にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

苦手な場所 その1

2011年02月08日 00:00

「路地裏探索」

路地裏探索

Pentax K20D SMC DA18-55mmF3.5-5.6AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



どうにも苦手な風景があります。それはオフィス街。雑居ビル群な風景、これが駄目。苦手と言うよりも撮影意欲が沸かないとでも申しましょうか?。

先日、ブログで知り合った方の写真展、東京は四谷三丁目まで足を運びましたが、この界隈ですね。良く行くカメラ屋さんがあるので、年に何度も訪れる町なのですが、毎度毎度撮るものが無い(笑)。

神楽坂の上の方は別にして、飯田橋から外堀通りに沿って四ツ谷まで歩き、新宿通りに曲がって新宿御苑付近までウロチョロ、さらにな~んもないから、荒木町を経て曙橋まで足を伸ばしたのですが、そこも、なぁ~~んも撮るものが無いんですなぁ。アッチコッチと路地に入り込んでもです。この日は1万5千歩以上稼いでいたのに結局100枚も撮っていないんです。

デジタルカメラだから100枚近く撮れた、これがもしフィルムカメラだったら、そうですねぇ、36コマ撮りのフィルムを消化出来たかどうか程度だったでしょう。お散歩写真と言うよりも、カメラと言う錘を持ったウォーキングでしたね(笑)。

同じサラリーマンの町である新橋や丸の内と違って、町に特徴がないんですよね。美しくもないし、汚くも無い。昭和後期~平成に掛けて建てられたであろう中途半端な歴史を持つ雑居ビルを延々と見せられているだけ。

日本橋、京橋界隈とか、先日、「新参者」ツアー(ツアーと言っても一人ですけど(笑))で人形町を訪れた時も同じ感覚だったですね。この界隈って風情があると言われていますが、それは嘘ですよ。あるのは「文化」なんです。風情はありませんねぇ。少なくとも私が求める昭和の風景はありません。

今日の写真、綺麗か汚いかで言えば汚い風景でしょうが、何も汚い風景じゃないと嫌だって訳じゃないんですよ(笑)。

休日の雑居ビルって人を感じないんですよね。私が好む風景とは、カッコ付けて言えば、人は写っていなくとも人の営みが垣間見える風景とでも言いましょうか?。ですから路地を、そして狭い方、狭い方へ折れていくのですが、この外堀通り界隈はその路地でさえも風情が無いと言うか、無機質と言うか・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tettyan | URL | -

    都会には、人の体温を感じない空間が有りますね
    田舎親父が決死の覚悟で都会へ出ても、そう感じる瞬間が有ります

    でも、それはそれで「都会」のパフォーマンスなんだなと感心して
    シャッターを切る親爺が私です
    そして道が解らなくなって「駅へは・・」と、尋ねる人を探すのが
    案外都会遠征の楽しみでもあるんですよ。

  2. BigDaddy | URL | -

    >tettyanさん

    アラーキーじゃありませんが、猫一匹見つからない町に魅力は感じませんねぇ(笑)。

    銀座や有楽町、新橋のように、ビジネス街と繁華街が一緒になっている町、その方が遥かに魅力的だと感じます。

    勿論、温もりを感じないつまらない風景を如何にして撮るか、それを追求するのも、カメラマンとして「あり」だと思いますが、私個人は、そんな事をするのだったら、好きな町をさらに追求した方が、時間を有効に使っている感じがします。

    ちなみに私は3代続く江戸っ子ですが、散歩写真をしていると、大概、住民に「駅どっちですか?」って尋ねていたりします(笑)。

  3. hidemaro2005 | URL | -

    最近、マチの命は「猥雑」ではないかと思うようになりましたね。
    つまり、煩悩にまみれた「衆生」の美。

    かっこいい洗練されたモノではない、覚った先のモノではない

    汚れてあがいてるそんな泥臭いものの「美」
    だからマチがあるんだと思います。

    そこから解脱した美なんてモノは、美しい大自然の風景写真ですから、そんなモノは、あの世に近づいた方々(笑)にお任せしておけばいいのだと最近思います。

  4. BigDaddy | URL | -

    >hidemaro2005さん

    仏教用語とか出てきて、微妙にコメントの意味を理解出来ていないのですが・・・(笑)。

    単純な話、プラスがあってマイナスがある、陽があって陰がある訳で、今後は今以上に二極化する・・・、もしくは、今まで誰も見向きもしなかった風景、工場萌えや、廃墟も、一部のマニアだけでなく、写真に収める風景として一般化するような気がしますね。

    NHKのブラタモリ、あれだけマニアックなのに人気番組になっている、これからは、マニアが強い時代になるのかもしれませんねぇ。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)