にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Tamron AF18-200mmF3.5-6.3 XR Di II

2010年07月30日 00:00

昨日、旅行から帰宅しました。期間中、コメントや拍手、ランキングクリックを下さった方、ありがとうございます。

毎度の事ですが、時間に制限があるので、楽しくもあり、苦しくもあり、そんな撮影の旅でした。まだ撮影した写真を全く吟味していない事もあり、旅行話は8月に入ってから、徐々に書いていくつもりです。

時に、にほんぶろぐ村からお達しで、元々「風景写真」のカテゴリに登録していたのを、「東京風景写真」カテゴリに勝手に移動させられました。

「Big Daddyさまのブログは新カテゴリーにより合っていて、ご変更によってより読者やファンが増えると思われました」なるメッセージを受け取りましたが、新設されて、登録者の少ないここで、果てして本当に読者が増えるのか?、かなり疑問を持っていますが、まぁ面倒なので、当分はこの「東京風景写真」に属する事にします。

さて、今日の写真、不思議で怪しい風景です。洗濯物を干している訳でもなし、捨ててあるとも思えない。奥には軍手が仰山あり、手前は薄手の女性用のノースリーブのような・・・。また下着らしきものもある・・・。

「怪しい風景」

怪しい風景

Pentax K20D, Tamron AF18-200mmF3.5-6.3 XR Di II

※2010年7月9日より、ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また今日のように複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



以前も書いた通り、タムロンのレンズってどうしてこんなにも長ったらしい名前なんでしょう。このレンズの正式名称も「Tamron AF18-200mmF3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] Macro」ですからねぇ(笑)。

そして型番の「A14」と表現しても余程のタムロンファンでないと意味不明・・・。ユーザータグもこれだと長過ぎるので「Tamron_AF18-200mmF3.5-6.3_II」としています。

いやぁ、やはり35mmフィルム換算で28mm~300mmまで網羅しているって楽ですよ~。単焦点レンズを使うのが馬鹿馬鹿しくなってきます(笑)。

このタムロン、大したレンズではないし、調べると5年前、2005年からの製品なんですってね。何故このレンズを購入したか、下に続いて行きます。まぁどーでもいい話かもしれませんが、お時間がおありならどうぞお読み下さい。

要は単純です。ベラボーに安かったんです。

それと所持しているレンズの大半はフィルム時代の物ですから、フィルム、135フォーマットで言うところの28mmから始まる高倍率ズームレンズを持っていなかったんですね。

今はさらにテレ側が270mmになった18-270mmが存在しています。でもこう言ってはタムロンファンに申し訳ありませんが、たかが普及型ズームレンズの癖に高過ぎます!。ですからずっとこの18-200mmの中古を狙っていたんです。

先日K-7を購入した話を書きました(2010年7月26日分の日記)。その日ですよ、ふとジャンク棚を見たらこいつが鎮座しているじゃあーりませんか。ジャンクですから当然リーズナブル。

私は写真がデジタルになってからは、最終的にレタッチソフトで、ある程度のクオリティを出せる事から、ちょっとした黴やクモリ程度なら平気で使うタイプの人間です。

実際に手に取ってみると、かな~り怪しい。ズームリングの位置に、1メートル以上の位置から思いっきり落とした、相当に目立つ傷があるんですね。そりゃぁ確かにジャンク扱いだなぁ~。

そのせいでしょう、ズームリングが非常に固い。機構そのものがいかれちゃっている可能性もあるし、光軸がずれちゃっているかもしれない。普通なら絶対に買っちゃ駄目なレンズ。

デジタルで嬉しいのは、カメラもレンズもすぐにその場で試写が出来る点でしょう。特にピントがずれていたり、像が歪んだりしている訳ではない。って事は光軸のズレは多分ないだろうし、ズームリングもピントリングも固いだけで、妙な動きをしている訳でなく、付属のフードもある・・・。

うーん、買っちゃえ~!。どうせ、ジャンク、使えてラッキーくらいに思っていれば良いのです。今回の旅行でメインに使ったのがこのレンズ、全く問題は無かったですね。あとは耐久性でしょうか。

冒頭に書いたように28mm~300mm(フィルムカメラ換算)までを1本で賄えるってのは楽ですね。また他社でも同じだと思うのですが、近頃の高倍率ズームレンズは被写体に近寄れます。このレンズもワイド側もテレ側でも45センチまで寄れます。28mm~35mmくらいでは45センチは単焦点レンズに負けますが、50mmからは単焦点と同じ、もしくはより近づく事が出来、ちょっとしたマクロ撮影も可能です。

今回の旅は車での移動であったので、交換レンズをナンボでも持って行く事は可能。しかしたかだか3泊4日なんですよ。スケジュールはパンパンだし、山に分け入るトレッキングも行程にある。増してや夏、カメラをぶら下げた時の機材は少なければ少ない程に体力は消耗しません。やはり旅行にはこの手の高倍率ズームレンズが便利ですよ。

