にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympus OM-D EM-5markIIレビューその19 F13?、ド~ンと来~い!

2017年03月23日 00:00

湧水

湧水


Olympus OM-D E-M5markII, M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



この5年くらいで回折現象(小絞りボケ)に煩い論客が増えてきたような気がする。それくらいからカメラ本体に回折現象を回避するような画像処理が施されるようになったからだろうが、画素数の増加に伴い、何かネタを提供しないと気が済まないのか、雑誌やインターネットでこれまたやたらに「回折現象は悪だ!」、そう吹聴しているプロカメラマン、ライターが多い気がする。

今日はこの回折現象について。

APS-CではF8より絞ると、そして4/3系ではF5.6を超えると回折現象が出てくる、そんな論調の記事が目に付く。ちゃんとした計算式があるらしく理論上それは間違いではないらしい。

しかしふと考えてみよう。それとは別に国内外の幾つかのレビューサイトではレンズの絞り毎に描写力を示した数値を公開している。それを見るとAPS-C用レンズでF8と変わらず、F11でも全く問題なく解像している、むしろ周辺の描写を含めたらF11の方が良い、そんなレンズだって存在する。

※これも1600万画素のセンサーと2400万画素のセンサーとではテスト結果は異なるのだろうが・・・

ずっと以前にPentax K-5でテストした限り、さすがにF22まで絞ると微ブレのような、もしくはオールドレンズの絞り開放の描写のような輪郭が甘く、全体に眠い写真になる。でもF16までは許容出来ると感じていた。1600万画素のセンサーだが分厚いローパスフィルターのあるK-5でも私ならF16でも平気。

確かにLightroomのデフォルト像を見るとF16でも「もしかしてピンボケ?」と感じる時もあるが、コントラスト(明瞭度)やシャープネスを調整すれば問題ないド~ンと来~いな写真に仕上げる。増してや成果物はA3ノビプリントでしょう?。判らないって。


2017-03-23-02


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


上は一脚を使ってF16、0.7秒で撮影している。残念ながら回折現象に加えて微ブレしており、等倍で見ると目を凝らしたくなる写真。超神経質なカメラマンなら没とし、ハードディスクから消されているかもしれない。しかしこれをRawTherapeeで現像し、RLデコンボリューションに加え、ローカルコントラスト、さらにはウェーブレットで輪郭をキリリ!、と引き締めた。

これで問題ないA3ノビが出来ちゃうし、さすがに全倍(長辺90センチ)まで伸ばしたらミスを楽に指摘されるだろうが、A2なら意外と行けちゃうんじゃないかと思っている。

※この水流ならF8半の0.3秒くらいの露出で良かったね、ならば微ブレしかなったろうし回折現象もほとんど判らなかったろう

それと高周波のデータの多い遠くの細かい景色では私もなるべく(APS-Cならば)F11以内に収めるが、近い距離の人工物だったらF16まで絞り込んでも全く問題はない。それはK-5じゃなくても同じ。その手の低周波の風景はシャープネス処理が容易だからだ。

勿論、等倍で確認して被写界深度内の風景がカリッとしている、それが理想ではある。あるが、理想に縛られ過ぎると表現力が低下する。回折現象を気にしてレンズを絞り込まない人達はそれに陥ってしまっている気がしてならない。

次の写真はJPG撮って出し、E-M5markIIを使ってF13まで絞っている(この風景にこの絞りは意味は無くあくまでもテスト)。シャープネスはデフォルト。等倍切り出し像(以下切り出し像はクリックで1000x1000ピクセル)と合わせてご覧頂きたい。


2017-03-23-03


Olympus OM-D E-M5markII, M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3


2017-03-23-04


2017-03-23-05


1000x1000ピクセルの切り出し像だけだと判り辛いかも知れないが、回折現象によって問題がある写真とは全く感じない。

では高周波要素の多い細かな草木が多い遠景ではどうだろうか?。次の写真は1/6sec、F13、シャープネスはデフォルトで撮影している(全体像はLightroomで現像したもの)。

1つお断り、以下の写真、低振動モード0秒(電子先幕シャッター)を使っていないので等倍で見て判る程度であるが微ブレしていると思われるのでそれを含めてご覧頂きたい。この微ブレ問題に関しては後日!。


2017-03-23-06


Olympus OM-D E-M5markII, M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3





ではこの写真で撮って出しJPG、Lightroom現像、RawTherapee現像の3種類の等倍切り出し像をご覧頂きたい(クリックで1000x1000ピクセル)。


