にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

写真曲がり病、その後のその後・・・

2011年06月13日 00:00

untitled

untitled

Pentax K-7, SMC P55mmF1.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



一連のこのネタをお読みでない方は、まずは以下を・・・。

これは重症だ・・・写真曲がり病
これは重症だ-写真曲がり病その2
これは重症だ-写真曲がり病解決編
写真曲がり病、その後・・・

写真曲がり病に悩まされてだいぶ経つ。果たして今は・・・。

やっぱり、写真が傾いてしまう原因、確実にPentaxの一眼レフが軽過ぎる事が原因だった。軽過ぎるから右手だけで持とうとする(勿論、左手でもカメラは支えているが、添えていると言った方が良かった)。

軽過ぎると言ってもレンズも含めてだとそこそこの重さ。右手にしっかりと力を入れると右肩そのものも上がってしまい、結果、撮影時はカメラが左に傾いている、だから写真が右に傾く・・・。

そこでシャッターを押す直前に両肩が同じ高さになるようにしパチリ。これでだいぶ写真曲がり病が治った。それでも無意識に撮影しているとどうしても右手、右肩に力が入ってくる。

でもCanon EOS30Dにばかでかいレンズを使っているとそういう事は全く起きない。何て事はないのだ。Canonのカメラとレンズは重いから、はなっから右手でカメラを持とうとは思っていないのである。カメラは左手で支える。右手は添えるだけ。

だからちょうど良い時期にCanonカメラを使ったなぁと思っている。そのせいでPentaxのカメラでも左手でカメラを支えるようになった。勿論、意識せねばならないが、カメラを構える時、今まで右手1本で顔の前にカメラを持って行き、最後の最後で左手を添えていたのを、両手で顔まで持っていくようにしたのだ。

そうする事で自然に左手中心にカメラを支えるようになる。そしてその時、右手には全く重さを感じていない。この右手に重さを感じていないのがミソ。右手は単にグリップ部分を握っている、押さえているだけ。これで確実に写真が右に傾かなくなる。

何故フィルム時代は写真が曲がらなかったのか、それはCanon EOS-1シリーズやContaxのようなヘヴィー級カメラばかりを使っていて、そもそも右手でカメラなんて支えられないから。Canon NewF-1にはワインダーを装着していたのでそうなると1キロを超えた金属の塊になる。

恐らく当時使っていた最も軽いカメラはPentax LXとContax G2だと思う。両者500グラムちょっと。ただ、この2機種を使っていても特に写真が曲がって悩んだ経験はないので、その頃は軽かろうが重かろうがしっかりと左手でカメラを支えていたのだろう。

何故右手でカメラを持つようになってしまったのだろうか?。Pentax K-mとK10Dをメインに使っていた頃は写真に曲がりは発生しておらず、K20DとK-7を買ってからこの癖が出始めた。うーん、不思議だ。

ほんの数ヶ月前までは今日の写真のような水平と垂直が構図上にある風景でも右にダラーンと傾いていたのだから、笑っちゃうでしょう?。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんばんは。

    私もずいぶん傾きで悩んだ口です。フィルム時代は、マウントしていましたのでずいぶんズルをしましたが。(笑)K10Dの2台目を使い始めた時に全部のカットが傾いていて、三脚を使用して確認すると案の定CCDの傾きでした。これは例外として、K10Dとタムロンの18-200なんかだとほとんど傾かないのに、リミテッドを使うととたんに傾きます。ファインダーを覗くときに、しかめっ面で顔とカメラが平行になっていないことも傾きの原因でした。構図の左半分だけで水平をだすので、広角レンズでは傾きますよね。
    ペンタックスの場合、カメラが原因の場合が多いので、時々三脚にのせて確認しています。

  2. BigDaddy | URL | -

    >ゆたかさん

    なるほど!、マウントしちゃうと傾いても見た目は正常に見えますよね!。いやぁ、これは目から鱗!。フィルム時代、もし傾きに悩んでいても多分そんな発想なかったです。

    Pentaxの欠点って仰る通り、センサーの傾きですよね。私もK10DではCCDが傾いて修理しています。またカメラが原因といえば、これまた欠点の1つに、ピントが怪しい事。AFでしっかり合わせたのに全く合っていない、こういう現象ってK20DでもK-7でも見られるようです。ピントの精度はCanonやNikonの方が遥かに上なのでしょうね。AF機能は一生この2社に勝てないのでしょうねぇ・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)