にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

突然ですがPentax K-5を使ってみた その3

2010年12月05日 00:00

「Independence Day」

Independence Day

Pentax K-5, SMC DA17-70mmF4AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



この風景を見た時、これをドオーバーで撮ったら面白いかも・・・。Independence Day、なんかあの映画のワンシーンのように思え・・・。

今日は、K-5の細かな親切と言うか、K-7からのさらなる改良点について書いて行きます。

一番いいなぁと思ったのが、ボタンカスタマイズです。Pentaxの一眼レフはJPGだけで撮影していても、瞬時にRAWファイルを保存出来るようにレンズのマウント部近くに「RAWボタン」と言うのがあるんです。このボタンを押す事で、次のコマをRAWファイル保存する事が出来ます(設定によってもう1度押すまでその設定を維持出来る)。

つい半年前まではJPG中心に写真を撮っていたので、このボタンは非常に便利であったのですが、今はRAWとJPGの両方を保存しているので、全く意味のないボタンになってしまいました。

そんな人達の為でしょうね。このRAWボタンを他の機能に割り当てる事が出来るようになったんです。オートブラケット機能、電子プレビュー機能、電子水準器機能などをセットする事が可能。

今回、3日間全てにこのRAWボタンに電子プレビュー機能を割り当てました。この電子プレビューとは光学プレビューと違って露出をしっかりとチェック出来る点がいい。つまりコンパクトデジタルカメラの背面の液晶と役割は似ています(プレビューした瞬間の静止画像となる)。

そしてそのプレビュー、今までのPentaxのカメラはシャッターボタン周辺のレバーをクィッと指で引っ掛けるように回す事でそれを実現させていましたが、明らかにレンズマウント部近くのRAWボタンを押した方が便利。

そして今まで電子プレビューに使っていたシャッター近くのレバーは従来通り、光学プレビューで被写界深度の確認に使えちゃう。このボタンカスタマイズ機能、K20DやK-7のファームウェアのバージョンアップで実現出来ないものでしょうかねぇ。

続いてシャッター音。K10Dがガチャン!、K20Dはシャキーンといわゆる一眼レフ的な音だったのが、K-7になった途端に上品なカシャッと言う小さな音に変化しました。加えてミラーショックも少なくなったように感じます。

このK-7のシャッター音の小ささは最高で、路地裏で違法すれすれの写真を撮る時など、シャッター音が響かないので便利この上ない。それがK-5になって、より一層、何だろう、周波数がより耳障りでない位置に変化したのでしょうかね?、K-7よりもさらに小さく感じます。

カメラマンの中には一眼レフらしくなく物足りないと思う方もいらっしゃいましょうが、カメラのシャッター音は小さければ小さい程、カメラマンに有利。K-5、K-7のシャッター音は最高ですね。

ライブビュー撮影の際のコントラストAF(コンパクトデジタルカメラと全く同じように写真を撮れる)はK-7でも利用出来ますが、このAFスピードは相当に改善されました。K-7ではあまり使いたいとは思わなかったライブビュー撮影、K-5では多用したくなります。

但し、このライブビュー撮影。RAW+JPG保存をいていると撮影後のブラックアウトが非常に長いんです。しかもその間、撮影が出来ないのですから、何故K-5で改善されなかったのか?、連写は可能ですが、像はブラックアウトしたままですから、動きのある被写体を撮る事は不可能。

このしょーもない仕様が非常に不思議。内部メモリをもっと多くして、そっちに一時保存すれば何とかなりましょう?。正直申し上げて、高級コンパクトデジタルカメラで撮った方が断然いいですよ(笑)。とにかくライブビューでは鳥や電車なんて撮れないって事です。本来、三脚を付けてライブビューで構図や露出の確認をしながら連写、そうでなくちゃならないのにそれが出来ない。

もう1度書きますねぇ、この間抜けな仕様を!。

「連写は出来るが液晶はずっとブラックアウトしているから構図の確認は出来ない」。

次のK-3に期待したいところです。

さて、K-5の発売で、すでに7万円を切っているK-7。7万円であの機能は素晴らしいです(中古はすでに4万円台)。最新のK-5は11万円。これも他社と比較したらかなりリーズナブルですよね。これからPenatxユーザーになる方、K-mやK-xからステップアップされる方等、どちらを買うかきっと迷われるでしょう。

ISO800以上の高感度撮影が必要、もしくは連写スピード命の鉄っちゃんや鳥専科の方なら確実にK-5をお勧めしますが、そうでない方、私のように昼の間しか写真を撮らず、街撮りスナップな人にはK-5を薦める材料が特に見つかりません。K-5が駄目なんじゃない、K-7で十分だからです。

K20Dが発売されてK10Dが消えたように、K-7もいずれ生産ラインから外れるでしょうが、個人的には鉄っちゃんと鳥専科でなければ、K-7を安く買って、その分レンズにお金を掛ける、その方が賢い気がしますねぇ。

私個人は?。うーん、K-7は7月に買ったばかりですし、K20DやK10Dでも十分と思っている人間なので当分はK-5に移行する事はないでしょう。K-7が安くなった時に買ったように、K-5が7万円台になったら考えるでしょうか。

さらに、数年後のK-5の次なる機種、K-3?、これが35mmフルサイズになる気がしてならないんです。645Dの大きなセンサーを搭載出来るカメラを作る会社ですから、新たに35mmフルサイズのカメラと専用レンズを作ろうとしているのではなかろうか?、そんな気がしてなりません。とは言え実は35mmフルサイズにはあんまり興味がなかったりします(笑)。

最後に。K-5、当たり前ですが、歴代のPentaxのデジタル一眼レフとは比べ物にならないくらい高性能です。しかも上述した通り、その割には11万円くらいで買えるのですから、非常にリーズナブルです。しかもボディがとっても小さい。カメラ女子にも使って貰いたいカメラであります。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゴン旦那 | URL | -

    はじめまして、ゴン旦那です。
    早速、遊びに来させて頂きました。
    Independence Day いいですね~♪
    まばゆいばかりの太陽なのに
    空がとっても綺麗ですね。
    普段PEN-E-P1を使用しているぼくはライブビュー命ですw
    たしかに連写時に画像チェックできないのは厳しいですね。
    PENは連写しても画面が見えるのは、
    連写そのものが遅いからでしょうか???

    これからもよろしくお願いします。

  2. BigDaddy | URL | -

    >ゴン旦那さん

    コメントありがとうございます。

    Independence Day、とか、T2の回想シーンの爆発のシーン、そのようなものをイメージしてみました。太陽をドーンと飛ばすとこんな風景になり、色々とインスピレーションが沸きましたねぇ。

    Penシリーズ、店頭でしか触った事がないのですが、かなり作り込んでいてカメラマンの心をくすぐってくれますよね。ただ、いかんせん高いです(笑)。

    今後もどうぞ宜しくお願いします。

  3. 奈月 | URL | wh8ppSCE

    はじめまして K-5ユーザーです
    プレビューボタンを調べていて ここに来ました^^
    参考になることがいっぱい書かれていて ありがたく思いました

  4. BigDaddy | URL | -

    > 奈月 さん

    コメントありがとうございます。

    K-5に関しては、主観、感情の赴くままではありますが、かなりの数のレビュー記事を掲載しており、参考にして頂けたら幸いです。最近はK-3のレビューも始めており、もし今後K-3を買われるご予定がありましたら、あわせてご覧になって頂けたらと思います。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)