にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Pentax KPは凄いらしい

2017年03月19日 00:00

経年

経年


Pentax K-5, DA16-45mmF4AL


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



Pentax KPの写真をネットで見た時、K-1ユーザーを相当意識しているなぁ、でもこのデザインはK-1くらいのサイズだからカッコイイのであり、APS-C小型機でこれはかなりドン臭いんじゃねぇか?、と思っていた。でも実際に見ると「あれっ?、もしかしてK-1よりカッコイイんじゃねぇか?」(笑)。

今日はPentax KPに絡めてPentax、Ricohのお話を徒然と・・・。

正直言って「5段の手振れ補正とISO25600くらいまで常用可能らしい」、これは超~羨ましかったりする。

前回の記事でOlympus OM-D E-M5markIIの1秒でも止まる手振れ補正効果のお陰で手持ち撮影での表現が広がったと書いたが、KPはそれの上を行くだろう。

だって本当に手振れ補正が5段の効果があるのならKPでも1秒は楽勝で止まる。仮にISO25600は微妙な絵だとしてもISO12800は多くのカメラマンが納得出来る域に達しているらしく、そうなると1秒、F5.6、ISO12800、そんなEV-2の真っ暗風景を撮れちゃう。

m4/3のISO3200がKPのISO12800に相当していれば被写界深度を考慮してもKPが約1段度画質が良い事になる。E-M5markIIレビューでは「これぞ究極の廃墟カメラ!」、そんな調子で話を進めているが、やっぱり最新モデルには適わないって事だ。

中身がほぼK-70なのはさほど気にならない。初期値設定が最近のPentaxは強気だからそれだけを見ちゃうと「幾らセンサーが画期的でも中身がK-70じゃ高いよなぁ」と感じるが、まぁPentaxだから1年待てば相応の値に落ち着いてくれる筈だし、私にはK-70程度の機能もあれば十分に楽しめる。

でも残念!。すでにPentaxとは決別!。この記事が掲載されている時点で2台のK-5、そしてAPS-C専用のDAレンズで値がつくものは全て売却している。私にとってKPの発表は半年遅かった。「たられば」・・・、去年の今頃これが発表されていたら多くのPentax製品は売却するにせよ、DA17-70mmF4ALだけは残し、KPが手頃な値段になった時点で・・・、そんな予定も立てられた。

ところでFAレンズやTamron、Sigmaの70-300mmズームレンズを売却しなかったのは将来K-1を買う為じゃない。いつか買うであろうα7II用に残しただけ。K-1は他社の135一眼レフと比較すると小振りだが、それでも私には大きい。そもそも都市部のお散歩写真が総撮影量の80%以上を占めるのだから、以前も書いた通り、東京の街で一眼レフを使うなんてもはや考えられない。

でもKPは都内では使わないにせよ、旅や廃墟撮影ではかなり威力を発揮してくれそうなカメラ。これに簡易防滴機能のあるDA16-85mmを買えばそこそこの雨でもヘッチャラ。それだけの用途でも買う価値はありそうだ、そう感じている。

また冒頭に書いた通り、現物を見るまでは小型カメラであのデザインは頂けないと思っていたが、実際にはあ~ら不思議。ブサカワとでも言おうか?。エンスーな人達に好かれているホンダのS600とか、ヨタハチ、英国車のMG辺りを連想すればKPの存在感をご理解頂けるだろう。KPのデザインは素敵だ。

※欲を言えば内蔵ストロボを付けたお陰で三角部が前面に出っ張ってしまった、これが唯一気に食わない点

正月明けに訪れた水根貨物線(東京都水道局小河内線)の長い廃隋道などは懐中電灯が無くては歩けずEV-2くらいの明るさだろう。そこを躊躇いなく手持ちで撮れるKPは羨ましい。もし私が廃墟ばかりを狙うカメラマンだったらすぐにKPを買っていたろう。

しかしそこはケチなワタクシ。無理矢理己が進んだ道を正しいと言い聞かせる。恐らく現時点で考えられる廃墟カメラとしてはKPは最高だろうが、ではE-M5markIIで廃墟を撮れないのか?、そう問われると撮れちゃうんだ。何しろEV-2の風景は幾ら廃墟でも滅多にお目に掛かれず、暗くてもEV1くらい。E-M5markIIで問題ない。

さて、Pentaxカメラ、このKPもそうだし、一応APS-CフラッグシップのK-3IIも他社に負けないくらいの機能がある。K-1もペンタキシアンが長年望んだ135一眼レフ。そう、みんな現行のボディには満足している。ボディに不満がありPentaxから他社に移行した人ってそんなにいないんじゃないかと思う。

※動体でのAF性能は今も尚他社に勝りはしないが、動体AFに主眼を置いているカメラマンは最初からPentaxを選ばない

でもみんな口に出すのがレンズだ。リソースの問題もあろうが、何故K-1発売と同時に135用の主要な焦点距離の単焦点レンズを発表出来なかったのだろう?。しかもようやくDFA50mmF1.4がこの前のCP+で参考出品されただけ。85mmF1.4も計画にあるようだが、遅過ぎる。28mmF2や135mmF2が出てくるのは東京オリンピック以降?。

加えて開放F値を抑えた普及タイプの単焦点レンズも主要焦点距離を揃える必要があるし、APS-C用レンズ、DA35mmF2.4、DA50mmF1.8、そろそろあのジーコジーコと煩いレンズを何とかしろよっ!。

