にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sigma 17-70mm VS Pentax DA17-70mm

2011年10月02日 00:00

untitled

untitled

Pentax K20D, SMC DA17-70mmF4AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



おお!、PentaxのWEBページ、デザインは以前と変わらないようだが、HOAYの名前が消えた!。新会社はペンタックスリコーイメージング株式会社となったようだ。

それを記念して何か書こうと思ったが・・・、うちはうち、我が道を行く(笑)。

Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSMの実力は如何に?

これからこの手のレンズを購入されようと言う方は上の記事も含め、少しは参考になるかもしれない。

まずお断りしておく事は、以下の内容はK-7、K20Dで撮影されたもので語っているが、両者ともカスタムモードは雅(みやび)で、彩度+1(K20Dでは+2)、コントラスト+1、ファインシャープネス2+3(K20DではFSを+2)と言う設定だ。

多くのレビュー、テストサイトはカメラのデフォルト値を使っている事から、少なくとも見た目の解像力に関しては意見がマチマチとなる。あるサイトではK20Dを利用し、カスタムモードはナチュラル、これはノーマルシャープネスで値は-1となるので、作例写真を見ても色合いは地味だし、等倍画像は寝ぼけた像になっている。

さて本題へ。気をつけなくてはならないのは、現在市場に出回っているSigmaの17-70mmF2.8-4は2種類ある。

17-70mmF2.8-4DC OS HSM
17-70mmF2.8-4DC HSM

OS、これはブレ補正機構付きと言う意味で、PentaxとSony用はボディにブレ補正があると言う事でこの機能が省略されたのが現行品となっている。でもブレ補正機構付きのレンズもまだカメラ屋さんに在庫があるようで、PentaxとSony用に関してはブレ補正あり、なしの2機種が現在新品でも流通している。

お値段を見ると旧型のブレ補正付きの方が遥かに安い。もしレンズ本体の性能そのものに変更がないのだったら明らかに旧型の方がお得。興味ある方は是非Sigmaに問い合わせて頂きたい。私はブレ補正付きが良いので、旧型を買っている。

9月20日現在、それぞれの最安値が下。

Pentax DA17-70mmF4AL (Pentaxアウトレットショップにて数量限定で4万円弱)
17-70mmF2.8-4DC OS HSM(マウントによって変わるが3万7千円前後)
17-70mmF2.8-4DC HSM(SonyとPentax用として5万円弱)

結論を言おう。

「PetnaxユーザーならPetnaxのアウトレットで4万円を切っているDA17-70mmF4ALが一番良い!」

反対にSigmaの現行品であるブレ補正が省略されたSonyとPentax用のモデルが一番お買い得感が無い。上述したようにブレ補正付きの旧型とレンズそのものの性能に変化がなかったら、買うのは控えた方が良いと思う。

では簡単に違いを挙げよう。これからは下はSigmaの17-70mmは手持ちのブレ補正付きの旧型で解説し、また比較に関してはあくまでもPentax DA17-70mmを対象とする。しつこいようだが、Sigmaの旧型と新型の違いに興味のある方はSigmaに問い合わせて頂きたい。

Sigma17-70mmの一番の欠点、それは純正とズームリングの方向が反対なのだ。Petanxの純正レンズは右に回すとテレ側にズームするが、Sigmaのそれは左に回すとテレ側にズームする。複数の純正のズームレンズをお持ちで、風景によって頻繁に取替えるようなカメラマンなら純正のDA17-70mmをお勧めする。

私も未だに咄嗟にカメラを構えると間違えてしまう(笑)。ただ、他に使うズームレンズと言えば望遠ズームだけで、不満点ではあるが、ズームリングの向きが逆だからと言って「悪かろう」、これは短絡的過ぎると思う。

レンズ内手振れ補正の効果はPentaxのボディ内手振れ補正と大して違いはない。Sigmaは4段分の効果があると言っていると、所詮、1/15秒よりも遅いシャッタースピードとなればどんな優秀な手振れ補正レンズでも焦点距離によってはブレる。

私の感覚ではPentaxのボディ内補正もSigmaのレンズ内ブレ補正でも70mm側で1/15秒、このラインがギリギリ、保険で3枚連写すればどれかは大丈夫ってところか。可能ならばどちらも1/30秒を確保したいところだ。

Sigma17-70mmにはもう1つ欠点がある。それは開放F値に焦点距離よってF2.8、F3.5を使えるようにした事でレンズが大型化した。DA17-70mmのフィルター径は67mm、Sigmaのそれは72mmと一回り大きいし、重量も50g重い。この差はボディの小さなK-7に装着すると大きい。

正直、K-7(K-5も同じだろう)にSigma17-70mmは付けたくない。実際、ほぼK20D専用となっている。と言うのもK20Dには縦位置グリップを付けている。だからレンズが多少大きくなろうが、ボディもそこそこの大きさなので気にならない。

