にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

カメラストラップの寿命

2011年07月15日 00:00

下町ブルー

下町ブルー

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



去る土日のお散歩写真中、泥や砂が舞っているような場所を歩いたつもりがないのに、右手に細かい黒い砂のような粒子が沢山付着していて、どこでお砂遊びしたのだろうか?、と首を傾げていたのだが・・・。

日曜日、あまりにも暑くて公園でジュース休憩をしていた時の事、気付いたのだ。なんと、カメラストラップの裏側の滑り止め部分が劣化してボロボロな状態。指で軽く引っ掻くだけで繊維が剥がれ落ちてくる。

私はカメラを首からぶら下げたり肩に背負ったりせずに、ストラップを手首にグルグルに巻きつけて右手でムンズと掴んだまま移動している事が多い。だから汗や汚れなどで普通の人よりもストラップの寿命が短いのは理解しているが・・・。

デジタル一眼レフデビューは多くの皆さんよりも遅く2009年。Pentax K-m、K10D、K20Dを立て続けに買い、昨年はK-7も買った。この土日は主にK-7に単焦点を、K20Dにズームレンズを装着して撮影に挑んでいたが、ストラップが劣化していたのはK20D。

確かに未だにK-7よりもK20Dの稼働率が多く、今も尚それがメインカメラ。それでもたかが2年でストラップがここまで劣化するのか?。Pentaxのストラップってそれくらいしょーもないのか?。そう疑問に思ったが、良く考えると、2年は短くはないのだ。

フィルムカメラ時代、7~8台の一眼レフを取っ替え引っ換え使っていたから、ストラップが劣化した記憶がなく、また当時はストラップに拘りがあり(重くて大きなカメラとレンズを使うから)、メーカー純正でなく、もっとしっかりとしたサードパーティ製のものに交換していた。

でも今は月に4、5回お散歩写真をし、そのうち3度はK20Dだけでウロついている。そして汗っかきで、上述したようにストラップは手首にグルグルに巻きつけているから、そりゃぁ純正のストラップ程度なら2年で駄目になるのは判るような気がする。

ちなみにK-7だけには革のストラップを奢っており(笑)、汚れ具合、しなり具合が今がちょうど良い塩梅なのだった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんばんは。

    ちょうど今日、ペンタックスオンラインショップのアウトレットで、アルヌボのストラップを買いました。

    一本1,500円なり。(笑)

    私も肩にかけずに、右腕にゆるくひと回しです。ほとんど痛むことはないのですが、時々洗濯しています。

    お湯が真っ黒になりますから汚れているんですね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ゆたかさん

    あっ、ホントですね、1500円なんですね(笑)。でもちょっと私には派手ですかねぇ、このストラップ。黒一色とかだったら欲しいのですが・・・。

    腕時計が洗うと垢だらけですから、手首に巻きつけているストラップ、確かに汚いでしょうねぇ(笑)。今日も夕方から散歩写真していましたが、全身汗びっしょりでしたから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)