にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

MarkIIじゃないOlympus E-M1を買ってもぉた~レビューその7 ボディキャップレンズ、BCL-1580を試す

2017年05月28日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Olympus OM-D E-M1, 15mmF8(BCL-1580)


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



中古店によってE-M1はボディ単体のみで販売されているものとBCL-1580付きの2つがある。同じランクなら1~2000円後者が高い。それでも新品を買えば5千円近いので(中古でも3千円)お得なセット。当然ケチな私はBCL-1580付きを買った。

今日はこのBCL-1580、15mmF8について。

スペックを知ってビックリ。どうせトイレンズだからプラスチックレンズだろうと思っていたら3群3枚のガラスレンズが使われているんだとさ!。

最初にこのレンズの存在を知ったのは田中長徳氏のブログだ。まだ氏のブログのスポンサーがOlympusだった時期にこのレンズのレビューめいた記事があり、往年のトリプレットレンズである!、そう高評価を得ていたと記憶する。

一般からするとしょ~もない描写をするどこで造られたかも判らないようなオールドレンズでも高く評価する氏の言葉を100%信じちゃいけないが、各レビューサイトを見てもトイレンズの割には性能が良い、そんな評判だったようだ。

先ず使い勝手について。

このレンズの良さはF8のレンズなのでフォーカスレバーにて無限遠の手前のパンフォーカス位置にクリックがあるからそこにセットしておけば近影撮影以外はカメラを構え、構図を整えてパチリするだけ。楽は楽。

しかし1メートル以内の被写体に対してバチピンにしようと思うとフォーカスレバーを操作する必要が出てくる。15mmのF8でもそれくらいの距離になるとピントはかなりシビアになる。

これをどう考えるか?。トイレンズだからとバチピンじゃなくても「雰囲気を写せれば・・・」、「タイミング重視・・・」、であれば最短の30センチとパンフォーカス位置の真ん中辺りにセットしてしまえば良いが、私はそういうのは嫌い。デジタルカメラではピントはしっかりと合わせるべきと思うのでピントレバーで精密な操作をしている。

そうなるとカメラを構えながら人差し指の先でピントレバーを動かす事になり、幅のあるピントリングと違って小さなレバーだから操作が大変。ピントレバーが下にあるのが難点なんだ。これは上にあればとっても楽チンなのだが、レンズ設計者はそれを考えなかったのだろうか?。

ところが操作しているうちに人差し指の先で操作するのは誤りだと気付いた。人差し指の側面、第一関節の辺りをレバーに押し当て手首を少し捻るように指を左右に平行移動させると楽に操作出来るのが判ったんだ。

人差し指の先で操作するよりも遥かに使い勝手が向上した。これで近影撮影でも面倒じゃない。レンズの描写が意外としっかりとしているのでEVFで拡大表示をさせれば近景から遠景までバチピンになってくれる。

トイレンズと言えばHOGLAの25mmF8。

MarkIIじゃないPanasonic Lumix GX7レビューその24 HOLGAトイレンズを使ってみる

このレンズはしっかりとしたピントリングがあるのだが、それが硬過ぎて大きくピント位置を変化させたり、また微妙にリングを動かそうと思ってもとってもやりづらい。またプラスチックレンズの為、収差が激し過ぎて、ピントの合っている部分でもコントラストが弱く、明るさや被写体によっては拡大表示させてもピントが判り辛い。

勿論のこのBCL-1580もF8レンズなので暗い場所でMF操作するとかなり無理があるのだが、光がある場所なら問題なくMF操作でバチピンの写真を撮れる。

描写はどうだろうか?。周辺部はそりゃぁ悪い。等倍で見ると「やっぱり数千円のレンズだね」。ただ、像が流れているんじゃない。像が流れていると小さなプリントでも手振れのように見える時があり、目立ってしまうが、単にボヤッとしているだけなのでA3プリントを1メートルくらいの距離で鑑賞する程度ならさほど気にならないのではなかろうか?。

