にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

楽しかった夏季休暇 - いすみ鉄道 その2

2011年08月07日 00:00

ヘムレンとミイ

ヘムレイとミイ

Pentax K-7, SMC DA18-55mmF3.5-5.6AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。





※2012/08/06 追記

下記、2011/11/27の追記に一部誤りがありました。いすみ鉄道内に主に設置されているこれらムーミン人形は著作者側からの承諾を得ていないとの事です。

また、コメント欄を読んで頂ければ判りますが、一部不快なコメントを寄越した方がいらっしゃいます。これに関してブログとは「思い、主張、表現」をする場だと思うにて見解を述べておりますので、そちらも合わせてご覧下さい。



※2011/11/27 追記

いすみ人さんからの情報提供を受けました。いすみ鉄道周辺のムーミン関連の人形は著作者側から承認を得ており、中国のパクリキャラとは一線を画すそうです。また学生でなく、ボランティアの1人の男性が製作されているとの事です。

以下の文章は、その日、いすみ鉄道周辺の旅をし、その時に感じた事を率直に綴ったものであり、敢えて訂正は致しません。



いすみ鉄道は春の菜の花と、何故かムーミンで有名。今の時期、菜の花にはお目にかかれないので、結構、ムーミンを楽しみにしていたんだなぁ。ところがかな~り微妙・・・。

時は20数年前に遡り・・・。元々ムーミンってのは小説、絵本のキャラクターである。その当事、ムーミングッズと言えばその絵本のグッズとしての輸入物しかなかったと思う(モノホンのフィンランド物)。子供向けでなく、あくまでも大人向けのグッズ、そんな印象を持っていた。でも輸入品だから結構お高く、何も買わなかった。

そして今、いすみ鉄道の国吉駅には正規のムーミンショップがあると知った。その当事、買えなかった思いがあり、ここで大人買いしてやろうと思った訳だ。するとこのムーミンショップはアニメのムーミンなのかな?。子供向けのグッズが大半だった。

結果、お菓子類以外は、一番地味な、スナフキンだけが描かれている、ムーミンだけが描かれているマグカップを購入しただけ。安かったから多分中国製じゃないかなぁ~。やっぱり多少高くてもフィンランド製が欲しかったよねぇ、ちょっと残念(かと言ってネットで探す気にはならない)。

残念と言えば・・・。この国吉駅を中心にムーミン達の大きな人形があっちこっちに置かれている、そんな噂を以前から耳にしていた。と言うよりはインターネットで見ていたらそんな写真が仰山あり、これはこれで面白いと思った訳だ。

どこの町だったか、人間と見間違えるような案山子をあっちこっちに配置して町興しをしている、そんなニュースを見た事があり、このいすみ鉄道でも沿線沿いに色々なムーミンのキャラクターが置かれているのだろう、それを探す、スタンプラリーのようなイベントがきっとあるのだろう、そう思い込んでいた。

ところがである!。実に中途半端。ムーミン達の人形は聞くところによると地元の学生さんが製作したそうで、非常に微妙なのである。中国で問題になっているパクリキャラと同じレベルなんだなぁ~。例えば正面から見るとそれなりだが裏へ回ると、製作中ですかい?、ってなハリボテ人形もある。

しかもいすみ鉄道側も実際にどこにムーミン達が置かれているか完全に把握している訳でなく、おおよそこの辺にある・・・ってくらいの情報しか提供してくれなかった。確かにネットで色々と調べてもムーミンマップなるものは皆無。

これは町興しとしては失敗の部類に入る気がする。プロの作家にお願いしろとは言わない。でも中国のパクリキャラと同レベルのものを作っていちゃ恥ずかしいし、我々お客としてはそれだけムーミンを推しているのだから少なくともアニメに出てきたキャラクターの全てが1体ずつどこかに隠れているんだろうと思う訳だ。

でも実際はそ~じゃない。主要なキャラクターはいらっしゃるようだが、それを示すマップがそもそもないのだから、数時間しか周辺をウロつけなかった今回の旅でそれらを探すなんて無理。残念どころの話じゃない。かなりがっくりした。

恐らく勝手に人形を作っているだろうから(あれを原作側が許すとは思えない)著作権の問題もあるから大々的にアピール出来ないのだろうが、ならばそもそもムーミンでお客を呼んじゃいけないと思う。詐欺同然だと思うよ。

