にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

退廃アート

2010年09月21日 00:00

「退廃アート」



退廃アート

Canon EOS30D, EF-S17-55mmF2.8ISUSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



ここは埼玉県川口市、かつて鋳物で一世を風靡したキューポラの街です。いえ、キューポラのあった街です(市内で現存しているキューポラは恐らく5個あるかないか)。

この看板も鋳物、鋳造品でしょうが、経年劣化のこの色合い!。「無断立ち入り禁止」、そんな看板なのですが、工場主がこれをくれると言ったら喜んで持ち帰り、部屋の壁にドーンと飾っちゃいたいくらいの美しさ、退廃したアートと言えましょう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. rollipop69 | URL | -

    ノスタル(*´ェ`*)ポッ

    こんばんは!ご無沙汰してました><
    落ち着いたのでブログ再開です!

    かつては、人がたくさんいて、綺麗に整頓されていて、
    にぎやかな音がしたことでしょうね。
    こんだけさびてて、草があるってことは、そうとう昔?に
    隠居したのかしら。。。

    少し前までは、廃墟って怖いって思っていましたが、
    自然に戻ろうとしてるんだよ、と教えてもらって以来
    廃墟の裏にある人の歴史を思うようになりました♪

  2. BigDaddy | URL | -

    >rollipop69さん

    周辺を見ると、廃工場なのですが、不思議と人の気配はあるんです。ですから、もしかすると細々と個人でちょっとした鋳物を作っているか、立ち退きに断固反対して、あえてここに住んでいるか、層推理しています。

    廃墟が怖いのは虫刺されです(笑)。蚊だったら我慢しますが、毒蛾系や山にはヒルともいますからねぇ・・・。

    あと、これは周囲には1人もいませんが、まれに妙なものを背負い込む人もいるようです(笑)。ただ、この手のオカルト的な話は眉唾物ですし、人の感覚として、ここは撮っちゃまずいだろうってところは撮らなければ背負い込む事はないと思いますねぇ。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)