日本語は難しい。「さほど気にならない」、これは言い換えると「気になる人もいる」って事だ。この話になると毎度あのレンズが登場する。皆さん、食傷気味かもしれないがしばしお付き合いを。

あのレンズ?、そうM.Zuiko 17mmF2.8だ。本ブログではしつこい程良い描写だと伝えている。ところが価格.com辺りではすこぶる評判が悪い。17mmF1.8と言うワンランク上のレンズがあるからでもあろうが、人の評価なんて様々だ。

人間なんて馬鹿な生き物で、その評判の悪い17mmF2.8で撮られた写真をLightroomで明瞭度を上げたり、RawTherapeeのウェーブレットでシャープを加えたりして、ちょっと小声でその手の奴にポツリ。

「解像度はさほど良いとは思えない。でもこのレンズはコントラストで見せるんだろうね。価格.comの連中には判らんだろうけどかつてのZeissレンズのようだ」

と囁けば「ほぅ~」と納得するって。いずれにせよ、このBCL-1580に対して気持ち悪いレンズマニアが「これ、周辺部の描写悪いよね?」と話し掛けてきたらも「これが味なんだよ、キミ!、立体感は良く出ているよね、えっ?、まさかキミ、この立体感が判らない?、おいおい、どんな目をしているんだ、ケッケッケッ!」とテキト~にあしらっていれば良い。

では描写を見てみよう。トップ写真の撮って出しJPG、部分切り出し(マウスクリックで1000x1000ピクセル)。


中央やや下

2017-05-28-02


中央左端

2017-05-28-03


右上隅

2017-05-28-04


こういう中央が奥に抜けている写真は等倍で見るとどこにピントが合っているんだか良く判らなかったりする。良い表現をするならば全体にベールが被っている、そんな柔らかい描写だ。これで全く問題なくA3プリントが出来る筈で、20センチくらいに近寄って観察されない限り、5千円もしないレンズとは誰も思わないだろう。

近接撮影ではちゃんとピントをセットすると意外にシャープになる。それが次。勿論、周辺部は甘い。距離は1.5メートルくらいかなぁ?。


全体

2017-05-28-05


中央

2017-05-28-06


中央左端

2017-05-28-07


右上隅

2017-05-28-08


ピント位置がパンフォーカス位置で、被写体までの距離が3~5メートル前後の風景ならそこそこシャープな像を結んでくれる。電子接点がないので歪曲補正はされていないのに関わらず若干樽型に歪んでいるものの気にするレベルではない。また気になれば再現像し、補正すれば良い。


全体

2017-05-28-09


中央

2017-05-28-10


中央左端

2017-05-28-11


右上隅

2017-05-28-12


こう表現すると判り易いかも知れない。

「レンズに若干のクモリのある糞描写をするズームレンズの絞り開放」

そんな描写をする。つまり等倍で見れば描写的には糞にも満たない。所詮ボディキャップレンズと言うトイレンズなんだ。過度の期待は禁物。

とは言え、以前からしつこい程申し上げている通り、本ブログで糞未満でしかないとけなしまくっているPentaxのDA18-55mmF3.5-5.6だってA3プリントなら全く問題のない描写をする。つまりこの5千円に満たないトイレンズもA3プリントなら糞描写なんて気にする必要がない。

ただねぇ、このレンズ、用途がないんだなぁ~。きっとOlympusもそれを見越した普段使わないからボディキャップレンズなのだろうが、使わないのだったらビッグカメラで1個数百円で売っているボディキャップでいいじゃんかってなる。

焦点距離が微妙なの。前述の17mmF2.8を持っているのでこれと被ってしまうんだ。135換算で30mmと34mmだから写る範囲や遠近感はある程度異なるのだが、24mmと28mmの違い程はないだろう。しかも17mmF2.8と言う立派なレンズがあるんだからそっちでいいんじゃね?。

