にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

64bitの怪

2011年06月27日 00:00

ごもっとも!

ごもっとも!

Pentax K-m, Sigma Zoom70-210mmF4-5.6

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



まずは参加しているSNSで得た情報を。

パソコン通信サービス「NIFTY-Serve(ニフティサーブ)」を体験

なんと25年前のパソコン通信時代のニフティをほんのちょっぴりだけ体験出来る。エンターキー2発であたかもログインしたように操作出来る。オッサン世代なら懐かしいと感動し、若い世代でも、パソコン通信とはこういうものだ、それを体験出来ると思う。文字表示が遅いのは通信速度が遅いから。

さて、話を本題へ。昨日の記事は「Windowsの怪」、そして今日は「64bitの怪」である。

ブログに掲載する写真にはほとんど使わないのだが、私はPhotoshop CS5にかなりの量のフリーのプラグインツールをインストールしている。なんとそれの大半がPhotoshopで認識してくれないのだ。全く認識しないのでなく、実はその中でも一番使う3つは何故かちゃんと認識する。

調べてみると、プラグインツールも32bitと64bitでは全く互換性がないらしい。Photoshopが64bit版であったらプラグインもそれに対応してなければならない。同じく32bit版は32bitプラグインのみを受け付ける。なるほどぉ!。

まぁPhotoshop CS5の場合、64bit版のWindows 7だと、勝手に64bitと32bitの両方をインストールしてくれるし、Photoshop Elements 9は元々32bit版しかないので、今まで利用していたプラグインが全く使えない事はないが、プラグインによっていちいち使い分けなくちゃならないのはちと面倒。

さらに64bitの欠点として、WindowsはVistaから写真のRAWファイルにコーデックを通す事でフォルダやWindows Live フォトギャラリーでも表示出来るようになる。これは各カメラメーカーからダウンロードしてインストールするだけ。私が会社で使っているVistaマシンでもちゃんとRAWファイルを表示出来ている。

ところがどっこい、なんとPentax、64bit版のWindows 7のコーデックを用意していないのであ~る!。現時点で私のニューパソコンはWindowsのフォルダではRAWファイルのサムネイルを見る事も出来ないし、Windows Live フォトギャラリーで写真を管理する事も出来ない。

やっぱり弱小メーカーは駄目だなぁと思って、一応、もCanonとNikonを調べてみると、あらら、この2大メーカーも64bit版のコーデック、提供していない。これは各カメラメーカー、駄目、駄目過ぎ。ユーザーを馬鹿にするのもいい加減して貰いたい。確かに32bit版のWindows 7の方が売れているらしいが、そもそもRAWファイルを大量に加工処理するには64bitマシンの方が良いのだから、何故、未だに専用のコーデックを作っていないのか?。

不思議でしょう?。32bit版だがフリーの写真管理ソフトのPicasaやFast Stone ViewerはXPの時代からRAWファイルを表示出来るのだから。これは各カメラメーカー、恥じるべきだ。たかがコーデックを作るくらいで何百万、何千万も開発に掛かる訳がないし、OSのBeta版が発表された時点で、即開発に取り掛かるのがメーカーの責任だろう。と言う事で、Windows live フォトギャラリーで写真管理を行おうと思っていた目論見は大外れ。

1つだけ方法はある。流石写真加工の第一人者、アドビさん。dngファイル(アドビが提唱しているRAW形式ファイル)はすでに64bit版のコーデックが存在し、アドビのサイトからダウンロード出来る。つまり、同じくアドビのサイトからdngコンバーター(各社のRAWファイルをdng形式に変換してくれる無料ツール)を利用して、dngファイルにしちゃえば、フォルダにサムネイルが表示され、Windows Live フォトギャラリーにも読み込む事が可能となる。

ただ、腐る程、RAWデータを保存していたら、それだけ面倒だし、どうしてもOS側にRAWの写真を認識させたいのなら価値はあるが、通常はそこまでやる必要はないと思う。私ももう諦めている。カメラメーカーのコーデック待ちだ。

結論。近々パソコンを買い換えよう、そう思われている方はWindows 7を64bitにするか、32bitにするか、悩む事になるだろう。個人的には各カメラメーカーの64bit対応のコーデックが出回った時点で64bitを選択するのが正しいと思う。私のようにパソコン壊れちゃいましたぁ~な不幸な人間は除き、買い替えは少し我慢した方が良い。

但しそれはデスクトップだけに言える事で、ノートパソコンの場合、そもそもメモリを大量に実装出来ない。通常は4GBくらいしか積まない筈で、だとしたら64bitなんて意味がない。32bitで十分だ。

そもそもWEBをウロついていると、64bitの時代だ!、とは書かれている事が多いが、実際には64bitのWindows 7って3台に1台、いや個人ならノートパソコンの需要が高いから5台に1台くらいだろう。となると64bitの時代って最低でもあと3年は来ないのである(笑)。

では何故私は64bit版のWindows 7搭載のパソコンを敢えて買ったのか、それはまた明日!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)