撮って出しJPG

2017-03-23-07


Lightroom

2017-03-23-08


RawTherapee

2017-03-23-09


撮って出しJPG

2017-03-23-10


Lightroom

2017-03-23-11


RawTherapee

2017-03-23-12


適正な絞り(F5.6半くらい)で撮影した写真と比較すれば結像が甘いのが判るのかもしれないが、そうでない限り、「撮って出しJPGってこんなもんじゃね?」、そう信じて疑わない。Olympusのシャープネスは少し独特でかなり太く、しかもローカルコントラストの付け方に気持ち悪さがある。

Fujifilmの1600万画素のX-Transセンサーの撮って出しJPGに似ている絵になるんだ。まかり間違うとあのポップコーンっぽい絵になるのがOlympusのファインディテール処理(よってOlympusユーザーで撮って出しJPG派はX-Transのポップコーンを馬鹿にしちゃいけないんだ)。

Lightroomはシャープネス量50、半径1.0、ディテール50、マスク5で現像している。明らかに撮って出しJPGよりも眠い写真になっているが、プリントしたらこの眠さは感じない。そしてこちらの方がローカルコントラストなど写真っぽい。

RawTherapeeはシャープネスにRLデコンボリューションを利用し、ハイライト/シャドーの中のローカルコントラストを調整、最後にウェーブレットでエッジを鋭くしていて、Lightroomよりもかなりシャープでかつ写真っぽさも残っている。

※LightroomもRawTherapeeも回折現像を軽減するツールはないが、RawTherapeeのRLデコンボリューションは回折現象や微ブレの軽減にも使われる技術のようだ

いずれにせよE-M5markIIはローパスフィルターレスだし、画像処理エンジンのファインディテール処理は高周波の風景に関しては回折現象にも対応する(同時に色モアレを軽減するそうだ)。回折現象の回避効果は薄く1段程度との事だが、それでも分厚いローパスフィルターを持つK-5のF16で撮影された写真よりもクリアな像になっている筈だ。

冒頭、「m4/3はF5.6を超えると回折現象が出てしまう」、本気でこの言葉を鵜呑みにしている人が多いのだろうか?。間違いではないが、今のデジタル技術ならこんなものはへ~きで無視して構わないレベルだ。「小絞りボケが出てディテールを失うから絞り込めませんでした」・・・、って馬鹿言ってんじゃないよ。

本日トップ写真。これは再現像しないと使えない風景。下、これが撮って出しJPGだ。そう、ISO LOWにしても0.5秒で撮っているからF13まで絞り込んでもこんなに明るく写ってしまう。これをLightroomで-2EV補正したのがトップ。


2017-03-23-13


例えばこんな人がいたとする。

回折現象をやたらに気にするFujiflm X-Transセンサー搭載カメラユーザーで撮って出しJPG原理主義者。所持しているのは単焦点レンズ。

回折現象を気にするのになんでポップコーンは平気なんだ?、とは思うが、いそうでしょ、こういう人。いや、絶対にいるって、こういう変な奴(笑)。Fujifilmのカメラ云々で無く、不思議な思考を持つカメラマンがいるってお話。

ボディ内手振れ補正を持っていないカメラに単焦点レンズを付けてこういう風景を撮影するには三脚とNDフィルターがないと絶対に撮れない。偶然こういう美しい風景を見つけても、、、

「ああ、今日は三脚もNDフィルターも持ってきていないから見なかった事にしよう」

と撤収しちゃうんでしょう?。

でもE-M5markIIを使い、撮って出しJPGに興味が無く、回折現象だって「そんなもん気にする奴ははアホ!」、そんな私のような人間は、、、

「ああ、『今日も』三脚、NDフィルターを持ってきていないけど楽勝楽勝!、手持ち0.5秒でパチリ!」

そしてLightroomを経てトップ写真。

時に!。時代が進化したのか、それとも私が知らなかっただけなのか、「可変式NDフィルター」ってあるのね!。いやぁ、ビックリした!。

うちにはフィルム時代に購入したND4が52mm、58mm、72mmかな?、を持っているが、こんなフィルターがあるのなら所持しているレンズの中で一番フィルター径が大きなものに合わせた可変式NDフィルターを1枚買うだけで良い訳で・・・。

ステップアップリングなんて不要でしょう。系の小さなレンズの前面にフィルターを押し当ててパチリすれば良いのだから(笑)。

高いのになると1万円~数万、でも安いのは千円~2千円であるんだ。しかも72mm径でもそれくらいのお値段。これって大丈夫な製品?。まぁ2千円だからケチな私でも騙されたと思って買っても良いかなとは思うが、もしこれに類似する安価な可変式NDフィルターをお使いの方がいらっしゃったら是非、使えるか否か、コメントを頂けると幸いだ。

まぁ2段暗くなってくれば良いだけだからうちにある72mmのND4で十分なのだが・・・。

と言うよりももっと不思議なのがレンズ交換式ミラーレスカメラって何故NDフィルター機能がないのだろうか?。コンパクトデジタルカメラには当たり前に付いている機能なのに・・・。FujifilmのX100シリーズには先日、NDフィルターが搭載されてるなる情報を頂き、となるとセンサーの大きさは関係ないと思う。NDフィルターを入れるだけでアホみたいに高価になっちまうのか?。

やっぱり可変式のNDフィルター買うしかないかなぁ~。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
ポチッ!っとな!



