にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

今日こそは地デジ化のお話

2011年06月18日 00:00

地デジカでなくカモシカ

地デジカでなくカモシカ

Pentax K-7, Tamron AF18-200mmF3.5-6.3II

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



ここ1週間くらい、fc2は非常に処理が重い。アクセスが集中しています、これでどーにもならない時があるし、知り合いのブログなんて、サーバーが完全に死んじゃっているのだろう、そんなサイト見つからないと怒られる・・・。

さて、昨日、地デジ化について語ろうとしたら大幅に脱線。本日こそ、地デジ化ネタである。大半の方はすでに地デジ化がお済だろうが、せっかくなので読み進めて頂きたい。

うちは地デジ化未対応。来月まで放っておいたら、うちで見られるテレビは携帯のワンセグしかない。地デジテレビをいつ買うか、それをずっと検討していたら今になっちまった。実家はもう昨年に地デジ化した。たまには親孝行をとそこそこ良いテレビと強力な馬鹿でかい室内アンテナをプレゼント。時折、実家を訪ねてテレビを見ていると、おお!、映像が綺麗だと今更ながら感動。

うちももう買わないと!。そしてついでだから新調するパソコンでも地デジを見られるようにしよう!、なんたってアホみたいに横長のモニター、ブラウザでネットサーフィンする程度だったら横に小さな画面でも出して「ながら見」なんてしてみたい。

そこでパソコン用の地デジチューナーを色々とチェック。しかしここで難関にぶち当たる。住まいはCATVで地デジのデータが流れてくる。幾つかのパソコン用地デジチューナーの但し書きを見ていると、「VHF帯に変換されたパススルー方式では視聴出来ません」なる文言を発見。

なんじゃ、この意味不明な文章は?。調べてみるとCATVで送信される場合、同一周波数パススルー方式、周波数変換パススルー方式、そしてトランスモジュレーション方式の3つがあると言う。そこでまずは地域のケーブルTVに確認。

「VHSかどうかは判りませんが、周波数変換パススルーです」、と非常に曖昧な回答。何度尋ねても、VHFか否かを教えてくれない。日本中が地デジ推進運動をしている中、このケーブルTVは何様なのだろうか?。俺が知りたいのは、VHS帯に変換されたパススルーなのかって事なのに。

要するにケーブルTVのその担当の人間、地デジを見るのはテレビ、それしか考えが浮かんでいないようだ。確かにテレビの地デジチューナーはトランスモジュレーション以外はOK。だから「パススルー方式だから見られますよ」の一点張り。パソコン用のチューナーは色々と制約があるようで・・・、と尋ねると、びっくりしてからねぇ。パソコンで見るんだぁ、珍しい人だ事・・・、そんな感じ。

そもそも地デジチューナーを販売しているメーカーの商品の仕様書がNG。こっちは地デジの専門家でないのだから、「VHF帯に変換されたパススルー方式では視聴出来ません」、と書かれていると、「だったらVHF帯でない周波数に変換されたパススルーだったら受信出来るのか?」と思っちゃう。地域によってはUHF帯の中で周波数を変換しているかもしれない。そんな憶測が飛んじゃう。

結果、アイ・オー・データとバッファローのパソコン用地デジチューナーが全てのパススルー方式で視聴出来る事が判ったのだが、この2社も一番知りたい事がホームページ上に掲載されていないのだ。企業は少しでも人件費を削る為に、ホームページで商品の解説をしている。Q&A、FAQも取り揃えている。なのに幾ら時間を掛けて探しても見つからない。

結果、サポートに電話を入れ、「うちのCATVはVHFかどうかは判らないが、周波数変換パススルーと言われたのだが、御社は対応しているか?」の問いに両社ともあっさりと「どんなパススルーでもOKです」と来たもんだ。だったらホームページ上に書いておけよ!。どちらもフリーダイヤルだから良いものの、オペレーターに繋がるまで20分以上も待たせやがって!。

さらに上述したVHF帯云々のメーカー、エスケイネットであるが、ここは仕様書を作った人間の日本語力を疑う。この場合、VHF帯がどーのなんて書く必要は全く無く、単純に「同一パススルー方式のみ視聴出来ます」と書くべきなのだ。それだったら幼稚園児だって理解出来よう。

ここまで解釈するのに日曜日を挟んでしまったので(日曜は企業サポートは御休み)3日も掛かってしまった。全くもって無駄な時間を費やしたものだ。

そして先日、ついでだからと区役所の地デジ推進課に電話を入れ、自宅の受信状況を調べて貰った。するとうちはCATVからの送信電話を使わずに、室内アンテナで十分に地デジを受信出来る事が判った。何て言うのかな?、受信パラメーター?、これが40以上ある。スカイツリーになったら電波がさらに強力になるから室内アンテナで確実に行けると言う。しかもテストしたアンテナはマスプロの安アンテナ、アマゾンで4千円ちょっとの代物だ。

※ちなみにパソコンで「ながら見」する程度だったら2千円くらいのパソコン用ワンセグチューナーで十分との事。確かに携帯のワンセグは時折、TBSだったかフジだったかが映らなくなるが、ほとんど問題は無い。

さて、本日の写真。地デジカキャラの写真はないし、鹿の写真もピンボケコマしかない。しょーがない、一応これもカモシカである(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)