にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Canonのレンジファインダーカメラ

2017年04月04日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Canon NewF-1AE, NFD50mmF1.4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



かつて日本のメーカーもLeicaに倣ってレンジファインダーカメラを量産していた。今日はCanonのレンジファインダーカメラに注目したい。

Canonのレンジファインダーカメラで有名なのはバルナックライカをパクりまくったCanon IVsbと最終モデルだったCanon 7だろう。

棚に置いて眺めて楽しむにはCanon IVsbは最高だ。良くカメラの上部を軍艦部と表現するが、バルナックライカ系のカメラはまさに軍艦を連想させる。本家のLeica IIIfと並べて棚に飾りたい、そんな思いが強い。だからこのカメラで写真を撮りたいとは全く思わない。時折、夜な夜な軍艦部を眺め、金属の重みを体感し、空シャッターを楽しむ程度。

ではCanon 7は?。いやぁ、画像検索して頂ければ判ると思う。とにもかくにも大柄になり過ぎてカッチョ悪い。デジタルLeicaが太り過ぎてカッチョ悪いのと同じ。これに50mmF0.95なる超大口径レンズを付けて写真を撮ってみたい、そんな願望はあるものの、わざわざフィルムカメラでカッチョ悪いデザインのものを常用するのは・・・。

「IV」、そして「7」、おやおや、「5」と「6」が抜けているぞ!。そう、CanonにはV型、VI型と言うレンジファインダーカメラも存在する。本ブログでも一度これらについて書いた記憶がある。不人気なのかV型、VI型は割りとリーズナブルなお値段で買えたりするんだ。

このV型、VI型のデザインが大好き(P型も同デザイン)。LeicaのMシリーズよりも好きかもしれない。とってもスマートなんだ。かつレンジファインダーの風合いがバリバリに存在している。美しい!。

この2つのシリーズで買っちゃいけないのが廉価版。シャッターが1/500secに抑えられているからだ。さすがに1/500secと言ったら晴天でISO100のフィルムならF5.6までしか絞りを開けられない。せめてF4まで開けられないと・・・。

※ネガフィルムを使えば1段オーバーくらいは問題ない。となると1/1000secあれば晴天でもF2.8まで絞りを開けられる

また好き好きもあるがTシリーズは好みじゃない。TはTriggerを意味するようでフィルムの巻き上げ、シャッターのチャージは一般的な軍艦部にあるのでなく、カメラの下部にナイフのようなレバーがありこれをトリガーと言う。この方が素早く巻き上げ、チャージが出来るらしく、これを好むカメラマンもいるらしいが、私は駄目。カッコ良くない。

本気でこのカメラを買おうと思うのならCanon Camera MuseumでV型、VI型カメラの仕様を比較検討しないとならないだろう。私はVL、VL1、VILの3機種が1/1000secまであるし良いと思う。

これらはおおよそ2万円前後で手に入れられる。レンズは一般的なLレンズなのでピンキリで揃っており、私ならロシアレンズで遊ぶかなぁ~。普通の50mmレンズなら1本5千円~1万円くらいで買えると思う。

但し、本体には露出計は付いていない。勘でさばくか別途露出計を手に入れるか、スマホの露出計アプリ、手持ちのデジタルカメラを露出計代わりにするか・・・。

スマホ用アプリでLightmeterと言うのをインストールしているが、これはどうも1段くらいオーバー露出になり信頼性に乏しい。やはり本物の単体露出計の方が正しい値を弾き出してくれる。

単体露出計?、『あるよ!』。SekonicのL328、入射式にも反射式にもなる単体露出計だ。最後の使ったのはいつだったろうか?、当然フィルム時代に使っていたのだから10年以上前。でも試したところちゃんと動作していた。

しかし、さすがに露出計のないカメラでは、幾ら単体露出計を持っているとは言え、常にその値を100%信じられるかと言うとそうでもなく、リバーサルフィルムを通そうとは思わない。

そう、この手のカメラはなんだかんだとモノクロネガフィルムが合う。ネガフィルムならラチチュード(ダイナミックレンジ)が広いので露出計も不要、F8の1/250secの法則を使えば勘さばきで何とでもなる。仮にそれで2段くらい間違っても何とかなっちゃうのがモノクロフィルム。