コメント

  1. やっさん | URL | -

    回折の問題は、写真入門書にも『絞り過ぎると回折現象でボケる』と書いてありますね。その一方で、『奥行きのある風景は絞ってパンフォーカスにする』とも。これでは、初心者は混乱してしまいます(笑)。
    自分が知る限り回折の負の部分ばかりは書かれていても、解決策や緩和策を記事にしているのは、こちらのブログだけでしょうか?
    不思議なのが商業系サイトのレビューで回折ボケは問うても、像面湾曲や焦点移動にあまり触れないですね(笑)。個人のブログでは、これを問うた記事を度々拝見しますが、ピンボケを誘発するこちらの方が遥かに大きな問題なんじゃないかなと?(笑)。

    RawTherapeeのRLデコンボリューション、今まで何に使うのか知らなかったのですが、この様な用途で使えばよいのですね。為になりました。

    ※以前のコメントでRawTherapeeのvr5~が普通に動いていると書きましたが、やはり不安定で落ちるようになりました。暫くの間、vrを前に戻そうかと検討しています。

  2. ピンぼけ小僧 | URL | 6GgKOieI

    マニアル読んだらX100のNDフィルターは光量を絞り値3段分減光です。
    最新のX100Fも同じNDフィルター機能が搭載さています。
    ただし、Fujifilmですから手振れ補正はありませんよ(笑)

  3. BigDaddy | URL | -

    > やっさん さん

    入門書は「パンフォーカスには絞るべきだが、必要以上に絞っちゃ駄目」、そういう文言を入れておけば良いって事でしょうか(笑)。入門書は70点の人間を作る為の記述書であり、90点、100点を目指すのならあとは各自が考えてやってね!、そんな感じなのでしょう。

    商業系のサイトで一番いい加減なのは回折現象よりもモアレの件かもしれません。私も当初は知らなかったんですが、輝度モアレと色モアレ(偽色)の違いを未だに理解していないプロカメラマンやライターがいるみたいです。

    輝度モアレって例えば太陽光が当たっているレースのカーテンが風でなびんて生地が重なったりすると肉眼で見える時ありますもんね。肉眼で見えるのだから写真に写ってもしょーがないですし、それを消すのは不可能な訳ですよね。あと銀座のユニクロの7階だったか8階だったか、そこの窓は肉眼で輝度モアレが確認出来ます(笑)。

    本ブログで何度も書いていますが、プロは「色モアレを回避するには構図を変えたり、絞りを変えたりすれば良い」と言いますが、そういう例を出している人ってまず見掛けません。つまりプロもどこで色モアレが出るのか確証がないって事で、となると随分といい加減は事を言っているなぁと思いますねぇ。

    像面湾曲は海外の検証サイトはかなり煩くチェックしていますね。どうやら日本よりも海外の人はこれに煩いみたいです。確かに日本では触れている人、少ないと思います。

    RLデコンボリューションはテクスチャーノイズとでも言いましょうか?、強く掛けると無地の面にノイズが出てくるので高感度で撮影していると従来のアンシャープの方が良いみたいです。Pentaxのエクストラシャープネスもそうですが、たまに「空にノイズが乗るから使わない」って人がいますが、こういう人はプリントした事がない人でしょう。仮に空にノイズが多少あってもそれだけで写真の評価を低くする人とは私は仲良くなれませんです(笑)。

    RawTherapee、うちの環境ではようやくVer5のテスト用として公開されている最新版をインストールし、それは今のところ問題なく動いているようです。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    なるほど!、X100の仕様を初めて見たんですが、1/4000secが使えるのってF8まで絞った時なんですね。開放だと1/1000secまでしか使えない・・・、となると3段分減光はピッタリなんですね。ドピーカン時、絞り開放、1/8000secを使っているのと同じ状態になりますもんね。

    Fujifilm、カメラ側に手振れ補正があればデザインは世界一と言い切っても良く、最高のカメラなんですけどねぇ(笑)。やっぱりSonyみたいなどん臭いデザインよりもカッコイイカメラを使いたいですよ~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)