にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

車とカメラによるエンスー状況

2017年05月30日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Contax AX, Planar 50mmF1.4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



オヤジ世代は「エンスー」と言う言葉を良く使う。バブルの頃、主に車雑誌で頻繁に使われていた言葉で、その世界では概ね「スポーツカーやオールドカーに熱中している人々」を指していた。今日はこのエンスーと言う言葉に絡めて・・・。

エンスーをネットで調べてみるとこんな感じ。

語源由来辞典 - エンスー

これだと抽象的過ぎる。

例えば現行車のエンジンや足回りに手を入れてスペックアップするような人達、彼らは単なるスピード狂、走り屋でしかないし、ランボルギーニカウンタックやフェラーリー512BBと言った超~スーパーカーを操る人々は単なる金持ちの道楽。

エンスーの中には「粋」や「お洒落」と言う言葉も含まれている。ポルシェの最新式に乗るんじゃなく、初代の911、一般にナローポルシェと呼ばれている車を買い付け新車のようにレストアするような人々をそう呼んでいた。

また今でも絶大な人気のあるミニ、1990年代にはすでにBWMの傘下にあったが、そんな新車のミニではなくそれ以前の1960~70年代のオースチン、モーリスのミニをレストアしている乗っているマニアがエンスーな人なのだ。

トヨタ2000GTをレストアするのは単なる金持ちの道楽でしかないが、ヨタハチをレストアする人々はエンスー。同じくホンダのNSXを駆ったはいいけど高速道路でオマワリに捕まっているのは単なる馬鹿で、そうじゃなくS600をレストアして青山通り辺りをドライブしているのがエンスー。

また現行車であっても一味違う車。例えばエンジンをミッドシップに積んだ国際初の大量生産車トヨタのMR2やオープンカーのユーノスロードスターと言った趣味の要素が強烈な車に乗っている人々もエンスーと呼ばれていたと記憶している。

昭和時代のネスカフェゴールドブレンドの名CMの名文句、、、

「違いの判る男」

カウンタックや512BB、2000GTなんてのは万人が名車と認める。そんな当たり前ではなく、隠れた名車とでも言おうか?、「自分だけが注目している」、エンスーは常にそんな意識をしていた筈だ。フォルクスワーゲンのビートルもそんな存在だったろうが、カルマンギアを愛する人の方がエンスーの中では格が上。

ある意味、CanonやNikonと言った大衆が支持するメーカーではなく、Pentaxをこよなく愛するペンタキシアンなんてエンスーと表現しても良いと思う。

但しペンタキシアンな人々はちょっと原理主義的思考の人物が多いように思える。そこに気持ち悪さを感じてしまう。

この前もかなり以前の記事、Pentaxの悪口が内容なのだが、それに付いたコメントが「ペンタックスユーザーの恥」だって。こういう奴は幾らPentaxを愛していようがエンスーとは呼べない。そもそもそんな言葉を個人ブログに投稿する時点で「おまえもだろ!」、ブーメランしちゃっているのをちっとも判っていないアホでしかない。

カルマンギアを愛する人達はその悪口を耳にしても一切動じない。だって自分が好きだからレストアして走らせている。他人の目なんて知ったこっちゃない。そこが一部の馬鹿なペンタキシアンとは違う。
インスタントコーヒーを飲んで「違いが判る男」って・・・。今考えるとこれは馬鹿舌でしかない。

近年、同じようなCMでジョージアの猿田彦珈琲監修の缶コーヒーのCM。これは大いに笑えた。

カップに注がれた珈琲を飲み干すとカップの底に「これは缶コーヒー」と言う文字が・・・。確かそんなCMだったと思う。

ここに登場してくる人物はモデルやタレントではなく、どこぞの業界の若手のエリートだそうで、もしそうならこれもどんな馬鹿舌してんだよってお話。最近一番笑えたCMだ。多分CMに登場した彼ら、職場でも馬鹿舌と笑われているんだろうな。