写真はヘムレンとミイ。ヘムレンを見ての通り、界隈の人形はこのような樹脂?、のようなもので出来ており、遠くから見る分にはそれなりだが近くに寄ると造りの粗さが見える。またミイもこの構図からだと良いが、後ろに回ってびっくりっ仰天ってな人形だった。

皆さんの中には学生や子供達がボランティアで作っているのだから、ほのぼのしていていいじゃないかと言われるかもしれない。でもそれはいけないと思うよ。もし無断で製作しているのだったらそれこそ中国を笑っちゃいかんし、中国と同じ事を日本でやっているのだから。

またちゃんとパテント、許可を得て製作しているのなら、もっとしっかりと作るべきだし、この程度の人形如きで旅行者を呼んではならないと思う。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. いすみ人 | URL | -

    人形について…

    あの人形は地元の学生達ではなくボランティアで作ってくれてる一人の男性です。

    勿論著作権側も承知です…

    いすみ鉄道に乗らないと彼のクオリティの高い人形が見れないようになってます。
    何よりも彼の作った作品のクオリティでなく彼の行動力に地元民が感動しているのです。

  2. スナフキン | URL | -

    いすみ鉄道の人形達

    写真にある人形達は多分ですが彼の初期の作品です。
    ムーミンではありませんが、彼のクオリティーの高い作品というなら大多喜駅の前にある観光案内所に行ってみると良いでしょう!その作品は新聞で拝見しました。

    中国のそれと違うのは彼がボランティアで作っている事です。
    金儲けではなく、いすみ鉄道に乗って下さる方に少しでも楽しんでもらえたら…
    そんな気持ちで彼が作って駅に置いてくれているのです。

    そして本当のムーミン好きの方は「風そよぐ谷国吉駅」から見えるのは彼の人形ではなく、彼のような暖かいボランティアの気持ちとのどかな風景の中にムーミン谷が見える筈です。

  3. BigDaddy | URL | -

    > いすみ人さん

    なるほど、1人の方が全て作られていて、著作権に関してもクリアされているのですね。存じませんでした。

    とは言え、ニックネームから、恐らく地元の方だと思うので、誠に申し上げ辛いのですが、我々の世代はムーミンのアニメで育ち、大人になって原作の小説を読み、グッズを集める程、マニアックではありませんが、思い入れは深く、そのボランティアの方が作られたムーミン達を許せないと思う人もいます。

    地元の方が作者の行動力に感動すると言うのは旅行者やムーミンに思い入れのある人間には全く関係ありません。クオリティが低い、高いは個々の鑑賞する資質もありましょう。いずれにせよ、私個人は本文に書いた通りの感想しかありません。

    そう言えば、いすみ鉄道とは関係ない千葉県内のどこかの灯台にも妙なムーミン像がありましたが(作者は同じ方?)、これも説明が何もないまま、放置されているような状態で存在しており、旅行者はなんじゃこれ?、と思う訳です。

    もしこれを何も知らないフィンランドの旅行者が見たらどう思うでしょう?。勿論、我らムーミンを日本の人々が愛してくれていると感じる方もいらっしゃるだろうし、こんなはりぼてみたいなムーミンを作るなんて愚弄している!、と思う人もいましょう。



  4. BigDaddy | URL | -

    > スナフキンさん

    スナフキンさんもいすみの方なのでしょうかね。

    中国のそれと違う云々、初期の作品だからクオリティが低い、ボランティアだから精神を褒めるべきだ、そういう話はしちゃ駄目ですよ。この文章は私がそう感じたのですから、あのムーミン達を見て、不快に感じる人もいる、それを認識されるべきです。

    大多喜のムーミンって木彫りの作品でしょうかね。うーん、申し訳ないです、もしそれがそうなら、やはり、私はムーミンの偽物にしか見えません。

    もう一方のコメントへも書きましたが、ムーミンにそれなりに思いいれがある、もしくは旅行者にはボランティア云々ってのは関係ありません。あの人形を見て、どう感じたかです。


  5. スナフキン | URL | -

    旅行者として…そしてムーミン好きとして…

    説明と紹介が足りなくてすみません。
    木彫りのムーミンはまた別の方の作品です。

    新聞でも紹介された彼の作品は私の地元町(大多喜町)に縁のある武将「本多忠勝像」です。
    竹で鎧を作った作品です。たしか千葉日報という新聞に載ってたような…

    私もムーミン世代の中年ですが子供はムーミンを知りません。
    そんな子供にはテレビで見るより人形など立体的な物があると嬉しいものです。

    さてクオリティーの問題ですが下手クソなら作るなと言う意見もあると思います。
    しかし味わいがあって良いとは思えませんか?

