にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

フィルムを簡単にデーターベース化

2011年06月25日 00:00

The Wall

The Wall

Contax AX, Planar 85mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



昨日の日記、私としては何故今の今まで思いつかなかったのだろうと目から鱗なネタだった。

ポジフィルムを簡単にデジタル化する方法

そして・・・。

以前にも申し上げた通り、7年くらい前か、私はフィルムカメラをやめるに当たって、いわゆる作品として撮っていたフィルムを全部捨てた。今残っているのは没フィルム。これも捨てようとかと思ったのだが、日常のスナップも含まれている為、それくらいは思い出として残しておこうと。

それでもダンボールに埃まみれでほかしてあるフィルムはポジ、ネガを合わせれば数百本にも及ぶ。数えた事がないので、それが300なのか、400なのか、はたまた500本以上まだあるのか判らない。

かつては没にした風景でも、今と昔でも己のスタイルに変化があり、没の中から良い風景があるかも、もし、将来、作品展を開催する際、フィルムをイチイチ、ライトボックス置いて吟味するよりもパソコンで一覧を見られた方が楽。

だから、そもそもそれらフィルムのデジタル化は、しっかりと大きくプリント出来るようなPhoto CD並にスキャンして云々は全く考えておらず、単に画像データベース、サムネイル的にある程度の大きさにスキャンし、後はフィルムに番号を振って管理したかっただけ。

それがこうやってブログを始めちゃったものだからエライコッチャになった。ブログ用なので長辺1200ピクセルでスキャンしているが、1枚スキャンするのに1分近く掛かる。しかもEpson GT9700Fと言うスキャナーはちょっとでも適正露出から外れていると、それをコマとして認識してくれない。

そうなるとオートースキャンが不可能になり、いちいち1枚ずつサイズを決めて云々と面倒ったりゃありゃしない。そのコマが単なる露出ミスなら良いが、大半は意図的にハイキー、ローキーにしたものだから、オートスキャン出来ないコマ程、ドラマチックな風景だったりする。

だから従来方式のスキャナーでなく、CCDセンサーとレンズを持つ、Cabin等から発売されているカメラタイプのスキャナーが欲しいと思っていた。1コマ辺り2秒。そりゃぁそうだ。シャッターを押して、それをSDカードに保存するだけなのだから・・・。

ところがふと、だったらうちにある機材でも類似する事が出来るんじゃないか?。それを実践したのが昨日の記事である。

そして1日経過した今日、だったらフィルム1本丸ごと、ライトボックスに乗せた状態でパチリすりゃぁ、それが立派なサムネイルになるじゃないか!。単にどのフィルムにどんな風景が写っているかをデーターベース化したいだけなのだから。

それが下だ。


2011-06-25-02


Ricoh GX100で撮影しているので1000万画素。ピントが合っているかどうかなんて理解出来ないが、1000万画素のまま保存しておけばどんな風景が写っているか、そして露出に関しては全く問題ない。

露出はphotoshopのレベル補正を利用し、ライトボックスの光っている部分、ここを白と指定すれば(もしくはフィルムの黒い部分を黒とすれば)、こうやって全体を写している分にはそれが見たままの明るさになってくれてる。

そうやって、これにフィルム番号を振って管理すれば私に必要な写真データーベースは出来上がっちゃう。ポジフィルムをライトボックスにセットし、なるべく平行にカメラをセットしパチリ。30秒ポッキリ。わざわざ1コマずつスキャンする必要なんて無かったのだ。

嗚呼、冒頭にも書いたが、何故こんな簡単で単純な事を思いつかなかったのだろうか?。しかもブログに掲載する程度の画像だったら、昨日の記事の通りにパチリするだけでいいのだから。

こうなるともうCabinのカメラ式フィルムスキャナーなんて不必要。データベースもわざわざAccessやExcelで作らずに、Picasaに読み込ませるだけでいいのだから後は機材や撮影場所と言ったフィルムデータが記載されていたそれをタグ情報とし、そうでなかったら昔の記憶をなんとか呼び起こしさえすれば良い。

さて、本日の写真。ライトボックスに置いたフィルムをGX100でパチリしただけのもの。くれぐれもこれがZiessレンズが結ぶ像とは思わないで頂きたい。色合いはかなりマッチしていると思うが、ピントやコントラストの類いはPhotoshopのものなのだから(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)