でもK-7はせっかく小さいのだからと縦位置グリップは付けていない。もしSigma17-70mmをK-7で使うのなら、縦位置グリップを付けた方が見た目も含め、安定すると思う。

では肝心の写りはどうだろうか。

残念!、私はテストの為の風景選びを面倒で出来ないタイプ。今までDA17-70mmで4回、Sigma17-70mmでは5回の撮影に出掛けていて、うち2回で両方のレンズを持って散歩写真をしたが、厳密な比較写真は1枚も存在しないし、ボディもK-7に装着していたり、K20Dに装着していたりとまちまち。だからこれからの話は私の言葉を信用して頂くしかない。それを先ずお断りしておく。

レンズレビューや口コミ情報を見ていると、Sigma17-70mmの描写について、不思議と皆が皆、口揃えて同じ事を言っているような気がする。

1、レンズ中央の解像度は高い。
2、周辺部の描写は甘い
3、絞り込み過ぎる描写が低下する

主にこの3つ。1は確かにその通り。絞り開放でもそこそこ解像しているし、半段、1段絞れば中央部は満足そのもの。でも2や3は個人的な主観が入ってくる気がする。

私は周辺部の描写が甘いレンズって嫌いで、それに対して神経質な部類に入るが、皆が言う程、周辺部は甘くないと感じているし、四隅の際(きわ)が甘くなるのはどんな高級レンズでも同じ事。誰もが評価する、私もエクセレント!、と常に言いまくっているCanon ES-S17-55mmF2.8IS USM、これも手持ちの写真を見る限り、F5.6の状態で、四隅の際の描写は甘い。

絞り込み過ぎると・・・、これに関してはF13くらいだったら全く問題ないと思う。F16で若干画質が落ちる気もするが、「気もする」と言う程度。パソコンのモニターで等倍表示確認をしているから駄目なんじゃなかろうか?。

川や滝の水流を雲のように撮る・・・、これは三脚を立ててスローシャッターを強いられるのでF16、F22が当たり前の世界だが、そういう撮影を滅多にしない人はこれに関しては気にしないで良い。またその手の撮影が多くても、どうせ三脚を立てたりと面倒なのだからNDフィルターを装着して光量を落としてやればおおよその条件でF16以内に収まると思う。

描写をDA17-70mmと比較すると中央部分はSigmaの方が勝っている気がする。そして周辺部はどっこいどっこい。そして四隅はDA17-70mmの方が確かに像の流れなど少なく、F8、F11まで絞れば綺麗に解像している。でもこれらは僅かの差。ブラインドテストをしたら、一般の人は区別が付かないと思う。少なくとも私は判らないだろう。

言葉で表現すると、DA17-70mmは非常にフィルム的。一見したシャープ度はSigmaの方が上だが、DA17-70mmは画面全体が綺麗に整っているような気がする。Sigmaのそれはデジタル的な画質とも言えるかも。でもシャープな像が好きな私にはかなり気に入った絵を吐き出してくれる。ちなみにDA17-70mmもファインシャープネスを+2、K-7ならファインシャープネス2を+2で十分にカリッとする。

両者共に弱いのが望遠側。これも厳密にテストした訳ではないが、50mmを超えたくらいから広角、標準域よりも甘い描写になっている。勿論、近くの被写体にピントを合わせていれば絞り開放でもビシッと解像しているが、遠景、無限遠風景だと、F8まで絞っても若干眠い。だからこそのファインシャープネスで、Pentaxユーザーはこの2本のレンズを使う際は常にファインシャープネスを使う事をお勧めする。

では超音波モーターの具合はどうだろうか。Sigma17-70mmを購入したお店の店員さんはDA17-70mmの方が合焦速度も合焦率も高いと言うが、私はどっこいどっこいだと思う。個体差もあるかもしれず。これに関してはコンマ何秒こっちが速い!、なんて計測も出来ず。あくまでも体感として気にならないレベル。

でもこれだけは言える。通常のモーターを利用しているDA18-55mmF3.5-5.6ALよりも両者は合焦速度も合焦率も遥かに高い!。特に近影撮影、マクロ領域(3本とも20数センチのちょっとしたマクロ撮影が出来る)での差は歴然だ。

フォーカス関連でSigmaが頂けない事がある。それはフルタイムマニュアルフォーカス(Pentaxで言うクイックシフトフォーカス)ではない事。SigmaはAF使用時にはAFしか使えない。AFを駆動させて微調整をMFで行うにはAF/MFスイッチで切り替える必要がある。普段はAFしか使わないから気にならないだろうが、マクロ領域の撮影ではほんのちょっと不便かもしれない。

