にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

前ピンかおまえは!

2011年09月11日 00:00

路地裏で見つけた廃屋

路地裏で見つけた廃屋

Pentax K20D, Tamron 17-50mmF2.8 XR DiII

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



昨日の記事で、Tamron SPAF17-50mm F2.8 XR DiII LD Aspherical(A16)を買ったぞ!、と浮かれていたが、とんでもない事になった。

まずは伊達淳一氏が綴ったこのA16のレポート記事をご覧頂きたい。

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】タムロン SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II

この記事は購入前に読んでいた。そしてこの記事以外にもアマチュアカメラマンがやはり前ピン傾向が強い、そんな記事を幾つか発見出来てしまう。

まぁちょっとした前ピン、特に広角側だったらだったら1段絞れば何とかなるだろう、それにレンズには固体差があるから・・・、くらいにしか思っていなかった。

でも一応不安だったので様々な焦点距離を使い、被写体も50センチ、1メートル、3メートル、無限遠と色々とテストしてぶったまげた。私のレンズも前ピンなのだ。それもちょっとした前ピンではない。距離1メートルで15センチくらいの前ピンで、被写体によっては3メートルくらいでも10センチ、15センチは当たり前。

これは不思議と25mmくらいの超えるとこの傾向が一気になくなってくる。そう、伊達淳一氏が記事で語っていた事、まんまなのだ。広角域で撮影する際は1度30mmくらいまで望遠をズームし、フォーカスロックをしたまま広角側に戻し、構図を整える、そんな撮影をしないとどうにもならない。

しかし15センチの前ピンってのは異常だ。と言う事で購入翌日に返品交換。お店の人も、店のカメラで確認、「おっ、これは駄目ですね」って(笑)。そんな訳で、運良く別の在庫があり、2本目のA16を手にした訳だが、一応、すぐに店から離れず、店内を撮影したり、周辺をウロチョロしたりで確認したところ・・・、おいおい、こいつも前ピンじゃないかよ!。

どうもコントラストの弱い、細かい風景に対して広角側でピントを合わせるとカメラが悪いのか、レンズが悪いのか、AFが誤動作するようだ。試しにカメラ屋さんのカメラで試してみると・・・。おやっ?、このボディだったら問題がないなぁ~。どうやらこのレンズ、ボディとの相性があるらしい。

ちなみにこの日は自分のK20Dでテストしていて、このK20Dは手持ちのK-7と全く同じ状態になるようにPentaxサービスでオートフォーカス調整して貰っている代物だから、もしかするとその辺の事情もあるのかもしれない。そう、前日、K-7とK10Dでもテストしており、K-7では全滅、K10Dではなんとなく合っているかな?・・・。

※Pentaxのカメラの場合、レンズに送る電圧が低くなる事があるらしく、これでピントが合わない事も多い、ボディが悪いか、レンズが悪いかは一概に言えないらしい。これはPentaxのサービスの方からの情報

色々とWEBで情報を集めていると、Tamronにボディと一緒にレンズを送って調節して貰うと問題はない、との事だが(その場合、レンズが悪いと言う事になる)、ボディが1台だったらいいだろう、私もそうしたと思う。でもK-7、K20D、K10Dと3台全てにマッチするように調節するのは恐らく不可能だろう。

上述した通り、1度望遠側にズームしてそこで合焦させれば全く問題はないのだが、正直、そんなレンズ使いたくはない。結果、返品-交換-交換して貰ったレンズも返品と相成ったのだった・・・。

もしこのレンズをこれから買おう、そんなカメラマンがいらっしゃったら、広角側でのピントチェックは購入前に必ず行うように。通販での購入は絶対にやめた方が良い。そしてどうしてもこのレンズが欲しかったら(このレンズの解像度は半端でなく、値段を考慮するとGet itなレンズだ)、購入したらすぐにTamronにボディと共に調整依頼を行う事。

勿論、調整依頼は自腹となるので保証のあるレンズを購入し、購入店から依頼して貰うようにせねばならないだろう。但し、複数のボディがある場合は、このレンズは買わない方が良いと思う。私も1台しかボディがないのだったらTamronに調整依頼をし、このレンズとずっと付き合っていたかった。

A16君よ!、たった2日、212枚の付き合いだったが、君のF5.6まで絞った時の解像感、特に35mmを超えた辺りの解像は鳥肌が立っちゃうくらい、この感覚は一生忘れないよ!。

という事で、再び、レンズ探しの旅が始まった。この手のネタがお好きな方、今後数日の記事は見逃せない・・・、と思う(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. nikonfe | URL | hdScUxTA

    SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] (Model B005NII) (ニコン用)はピントが甘いのかどうか気にもならずつかってますが、正確なチェックをしてません。
    フィルム時代からそうですが、クリエイトなどでプリントしてもピントが甘いというか解像してないのが多かったせいか、諦めの境地とでもいうのか・・・
    ウエブ上ではレタッチで何とかそれもカバーできますが、撮影したものをプリントするのはごく稀だし・・・
    でも、前ピンとか後ピンになるのは残念ですね。
    AT-X 124 PRO DX II 12-24mm F4はコントラストが弱かったり暗いと合焦しないことが多く、夕暮れの街の撮影にはほとほともてあましてます。
    視力がよければライブビューという手もありますが、老眼ではそれもきついので・・・

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    せっかくのレンズ 前ピンでしたか。
    そんなに倍率の高いレンズでは無いのに残念ですね。
    僕は以前 28-300のズボラズームをD7000に使っていましたが、どの領域でも眠く写りました。
    その前のD300に17-55は満足でした。
    最近のレンズは 「何をもって 良いレンズ」と云えるのか よく分からないです。

  3. BigDaddy | URL | -

    > nikonfeさん

    自分のせいでピントが甘い、レンズそのものが劣化していたり、安くてもそもそも解像していない、それなら仕方がないのですが、評判のレンズのピントが甘いってのはメーカーとして情けなくなるし、腹も立ってきます。

    ライヴビューを多用するくらいだったら、例えば歪曲の少ないGR Digltalとかを買った方が良いのでしょうね。

    それにしてもこのA16、解像力は高いのに非常に残念です。いずれネタとして書くことになりますが、その後すぐにPetnaxにカメラ調節を依頼しましたが、全く、100%問題ないとの事でした。つまりレンズが悪い、それを相性として片付けて良いものか・・・。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃんさん

    はい、解像力には満足だったのでとても残念でしたねぇ。

    ズームレンズってどこかに必ずスウィートエリアがある筈で、高倍率ズームでも同じだと思いますが、外れレンズも多いのでしょうね。一説には高倍率ズームはSigmaの方がカリッとしているそうです。

    あと1500万画素前後のカメラの場合、1000万画素クラスのカメラよりも、レンズの欠点は確実に出るようですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)