にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Ricoh Mount A12って面白いかも!?

2011年11月11日 00:00

Egg

Egg

Ricoh GXR, 28mmF2.5

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ,プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



RicohからはMount A12も貸りる事が出来た。でもMレンズなんて持っていないし、M用マウントアダプターもないので手持ちのPentax Kレンズを装着して遊べない。でもRicohショールームのオヤジさん個人所有のGXRを見せて頂き・・・。

そのMount A12には宮本製作所のM-Kマウントアダプターが付いており、その先を良く見たら私が欲しいレンズリストのベスト3に常に入っているRicoh XR55mmF1.2があった。Mount A12はAPS-Cセンサーなので85mmF1.2相当のレンズとなる。羨ましい・・・。

このXR55mmF1.2はPentax Kマウントであるが、電子接点は付いていない。でもこれがGXRを利用すると絞り優先AEとなる。絞り込み測光だからレンズを絞れば絞る程、ファインダー、もしくは背面の液晶画面は暗くなって行くようだが、MFアシスト機能と言うのだろうか?。

ピントの合っている部分のエッジを際立たせたり、エッジ部分だけを表示させたり出来るのでピンボケ写真を量産する事はなさそうだ。しかもシャッターを半押しした瞬間にこのアシスト機能が解除され、通常の表示に戻り、構図チェックも出来ちゃうと言うのだから、Ricohさん、上手く考えたなぁ、大いに感心。

正直、一眼レフにマニュアルフォーカスレンズを装着して露出とピントを合わせてシャッターを切るよりもGXR+Mount A12のセットの方が素早く写真を撮る事が出来るのではなかろうか?。勿論、85mmF1.2相当のレンズの絞り開放で写真を撮れば、被写体との距離によっては後ピン、前ピンも覚悟する必要はあろうが、それは一眼レフでも同じだし、むしろコントラストAFを利用しているコンデジの方がピンとは正確とも言われている。

とにかくこのMFのアシスト機能は広角レンズを用いた時に大いに威力を発揮しそうだ。Pentax K-7、K-5のファインダーを持ってしても広角レンズをマニュアルフォーカスでピントを合わすのは大変で、それがGXRでは簡単に決まってしまうのだから。

OlympusのPENデジはこのMFアシストとしてピントを合わせる部分を拡大する機能があるが、店頭で試した限りではMount A12のMFアシストの方が一眼レフとほぼ同様に扱え、使い勝手は良いと思う。実際に写真を撮った訳じゃないので、あとは精度の問題か?。もし本当に精度がしっかりと出てくれているのだったら、古いMFレンズを使うのならGXR+Mount A12の方が上のような気がする。

Mount A12はセンサー付きのマウントアダプターでしかないので、要するにセンサーと画像処理エンジンだけの値段とも言え、(現時点の実売として)5万5千円と言うのは高い気もする。OlympusやLumixであれば各種マウントアダプターを買えば済むのだから、安価で様々なメーカー、年代のレンズを使うのだったらOlympus、Lumixのマイクロフォーサーズ連合に軍配が上がる。

しかも現行のレンズもOlympus、Lumixは相互乗り入れ可能だからして、気軽に様々なレンズを使うのだったらやはりマイクロフォーサーズ連合の方が良いのだろう。

センサーの大きさをどう考えるかだが、所詮、135フルサイズではなく、APS-Cとフォーサーズであるからしてあまり気にしないでも良いのではなかろうか?。標準レンズにしてもフォーサーズなら24~28mmレンズ、Mount A12なら35mmレンズを持っていればそれが135換算で50mm前後の画角となり、両者とも不満はなかろう。

またこのMount A12は他のA12のレンズユニットと同じく手振れ補正が付いていない事も考慮しなくちゃならないだろう。OlympusのPENデジはボディ内手振れ補正が付いているから、レンズアダプターを介して装着出来る全てのレンズで手振れを軽減出来る。

これは買うまでに相当に悩むと思う。きっと来年にはPentax K-5とNikon D7000とで悩んだ以上にGXRにするかPENデジにするか、じっくりと考え込む筈だ。上場廃止になったらどうなるか、その辺も見定めねばならず、まぁきっとそうやって悩むのが楽しいのだろう。「このカメラとレンズを使ったら・・・」、そうやって妄想する、妄想中は悦に浸っちゃう私だ。

本日の写真、冒頭に書いた通り、Mount A12は使えなかったのでA12ユニットの25mmF2.5での撮影。どうも135換算28mmレンズと言えばこういう風景がお似合いに思ってしまう。

何て言えばいいのだろう?、あくまでも個人的な感覚でしかないが、Ricohの優秀なGRレンズ、それもフィルム時代から力を入れているRiochの代表的な焦点距離である28mmレンズ、それを広角レンズらしくパースを無理矢理強調させて当たり前に撮るなんて面白いとは思わわない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. frog | URL | -

    私は元々「R-D1」を使っていたので、Mマウントレンズを数本持っていたので「Mount A12」を発売当日に買いました。
    使い勝手はよいと感じていて、コンパクトでもあり今はメインカメラになりつつあります。

  2. BigDaddy | URL | -

    > frogさん

    MFレンズ群を使うシステムとしては恐らくPENデジよりもGXR+Mount A12の方が、しっくり来る気がします。とにかくピント合わせのアシスト機能が秀逸でしたねぇ。

    ただ私の場合は、Mレンズも持っておらず、手持ちのレンズを使うにせよマウントアダプターも購入せねばならず、となると本体、EVFなども含めると10万円コース、これはちょっと高いと感じています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)