にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

奥多摩ロープウェイ 川野駅探訪 その1

2017年03月13日 00:00

川野駅

川野駅


Olympus OM-D E-M5markII, M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



ちょっと記憶が曖昧、まだ20世紀だった頃、この産業遺構、廃墟である奥多摩ロープウェイの写真を撮っていた。多分1998年くらいだったと思う。それが正しければ19年振りの再訪だ。

奥多摩ロープウェイのwikipediaはなかったが、当時それを運行していた企業のページが存在していた。

小河内観光開発 - wikipedia

奥多摩湖が造られたのが1957年、その5年後の1962年に営業が開始されたものの1966年に冬季休業をしてから以降一度も運転されていない。

なるほどね、1962年当時は対岸に行くには湖沿いを延々と走るルートしかなかったんだ。でも車社会到来、すぐに対岸へ掛かる橋が建設され、誰も見向きもしなくなった・・・。

どうなんだろう?。それでもロープウェイは物珍しかったろうし、みんながみんな車を持っている時代でもなかったろうから儲かりはしないものの、赤字になったとは思えないのだが・・・。

高低差がほとんどないようなのでロープウェイに乗ったから得られる、そんな雄大な景色ではなかったろうから一度は乗るけど二度はない、そんな施設だったのかな?。

おっと!、値段設定が高過ぎだろう!。かなりボッタクリ感がある。大人1人往復で今の金額にして2400円との事。奥さんと子供も合わせて5千円を超えてしまう。私なんてドケチだから今も運営していたとしても決して乗らない。何しろ値段設定が高過ぎるとスカイツリーにさえ昇っていないのだから。

さて、今回、その奥多摩ロープウェイの川野駅を訪れた。

フィルム時代に訪れた時は全ての人を受け入れていたここも、老朽化により危険と判断されたのかフェンスが立てられていた。トップ写真に見られるフェンスではない。そのもっと手前にアメリカとメキシコの国境沿いの壁のような高いフェンスが造られてしまい、マニアの進入を阻んでいた。さすがにお猿さん並の軽業師くらいしかあのフェンスを越えられないだろう。

まぁそこは、廃墟専門のカメラマン程ではないが、過去、幾多の困難を乗り越えてきたので勘働きとでも言おうか?、他のルートを見つけ駅構内へ。


2017-03-17-02


フィルム時代に撮影した写真と比較出来れば・・・。多分すでに廃棄している気がするが、大量のダンボールを数日掛けてガサガサすれば出てくるかもしれない。

今回訪れた際、幾つか悪戯書きもあったが、40年も放置されている割には綺麗だと感じた。近頃産業遺構が脚光を浴びていると言うものの、ここを訪れる人はマニアくらいしかいないのだろう。


2017-03-13-03


2017-03-13-04


ホントだ!、線路長が821メートルもあるのに高低差が65センチ。確かに景色の変化の少ない人工の湖の上をただ5分間眺めているだけ、一度は行くけど二度目はない・・・、なのだろうなぁ。

千葉県の鋸山ロープウェイ。ここは線路長が680メートルで3分20秒程度の行程だが、高低差は223メートルもあり、また東京湾を望め、晴れていると富士山まで見える(見えた事がないけど)。しかも往復で930円、ここ数年で2度乗っており、今後もあの辺りを旅する時には乗りたいと思う。

さらには箱根ロープウェイ、早雲山から大涌谷までしか乗った事がないが、終点の桃源台まで行けば4キロ?、高低差も900メートルくらいある。それで行って帰って2500円でお釣りが来るのだから、奥多摩ロープウェイ、当時のボッタクリ感、これにみんなが気付いちゃったのかもしれない。