    のどかな風景にはマッチングして見えたのですが…
    もちろん私の知り合いには「あんな田舎町の何も無い駅ならムーミン達が出てきそうだから人形も要らないよね…」って言う人もいますし。
    ただ必要だと判断したから置いてある訳で、「文句あるなら来なくていい…理解者だけ来ればいい…心の広い方だけ来ればいい…」となるのでこの話は人それぞれ、いすみ鉄道側があなたの意見より彼の作品と彼の作品を見たがるお客様を選んだという事です。


  6. BigDaddy | URL | -

    > スナフキンさん

    地元を愛する、地元の鉄道を愛する気持ちは理解出来ます。それに対して文句を言っている訳ではありません。いすみ鉄道を非難している訳でもありません。

    スナフキンさんにせよ、いすみ人さんにせよ、例えば貴方の最後の言葉、「いすみ鉄道側があなたの意見より彼の作品と彼の作品を見たがるお客様を選んだという事、この言葉って、実際に大多喜の町を訪れた旅行者に対して失礼でしょう?。旅行者が何を思うかは勝手です。

    むしろあなた方がそういう失礼な書き込みをする事で、内輪で盛り上がっているだけか、と、感じちゃいますよ。ムーミン云々でなく、貴方の人格の問題ですかね?。

    案山子で町興ししている地域があります。案山子祭りも最近では盛んです。例えば同じ千葉県では大山千枚田、ボランティアで様々な案山子を見る事が出来ます。中には下手糞なものもありますよ。当然、キャラクター系に関して著作権を得ていないものが大半でしょう。

    でもそれに対して文句は無いんですよ。そしてほのぼのしているとも感じる。でも私はあのムーミンに対してはほのぼのとも思わないし、ムーミンに思い入れがあったから、がっかりしたと書いているだけです。人の思い、感性を否定するような書き方はやめましょうね。

    個人的にはムーミンでお客を呼ぶ、町興しをするのなら、たった一人の方の作られたムーミンだけじゃなく、それこそ大山千枚田のように皆さんでムーミンを作れば良いのではないでしょうか?。ムーミンの著作者が承諾しているのなら堂々と作れる筈。

    色々なムーミンキャラがいる。上手な人形もあるし、子供の作った稚拙なムーミンも出来るかもしれない。でも町が一丸となってそういう事をすれば、誰も稚拙だも思いませんよ。仰る通り、ほのぼのとした風景に映るでしょうね。ムーミンマップを観光客に配り、町を歩かせる。良いと思いますよ。お金もより地元に落ちるでしょう。

    私自身は大多喜の町、非常に気に入っています。歴史のある町、坂のある町って大好きなんですよ。ムーミンとは関係なしにもう一度訪れて写真を撮り歩こうと思っています。飯も美味かったですしね。名前は忘れましたが、とんかつ屋さん、最高でした。

    でもせっかくムーミンで旅行者を惹きつけるのですから、そういう町づくり、町興しを本気でされたら、もっと魅力を感じるでしょう。スナフキンさんは地元の方なのですから、こういう事を提案されてはいかがですか?。それとも大きなお世話ですかね。

    もう一度書きます。地元愛を否定はしません。学生でなくボランティアで一人の方が製作しているなる、地元の方が、私のご認識に対して、事実をコメントするのなら問題はありません。

    でも地元の方が旅行者の思いや感性を否定するようなコメントを残しちゃ駄目ですよ。貴方達の人格が疑われます。貴方とは面識もない。面識もない人間から発せられたあの最後の言葉を解釈すると、「おまえのような心の貧しい人間は旅行者は大多喜の町に来なくていい」、そう取れます。言葉って難しいですね。










