にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

水根貨物線(東京都水道局小河内線)を歩く その5

2017年02月23日 00:00

こ~んなところを歩いている

n2017-02-23-01


Olympus OM-D E-M5markII, M.zuiko 12-50mmF3.5-6.3


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



水根貨物線(東京都水道局小河内線)を歩く その4からの続き・・・。

水根貨物線(東京都水道局小河内線)を歩く その4の最後の写真、登山道のように見えるがそうじゃない。ここは橋梁の上。


第一水根橋梁

n2017-02-23-02


n2017-02-23-03

この第一水根橋梁の上を歩いているんだ。トップ写真は自分と連れの影を第一水根橋梁上からパチリしている。比較的長い橋梁なので突風でも吹いて落ちたらエライコッチャ。次の写真、良く見ると補強用のワイヤーで吊られている。ワイヤーは新しいもので最近になって崩れる危険性を発見したのだろう。


n2017-02-23-04


トンネルが見えてきた。中山トンネルと言うらしい。


n2017-02-23-05


例によって振り返ってパチリ。道路からかなり高い位置を歩いているが、土台そのものはしっかりしているだろうし、土や枯葉で踏み固められているので余程の高所恐怖症の人間で無い限り歩ける橋(勿論、自己責任)。


n2017-02-23-06


この中山トンネル、かなり長い。400メートル以上あると思う。トンネルの中程まで来ると前後の入り口が見えなくなるので懐中電灯がない限り歩けない。今回はスマホの懐中電灯アプリで対応した。


400メートル歩いてやっと出口

n2017-02-23-07


次が第二桃ヶ沢トンネルと言うのかな?。ここで旧青梅街道であるむかし道と繋がっているようだ。以前はこの廃線跡もルートになっていたが、現在は安全が保たれないと言う事でむかし道から外されたようだ。


脇の階段を下るとむかし道と合流する

n2017-02-23-08


n2017-02-23-09


さて、この先も歩けるのだが、旅の目的は水根貨物線でなかったので、今回はここで引き返す事にした。この先、水根貨物線は青梅街道(R411)から外れ、本格的に山岳鉄道っぽい風景が待っているのだが、何しろ行ったら戻ってこなくちゃならないから面倒くさい(笑)。ここから先はまた今年の晩秋にでも探索しようと思う。

そんな訳で「水根貨物線(東京都水道局小河内線)を歩く」、今回にて終了。次回の奥多摩の旅はあの「奥多摩ロープウェイ」をお送りする。勿論、産業遺構、廃墟である。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | od2ryG16

    こんな中で ゴローンっとしたくなりますね~ (笑
    私の行ける範囲ではここまで残っておらず、羨ましい限りです。
    季節によっては巨大なムカデが出そうですね。
    ※ 例のR・I・E ソフトですが英語が読めませんでした ・・ (後期高齢者?なので^^;)

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    都心部から2時間くらいは掛かりますがここは何たって東京都ですからね(笑)。
    自然豊かなのでムカデなんかもいるんでしょうね。ただやっぱり怖いのは蜂と熊でしょうかね。こんなトンネルで熊さんに出会ったらさすがに観念するしかないですもんね(笑)。

    あのイメージ拡大ソフト、私も適当にやっています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)