次の写真は受付の裏にある部屋。事務室だったのだろうか?。


2017-03-17-05


廃墟でお決まりのトイレ・・・。廃墟巡りをしていていつも思うが、陶器の耐久性だ。足尾の高山住宅跡でも50年以上前の便器が綺麗に残っていたりする。


2017-03-13-06


階段を降りてホームに到着。


2017-03-13-07


2017-03-13-08


くもとり号がいる。wikipediaの情報が正しければ50年もここにいる訳だ。


2017-03-13-09


2017-03-13-10


わぉっ!、モダンアート発見。わりと地味なところに描かれているので大きな文句はない。描き手も多少なりとも景観に配慮したと言う事か。


2017-03-13-13


ただ、世の中、廃墟にもアホは訪れる。ちょっと笑っちゃったのが次の写真。そうそう、この人、辞任したよね・・・。


2017-03-13-11


中央に寄ってみよう!。

そしてこの大きな4文字に隠された文字、これが大爆笑、何故この動物の名を書いたのか?、不思議でならない。


2017-03-13-12


そして鉄塔。陶器(トイレ)もそうだが、鉄の耐久性も凄い。この鉄塔だって50年以上も雨風にさらされているのに見る限り、大きな劣化はない。


2017-03-13-14


次回に続く・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    くもとり号っていうんですか、50年間も宙に浮いてるんですか?
    いやいや凄いですね。
    奥に見えるのは竹林でしょうか?
    木漏れ日の中を乗ってみたい気持ちもありますが、お値段が(^^;;

    舛添!、最近の落書きなんでしょうね(笑)

  2. 型落ちハンター | URL | 4ARdecsc

    おおっ、これは超大物ですね!
    東の奥多摩ロープウェイ、西の摩耶観光ホテルと言われるくらい、廃墟マニア垂涎の聖地でしょう。
    乗り物系廃墟は特にワクワクします。ほど良い朽ち具合で非常に羨ましいです・・

    やっぱり簡単には入れなくなってるんですね・・。廃校でもそうですが、内部写真を撮られているということはどっかから進入経路があるわけで、それを見つけたときはしてやったりな気分です(笑)。未だに進入経路が見つからない廃校もあるんですけどね・・

    しかし50年も取り壊されずに残っているなんて奇跡ですね・・

  3. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    50年も宙に・・・、どうやらそのようのですね。破壊されずに残っているのが不思議ですよねぇ。
    奥は竹林です。運営中はこんなのはなかったのでしょうね。50年を経て竹林と化したのでしょう。
    高所恐怖症の私は箱根のロープウェイは正直乗るとかなり緊張するのですが、ここなら多分楽勝で乗れたかもしれません(笑)。
    落書きをする人間が「舛添」と言う漢字を知っていたのにちょいと驚きました。

  4. BigDaddy | URL | -

    > 型落ちハンター さん

    摩耶観光ホテルは訪ねてみたかったのですねぇ。でも去年だったか、ここを観光地にする話が進んで一般公開されるとかしないとかそんなニュースを見ましたが、さすがに観光地化すると廃墟のステータス度はガクッと落ちちゃいますよね。しかも今ではセンサーでしっかりと管理されているようですし・・・。

    昨年春に訪れた福島いわきの炭鉱関連施設もまだ観光地化されていなかったから楽しんで撮影しましたが、ここもいずれ観光地になるんでしょう。軍艦島から始まったヘリテージツーリズム、これが金になると判った瞬間、日本全国でそんな動きが・・・。廃墟好きとしてはちっと嫌ですねぇ。

    駅に続く坂道を上り切った瞬間に3メートルくらいのフェンスで囲まれていました。本文の通り、普通の人はここは上れないでしょう(笑)。とは言え、施設全てをフェンスで囲める筈も無く、進入難易度としてはさほど難しくはなかったです。

    そう言えばもうひとつの三頭山口駅の方は未だにウェルカム状態みたいです。この日は時間はなく行きませんでしたが、夏前に訪れようかと思っています。

  5. ハッセルじいちゃん | URL | od2ryG16

    奥多摩・・  最高です!

  6. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    今度東京を訪れる際は都心部の他に、1日を奥多摩、そして桧原村に当ててみてはいかがでしょうか?。
    どちらも東京都であり、ハッセルじいちゃんが好む山里の風景が仰山ありますよ~!。

  7. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    廃墟の暗い室内から窓の外の木々。ゾクゾクします。便器なんて口が曲がったおっさんの口みたいで僕は到底目がいかないだろうところを抑えていますね。僕も最近は少しカット数増やしているつもりですが現像も大変でね。。(笑)

  8. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    廃墟ってなんだかんだと外光、そして植物とのコラボレーションなんでしょうね。幾ら古くても植物に侵食されていないとつまらなかったりもしますしね(笑)。ここは植物の侵食がなかったので産業遺構でありつつもちょっと物足りなかったです。

    あと廃墟は水周りなんですよ~。風呂とかトイレとかキッチン、それは常に念頭に入れて撮影しないとならんでしょうねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)