もう1個、SekonicのL188を持っているが、これは超小型の反射式露出計だが、計測部分が劣化してしまったのだろう、試したら2段くらいアンダーの値が出る。ISO200で撮るのならISO800にセットしないとまともな値が出てくれない。またEV4くらいの明るさからかなり怪しい露出になるのも判った。

まぁフィルムカメラでEV4のような状況で撮影なんてしないのでネガフィルムを通す、それが前提ならこれもまだまだ使える。
ただうちには現在フィルムスキャナーがない。数年前まではEPSONのを使っていたのだがこれがWindows 7非対応でWindwos XPを使わざるを得なかった。だからわざわざWindows 7からXPを呼び出すと言う面倒な事をしていたんだ。でももう捨てちゃった。

うちのプリンターも古くなってきたので買い替えの時期、その時にフィルムスキャンも出来る複合型を買えば、もしかすると数年後、Canon VIL辺りを使っている自分がいるかもしれない。

勿論、これも妄想扱い。こんな事を真剣に考えていたら身が滅ぶ(笑)。

本日の写真、Canonのレンジファインダーカメラは使った事がないので同じCanonのNewF-1AEからのコマ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
ポチッ!っとな!



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    叔父さんのCanon IVsbを高校生の時しばらく使っていました。
    最初はフイルムの入れ方かたが分からず往生しました。
    白黒フイルムで使っている分なら露出はアバウトでいいので、これに28mmあたりを付けてピントもパンフォーカスで使うのが楽です。
    叔父さんも亡くなって、Canon IVsbもどうなっているのやら。。。。。

  2. むーみんぱぱ | URL | KgoW.vE6

    フィルムスキャンも出来る複合型

    フィルムスキャンも出来る複合型プリンターってたしかもうなかったはずです。スキャナ付きの複合型プリンターでも現行機種はフイルムスキャン機能はついておらず、単体のスキャナを買うしかないかと。私はPENTAX645でとった写真の取り込みにエプソンのGT-X900を使っていますが最近では年に1度使う程度でほとんどフィルムは使ってないのですが、
    キヤノンのレンジファインダー機は気になっています。IVsbはやや高価ですがV型以降は安いですし。買ってもほとんど
    使わないと踏みとどまってますが。

  3. auf | URL | 3eyVfeeo

    僕はレンジファインダーのピント合わせが苦手なのでRF機はたぶん持たないですが,
    少年時代7のF0.95ってのは全く手の届かない世界ではありますがあこがれましたね.
    今はそんなに欲しくはないけど・・・飾るには格好良い.

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    IVsbもLeicaと同じく底蓋を外すタイプみたいですね。となるとCanon Vから裏蓋開閉式になり、それが世界標準になっていったんですね。

    この手の露出計の無いカメラで遊ぶにはやっぱりモノクロですよね。F8、1/250secの法則さえ知っていればホント、アバウトでもなんとかなりますもんね(笑)。

    1年近く前のネタですが、、、

    http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/blog-entry-1562.html

    IVsb、こういう運命を辿っているかもしれませんね。確かにカメラに興味の無い親族からするとお金に換金するのが一番ですし、誰かがまた使ってくれる、それこそが供養かもしれませんし。

  5. BigDaddy | URL | -

    > むーみんぱぱ さん

    情報ありがとうございます。調べたところフィルムスキャン出来るのは2011年くらいが最後との事でした。その当時の中古を探すしかないそうですね。トホホ・・・。

    私も645持ちなので本格的フィルムスキャナーを導入すると645も使えなくちゃならず高価になりそうですね。やっぱりデジカメで複写、パチリするのが一番ですかねぇ(笑)。

    IVsb、今はかなりお安いです。V、VIシリーズとどっこいくらいです(どちらも極上品ともなると高価ですけど)。Leica自体があれほど値崩れ起こしたので本当にフィルムマニアはいないって事なのでしょうね。

  6. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    レンジファインダーのピント合わせ、この利点は二重像が合致したら少なくとも中央部はピントが合っているので楽ってのがありますよね。

    Pentax 645のスクリーンはスプリットイメージですが、これがまぁ広角レンズになるとほぼ判らないんですが、RFの二重像合致とどっちが楽なのかってところでしょうかね(笑)。

    ずっと以前、写真雑誌で50mmF0.95の開放でも写真を見ましたが、ヌメェとした感じで、意図した位置にピントが行けば今のデジタル技術で眠さを消していけばかなり不思議な写真に仕上がるんじゃないかと思っています。欲しいレンズの1つではありますねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)