未だに、やれ単焦点レンズだ、やれズームレンズだ!、やれ大口径レンズだ!、なる話題でホームページやブログ、掲示板などで盛り上がっていますが、レンズなんて、その時の用途に合わせて撮れればいいじゃない、それが500円で買ったレンズであろうが、10万円で買ったレンズであろうが、写真が良ければそれで良い、私はそんなタイプです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんばんは。

    こんばんは。

    ニコニコしながら、読ませていただきました。

    「レンズは単焦点に限る」とカッコ付けながら、このレンズには完全にやられました。

    ちょっと写真が楽しくなりましたから。


  2. evergreen | URL | -

    めっちゃあやしげ~
    アートにみえなくもない♪
    ぽち

  3. houteifukurihi | URL | -

    おはようございます。
    18~200って確かに魅力ありますね。
    値段しだいですが。(^^)
    けっこう倍率の低いズームを使ってるので
    1本ほしいかも。

  4. BigDaddy | URL | -

    >ゆたかさん

    あはは、ありがとうございます。

    私も「レンズは単焦点でしょう!」といつも偉そうに言っていますが、ユーザータグを御覧になってお判りの通り、今はほとんどズームレンズですね。デジタルになってISO感度を自在に変更出来る、これで暗いズームレンズでも十分使えますからね。

    ポートレートの場合は未だに単焦点レンズに軍配が上がるでしょうが、風景やスナップの場合は、ズームの方が遥かに優れていると思っています。

  5. BigDaddy | URL | -

    >evergreenさん

    現代アートって、時折、常人には判らないものがありますよね。

    以前見たのは、家電製品を梱包するダンボール、これを積み重ねて展示してある。これがアートです!、と言われても・・・(笑)。

  6. BigDaddy | URL | -

    >houteifukurihiさん

    今、恐らくタムロンでは18-270mmが主流でしょうから、中古品であればこの18-200mmは1万2千円くらいで買えるようです。

    1つ前のモデルを狙え、これはケチな私の座右の銘とでも申しましょうか?。加えてジャンクならさらに良い!(笑)。

  7. Fuwari Funwari | URL | Fu/cmvJM

    BigDaddyさん、こんにちは♪
    おかえりなさい^^
    楽しいご旅行でしたね。

    みなさんのコメントも合わせて拝読し、よくご存じだな~と感心しています。
    わたしはスタート台に上がる前なので、とても勉強になります。

    この写真、本当に怪しげです。笑
    想像好きとして判断すると、ここはGSの洗車場だと思います。
    価格を安く抑えているので、ウエスにお金を掛けるわけにはいかず、集めてきた古着などを利用しているんじゃないでしょうか。。
    洗って絞った後、お天気もいいので無造作に広げて干した。。という訳です。笑

    不思議な写真は人の想像力を掻き立ててくれますね^-^
    今日も楽しい写真をありがとうございます。

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. BigDaddy | URL | -

    >Fuwari Funwariさん

    怪しいですよね、この風景。GSではありませんが、おおよそ、Fuwari Funwariさんのご推測の通りでしょうね。

    私自身はこの場所の全体像を見ているので、怪しい、不思議と書きながら、正解を簡単に導き出す事が出来ますが、そこで本文に「これは多分ウエスにする古着でしょうね」って書いてもつまらんですからね(笑)。やはり皆さんに想像して頂く事が写真の醍醐味であり・・・。

  10. マーク | URL | -

    怪しい。
    なんて怪しいんだ・・・

    いったいどんな人が、なんの目的で行ったことなのでしょう???
    クマのような、かわいい柄の下着と、軍手とのアンバランスが、さらに怪しい。

    かといって、犯罪的な雰囲気はあまり感じないし・・・
    ていうか、椅子がまた場違いな雰囲気(笑)

    とても、おもしろい写真ですね^^

  11. BigDaddy | URL | -

    >マークさん

    ありがとうございます。キーは椅子かもしれませんね。

    衣装だけなら、九分九厘、油を拭き取るウエスであろうと考えるのですが、椅子がある事から、想像、いえ、妄想が始まります。実は変なオヤジがこの椅子に座って、戦利品を見ながらニヤニヤしているとか(笑)。

    下町ってこういう風景があるから面白いです。

  12. momonga | URL | aYDccP8M

    犯罪の匂いのするアブノーマルな世界が~www(^_^

  13. BigDaddy | URL | -

    >momongaさん

    恐らくここの所有者に、これって何?、と尋ねれば、つまらん事だと思うのですよ。
    でもそれが1枚の写真になると、プンプンとアブノーマルな世界が広がる。写真って面白いですよね。

  14. 空々っぽ | URL | -

    こんにちは。空々っぽです。

    先日k-30を購入すると宣言してしまったんですが、
    近くのキタムラでk-5のボディを激安で見つけてしまいました (笑)

    そこで質問なんですがレンズキットのレンズって一本は持っておいたほうが良い物なのでしょうか?

