にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

DA17-70mmF4ALの実力は如何に?

2011年08月16日 00:00

和の壷

和の壺

Pentax K20D, SMC DA17-70mmF4AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



昨年、Pentaxから何日かDA17-70mmF4ALを借り、その写りの良さに感動し、常用レンズはこれしかない!、と思い続けて1年、まだ自分のものに出来ていない・・・。

ところが期間限定だが、このレンズを再び使える機会がやってきた。せっかくだからとことん使ってやろうと思っている。

「DA17-70mmF4AL レビュー」、そんなキーワードでWEBサーチしてもこのレンズの悪口が書かれているサイトはほとんど見掛けない。勿論、Pentaxの高級レンズであるスターレンズシリーズではないからベラボーに優れた描写をする訳ではないが、お値段を考慮すると、この描写は抜群!、そんな意見がほとんど。

私がレンズ対して求めるのは解像度(シャープネス)だ。どんなしょーもないレンズでも2~3段絞り込めばピントを合わせている部分がシャープなのは当たり前だが、全面でしっかりと解像しているレンズって実は非常に少なかったりする。

手元にあるDA18-55mmF3.5-5.6AL、これはPentaxの一番お手頃な標準ズームレンズの初期型であるが、このレンズはピントの合っている位置以外は全てボケるというとんでもないレンズだ。

カメラと平行である平面状の壁を撮ると良く判る。本来、カメラと平行の平面状の被写体を狙ったら、どこでピントを合わせても全体にピントが合う筈。しかし、現在の技術ではそれは不可能。これを一般に像面歪曲と言い、レンズの欠点の1つで先日も述べた通り超高級レンズでもこれが出ないレンズはない。

四隅はレンズの限界で仕方ないにせよ、全体の70~80%くらいはシャープに写るように設計しようぜ!、レンズ設計者はそんな感覚でレンズを作っていると思うのだが、このDA18-55mmF3.5-5.6ALは非球面レンズを採用しておきながらそうでなく、被写体との距離にもよるが30~50%くらいしかシャープに写らない。これはひど過ぎる。欠陥レンズと言い切っても良いくらい。

1460万画素のK20DやK-7で使うと時折腹が立ってくる。レンズを絞ってもこの欠点はほとんど解消されないからだ。恐らく初代のレンズだから600万画素~1000万画素クラスのカメラにしか対応出来ていないのだろう。

実は当初は「安いから仕方ないだろう、普及型のズームレンズなんて所詮この程度」と思っていた。でも昨年、何日かDA17-70mmF4ALを借りてその思考は変化した。このレンズはDA18-55mmF3.5-5.6よりもワンランク上のレンズではあるが、普及型ズームレンズである事に変わりはない。なのにビシッと解像してくれる。

昨年はK-5とのセットで使っていたから、カメラ側の性能(センサーそのものの解像度とパワーアップした画像処理エンジン)もあろうかと思っていたが、今回、K20Dとセットで使い、再確認した。うん、このレンズはしっかりと解像してくれる!。

DA18-55mmF3.5-5.6ALは現行ではレンズの研磨方法を変更し、所持している初期型の欠点を補ったそうだが、先日ある方から情報を頂いた。その現行のII型、II型を全天候型にしたWR型も初期型よりも良くなっているとは言え、未だに像面歪曲の欠点は克服されていないと。

つまり、現行の18-55mmのII型、WR型を使うよりもこの17-70mmの方が安心感が丸で違う。18-55mmの場合は、少しでも被写界深度を稼いだ方が良いだろうとレンズを可能な限り絞り込む事になる(F9.5~F13)。でも17-70mmだと(被写体との距離、焦点距離にもよるが)F5.6~F8で十分だったりする。2段の差がある。

18-55mmのII型は本日の時点で2.3万円前後、17-70mmは4.3万円。2万円の開きは大きいが、この2段の差はもっと大きい。ISO800で撮らないとならない風景でもISO200で撮れる、1/15秒で撮らないと駄目な風景を1/60秒で撮れてしまう。