  7. スナフキン | URL | -

    何か誤解が…

    ケンカ腰に聞こえてしまってすみません。
    私達は田舎町の人です。
    お客様は来てほしい…しかし誰でも良いから来てくれとは思ってないのです。

    ローカル線は満員では困ります!
    これはいすみ鉄道の社長の言葉です。

    意見は色々あるかもしれませんが…ある意味お客様を選んでると言ってよいです。
    私達が選んでいるというよりこの地を文句無しに選んでくれた方のみ楽しんでくれたらそれで良いのです。

    もしもムーミン人形がガッカリしたならそれはそれで自分の心に止めてコメントしない…
    もしも良かったらリピーターに…そして今度また暇なら同じような感覚の人に教えてあげて…

    そんな心優しいお客様だけで良いのです。
    ムーミンのストーリーが好きならもう少しクオリティーをなんて言わずどんな作品だろうが「人形がいる駅なんてステキですね…」と言ってコメントしてほしいものですね。

    少なくとも私は何も作れない不器用ですから!
    あとは心あるお客様にとって、この沿線が更に優しい気持ちになってくれる場所になればと願うばかりなのです。

    批判的なコメントはムーミン谷には要らないのです。

  8. BigDaddy | URL | -

    > スナフキンさん

    大多喜の方達ってみんな貴方のような発想をお持ちなのでしょうかね。私が大多喜で出会い、お話をさせて頂いた方達は皆、一旅行者に優しかったですよ。

    「批判的なコメントはムーミン谷には要らないのです」、これがケンカ腰と言うのです。この最後の一言が無ければ、なるほど、地元を愛している方なんだな、程度の思いしか生まれません。このお返事の表現も変化したでしょう。

    あなたには何を言っても無駄でしょう。インターネットと言う媒体を理解されていない。インターネットは公序良俗に反していなければ個々が情報を自由に発信する場です。そしてそれら情報を取捨選択するのはそれを見るまた我々です。

    ネガティブな感想は発信するな、それは地元愛でもなんでもない、私はそう思います。食べたラーメンが不味かった、これをありとあらゆる媒体に書きなぐっていたら、それは不当なネガキャンになるでしょうが、ここは私のブログです。私が何かに対して思った事を書く場であり、ラーメンが不味い、そう表現するのは自由です。

    勿論、それに対して、いや、あそこのラーメンは美味い、とコメント欄に書かれるのも自由ですが、そこに感性に訴えかけ、貴方の舌が肥えていない、そんな人はあのラーメンを食べるな、そしてあのラーメンが不味いなんて言うな!、そうコメントするのは、失礼だし、おかしい事であると申し上げているんです。

    価格.comでもアマゾンでもポジティブ、ネガティブな口コミは仰山あります。それを読者が取捨選択すれば良いだけの話です。インターネットとはそういうものなのです。

    ある商品に対してネガティブな口コミコメントを書いたら、その商品を販売している企業の社員が、「あなたのような人はうちの商品を理解出来ないだろう。もううちの商品は買わないで欲しい」、なんて書きますか?。常識を考えましょうよ。

    申し訳ないですが、面倒なので、もうここに書き込まないで下さい。


  9. スナフキン | URL | -

    そんなに置いてある人形が気にいらないなら、あなたが他に何か作るかもしくは二度と来なければどう?私は金儲けじゃなくボランティアで頑張ってる人に対して下手クソなんてコメントするような人に旅行しに来てほしくないだけです。

    もし人形を作ってくれてる人達があなたのコメントを見たらガッカリする事でしょう。
    勿論あなたのブログだし発言は自由でしょう。
    だけどあなたのその批判的コメントでキズつく人がいて…
    あなたのその批判的コメントで地元のイメージが悪くなるのです。

    そしてインターネットを理解してないのは私ではなく、あなたです。
    あなたの批判的なコメントは炎上を呼びます。
    もしもこの一件で地元民が動いたらあなたに批判的コメントで炎上する事でしょう。
    私も討論はしたくないのでこの今回のあなたが投稿した批判的コメント全体を削除し二度と国吉駅と大多喜に顔を出さないことを望みます。

    それならば是非とも二度と来ないでいただきたい。
    ボランティアで頑張ってくれてる彼が制作意欲を無くしたり、ボランティアで草刈りしてくれてる人やボランティアで街中や鉄道を案内してくれてる人のテンションが下がるかもしれないので…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)