    K-30レンズキットとk-5+このタムロンレンズで
    悩んでいるのですが・・・

  15. BigDaddy | URL | -

    > 空々っぽ さん

    K-5はすでに生産終了ですから、量販店によっては目玉にしたり、在庫を抱えていると安くなるでしょうね。

    K-30のレンズキットに何が付いているのか、K-5に付くタムロンレンズが何なのか判らないのですが・・・。あくまでも主観で書かせて頂きます。

    K-30がDA18-135mmならば、18-135mmを単品で買うよりもキットの方が安い筈です(K-5の時もそうでしたから)。18-135mmは私が検証した限りでは、望遠、120mmくらいから描写が落ちますが、劇的に落ちる訳でもなく、結構良い描写します。

    それとDA18-55mmは、II型かWR型かによって、お勧め度が違うんですよね。WRは基本的に防塵防滴ですから、描写はII型と同じで悪いですが(像面歪曲が激しい)、持っていて損はないです。II型がキットレンズだったら、こんなもん要らんです(笑)。


    私がお勧めするPentax用の標準域のズームは、、、

    DA18-135mmF3.5-5.6WR(防塵防滴)
    DA17-70mmF4AL(WRタイプではないが、遠景を撮っても非常にシャープで、恐らく18-135mmよりも良いかと)
    私も所持しているSigma 17-70mmF2.8-4(50mmくらいまでは絞り開放でかなり解像します。現行品は手振れ補正はないですが、Pentaxは基本はボディで補正ですから要りません)
    Tamron 17-50mmF2.8(中古しかなく、個体差で極度の前ピンになるのもあり、購入後必ず厳密なテストが必要)

    です。Sigmaの17-50mmF2.8は最高の描写をするそうですが、まだまだ高いですね(笑)。

    まぁあとは、K-30とK-5をどう見るかではないでしょうか。私は残念ながらK-30を触る機会がまだないので何とも言えません。将来、縦位置グリップが欲しくなるかも、ボディはやっぱり金属がいい・・・、そうだとK-5しかないですから、K-5をお勧めするのですが、K-5の後継は秋には発表されますから、その辺も考慮しないとならないと思います。

  16. 空々っぽ | URL | -

    お返事ありがとうございます。
    記述が足りなかったようですみません

    k-30のキットレンズが「DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL」(WRではない)
    k-5と一緒に買おうとしているのが
    この記事で使われている「Tamron AF18-200mmF3.5-6.3 XR Di II」です。

    「DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL」はII型と殆ど変わらないっぽい?
    そしてBigdaddyさんの記事見させてもらったのですがタムロンも結構酷評されている記事ありますね

    そうなるとどっちも要らないレンズってことに(笑)
    まぁどちらも安価なので仕方のないことだと思いますが。

    どうせなら焦点距離の広いk-5+タムロンを買おうかなぁ

  17. BigDaddy | URL | -

    > 空々っぽ さん

    以下、長くなりますが、100%主観で述べますので、最終的判断は空々っぽさんの方でお考え下さい。

    Tamron18-200mm、新品はもとより、中古なら程度が良ければ、売却価格は5~6千円くらい、方やDA-Lは新品でも半年も使えばピントリング部分が色褪せ、それで一気に価格が落ち、私が売ろうとした時、千円行かないって言われました(笑)。

    反対に買おうと思うと、DA-Lは中古で安いのは4千円、Tamronは1万円超えます。DA-Lは中古なら昼飯を5回抜けば買える、つまり欲しければいつでも買えるレンズですねぇ。是が非でも新品を物にしたいと言うレンズじゃないです。

    それと描写力ですが、DA-LとTamron18-200mmはほぼ同じです。むしろ広角~中望遠域はTamronの方が良いかもしれません。Tamronが駄目なのは80mmを超えてからで、特に135mm付近からは(絞り開放がF6.3になってから)一気に画質が落ちます。ですから、18-80mmF3.5-5.6として考えれば良いかと。

    うちの撮影データを見ると、個体差の可能性もありますが、80mmで撮った写真はシャープなのに100mmを超えた瞬間に「あれっ?」って画質になるんです(笑)。

    そして135mmから先を遠景で使うと「カメラ壊れている?」ってくらいに解像力がなくなりますが、3、4メートルくらい先の被写体まででしたらそこそこ解像しますので、例えば望遠側では描写が眠くても良い花とか、眠い描写の方喜ばれる女性を中心に狙うのも良いかと思います。旅行には便利ですよ。1本で賄えますから(笑)。

    いずれにせよ、DA-LにせよTmaronにせよ、大した事のないレンズである事は確かですので、将来的にDA17-70mmとか18-135mm、はたまたTmaronやSigmaの17-50mmF2.8、私も使っているSigma 17-70mmF2.8-4等を買われる事をお勧めします。

    あとは本体ですよね。昨日コメントした通り、K-5はあと3ヶ月もしたら旧型機、K-30はあと2年くらいは現行機です。それをどう感じるかですし、クラス的に言うとK-5の方が上位機種ですが、一部、K-30の方が機能的に上回ってもいましょう。K-5とK-30の画質に関しては、K-30で撮影されたコマはまだあまり出回っていないのでなんとも言えません。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)