にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

モノクロに於ける軟調

2011年02月05日 00:00

「昼下がり」

昼下がり

Canon EOS30D, EF-S17-55mmF2.8ISUSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



軟調、硬調、簡単に言えば前者はグラデーション豊かでコントラストの弱い写真、後者は黒白がはっきりしている高コントラストの写真となります。

モノクロフィルムから硬調、軟調プリントを作るには印画紙の選択で決まってきます(引き伸ばしレンズにフィルターを付けて軟調、硬調を決めるマルチグレード印画紙と言うのもある)。ただ、それだけじゃなく、現像されたフィルムの露出状態(濃い、淡い)など・・・。

まぁ100人に聞いたら100人が異なる仕上げ方法を答えてくれちゃうくらい、相当の経験がないと満足行く硬調、軟調プリントって出来ません。

ところがデジタル写真になると、レタッチソフトで露出、コントラスト、はたまたトーンカーブやレベル補正で簡単に硬調、軟調が作れちゃいます。

近頃の流行は硬調でしょうね。ハイコントラスト写真。私も例に漏れずそんな写真が大好きで、本ブログでのモノクロ写真の大半はハイコントラスト写真にレタッチしています。

ところが近頃ではカメラ内部の画像加工でそんな写真を作れちゃって、流行を超えたと言いましょうか?、誰もがこの手法を使うようになっちゃった。そうなるとあまのじゃくの私は反対に行きたくなっちゃうんですよねぇ(笑)。

本日の写真、勿論、デジタルカメラからのモノクロ化ですが、軟調に仕上げており、フィルムからプリントしたモノクロ写真をかなり意識してみました。如何でしょうか?。勿論、ソフトフォーカスやフォーギーのような特殊効果なんて掛けていません。

そして思っちゃう。これからは軟調だろう!って(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ケンケン | URL | rolxWucI

    BigDaddyさん 今晩は
    何だか外国映画の1シーンに見えますね
    実際には、使った事ないんですが
    ダイヤルがあるんですかね
    モノクロは良いですね、全てが優しく見えます

  2. BigDaddy | URL | -

    >ケンケンさん

    ありがとうございます。

    ここはただの観光地なんですが、上手い具合にお洒落で良い被写体がありました。上野電話機は恐らく本物でしょうから、ダイヤルは無かったような記憶があります。

    でも、上のような過去の電話機に似せたもの、ちゃんと電話として機能している電話機は普通に買え、それは勿論ダイヤルは付いています(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)