この猿田彦珈琲監修の缶コーヒー、物は試しと購入。不味くはないだろうが無理に作られたような香りがしたし美味くはない。本当の美味いコーヒーを飲んでいればこれを挽きたてのレギュラーコーヒーと勘違いする奴なんぞいない。いや、勘違いはするかもしれない。上等のコーヒーカップに注がれていたら先入観があるからだ。しかしそれでも美味いと言えるコーヒーじゃない。

猿田彦珈琲監修の缶コーヒー、私の中では「そこらの喫茶店で飲んだ外れのコーヒー」、そんなイメージしかわかない。二度と買わない。

この前、どこだっけなぁ、東名高速の足柄SAかな?。そこで飲んだマシンからセルフサービスで注ぐ使い捨てコップで飲むコーヒーは美味かったなぁ。あんなCMするのなら最低でもその手のコーヒーと同等の味と香りでなくちゃならない。
さてさて・・・。

元々は上述の通り、車を愛する人々に使われていたエンスーと言う言葉だが、車は高く付く。今、ナローポルシェやモーリスのミニを見つけ出して、それを現行車並みに使えるようにレストアするなんて一般の人々には無理な話。土地付きライフライン付き分譲のコテージやログハウスを買えちゃうくらい費用が掛かってしまう。

エンスーと言う言葉には昔から一種の憧れがあり、でも車でそれを実現するのはちょっと無理だった。当時の夢は「ジャガーEタイプをレストアしそれでドライブに出掛ける」であり、もう20年も前の話、一度だけ真剣に考えた事があった。でも車屋さんから見積もりが出た段階で自分が思っていた倍近い金額だったので諦めた経緯がある。

でもカメラは違う。女性はもしかすると理解出来ないかもしれない。男は車、時計、写真機、銃、この4つは同じジャンルに属する。メカとか金属が大好きな生き物。私なんて下町の工場で見掛けるプレス機とかでも「カッチョエェ!」と思っちゃう。

特にデジタルになった今、写真機(フィルムカメラ)が超お安い。最高のカメラと言われていたLeicaのM3でさえ、10数万円、露出計の付いたM6も同じような価格帯。しかも中古店で並んでいるこれらは余程運が悪い人間でない限り、買ったその日からガンガンに使えてしまう。修理費用が不要。

M3、M6と同価格帯にあるのがSonyのα7II、今現在最も欲しいカメラだ。でもエンスーを気取るのならこんなドン臭い開発初期の段階に出てきたモックアップのようなデザインのカメラよりも素直にM6を買うべきなんだ。

現実的な人間なのでそんな酔狂な選択をせずにSonyのデザイナーのセンスの悪さがあらわになってもデジタルで気楽で遊べるα7IIを選択するだろうが、エンスーにはなりたい。「違いの判る男」を演出出来ればエンスーなのだから、、、

4月4日の記事で紹介したCanonのV型、VI型レンジファインダーカメラなんて素敵だ。一眼レフならCanon NewF-1、Nikon F3、Pentax LXでは当たり前過ぎてちっともエンスー気分に浸れないが、5月22日の記事のOlympus OM-4Tiなら立派にエンスーと呼べる。

すでにPentax 645で中判ライフを送っているのでそれだけでエンスーと呼んでも良いかもしれないが、これ1台だと「物好き」で終わってしまう。と言うのもさすがに中判カメラは大きさ、重さ、そしてフィルム代を考えると常用は無理。今のところ春夏秋冬、年に4度しか出番のないシステム。

しかも昨年度は雪が降ってくれなかったから冬を撮れなかったし、今年度は天候と日程が上手く合致してくれず桜を全く撮れなかったら実際には年に3度の出動が限度。

可能ならば月一くらいで気軽に使えるフィルムカメラが・・・。月にフィルム1本なら昼飯2日分程度だし、たとえ36コマしか撮らなくても継続したらそこに何か楽しみを見出せそう。

