にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ノイズリダクションを使うか否か・・・

2010年10月28日 00:00

「夜徘徊」

夜徘徊

Lumix DMC-FX55

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



本日は「My Favorite Things ~写真生活~」との連動ネタです。本記事と合わせて、下の記事も御覧下さいませ。

10月28日の記事

さて!・・・。

今日の写真のカメラ、3年前でしょうか?、実に大した事のないカメラでLumixの中でも不人気機種。810万画素のそこらのコンパクトデジタルカメラと思って下さい。そしてノイズリダクション機能も付いていません。

上の写真はISO1250と言う超高感度で撮影しています。見事なノイズですよね。とは言え、これでもコンパクトデジタルカメラの中では意外と良い画質だったりします。ですから不人気機種ではありますが、通常の記念、記録写真を撮るにはこれで十分だったりします。

昔からISO1600、ISO3200の超高感度フィルムの荒れた質感が好きで多用していた事もあり、このくらいのノイズだったら全く気にならないんですよ。特に今回は風景が風景ですから、怪しげな風に仕上げようと思うと、何もしないのが一番だったりします。事実、ちょっとトリミングをし、ブログ用に縮小しただけ。

ではノイズリダクションを掛けてみますね。photoshopのCS4、Elements8はjpgファイルに対してのノイズリダクション機能を持っていません。photoshopの欠点ってココなんですよね(CS5やElements9はあるのか?)。

そこでプラグインツール(フィルター)を使う訳ですが、こういうのにお金を掛けたくないので、海外のフリーのノイズリダクションフィルターを使用しています。これに対する解説がほとんどないので使い方をイマイチ理解しておらず、多岐に渡り設定があるのですが、ノイズを消す事は簡単に出来ます。

下の写真を御覧下さい。上の写真を元にノイズを消し去り、全体に若干眠い画像になるので、スマートシャープを掛けた画像です。


夜徘徊サンプル



どうです?。実際にプリントしないと最終的な結論は出ませんが、少なくともパソコン上で見る分にはかなり優れたプラグインだと思います。これが無料で利用できるのですから凄い事です(ちなみにうちは非力なパソコンですので、オリジナルの810万画素画像で処理を行うと2分くらい帰ってきません(笑))。

私自身、写真には無駄なノイズは無い方が良いと思っていますが、写真にある種のアート性や特別な意図を持たそうとすると、逆にこの手のノイズは残しておいた方が良い、もしくはさらにレタッチでノイズを増やしてしまおうって思ったりします。

特に上述した通り、今回の風景はやはりノイズはそのまま残しておいた方が良い、撮影者の意図をより伝えられるのではなかろうか?、そう感じます。

そして、今回、この画像を元にモノクロレタッチした写真が、連動ネタとして、コチラの写真となる訳です。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. vivid | URL | -

    おはようございます。
    ホントみごとにノイズが消えちゃいましたね。
    昔コンデジに撮った写真の救済に活躍しそうです。
    でもノイズも使いようですよね。
    今回の写真のようにノイズがあったほうが
    リアリティが出ることも確かですから。

  2. BigDaddy | URL | -

    >vividさん

    これをA3くらいまで伸ばそうと思うときっと色々と粗が見えてくると思いますが、恐らくA4くらいだったら十分に鑑賞に値すると思いますので、昔のコンデジで撮った写真、全て救済できるかと。女性の肌ものっぺりする筈ですから、10歳くらい若返るのでしょうね(笑)。

    仰る通りノイズも使いようで、特にデジタルカメラのノイズって色ノイズなので、モノクロにすれば気にならなくなったりもしますので、私も昔から色々と遊んでいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)