にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

パソコン快適!

2011年06月30日 00:00

路地裏探索

路地裏探索

Pentax 645D, FA645 75mmF2.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



6月24日現在、ニューパソコンに最低限必要な設定、アプリケーションのインストールを行った。よって今日からブログの記事を書いたり、写真編集もニューパソコンで行っている。

パソコンを買い換えるきっかけ、先日もお伝えした通り、ノートパソコンのキーボード、よく使うキーがお馬鹿になってきた事。キーボードを分解し、清掃してだいぶ改善されたが、それでも幾つかのキーはゆっくりと強く押さないと反応してくれない。勿論、それだけなら外付けのキーボードをかませば問題はない。

この他に、かなり怪しくなっている箇所があった。それは昨年夏に気づいた事。猛暑だったのを覚えている方も多いだろう。ある時期から突然ノートパソコンが熱くなった。まず裏面、机に設置している部分は手で長時間触っていると不愉快になるくらいの熱さだし、表面、キーボード部分とUSBコネクタ部分も、そうだなぁ、ちょっと高めのお風呂くらいの温度。

明らかに冷却が上手く行っていない。熱暴走が怖いので、1時間のうち5分程度、スリープ状態にして「アイスノン」でノートパソコンそのものを冷やしていたのだ(笑)。そして今年は5月の時点でもう熱を持っていた。キーボードも壊れているし、今年の夏は東電のせいで部屋の温度もあまり下げられない。もう限界かな。

今も、ニューパソコンに完全移行出来た訳でなく、バックアップを取ったり、様々な移植作業を行っており、このオールドパソコンの下にはやっぱりアイスノンが敷かれていたりする。

でも壊れていなくても買い替えの時期だったと思う。Photoshop CS5はなんとかギリギリ、ブログ用の画像を作るのだったら全くストレスを感じないが、等倍、A3以上のプリントを目的としたレタッチともなると少し待たされてしまう。またキャッシュデータを作成する画像管理関連のアプリケーションも500枚くらいキャッシュデータを作るのに数分掛かり、イライラしてくる。

現在、ハードディスクには11万枚の写真が収められている。それがRAWファイルだったり、JPGでも画素数がマチマチであるが、これをPicasaに全部読み込ませようとすると、寝しなに作業させ放っておくしか術はない。多分3時間は掛かっているのではなかろうか?。

Adobe BridgeはPhotoshop CS5にそれこそデータを橋渡しをする為の画像管理ソフトで、こやつはPicasaよりもキャッシュ作成には時間が掛かり、いつだったか、キャッシュファイルが壊れてしまい、11万枚全てのキャッシュを改めて作成した時も一眠り出来るくらいの時間シャカシャカと動いていた。当然、CPU、メモリ、ハードディスクフル稼働なのでアイスノンを敷いての作業(笑)。そんな状態だから、Pentax K-5を買う金があったらとっととパソコンを新調するでしょう?。

さて、新調パソコン、流石に最新のCPUを奢っただけあってPicasaで11万枚を読み込ませるのに1時間も掛からなかった。凄いなぁ。確か熱暴走ノートパソコンは2006年のモデルだったから、これが5年の差なのだ。技術の進歩は凄い。

5年前と言うと、デジタルカメラで6~800万画素が主流だった時代。確かに700万画素のCanon EOS30Dのデータは苦労なく編集出来た。1000万画素のPentax K10Dでもなんとかなった。でも1460万画素のPentax K20Dや、K-7ともなると、上述した通り、ストレスが溜まる。

ちなみにニューパソコン、4000万画素のPentax 645Dでは流石にBridgeで100枚のRAWファイルのキャッシュを作るのには数分掛かったが、RAW現像そのものは全く問題なくサクサクと動いてくれた。となると今後135フルサイズ、APS-Cサイズの一眼レフがどんなに進化しても(将来的にも上限で2000万画素程度との事)このパソコンで十分処理可能だと思う。

あとはWindows 7がVistaのように不人気でこけない事を祈るばかりだ。Windows XPは2014年までサポート対象だから、XPのようにWidnows 7も10年は現役でいて欲しいと思う。

本日の写真、せっかくなのでそのPentax 645Dでの1枚(勿論、借り物)。こんな風景を645Dで撮っちゃいかんよねぇ(笑)。こういう風景はRicohのGRDなんかがお似合いだ。しかもオールドフォトっぽく加工しちゃっているし・・・。単に645Dを使ってみましたと言うプチ自慢でしかない。でもそれでいいのだ(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. solo | URL | -

    こんな風景を645Dで撮っちゃいかんよねぇ(笑)。
    :心象風景ってニューカメラを持った刺激から、
    定点観測写真までも視点が変わり、それが、
    不特定多数の第三者の共鳴がなくても満足した経験があります。

    こういう風景はRicohのGRDなんかがお似合いだ。
    :一期一会で645Dを持っていかれたのも、この写真を撮る宿世だったのかも(笑)
    BigDaddyさんは、十分それを承知で、楽しまれていらっしゃいますね

  2. BigDaddy | URL | -

    > solo さん

    いやぁ、私はそんなタイプじゃないんですよ~。カメラやレンズって愛着はありますが、道具以上の代物ではないので、どんなカメラを握ろうが、視点は同じだったりします。だから、このような風景を645Dで撮るのでしょうけど(笑)。

    楽しんでいるか否か、ある意味、ブログのネタになりそうだ!、と言うワクワク感はありましたね。高価だし、645Dは私には意味のないカメラですから、自分で買う気は全くありませんが、せっかく貸してくれるって言うのだから、ブログのネタが幾つか作れればそれはそれでラッキーだ!、そんな思惑はありました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)