本ブログは昨年までは135フィルムを利用するフィルムカメラを今更買うのは馬鹿馬鹿しいとずっと唱えてきたが、今年になってちょっとだけ135フィルムカメラもいいかなぁと思い始めている。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    twitterのフォロワーを見ているとフイルムカメラが人気なのだが、ちょっと変な人たちがいます。
    4x5やら8x10を担いで撮影をしたり、ダゲレオタイプのカメラを自作したり、とんでもない若者が増殖しています。
    ペンタキシアン界隈では67関連の中古価格が高騰しているようです。

  2. auf | URL | 3eyVfeeo

    M4はあまりにかっこ良かったのでぐらっときたことがありますが,
    ライカ使いのある人に言わせるとM2以外はライカとは言えないそ
    うです.(笑) たしかに手に取ってみると各部の動きが全然違
    います.でも僕はレンジファインダーカメラはFUJI69は別とし
    てなんか撮った気がしないので買わないですけど.

  3. サンデーハイカー | URL | -

    こんにちは。
    カメラ系ブログでよく見かける「開封の儀」、あれで延々スクロールを強いる人って絶対エンスーじゃないですよね(笑)。

    ココだけの話ですが、実は私135フィルムは今でも時々100ftから切り出したモノクロで自家現像しています。それらの道具がまだ手元にあったので継続しているだけなんですが、薬液類は今でも通販で手に入りますし、フラットベッド式スキャナでもフィルムの平面性さえ確保出来れば、かなり満足度の高い画像が手に入ります。あの当時(フィルムしか手段が無かった頃)では考えられなかった方法で、今でも意外と遊べるもんだと結構楽しんでます。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    一種のファッションでしょうね。以前、飯田橋だったか、まだ学生だろうな、そんな人がPentax 67を持って歩いていたんですよ。もう忘れちゃったんですが、明らかにどこかが壊れているカメラだったんです。それを裸で持ち歩いている。超~重たい首飾り。私もLeicaを持ったら青山通り辺りを写真を撮らずに首から掛けて歩くでしょうけど(笑)。

    日本人は右を向けと言われたら多くが右に向きますが、どんな世代でもあまのじゃくはいるんでしょうね。

  5. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    M4とM6ってほとんど同じで露出計があるかないかくらいの違いしかないようですが、それでも細かい部分は違ってくるのでしょうね。

    M2以外は・・・、人それぞれなのでしょうね。以前知り合ったLeicaマニアの方はM3以外はLeicaじゃないって言っていましたし(笑)。

    でも各自のこだわりがあって良いと思います。私のように軟弱人間は露出計内臓のM6しか興味ありませんし、中には超あまのじゃくがいて、おでぶのM5が好きって方もいるでしょうしね(笑)。

  6. BigDaddy | URL | -

    > サンデーハイカー さん

    愛車、それが超高価だったり、オールドカーと言った珍しいものだったら別ですが、極普通の一般車をブログで自慢している人がいますが、「開封の儀」の人と同類なのでしょうね(笑)。

    100ftってどこのカメラだ?、と思ったら100フィートのフィルムの事だったんですね。そして自家現像ですか。うーん、まさにエンスーですね!。

    正直、長巻フィルムって量販店でも見たことがないです。モノクロは一度、現像だけでも自分ちでしたいなと思っていましたが、結局思っているだけで今後も実行に移せない気がします。

    スキャナー、そうなんですよね。A4プリントくらいならフラットベッド式でも十分のクオリティの像になりますもんね。うちのスキャナーは古くてWindows 7に対応したドライバをメーカーが作ってくれず処分しちゃいましたが、近々買おうと思っているんですよ。

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    フイルムカメラは結構本気モードの若者が増えてるようです。
    ただ、フイルム価格の高騰と種類の減少はネックになりますが。

