にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

LightroomでFujifilmのクラシッククロームを再現する

2017年01月08日 00:00

untitled

untitled

Fujifilm X-E2, XF18-55mmF2.8-4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



いつだったか、Lightroomでコダクロームを模倣するカメラプロファイルがないかとあっちこっちを巡っていたら偶然見つけたページ。そこにはコダクロームではなくFujifilmカメラのクラシッククロームを再現したdcpファイルが置いてあった!。

どうやらFujifilmのクラシッククロームが存在しないX-E1やX-Pro1でもクラシッククロームを使いたい!、そんな人向けに作られたようだ。

LightroomのFujifilmのカメラプロファイルを利用したフィルムシミュレーションや純正現像ソフトのRAW FILE CONVERTER EX 2.0(以下RFC2)のそれがFujifilmカメラの撮って出しJPGと違う!、と怒り狂っている人達もいるかからどう感じるかは人それぞれだが、これくらい似ていれば十分じゃね?、と思うのだった。

Lightroom/ACR - free ClassicChrome profile (.dcp) for X-Pro1 & X-E1!

そこにあるのはX-E1、X-Pro1、X100、X100S、X-T1用のdcpファイルなので他社のカメラでそれを使いたければちょっとした作業が必要になる。それが前回の記事で紹介したdcptoolを利用したファイル改ざんだ。

早速ご覧頂こう。以前X-E2を1週間借りた際のコマ、Lightroomのクラシッククローム、RFCのクラシッククローム、そして上述の見つけたLightroom用のクラシッククロームの3つ。

※写真をクリックすると大きな写真になり、それの左右をクリックすると前後連続して写真を見られる

写真1 写真2 写真3
2017-01-08-02 2017-01-08-03 2017-01-08-04



如何だろうか?。写真1~3でどれがどれだか判る方いらっしゃるだろうか?。Fujifilmユーザーでも判別出来ない人が遥かに多いのではなかろうか?。

良く見ると3枚のうち1枚だけ明らかに違うのがある。実はこれがRFC2のクラシッククロームで現像したもの。勿論、RFC2がFujifilmカメラの撮って出しJPGを忠実に再現しているかもしれず、それだけでRFC2が駄目って事にはならない。

この1枚だけだとあれなんで街の風景、ちょっとした心象風景も比較されたし。それがトップ写真。このトップ写真では上記ページからダウンロードしたクラシッククロームを使っている。ではこれも下の3枚を連続でどうぞ。これも写真をクリックすれば大きく表示され、その左右をクリックすると前後の写真を見られるようになっている。

写真1 写真2 写真3
2017-01-08-05 2017-01-08-06 2017-01-08-07



どうだろう?。

ちょっとずつ発色が異なっているが、どれがどれだか私にはさっぱり判らない。でも少なくともLightroomで標準でFujifilmカメラ用に装備されているクラシッククロームと上記ページからダウンロードしてきたクラシッククロームはほぼ同じ絵になるのは嬉しい限り。他社のカメラでこれを使っても堂々と「クラシッククロームだ」と言い切れる。

下の写真はPentax K-5をdcptoolを使ってK-5用に改ざんしたクラシッククローム。


2017-01-08-08

Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4OS HSM


こういう殺風景な湾岸景色だと意外とクラシッククロームは合う。しかし次の写真をご覧頂こう。これは前回の記事でK-3II用のナチュラルを使い、コントラストを+50、彩度を-15、黒レベルを-30にしただけの絵。


2017-01-08-09


勿論、クラシッククロームとは異なる絵になっているが、あくまでも比較して初めて判るだけで、K-3IIのナチュラルを使い、コントラスト、彩度、黒レベルを変更するだけでクラシッククローム風になる・・・、これも我々は覚えておく必要がある。

用途がないのか、他のFujifilmのフィルムシミュレーション、ベルビア、プロビアを誰も作っていないのが残念だ。そりゃぁそうだろうなぁ、Fujifilmユーザーならば古いカメラでもこの2つは揃っているから・・・。

でもそれはRawTherapeeでこれまた模倣出来るんだ。かなり怪しいのだが、詳しくは次回!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. BigDaddy | URL | -

    > 鍵コメさん

    こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    フィルムじゃないフィルムネタ、今後も少しの間続きますよ~(笑)。やっぱりなんだかんだと今も尚、フィルムの呪縛から逃れられていない、そんな自分がいます。

    若い子、そうみたいですね、最近はフィルムカメラを知らない世代の中にはフィルムカメラをたしなむ人達も出てきているようです。見つかって大変って事は女性だったんですね!。お気をつけて!(笑)。純粋な趣味仲間でもそりゃぁ邪推されます。

    「出てきた写真をあげるから係員のお姉さん撮っていい?」、いやぁ、これは粋ですよ!。素晴らしい!。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)