にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

MarkIIじゃないOlympus E-M1を買ってもぉた~レビューその12 EM-1 VS GX7 センサー解像感対決

2017年06月17日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Olympus OM-D E-M1, Lumix G14-45mmF3.5-5.6


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3とLumix G14-45mmF3.5-5.6の撮り比べと同時に、せっかくなのでE-M1とGX7に同じレンズを付けてどれだけ変化するか試してみた。

ほぼ同じ時代のカメラで、双方ともPanasonicの1600万画素センサー。センサーはメーカー毎に仕様が異なるらしいが、基本性能は一緒と考えて良いだろう。違いはGX7にはローパスフィルターがあり、E-M1はローパスフィルターレスになっている。

どれだけ解像感が異なるのか。Lumix G14-45mmF3.5-5.6でテストした。

データはどちらも焦点距離45mm、F8、1/500sec、ISO200だ。撮って出しJPGはカメラ内の画像処理エンジンでどれくらいシャープネスが効くか判らないのでLightroomのAdobe Standardのデフォルト像での比較だ(等倍切り出しはマウスクリックで1000x1000ピクセル)。

またシャッター先幕による微ブレを防ぐ為にE-M1では電子先幕シャッターモード、GX7では電子シャッターで撮影している。

構図が異なっていたり、写真が曲がっていたり・・・、まぁこれくらいならテストに支障はないだろう。


E-M1全体像

2017-06-17-02


GX7全体像

2017-06-17-03


まずびっくりしたのは発色の違い。どちらもLightroomで現像しているのでこの差異はホワイトバランスの影響が強いと思う。なるほど、メーカー、カメラによってこれだけオートホワイトバランスが違うんだ。E-M1はアンバー傾向、GX7はブルー傾向になる。

Lightroomのデータを見るとE-M1の色温度は5700、色かぶり補正値が9なのに対し、GX7の色温度は4750で色かぶり補正が+24になっている。

これは好みの問題だろう。空が綺麗に抜けているように見えるし、とにかく緑の発色でギラギラするのが嫌いなので私はGX7のオートホワイトバランスの方が色の濁りがないように見えて好感が持てる。

なるほど、これはテストして良かった。比較しないとホワイトバランスなんて入念にチェックしないもの。この日を境にうちのE-M1のオートホワイトバランス設定でアンバー、グリーンともに抑え「「A -2 / G -2」を与えた。これでGX7とほぼ同じホワイトバランスになってくれる。

と思ったらすっとこどっこい!。いやぁ、本ブログ、アカデミックなレビューサイトじゃなくて良かった。と言うのもこの後、次のような主旨で話を進める予定だった。

「そう言えばPentax K-5でもアンバー傾向になる時が多いのでホワイトバランスをブルー、マゼンタ側に振っていたっけ。ネットで良くオリンパスブルーとか言っているが、GX7の方がブルーしているじゃねぇか!、オリンパスブルーなんて都市伝説に過ぎねぇな!」

ここで思い出したんだ。あっ、GX7のオートホワイトバランス、いじっているかもしれない!。果たしてその通りだった。値は「B(ブルー)2 / M(マゼンタ)2」だった。これはE-M1の今の設定である「A -2 / G -2」と同じなのを意味する。そりゃぁそう設定したらGX7と似たような発色になるわなぁ・・・。

いやぁ、「Olympusカメラのホワイトバランスは黄色っぽい!・・・」、危うくそんな嘘情報を流すところだったぜ。

RAW現像派だからホワイトバランスなんてどーでも良かったりもするが、Lightroom等の汎用の現像ソフトはホワイトバランスの値はカメラ側から引っ張ってくるので、もしGX7もE-M1も、そしてK-5もデフォルトのオートホワイトバランス設定だと好みよりもアンバーで緑が強く出るので全てのコマでそれを変更せねばならずそれは面倒臭い。

Sony α6000の設定はどうなっているのだろう?。こちらは「B 1 / M 1(Olympusで言うところのA -1 / G -1)」にセットされていた。今まで撮影してきたα6000の写真を見るとα6000はデフォルトでブルーとマゼンタがGX7よりもほんの少し強く出ている。なるへそ、俺様、ちゃんとカメラ毎にホワイトバランスのテストしてんじゃねぇか、エライのぉ!。ただそれが記憶からスッポリ抜けているのが大きな問題・・・。

待てよ、E-M5markIIはどうなってんだ?。うん、やっぱり何の設定もしていない。E-M1を手にした今、E-M5markIIは再び連れ専用のカメラになりつつあるので話し合い&実写の結果、E-M1と同じように「B -2 / G -2」に落ち着いた。

