、と(笑)。

    645Zは今度のFujifilmの中判が出たら下げざるを得ない気がします。

  7. ぴあの | URL | KtozBLq6

    こんばんは

    アット言う間の一年ですよ

    わたしの体調崩した一年
    老犬も病と闘ってるけれど痛い思いはさせたくないし
    何だかなぁ~
    いろいろ在った一年でしたね

    「青の洞窟 SHIBUYA」イルミネーション撮りの難しいこと
    イルミネーションは撮るものでなく見るものだと痛感した瞬間でした

    ダディさんもお身体に気を付けてくださいね




  8. BigDaddy | URL | -

    > ぴあの さん

    お気遣いありがとうございます。年末になって突然腰痛が悪化し、ヒィヒィしていますけど(笑)。

    時間は相対的って言いますからね。私も今年は無茶苦茶早く時間が進んだなぁと感じています。

    イルミネーションは誰が撮っても似たような風景になってしまうのが面白くないのでしょうかね。見るもの、確かにそう感じますし、動画で葉写真よりも楽しめるのだろうなぁと。ですからぴあのさんの人物スナップ的なあのお写真は正しいんだと思いますよ~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)