にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

妄想中 その5 - Ricoh GXR + 50mmF2.5 + EVF

2010年10月31日 00:00

「ハロウィンですから・・・」

ハロウィンですから・・・

Ricoh GXR, 50mmF2.5

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



私の写真はあまり季節感のあるものがありませんが、たまには季節感のある写真を!(笑)。

さて、2日に渡りRicohからGXRを借りてみての感想、一言で言えば「微妙~」。詳しくは下のリンクをクリックされて下さい。6日間に渡って私的なインプレッションをしています。

連載 - ひょんな事からGXR

どちらかと言うと悪口がちょっと多いかな~と言ったレベルなんです。でも今日のネタはあくまでも妄想ですから・・・(笑)。

GXシリーズと同等のレンズであるらしい24-72mmレンズユニットは画像エンジンが進化したとは言え、1/1.7型のセンサーですから、何て言いましょうかねぇ、ピントに切れがないとでも表現しましょうか。所詮はコンパクトデジタルカメラ、コンデジの域を脱していないとなりましょう。ならば、一回り小さいGX200を買った方がましです。

注目したいのはやはりAPS-Cセンサーを持ったユニットでしょう。現在、1/2倍のマクロ機能のある50mmF2.5があり、そろそろ28mmF2.5の2ユニットも発売されましょう(それぞれ本来の焦点距離は33mmと18mm)。28mmF2.5はまだ見た事も触った事もありませんが(笑)、50mmレンズは2度に渡り利用し、レンズとしての評価はかなり良いと感じます。

流石に暗がりで仕方なく遠景を絞り開放にしました、なる風景だとイマイチだなぁ、眠い像だなぁと思うのですが、ボケをコントロールする為に絞り開放近辺で撮影すると、ピントの切れが思った以上に優れていると感じました。ピントの合っている範囲がクリアなんですよ。カリッと表現しても良い。

本日の写真、photohopで色彩を多少レタッチしていますが、シャープ関連のレタッチは一切行っていません。ピントが合っている部分、カチコン!、と気合が入っていましょう?(1段絞ってF3.5で撮っています)。24-72mmだとこんなカチコンな感じにはなりませんね。

何度も本ブログで書いている通り、この手のカメラだったらLumix GF-1+20mmパンケーキレンズが最適、最高だと思っていますから、本気で買おうと思ったら当然Lumix(来年には買うでしょうね)。でも妄想の中だったら「このGXRがとっても欲しいぞ!」になるんです。

単なるイメージの問題ですが、Luimxはちょっと「カメラ女子御用達カメラ」のニュアンスもあり、Ricohの場合は、「男は黙ってRicoh」、そう、ハードボイルド、そんな勝手なイメージがあるんですよ。馬鹿馬鹿しい話ですが、トレンチコートのポッケから出すのだったらLumixよりもRicohだろうって(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. bunko | URL | 3j7USoYo

    ダディさんおはようございます。

     切なくやりきれない思いでいても、こんな写真に出会うと
     思わず”やぁ~”って声をかけたくなったり、笑顔になれるってことは、・・
     今、幸せな証なんだな~って、つくづく思います~~~

     
     良い表情してますね、この子達(笑)

     ああ~急にチョコレートが食べたくなってきました!

     

  2. BigDaddy | URL | -

    >bunkoさん

    そう感じて頂け、ありがとうございます。

    秋は色々な事に対して感じるには適した季節ですよね。私自身はハロウィンとは全く関係のない1日を過ごしましたが・・・(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)