にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

どんなレンズが欲しい? その3

2011年09月22日 00:00

橋脚

橋脚

Pentax K20D, Ricoh Rikenon XR50mmF2

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



そう毎日、カメラ、写真ネタが浮かぶ訳がない。ネタに詰まったら過去の記事を見直せ!。と言う事で、、、

どんなレンズが欲しい?
どんなレンズが欲しい その2

・・・を踏まえてのその3。

とその前に・・・。

台風、久々に関東を直撃。東京は夕方からひどかった。とっとと帰宅して大正解。私が帰宅して1時間くらいして電車が完全に止まったらしい。そして18時くらいだったろうか、突風が吹くと建物が地震のように揺れちゃうから困ったもんだ。壊れる訳はないが、かなりビビっていた。

子供の頃は学校が休校になったりと、台風が来るというだけでワクワクしていたものだが、大人になってその怖さを知っただけに、またここ数年、東京に大きな台風が直撃なんてなかったので、久々にビックラこいた。いやはや小心者である。

さて、本題。話をジャンクにまで広げるとそりゃぁ腐る程、欲しいレンズがある。

以前書いたと思うが、ある中古カメラ店のジャンク棚に開放F値がF1.2と言うだけでプレミアがついているRicoh XR55mmF1.2が5千円でお釣りが来るプライスシールが貼られていた。

電子接点のないPentax Kマウント用のレンズだが、中古、良品を見つける事が出来たら3万円近くする代物。それが5千円だ!。手にとってみると機構そのものは問題がないようで、カビ、クモリ、埃の類でジャンク扱いになったよう。多少のカビ、クモリ、埃なんて大した事ねぇぜ!。

ところがこの日、財布にお金がなかったんだな。そこで銀行へ行って戻ったら・・・、えぇ!、嘘でしょ!、たったの5分留守にしていただけだぜ!、と言う事で無念、APS-Cカメラでは85mmF1.2相当になってくれるレンズを手に入れ損なった。

またこれはフィルム時代の反対にボロ儲けなるお話。どこのカメラ屋だったか、たまたま散歩写真で出掛けた地域でカメラ屋さんを見つけ、そこに無茶苦茶安いZeiss Planar50mmF1.4があったんだ。値段までは覚えていないが、まぁ中古流通価格の半額程度だったように思う。

ジャンクではないが、「ちょい難あり」って代物。その難も何だったか覚えていないが、とにかく手に取って触った感触では別に問題はないレンズ。ヘリコイドの動きがど~のだったかもしれない。外観も草臥れていたが、AEモデル(西ドイツ製)だし、こりゃぁいいかなぁとお買い上げ。結局、そのレンズ、以降ずっと愛用し続けたのだった。

そんな一期一会の世界が中古、ジャンクワールド。

延々と探しているのが、初代、マニュアルフォーカスのTamron SP90mmF2.5Macro、52Bと言うモデル。これは昔使っていたレンズ。現行はでかい、でか過ぎる。90mmF2.8と言うスペックであの大きさはないでしょ!。マクロレンズと言うよりも中望遠レンズ(APS-Cだと135mm相当の望遠レンズ)として使いたいだけなので、あんなでかいレンズ、バッグに忍ばせるなんて不愉快極まりない。

幸い、手元にはTmaronのマニュアルフォーカスレンズ用のアダプトール、Pentax KAマウントがあるので、レンズ本体だけ買えば済む話。でもこのレンズ、中々見つからない。たまに見つかってもマウント込みだったり、「えっ?、それってボッタクリでしょ?」って価格だから中々買えないでいる。だからこそ「ちょいカビ」そんなジャンクが見つかればと常に思っているのだった。

同じくTmaronで、90mmF2.5と同時期に発売していた28mmF2.8がある。勿論MFで、アダプトールマウントを装着する事になるが、これは以前、あるカメラ屋で程度良物(ジャンクではない)が4千円で置いてあり、5分くらい悩んだが、FA28mmF2.8もある事だし、その時は買わず。でも今思うと失敗したと思うのだった。

最近インターネットで偶然見つけて面白いかもと思ったのがTokinaの17mmF3.5。MFとAFの両方があるようで、EOSマウントを良く見掛ける。Pentax Kマウントでちょい難あり、なんて代物があったら、135換算で26mm相当となり、路地裏、廃墟専用のレンズとして使い勝手はあるんじゃなかろうかと考えている。これくらいの広角だったらMFモデルでも十分だろう(もしかするとKマウントは存在しないのかも)。

とここまで書いてきて、おやっ?、3本しか思い浮かばないぞ!?・・・。書き始めでは10本近くは頭に浮かんでいたのに、本当に欲しいか?、と自問すると答えはノー、そんなレンズばかり。そう、単焦点レンズなんてお気に入りを1本見つけちまえば他に目を向ける必要は無く、手持ちのレンズを考えると、この2本以外を所持してもきっと使わないだろうな・・・、と思っちゃう。

勿論、上述したRicohのXR55mmF1.2のジャンクがあれば今度こそは即包んで貰うけど(笑)。ジャンクを薦める訳には行かないが、当たりレンズもあり(私が買ったジャンクレンズはほぼ問題なく使えている)、皆さんも、お遊びのつもりで1本行ってみてはいかがだろうか?。

本日の写真、RicohのXR50mmF2で撮っている。このレンズ、初期型はXR55mmF1.2と同様にプレミアが付いているが、所持しているのはII型。最短撮影距離が60センチに伸びてはいるが、光学系は初期型と一緒のよう。とは言え、まぁ普通の50mmレンズだろう。それでも被写界深度内に入っている部分はビシッとシャープな像を結んでくれる。ファインシャープネス+2で撮っているが、Pentaxの現像ソフトで-2に落としても全く問題はない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)