にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ブラタモリでタモリが見た風景

2011年01月16日 00:00

「十二社池のあった位置から望む」

十二社池のあった位置から望む

Pentax K-5, SMC DA18-135mmF3.5-5.6ED

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



NHKのお散歩教養番組?、のブラタモリ、大好きな番組です。そして第1クールでタモリが訪れた街、ほとんど私も歩いた事があり、タモリが見ていた風景を「おお!、ここはあそこだね!」と番組に向かって喋っている自分がいたりもし・・・。

タモリが西新宿を訪れた回で、「えっ?、西新宿にこんな風景あったっけ?」と思ったのが、かつての十二社池(じゅうにそういけ)のほとりへ続く階段道。そもそも十二社周辺に池があったなんてブラタモリを見て初めて知った訳で・・・。

そこで昨年秋、その風景を探しに出かけた訳ですが、まぁ見つからないったりゃありゃしない(笑)。番組を見ていると十二社池の下のバス停近辺って事は判ったのですが、そこから先、前後左右、どっちに行くんかいな?。・・・。

かつて池があった、と言う事はそこは西新宿でも一番低い位置がその池にあたる訳ですよね。となるとどう考えてもこの交差点周辺なんだが・・・(具体的な場所は秘密です(笑)、まぁネットで検索すればすぐに判りますけどね)。

そんな訳でローラー作戦とでも言いましょうか?。交差点を中心に上り坂になっていそうな路地をウロチョロ、ウロチョロ。そしてようやく見つけたんです!。それが本日の写真。

ブラタモリでは写真で言えば奥の方からこの階段を下りて行き、「階段の最下部が池のほとりだったんだねぇ」、と映像が池を描いたコンピュータグラフィックに変化していったのですが、現実には上からこの階段を見下ろすと風景としては全く面白くないので、かつて池があった場所から上を望んだ風景を撮影しました。

構図を作るのは大変でしたねぇ。と言うのも写真で言えば左側、すでに建物の建築だか取り壊しが始まっていて、テントが張られていて、右側は余裕があったものの、本来はもっと下から撮りたかった、でも民家のアルミ製の柵が現実的過ぎて下がれない。結果、この位置じゃなくちゃ駄目、そんな風景でしたねぇ。

さらに立って撮ると空が大きく入り込んでつまらんし、地面すれすれに、そしてズームレンズを駆使してやっとこさ構図が決まりパチリ。こういう時、ズームは便利ですね(笑)。

さて、この十二社。池があった頃はいわゆる色町だったようで、料亭やお茶屋さんが仰山あったそうです。そう、上の写真のホテルはその名残りとでも言いましょうか?。ビジネスホテルではありますが、いわゆる昔で言う「連れ込み宿」ってんですかね。

どうもこの連れ込み、営業はしていないようでしたから、この階段の路地の風景、近いうちになくなるのでしょうね。こういう風景は以後ずっと残して欲しいものです。

それにしてもタモリってマニアックですねぇ。タモリ程マニアックではありませんが、昔の痕跡探しって結構楽しいですよ。廃墟、廃屋ってのがその最たるものですよね。かつてそこに人が営んでいた、その名残があるのですから。

時に、十二社は「じゅうにそう」と読む訳で、東京に住んでいない方なら読めなくても仕方がありませんが、ブラタモリでのタモリの連れ、NHKの久保田祐佳アナ。この子、調べてみると静岡出身だけど、東京の大学を卒業しているし、すぐに東京のNHK所属になっているから、ほぼ東京人と言っても良いのに、下のバス停で、普通に「じゅうにしゃいけのした」と読み、タモリに訂正されていました。

十二社バス停

知的な顔立ちをしているのに、そんな素っ頓狂なところが天然キャラだと言われ人気があるのでしょうが、東京のNHK所属のアナウンサーが十二社を読めないってのはちょっと情けないですなぁ。

もしかしてタモリに花を持たせる為にわざと間違えて読んだのか?・・・。そう裏読みもしたくなる。と言うのも、天下のNHK、ロケハン無し、打ち合わせ無しで、街をうろつく筈は無く(道路撮影許可だって取らねばなりませんし)、この日は西新宿の高層ビル群から十二社まで歩く、これはスタッフ全員が知っていた事でしょうからね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)