何しろ17mmF2.8はパンケーキレンズだからフードさえ外せばそれこそボディキャップ代わり。BCL-1580の絞りはF8だ。それを考えるとぶっちゃけこれを新品で5千円出して買うのならさらに5千円足して中古の17mmF2.8を買った方が遥かにまし。

またBCL-1580はオールドレンズと同じで電子接点を持たずEXIF情報も記録されない。だからこれを装着して写真を撮る場合、手振れ補正が誤り無く作動するように焦点距離を入力しないとならないのも面倒だ。

4/3ではPentaxの50mmF1.4を装着して100mmレンズとして多用しており、焦点距離設定を50mmにしているのでわざわざBCL-1580を使う為に焦点距離を15mmに変更するのは億劫で・・・。

普段はOlympus E-P3にM.zuikoの17mmF2.8を付けっ放しにしているのだが、この手のボディキャップレンズはそれと同じく付けっ放し用のボディを持っていた方が良いと思う。今後はE-P3に付けて遊んでみようと思う。

ボディキャップレンズ、性格上、これにはもっと小さなカメラが欲しくなる。LumixのGMシリーズなんて最高だ。でもGMシリーズって本当に売れなかったのか、中古市場でほとんど見掛けない。たまに見掛けても割高だったりする。

さっさと生産を打ち切ったのだからPansonicが考える程、売れなかったのは事実だろうが、最近の機種の癖に中古で見掛けないのは少し疑問だ。こういうカメラは必ず使えるシーンが出てくるので、ユーザーが手放さないのかもしれない。サブカメラとしては最高の仕様でしょう?。

このレンズを付けたいが為にLumix GM5が欲しい!、なんて妄想しちゃったりして・・・。これぞ「xxxのレンズで写真を撮りたいからyyyのカメラを使う!」と言った本来の機材物欲の姿なのだ。

このレンズ、注意点が1つ。レンズについてではなく、これを付けて写真を撮っている友人、知人がいらっしゃったら彼らに接する際の注意事項。間違ってもBCL-1580を指差して「これ何?」と尋ねちゃ駄目。そうしたらエライコッチャである。

良くぞ聞いてくれました!、「これはね、ボディキャップレンズと言ってトイレンズなんだけど・・・」から始まり、「これでも3群3枚のガラスレンズを使っていてこういうのを昔はトリプレットレンズって呼んでいたんだ!」、とお鼻を膨らましながら話し始めちゃう。

当然ながら「描写も全く問題ないよ。確かに周辺部は収差でボヤけちゃうけど、それこそがトリプレットレンズの特徴、つまり味なんだよ、味!」・・・、聞いてもいないのにくだくだ解説しちゃうから。

そう、今回の記事の内容を延々と聞かなくちゃならない。もしもそんな会話されるのは御免だと無視し続けていると「このレンズ知っている?」って猛アタックしてくるだろうからそんな時も冷静に「知ってる!」と言い切る事。持っていなくても「持ってる」と言ってしまうのも良いかもしれない。

でもしつこい輩はあなたの事を同志だと勘違いするかもしれない。だからついでに「ごく普通の5千円のレンズだよね、その価値以上でも以下でもないから何も語る事はない」と会話を遮断してしまおう!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    GX7を買った際に新品で買ってしまいました。ついでにBCL-0980まで買ってしまった粗忽者です。
    仰られるとおり、そこそこ写るんですよね〜
    でも稼働状況はサッパリです。
    ホント、中古でまともなレンズを買えばよかった。fisheyeの方を桜の季節に使うくらいですかね。
    安物買いの銭失い。反省しています(笑)

  2. ハッセルじいちゃん | URL | od2ryG16

    私も持っていますが、このレンズはガラスを使っていたとは驚きです。
    しかし本気では使えないし、お遊びにはつまらないし、中途半端なので卓上で埃をかぶってます(汗
    逆光に弱ければおもしろい画が得られそうですが、レンズメーカーの製品なのでそんな冒険はしないでしょうね。