Cosinaはいち早くKマウントを捨てた。そしてどうやらSigmaも本気でPentaxを見捨てたようで、またTamronは大人の協定でTamronブランドではPentaxレンズは今後は出てこないだろう。TokinaもHoyaの関係があるのか、もうPentax Kマウントレンズは出す意思がないと思う。

国内の主要なレンズメーカーでKマウントが存在しないんだ。これは一大事だ。だってそうでしょう?、PentaxはSigmaがあったから今もカメラ事業が成立しているのようなもの。Sigmaに見限られたら将来はない。何しろTamronのOEMレンズをあれだけぼったくっているんだから、内製レンズでも相当高価になるに違いない。

Pentaは安いからみんな買っていたんだ。これは以前から本ブログで申し上げている。高かったらNikonの方が安心じゃないか!。しかもNikonならレンズは選り取り見取り、Nikkorレンズは新旧仰山あるし、Sigma、Tamron、Tokina、Cosinaとなんでもござれ!。Ricohは勘違いしちゃ駄目だ。高いPentax、レンズメーカーがそっぽを向いたPentaxなんて誰も見向きもしない。しかもK-1で使えるレンズが揃った頃、恐らく時代はもうミラーレスでしょう?。

まぁ、数年後、Pentax KPにSigma 17-50mmF2.8だけで廃墟をウロついている自分もほんのちょっぴり想像出来ちゃったりするのであるが・・・(笑)。

それとRicohもNikon同様にミラーレスカメラの開発が進行しているだろう。そして新しいマウントを得たとしてもOlympus E-M1、E-M1markIIのように一眼レフ用レンズが使えるようにセンサーに像面位相差用AFを配置し、自社の電子接点付きのアダプターを作ってくれるに違いない。

そうなったらその時にもう一度Pentaxに戻っても良いかもしれない。そう、Pentaxと決別したからと言ってもPentaxを嫌いになったんじゃない。たまたま今の撮影には不要なだけであり・・・。勿論戻るには、「安かったら」、これが絶対条件であるが・・・。

思えばPentax K-01、これにEVFを内蔵しているだけで良かったんだ。そうしたらこのカメラ、名機になっていたと思う。あれはHoya時代の商品だっけか?。どうしてあんなバカメラを造ったのか不思議でしょうがない。

本日の写真はPentax K-5を最後に本格的に使った時のもの。去年の夏だ。それ以降は日干しするくらい、そりゃぁK-5は不要になるわなぁ~。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
ポチッ!っとな!



コメント

  1. 型落ちハンター | URL | 4ARdecsc

    KPはおろか、K-70も未だ実機にお目にかかったことはありません(笑)。

    Pentaxは素晴らしいです。ボディーだけは(笑)。
    お世辞抜きで使いやすいです。ただしレンズが糞またはボッタクリ(笑)。

    今もってNikonには今ひとつ心が動きません。
    私もK-70が安くなれば可能性はゼロではないと思っています。安かったら・・(笑)
    逆にSigmaのレンズが手に入るうちにという思いはありますね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > 型落ちハンター さん

    ホントにボディの使い勝手は最高なんですけどねぇ。大都市以外ではPentaxカメラは置いていない、良くそういう話を聞きますが、Ricohになってから少しは変わるかと思ったらその辺の体質は変化なさそうですね。Ricohの営業が各地方に行脚するようじゃなくちゃ未来はない気がします。

    今のペンタのシェアって2%とか3%くらいならしく、地方営業をしっかりすればそれが5%くらいにはなるとは思うんですよねぇ。

    私はAF微調整の呪縛から逃れられた、これに尽きます。KPは使ってみたいと思いつつも、それを考えると安くなっても多分買わないでしょうね(笑)。

  3. auf | URL | 3eyVfeeo

    いい被写体ですね.

    長い目で見ると自社で撮像素子を作れない会社は苦しくなっていくよ
    うな気がします.RICOHの力で何か新しい方向を切り開いていかないと
    ・・・.ニコンも相当苦しいようですし.パナとキヤノン,SONYはそ
    の点強いですよね.フジはよくわからん.(笑)



  4. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    ありがとうございます。廃なのかそうじゃないのか良く判らない施設でした。

    Sonyは画像処理エンジンが駄目過ぎますね~。α7を借りる際に開発者とのディスカッションタイムがあり、その際に「我々の強みはセンサーが内製である事」とか言っていましたが、それを活かしてないのはどうしてよ!、と突っ込みたくなりましたもん(笑)。

    センサー設計は各メーカー、製造はSony、そんな話も時折聞きます。E-M1markIIのセンサーがSony製ならOlympusの医療チームが開発に参加したとかインタビューであったのでそういう事なのでしょう。

    古くはNex6のセンサーとPentax K-5のセンサー、同じだと言われていますが、K-5の方が出来が良かったり、同じくNex7(α6000かな?)とK-3ではK-3の方が性能が良いとか・・・。基本は同じだけどどこかに各メーカーの知恵が含まれているんじゃないかと勝手に推測しています。

    KPのセンサーもSony製だったらこれがα6500と同じものなのか?、そうでなかったらPentax主導で設計し製造はSonyなんて事も考えられ、性能だけで言えば内製だから凄いって訳じゃない気もします。あとは外販価格ですよね。KPのほとんどがセンサー代だったりして(笑)。

    Fujifilmは設計がFujifilm、製造がSony、ちょいと曖昧ですが、これはどこかでそうだと書いてあったような記憶が・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)