にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

「銀残し」をPentaxのRAW現像ソフトでやってみる

2010年11月09日 00:00

「都心の船着場」

都心の船着場

Pentax K10D, SMC FA28-70mmF4AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



Pentaxさん、K-5、K-rと発売して、そろそろK-7のファームウェアや、添付ソフトのバージョンアップをしているだろうなぁとチェックしたらRAW現像ソフトが先月末にバージョンアップされていました。

Pentax K-5はK-7を基礎としているので、添付ソフトも同じ。「PENTAX Digital Camera Utility 4」と言う代物。ですからそれがK-5に合わせているのだから、当然、こいつに「銀残し」のカラーモード(カスタムイメージ)が追加される筈、案の定、追加されていました。

そしてこのソフトはK-5、K-7以外にもK10D、K20D、K-mで撮影されたRAW画像、JPG画像も現像出来るんです。恐らくそれ以前のistシリーズやK3桁シリーズで撮影されたものも現像可能なのでしょう。

って事で、K10Dで撮影した写真をこの「PENTAX Digital Camera Utility 4」を使い、銀残しを利用して現像してみました。それがトップの写真。

そして、先日来、私が「銀残し風」と言ってphotoshopだけで銀残しを模倣したのが下の写真です。どうです?、ほぼ一緒でしょう?。要するに所詮デジタル、Pentaxの添付ソフトで可能な事はphotoshopでも可能な訳です(ちなみにこのPentax Digital Camera UtilityはRAW現像ソフトで有名なsilkypixが製作しているようです)。



都心の船着場(サンプル)


このphotoshopでの銀残し、興味ある方は、11月5日の記事をどうぞ御覧下さい。photoshopでなくともレイヤー機能の付いたレタッチソフトであれば全く同じ事が可能となり、気軽に銀残しで遊べますよ~!。

ちなみにPentaxの銀残しに近付ける場合は、思ったよりもコントラストを弱くし、さらにレンズフィルターで「グリーン」を選択し、ガツンと色乗せしちゃっうとかなり似てきます。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. りこ | URL | vwIiNZgY

    こんにちは。お久し振りです!
    なんだか近未来的な雰囲気とノスタルジック感も溢れているような不思議な景色ですね~
    カモメもまた平和なような少し怖いようなそんな気分にさせてくれてます。
    すっごくカッコ良くて好きなお写真です❤

  2. BigDaddy | URL | -

    >りこさん

    ご無沙汰しています。現在、最新のphotoshop、elements、lightroom研究中の為、ブログサーフィンが出来ていない状態です。

    この写真、かもめが舞っていなかったらしょーも無い写真だったかもしれません。

    デジタル写真、もはや色調などを補正したりとレタッチしないと物足りなくなってきましたね。単にフィルムを模倣するのでなく、自分色を何とか目指したいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)