何しろF5.6~F13まで、私のカメラは露出を0.5段にしているからF5.6、F6.7、F8、F9.5、F11、F13と6つの絞りを使える。手持ちの18-55mmともなればF9.5、F11、F13の3つしか使えないと言っても良いから表現の幅だって広がってくれる。

本日の写真、カメラと平行になっている被写体である。距離は2.5メートルくらい、焦点距離は39mm(135換算58mm)、絞りはF6.7でピントはど真ん中で合わせている。これが18-55mmだと周辺の文字は100%読めない(あくまでも手持ちの初期型)。でも17-70mmは隅まで字を読めてしまう。18-55mmのII型、WR型の像面歪曲がほとんど解消されていないのだったら、この差が2万円なのだ。

但し!、この17-70mmF4ALに過大な期待を寄せてはならない。あくまでも18-55mmよりも周辺まで解像するというだけで、なんだかんだと所詮は普及型ズームレンズでしかなく、F2.8開放の大口径ズームレンズや単焦点レンズと同様の描写をする訳じゃない。特に20メートル以上離れた遠景は「やっぱりズームだ」と思う解像しかしない(K-5とセットで使えば良くなるとは思うが)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    おはようございます。

    私はDL2をレンズキットで買った時に18-55mmを使いましたが、すぐに人に差し上げました。(笑)

    昨年Ⅱ型を買いなおして使っています。撮り比べたことはないのですが、

    以前の写真を見ると解像度まではわかりませんが、周辺の落ち込みは改善されています。

    私がⅡ型を買ったときは8,980円でしたが、すぐに6,980円に下がりました。(新宿Mカメラ)

    現在オンラインショップのアウトレットでは10,000円。ちなみに17-70mmは39,800円のようです。

    18-135mmは18-55mmよりもあまいようですね。(月カメより)

    私の場合はボケ写真が多いので、価格に見合った写りをすればよしとしています。(笑)

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    今 レフレックスを探しています。
    カメラはPEN E-P2しか無いので、アダプターを称して200-300㎜程度が欲しいのです。
    独特の輪っか模様が 今 新鮮に思えるのですが。

  3. BigDaddy | URL | -

    > ゆたかさん

    明日から3つくらいまたDA17-70mmネタ続きます(笑)。

    II型って上述した通り、聞くところによるとレンズの研磨方法が良くなったそうで、その恩恵で周辺部の解像が良くなっているのかもしれませんね。1000万画素~1460万画素にあわせたのではないでしょうかね?。

    18-135mmは評価が分かれているようです。でもやっぱり高倍率ズームですから、望遠側は使えないと思っていた方が賢明なのでしょう。

    アウトレット価格ってUS Amazoneと変わりませんね。もしかするとUSAから逆輸入しているのかもしれません。円高ですからレンズはアメリカで買った方が安いです(笑)。ただPentaxに限り、国際保証ってのがないみたいです。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃんさん

    レフレックスレンズってフィルム時代1度だけ借りた事があるだけで、知識が無いのですが、200~300mmクラスってあるのでしょうかね。どうも500mm以上のレンズって意識があります。

    ネット検索してみると500mmとか800mmとかありますが、やはり200、300mmってロシアレンズくらいしか見当たりません。昔はその辺の焦点距離、作っていたのでしょうか?。

  5. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    じいちゃんの追伸でーす!
    以前(大昔^^)シグマだったかの300を使っていました。
    わりと最近では、ケンコーから200が出ていたそうですが、OMマウントは見つかりませんね。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃんさん

    大昔に存在していたとの事、ジャンク関連が強いお店を探すしかないかもしれませんね。

    後は、M42マウントアダプターを介してロシアレンズって事になりましょうが、ロシアレンズって、無意味にプレミアが付いていて、どうも買う気になりません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)