にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

妄想中 - Olympus E-620

2010年10月18日 00:00

「覗いてみると」

覗いてみると

Pentax LX, Tamron SP90mm2.5

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



貧乏ではありませんが、決して金持ちでもありません(笑)。ですからカメラだろうが家電だろうが、はたまた家具だろうが、欲しいとは思ってもそうは簡単に手に入れる事が出来ません。特にここ数年の不況はまぁ見事に生活水準を下げてくれています。秋刀魚だってようやく先週くらいから安くなり、数日前に初めて口にしたくらいですから!。

そこで便利なのが妄想です!(笑)。

何を妄想するか!?、それは財布の中に10万円くらいの纏まった自由に使えるお金がある!。それががあったら今、何を買うか?、そう妄想するんです。

ここ数日の心境で言えばRicoh GX200にGXR+50mmレンズ、Lumix GF-1にレンズ、はたまたもう1台Pentax K-7(K-5ではない)に縦位置グリップ、それで10万を使い切る事になりましょうね。でもこれはあまりにも近未来過ぎ、現実的過ぎて、妄想する趣味には適さないのですなぁ。

自分が絶対に欲しいカメラ、レンズを妄想してもしょーがないんです。と言うのも、何が何でも欲しい代物は貧乏であっても、なんとかやりくりをして必ず買うんですよ(笑)。近々買う事になるであろう商品を妄想しても面白味に欠けますよね。それは計画、予定、シミュレーションと言った類です。妄想とはエゴの塊ですから、それらとは一線を画さないと・・・。

「誕生日のプレゼントに何が良い?」、良くそんな問いがありますよね。私個人は欲しい物、現実的な物よりも、自分ではまず買わないけれど、貰ったら便利、嬉しい、面白い物、そんなのが良い。ですからこのカメラ妄想も、自分では多分買わないだろう、けれど無茶苦茶気になる機種、これを妄想で買っちゃう訳ですよ(笑)。

そしてこの妄想のキーは非現実的過ぎても面白くない点。財布に100万、1000万あったら?、そんな妄想したら何でも買えちゃいます。そうでなく、今月から景気が上向きになって12月のボーナスが思っていた以上だったぞ!、3億円の宝くじは当たらないだろうけど、ナンバーズくらいだったら当たるかも!?。となるとやっぱり10万円と言う数字がカメラお買い物妄想には適していると思っているんです。

デジタル一眼レフで言えば一番気になるのは「Olympus E-620」。背景をボカしてボケの美しさを楽しむ、こんな事、ほとんどせず、少なくとも街中スナップならば全域にピントが合っていて欲しいと思うタイプ。だとするとセンサーは小さければ小さい程良い。でもコンパクトデジタルカメラのように小さ過ぎても高感度ISOでの画質劣化は避けられず、ならばAPS-Cよりも一回り小さなセンサーを持つフォーサーズ規格のカメラが最適だと思うんです。

妄想するなら徹底的に妄想する、これが信条。35mm換算で28mmレンズを用い、Pentax K-7ならピントを2.5メートルに固定し、絞りをF8にするとカメラから1メートルの距離から先がパンフォーカスになります。でもフォーサーズのE-620なら絞りを1段開ける事が出来、F5.6で1メートルから先がパンフォーカスになる。

絞り1段の差は大きいですよね。夕刻、K-7でISO800で撮るところをE-620ならISO400で良い。フォーサーズは当然APS-Cよりも高感度ISOでの画質が弱いのですが、同じ事をするのだったら1段感度を下げられる事になります(ちなみに1/1.7型センサーのGX100だと絞りF4で80センチから先パンフォーカス、ならばISO200が使える、画質はさらに劣化しません)。

ですからフォーサーズ系カメラやコンパクトデジタルカメラが高感度ISOの弱いってのは間違いではないけど、運用によって夜間の撮影は別にして、シャッタースピードを気にしなければ、夕方や日陰、曇り日での撮影は(APS-C系カメラには劣るが)そこそこの画質は保持出来るんですよ。

でも何故買わないか?。いや、実はデジタル一眼レフを最初に買う際、Pentax K-mか、Olympus E-520と迷いに迷ったんです。ただ残念な事にセンサーが一回り小さなフォーサーズ規格の癖して、ボディのサイズがK-mと大して変わらなかったってのがネックだったんですねぇ。

またPentaxならば過去のフィルム時代のAF、MFレンズをKマウントならばそのまま装着出来るので、レンズ群を構築するのに非常に安く付くんです。フォーサーズ系カメラの場合は、過去のレンズを使うにはマウントアダプターが必要でしたからね。

ボディがK-mよりも小さく、過去のZuikoマウントのままのカメラだったら間違いなくOlympusユーザーになっていたでしょうね。ですから今はPentaxユーザーの私でも、未だにフォーサーズ(マイクロフォーサーズでなく)と言う規格は非常に注目しており、比較的懐に易しい、つまり10万円でレンズも買えるとなると現行ではOlympus E-620となり、非常に気になるカメラなんです。

私ですね、もう1台、Pentax K-7を買ったら、それでPentaxシステムは打ち止め、余程とんでもない、CanonやNikonを凌駕するような機種が発売されない限り、もうPentaxカメラを買う事はないと思っています(K-5も興味はあるけど食指は全く動かず)。

ですから数年後には別の一眼レフシステムを構築している可能性が高く、次はNikonだなとは思っていますが(これも過去のMFレンズが利用出来るからこそ)、もしかするともしかする、このOlympusのEシリーズに行っちゃう事も十分に考えられます。ならば今のうち妄想しておこうってね(笑)。

この妄想ネタ、あと3つ、4つは書けそうですね(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. マーク | URL | -

    僕も最終的には、ニコンに行こうと思っています^^
    ただ、その前に、ペンタに寄り道する予定で、
    そんでもって、最安値になったら、
    予備の620を購入する計画です^^;

    ちなみに、D7000、K-5、中古のEー300、
    E-420、最近は、この辺で妄想を楽しんでいます^^

  2. BigDaddy | URL | -

    >マークさん

    ニコンの欠点はボディ内ブレ補正でなく、レンズ内ブレ補正ですから、現行のレンズを利用しないと旨みがないって事がありますが、フィルム時代からまともにニコンカメラを使っていないので一種の憧れ見たいのがあるんです。

    K-5、凄いですよ、コレ。実際に手に取って試してみましたが、シャッター音がさらに静かになりましたし(音の余韻がないとでも言いましょうか)、画像の記録スピードとか、目に見えない部分がK-7より進化しています。

    E-300!、通ですねぇ(笑)。私もこれいいなぁと思っているんです。あとLumixのL1とか。要するに長方形なカメラですよね。この辺の機種になると仕様なんてどーでもよいかなぁと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)