    そこで我が家のフイルムカメラ調べたら使用可能なものがまだ十台もありました(笑)

  9. BigDaddy | URL | -

    > 鍵コメさん

    はじめまして。

    一昨日、二万円キャッシュバックに誘われ上大岡ヨドバシカメラにα7IIを弄りに行きましたところ、店員さんからなんと三万円値引きの申し出がありました。
    三万円値引き、キャッシュバック。ポイント10パーセント。私には買わぬ理由が見つからずすぐに交渉成立。浮いたお金でアダプターを購入して昨日より楽しんでおります。
    近いうちに新型の発表?
    とりあえず底値に近いのでは?と思いお知らせだけ。。。。

    最近になり写真に興味を持ちましたが、周囲にカメラ好きの友人 師と仰ぐ方もいないなかネットに頼りながら遊んでおります。
    度々訪問させていただき足跡を残しながらご挨拶が遅れたことをお許しください。
    これからも過去記事を含め参考にさせて頂きたく どうかよろしくお願いいたします。

  10. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    10台もですか!。選り取り見取、日替わりカメラりですね(笑)。四谷三丁目のあの店に行く度に(年に数度ですが)、物色しているんですが、結局何も買わずに・・・。

    若者、本気モードですか。面白いですね。まぁ車を考えると、20年くらい前、箱スカやダルマセリカをレストアして楽しんでいる若い世代もちらほらいて、キャブレターの吸気音がどーのと楽しんでいたくらいですから、デジタル世代でも銀塩の化学反応がどーのと楽しんでいる人もいるのでしょうね。

  11. ふてくされパン屋 | URL | -

    カメラ、楽器だけでなく車も詳しいんですね。おみそれいたしました。
    アメリカのカスタムカーの文化も近い匂いがします。有名な車種もありますが、やっぱりグッと来るというか、夢があるなと思うのは誰も見向きもしなかった得体の知れない古くてドンくさい車を屋根切って天井低くして窓ガラスも低くしてフロアを全て作り直してエアサスつけて見たことないようなラメやらキャンディやらの塗装とピンストライプやゴールドリーフ貼って出来上がった車も持ち主も輝いて見えます。(この世界はちょっとだけ詳しいです)

    下手の横好きで浅く広く(水たまりレベルの浅さですが)趣味で色々しますが最近はフィルムカメラが、とあるyoutubeで見てから気になってしまいヤフオクで55mm f1.8のレンズ付きPENTAX SPが安く出てたので買おうと思ったのですがこらえました。フィルムカメラを詳しく調べてからにします。
    ペンタキシアンなんて言われたら照れますね。一部の過激派なユーザーのせいでPENTAXが悪いイメージにならないようにとは思ってます。普通に使いやすくてリーズナブルで基本的に防塵防滴、なにより歴史がある割には弱小なところが好きで使ってますね笑

    マイノリティ好きです

  12. BigDaddy | URL | -

    > ふてくされパン屋 さん

    ある分野に詳しい場合って本当のマニアか、本当に欲しいものを買えない人なんですよね。私は後者です(笑)。

    アメ車のカスタムの場合、オリジナルに拘る人は少ないようですね。ヒストリーチャンネルでカウンティング・カーズとか見ていますが、たまにたまげる事があります(笑)。昔のアメリカのギャングが乗っていたようなフォードのなんちゃらをホットロッドにしてなんてたまげますもん。やっぱりアメリカはオンリーワンの国なんだなぁと。マイノリティだろうが自分が楽しけりゃ良い、良い国民性だと思います。

    日本ってマイノリティに属すると被害妄想なのか全てが敵に見えたり、強がって吠えちゃう人がいるんですよね。特に一部のペンタキシアンとかFufjifilm原理主義者はホントに気持ち悪い。反対にSigmaユーザーはマイノリティを楽しんでいる節があります。Sigmaユーザーのようなカメラマンが各メーカーに増えれば良いんですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)