と言う事は・・・。

メーカーの考えるホワイトバランスと私の考えるホワイトバランスにズレがあるって事になる。目がおかしい?、うーん、そうかもしれないが、皆さんも一度試されたら如何だろうか?。ブルー、そしてマゼンタ寄りに1~2目盛り動かしてデフォルトのオートホワイトバランスと比較されたし!(特に限りなく白色のソメイヨシノはマゼンタ寄りにすると綺麗に写る)。

さて、本題のローパスフィルター有り無しによる解像感の違い、どうだったろう?。

ホワイトバランスの違いによって発色が全く異なってしまったので等倍切り出しではLightroomでおおおそ合わせているのとE-M1の左端切り出し像には人物が写り込んでいたのでそこにボカシ加工を施している。


E-M1部分切り出し中央

2017-06-17-04


GX7部分切り出し中央

2017-06-17-05


E-M1部分切り出し左端

2017-06-17-06


GX7部分切り出し左端

2017-06-17-07


はっ!。解像感の違いなんぞ判んねぇじゃないか!。

左端の像を見るとなんとなくE-M1の方がコントラストが高いように見えるが、これがローパスフィルターレスのお陰かどうかは不明であり、「なんとなくコントラストが・・・」、その程度ではローパスフィルターの効果とは決して言い切れない。

Pentax K-5とK-5IIsのローパスフィルターの有り無しは同一条件で比較せずとも「うん、確かにK-5IIsの方が解像感があるね」と思える写真になるが(勿論等倍表示し比較ないと判らないレベル)、E-M1とGX7では解像感の違いを見出せない。

OlympusのE-P3、ローパスフィルターのある機種であるが、極薄のものが搭載されていたようで解像感をほとんど損なわないらしい。確かにE-P3はデフォルトのシャープネスが強過ぎて-1に落としていたり、幾つか色モアレも体験している。エアコンの室外機と窓に下りたすだれだ。そしてE-P3のセンサーもPanasonic!。

となるとGX7のローパスフィルターはE-P3のそれと同じく解像感を損なわない程度の薄型のローパスフィルターが装着されているのではないか、そして画素数が増えた分、1200万画素のE-P3よりも色モアレが出ない、そう推測出来る。

今回のテストはLumixのG14-45mmF3.5-5.6だけで行ったのでこれよりも解像力の劣る、もしくは勝るレンズを使用したら多少の変化はあるかもしれない。しかしどのみちK-5とK-5IIsと同じく等倍で見ない限り判らないレベルであろうから、GX7とE-M1において、解像感による優劣はない、そう結論付けて良いだろう。

しかしここで問題が発生する。GX7 MarkIIはローパスフィルターレスのセンサーが採用されており、価格.comなどを見るとローパスフィルターのあるGX7との解像感の違いを見出せるそうなんだ。うーん・・・、例によって俺の目が馬鹿って事か?。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. auf | URL | 3eyVfeeo

    あるいはもっと解像力の高いレンズで差が分かるのかも.価格.comは
    半可通の集まりだからあまり参考にならないと思いますよ.

  2. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    1200万画素のOlympus E-P3の解像感が半端なく、ローパスフィルターあり機種ですが、m4/3はその頃から薄いローパスなのかもしれませんね。レンズによって変化はあると思いますが、A3プリント、4Kモニターを想定すると多分変わりないと思います(笑)。

    価格.comは現在のカメラマンの思考を計るにはちょうど良いのですが、有用な情報がないのと、どうも見栄っ張りが多い気がしてなりませんねぇ(笑)。

  3. 6400k | URL | -

     というわけで、GX7MK2を高値で掴みましたので、そのうちGM5と比較してローパス有無の違いをレポートできるかもしれません。
    たぶん私の目には「言われてみれば、そうかも」程度じゃないかと思いますが(笑)

     オリとパナのWBですが、感覚的な話ですみませんが、オリの方が黄色っぽいような気がします。と言いつつ、それはWBの違いというより、色相なども含めた「絵作り」の違いなのかもしれません。この辺は、ワタクシ理論音痴なので、正直、よくわからんのですけど。

  4. BigDaddy | URL | -

    > 6400k さん

    ローパスの違い、非常に興味あります。1600万画素だとあまり変わらない気がするんですけどね(笑)。
    でもGX7とE-M1との比較では暗がり、高感度になるとコントラストが低下するのでローパスレスの方がしっかりとした絵になりますね。

    Olympusは黄、そして緑の彩度が高い気がします。とにかくOlympusのカメラは空の色が気持ち悪くなる時が多いんですよ(笑)。オリンパスブルーなんて都市伝説だ!、と感じるくらいです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)