にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Pentaxの未来予測、勝手な妄想

2010年12月22日 00:00

「鑑識LX」

鑑識LX

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



Pentaxの未来予測、単なる妄想ネタです。

ようやくPentaxは元気が出て来たとでも言いましょうか?。とは言え・・・。

PentaxはK-5でやるべき事を全てやってしまったって気がするんです。カメラの基本性能はほぼ完璧。せいぜい、ライブビューをもっとコンパクトデジタルカメラと変わらないくらい使い勝手を良くする事、それとGPS機能を付ける事、それくらいしか改良の余地はないと思うんですね。

でもそれで2年後、3年後にK-3ですよってのは物足りないですよね。Pentaxのデジタルカメラの歴史からしてもK10Dの改良でK20D、K-7の改良としてK-5ですから、K-3は新たな設計で丸で別物のカメラを持ってくるのでは?、そう妄想しています。

K-3が発売されて、さらに数年後、その改良で初めてフラッグシップと言えるK-1が・・・。となると、645Dと言った馬鹿でかいセンサーを持つカメラを作ったPentaxですから、35mmフルサイズをカメラを作るのは容易、K-3、K-1で35mmフルサイズが復活するんじゃないか?、そんな希望的観測を持っているんです。

すでにPentaxはフィルム用のFAレンズは数本を販売しているだけですが、これも今頃、TokinaとKenkoと一緒になって35mmフルサイズのデジタル専用レンズを設計しているんじゃないか?(まぁ645D用のレンズの方が先でしょうけど)。

つまり、Pentaxの場合、現状ではK-5の上位機種って645Dしかないんですよ。どう考えても商品ラインナップからするとおかしい。645Dが市場価格80万くらい、K-5が10万ちょっとですから、20万クラスのカメラが出てもおかしくはない、そう思っています。

名称がK-3、K-1になるかはちょっと・・・。35mmフルサイズになるのなら、新しい名を与える気もしますね。かつてフィルム時代はZシリーズ、MZシリーズがあったので「KZ」、もしくはDigtalのZとして「DZ」、そんな名称かな?。現状、Zをカメラ名に付けられるのはPentaxだけでしょ?。「Z」と言う文字、日本人は購買意欲が掻き立てられるそうで、それを使わないなんて勿体無いですよね。

さらにもう1つ、一時期、Pentaxがフォーサーズに参画するんじゃないか?、なんて噂がありましたよね。Pentaxの場合、APS-C一眼レフで世界最小のカメラを作った。K-m、K-x、K-r、これは爆発的に売れているそうです。ですから、さらに小さくて高性能なカメラ、となるとフォーサーズになる、ですからそんな噂が流れたのでしょうが・・・。

でもこれはないと思います。妙なプライドがPentaxはあるような気がするんですよ。ですからフォーサーズよりも小さい、最近は全く廃れちゃいましたが、2/3インチって言うんですか?。または今は存在していませんが、キリの良いところで1インチ、この辺の小さな小さな一眼レフが出て来るんじゃないか?。

要するにかつて、マニアの間でバカ受けしたPentax 110のデジタル判、D110ですよ!!!。そもそもPentaxはコンパクトデジタルカメラ部門があんまり売れていないようで、一眼レフよりもコンパクトをてこ入れしないとならない筈なんです。

今、Pentaxはおもちゃの一眼レフみたいな形状をしたコンパクトデジタルカメラ、Optio I-10がありますよね。I-10ってのは誰が見ても「110」をもじっている訳で、これと同サイズ、デザインもほぼ同じの一眼レフ、いや、一眼カメラ、それが出て来る気がしてなりません。Optio I-10にファインダーが付いて、かつレンズ交換出来たら凄いですぜ!!!。究極のスナップカメラになりましょう。

Pentaxの場合、K10DからK20D、K-7からK-5と筐体の金型は同一、如何にお金を掛けずに新製品を作るかですから、このOptio I-10の金型をそのまま利用して一眼レフカメラを作るに違いない!、私はそう思っています(笑)。

ただその場合、センサーが小さいですから、ネックはレンズ交換の際の埃ですよね。となるとRicohのGXRみたいにレンズユニットになるのか?。

HOYAに買収されて、単なる事業部になってしまったPentax、Victorが買収するとか、一時はどうなるかと思いましたが、645Dが出た時点でHOYAも本腰を入れてきたなと感じる事が出来、Pentaxの未来は明るい、そんな気がしますねぇ。

HOYAはPentaxとTokinaとKenkoを傘下にしているようなもので、カメラ、レンズ関連では結構馬鹿に出来ない企業になっているのではないでしょうか?。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)