  3. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    本文の通りBCL-1580は17mmf2.8で十分に代用出来るので不要と感じています。使いどころが難しいものの0980の方がオンリーワンの写真を得られ、良いと思います。また0980の方がより被写界深度を稼げますのでピント調節もほとんど不要でしょうし、歪曲が気になったら少しだけ調節すれば135換算20mmくらいのトイレンズにもあるでしょうしね。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    あらっ!、ハッセルじいちゃんもお持ちでしたか!(笑)。

    仰る通り中途半端なんですよね。私の場合は17mmF2.8を持っていなければ使いようはあったのかもしれませんが、本文の通り、1580専用の小型ボディを手にして歩きながら適当にノーファインダーでパチパチするのが一番このレンズらしい絵になるかもしれません。

    レンズ前面にくしゃくしゃにした透明のフィルム(ビニールとかラップ)を貼り付ければ乱反射するのでソフトフォーカス、逆光で変な絵になるかもしれませんね。

  5. RigelNightBug | URL | GzSZFFvQ

    乱入、失礼致します。
    「これを付けて写真を撮っている」輩です(w。
    …って言うか、コレを使いたかったが為に、数年前の写真再開時に、E-PL5を選んだと言う…(笑。

    遊ぶには非常に便利なので、BCL-0980も含めて、結局4枚程購入しました。
    4番目のコメント欄で、BigDaddy様も仰ってる通り、BCL-1580は、レンズ前にセロハンテープやビニールを貼ると、ハレーションでソフト表現も出来るので、夜間の常夜燈や店先を撮るのに、割と多用しています。

    只、皆様の仰る通り、確りとしたレンズをお持ちですと、普通の用途には使い道が無いと思います。


    ※URLは、E-P3で撮ったハエトリグモ。BCL-1580、デジタルテレコン併用。

  6. BigDaddy | URL | -

    > RigelNightBug さん

    コメントありがとうございます。

    すでに同一焦点距離のレンズを持っていたら意味がなく、特に1580は17mmF2.8と絵作り法が変わらんのでホント、用途ないです(笑)。「コレを使いたかったが為に・・・」、それは正解だと思います。

    0980は小型のPENシリーズやLumixのGMシリーズに付けて歩きながらブレようがピントが多少曖昧だろうがお構い無しにランダムにパチパチしてフロックを狙えるレンズだろうなと感じます。

    お写真、ちょうど先日、ナショジオか何かで蜘蛛特集を見ていて、最初タランチュラ?、かと思いましたが、ハエトリグモなんですね。この手のクモは良く見掛けますが、ドアップだと可愛いですね。私が駄目なのは脚が細くて長いタイプ。そしてその手の蜘蛛よりも嫌いなのがザトウムシ、以前廃墟でありえないくらい馬鹿でかいこいつを見て卒倒しおうになった事があります。あいつは宇宙生物ですって(笑)。

  7. RigelNightBug | URL | GzSZFFvQ

    被写体は気が回りませんでした。
    確かに、生き物だと、好き嫌いが大きいですね。
    真に申し訳御座いませんでした。

    黒ボディのBCL-1580は、簡単に「なんちゃってマクロ」に出来るので、そう云う面で遊ぶにも、重宝しております。


    ※URLは、E-PL3で撮った高島屋~新宿駅。BCL-0980。

  8. BigDaddy | URL | -

    > RigelNightBug さん

    なるほど!、前回のコメントで4種類も買われたって書かれていたのでなんで4つも買うのだろう?、と思っていたのですが、カラーバリエーションで4つなんですね!。

    ハエトリグモ、私はこいつは可愛いと思いますから平気です(笑)。タランチュラも平気ですから。脚が細くて長いジョロウグモ系、ザトウムシ系、脚が仰山あるイモムシ、ゲジゲジ、ムカデ系が駄目なんです。

    0980、解像感良いですねぇ。これって普通の魚眼レンズと変らない気がします。いやぁ、ちょっとびっくりしました。これだけ鮮明に写っているとは!。1580よりも0980の方が使い勝手がありそうですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)