そのマクロ撮影ではSigmaの方が上。DA17-70mmは最短撮影距離が30センチ、Sigmaは22センチ。これらはセンサーからの距離だから、望遠側で撮るとフードが邪魔になる事があるくらい(笑)。ただ、私はマクロ撮影に興味はないし、マクロ撮影に興味のある方ってマクロレンズをすでにお持ちでしょ?。特徴と言う程でもないとは思うが・・・。

ここまでの評価を総合すると、PentaxユーザーはやっぱりDA17-70mmF4ALをお勧めしたい。では何故敢えて私はSigma17-70mmを購入したか?、安いだけではSigma17-70mmは買えない。それは広角域でF2.8、標準域でF3.5の開放F値を持っている点だ。元々F2.8固定のズームレンズが欲しかったのだから、それ以外に理由は見当たらない。

暗い場所、廃墟や夕暮れ時の陰になった路地裏・・・、そんな撮影が多い私は少しでも明るいレンズが欲しい。DA17-70mmは全域でF4であるが、Sigmaは17~21mmくらいまではF2.8、その先~45mmくらいまでF3.5であるから、F5.6で撮影すると、DA17-70mmは1段絞っただけ、でもSigmaは広角域では2段も、標準域では1段半絞れる。これは画質において非常に重要だ。

お持ちの機材がPentax K-5ならISO3200までは常用域、人によってはISO6400もオーケーだからこの辺はあまり関係なく、素直にDA17-70mmを買いなさいと結論付けるが、手持ちのK-7とK20Dが常用出来るのはISO1600まで。暗がりでの撮影ではF4.5、F5.6周辺をキープ出来るか出来ないかが鍵なんだ。同じF5.6ならより絞り込めるSigmaの方があり難い。

余談だが、その手の撮影では一脚の使用を考える時期かもしれない。手元にある一脚は相当に頑丈で、柱や壁に背中を押し付けられるのだったら三脚と変わりない効果を期待出来、1/4秒でもシャッターを切れる可能性が高い。三脚?、いいえ、三脚は大嫌い。持っているけどこれまたそこそこ重たいから背負いたいとは思わない(笑)。

おっと、書き忘れた。絞りを開けた状態でのボケ具合、どちらが美しいか・・・。申し訳ない!。私はボケに関しては全くの無関心人間で、その比較テストをするのを忘れてしまった!(笑)。今月もDA17-70mmを何日か借りる予定なのでその時にちょっくらテストしてみるとする。

と言う事で、ちょっと片手落ちな比較だったが、如何だったろうか?。言葉だけでレンズの特徴を説明しても説得力がないかもしれない。またレンズの評価は主観で決まる。中にはDA17-70mmもSigma17-70mmにも否定的な私以上に画質に煩い人だっている。だから鵜呑みにせず、あくまでも参考程度にとどめて頂きたい。

さて、本日の写真、一応これがDA17-70mmのボケ(笑)。レタッチせずにJPGの撮って出し。21mm(135換算31mm相当)を使い、1段、F5.6に絞っての撮影。これが綺麗なボケだか汚いボケだかは判らないので皆さんで判断されて欲しい。この日はSigma17-70mmも持参していたので、ここで同じ写真を撮るべきだったと猛反省。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんにちは。

    私もDA17-70mmをそのうちにと思っていたのですが、F4というのがもう一つで。
    先月、胃カメラを飲んだこともあってか、オリンパスが気になり始め・・・(笑)
    考えてみると、HOYAって違和感ありましたね。リコーがしっくりきますね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ゆたかさん

    Pentaxのレンズは像面歪曲(ピントを合わせた以外がボケてしまう収差)するのが多いので、被写界深度に従ってレンズを絞っても意味のないレンズもあります。DA17-70mmも良いレンズだとは思いますが、やはりピントの合っている部分とそうでない部分の絵の差がちょっと激しいかもしれません。風景写真はF8まで絞れって事でしょうね。

    そう言えば胃カメラのドラマってもう放映しちゃいましたっけ?。見ようと思っていたのですが。でも内容は判っているんです。昔、NHKで、確かプロジェクトXだったと思いますが、ドキュメントで見ましたから。

    今後、pentaxのショールームにricohのレンズや、GX100を首からぶら下げたままでも嫌な顔されないでしょうし、ricohのショールームにもpentaxカメラ持って行けば、少しは違った目で見られるのでしょうね(笑)。

    私が次に買うのは恐らくricohのGXR+S10・・・、うーむ、pentax、ricohチームから当分抜け出せそうにありません。
    そうそう、ゆたかさんのサイトを見た後、昨日の話です。写真仲間に、ミラーレス欲しいけど何がいいかな?、と問われたので、ゆたかさんが歩まれたまま、E-PL1sかE-PL2のレンズセットがお得だぜ!、と言っておきました。調べるとLumixのGF2のダブルレンズキットってのはさらに安く、その3種から選ぶそうです。やっぱりブログって影響力ありますよ。




コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)