にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

カラーからモノクロにする難しさ

2011年12月01日 00:00

蔵の風景

蔵の風景

Pentax K-7, Tamron AF18-200mmF3.5-6.3II

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



「My Favorite Things ~写真生活~」の11月の写真は全てモノクロ写真にした。勿論、それはフィルムではなくデジタル写真から・・・。

30枚選んでみて、モノクロ写真の選択は難しいと感じた。モノクロが難しいのでなく「モノクロ写真にする画像の選択が難しい」のである。

と言うのも・・・。

モノクロフィルム、もしくはそれからのプリントからクオリティの高い写真、好きな写真を選ぶのはとっても簡単だ。フィルムが何十本あろうが、モノクロプリントが何百枚あろうが、その中から30枚を選び出すのは容易。

ところが、デジタル写真の場合、カラー画像を見ながら、これをモノクロにしたらどうなるだろうか?、それを想像しながら選択しなくちゃならない。これが意外と難しい。

と言うのも、デジタルのモノクロ写真はフィルムのモノクロ写真と違って、現像やレタッチで様々なフィルターワークが使える。フィルムの場合、レンズにグリーンフィルターやレッドフィルターを装着するだけだったのが(私はモノクロ用フィルターはほとんど使わなかったが)、デジタルの場合、部分的に様々なモノクロ用フィルターを使える。

また、覆い焼き、焼き込みもピンポイントで処理出来るし、セピア調にも単色に偏った色調や、セピアとはまた異なるオールドフォトっぽい色相にも自在に変化させる事が可能だ。

パソコンに表示されている1枚のカラー写真を見て、ここはグリーンフィルターで、ここはブルーで・・・、この部分は焼き込んで、こっちは覆ってやって・・・、そんな事を頭の中で考えながらだから候補を選び出すのがやたらに大変だったりする。

しかもその候補の数枚を実際に現像、レタッチして、イメージと反する写真もあったりと、1日1枚のモノクロ写真を作るだけでもエライコッチャなのだ。

モノクロ写真を撮る時はフィルム時代と同じく、モノクロを撮るつもりでカスタムイメージもモノクロモードに設定しちゃう、そう書かれているカメラマンブログがあり、「不思議な人だなぁ。デジタルなのだから後でカラーにするかモノクロにするか考えるだけでいいじゃないか」と思ったものだが、こうやって実際に、1日1枚、1ヶ月30枚のモノクロ写真を作ってみて、なるほど、この方の思考も間違いじゃないなぁと感じた。

昨年夏、K-7を買ってすぐの旅行で、何を思ったか、最終日、朝の散歩の時に何枚かモノクロモードにして写真を撮っていた。その後、モノクロモードと通常のカラーモードに戻すのを忘れて、何十枚とモノクロのまま写真を撮ってしまっていた。

Pentaxデジタル一眼レフの場合、JPGしか保存していないとモノクロモードにした途端、カラー情報がファイルから破棄される、これを家に帰ってから知った。運良く、数十枚で気が付いたから良かったものの、気が付かないで撮っていたら・・・。

ふと思った。デジタルカメラを利用されているカメラマンでも、「モノクロ専用デジタルカメラ」を用意されている方がいらっしゃるのではなかろうか?。カスタムイメージをモノクロモードにして、JPGファイルだけを保存すれば、今も書いた通り、後からカラーに変換する事は出来ない。そういう「モノクロ縛り」をしているデジタルなカメラマン、きっといると思う。

さて、本日の写真、そのK-7でモノクロで撮ってしまった写真をと思ったが、今、見返しても使える写真がない!。そこで、カラーに戻してからの写真をモノクロに変換した。

不思議な風景だ。元々は蔵だったようだ。でもそこに板塀とトタン板をカモフラージュ?、している。蔵そのものが劣化しているのか、蔵だと判らぬようにカモフラージュしたのか?。いずれにせよ、外を覆っている板塀も劣化し、崩れている。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. 鳩生 | URL | -

    初めまして

    写真素敵です!!

    昔の風景とも言えない、でも今の風景・・・
    凄く好きです!!

    またお邪魔させていただきます^^

  2. chacha | URL | -

    初めまして。こんにちわ。。

    実は、私、写真教室なるものに10月末から通ってまして。
    今時なんですが、フィルムのモノクロカメラで、『形』『質感』にひたすらこだわりながら、
    現像・プリント作業も含め、写真の勉強をしています。
    (フィルムをリールに巻くのさえ、うまくできない超初心者ですが、、苦笑)

    BigDaddyさんのお写真、とても、勉強になるので、
    時々お邪魔させていただいてました。

    これからも、楽しみにしています。

    蔵の風景、、存在感あって、かっこいいですね。。

    ぽちりん☆

  3. Blanc.Noir | URL | JalddpaA

    こんにちは。

    文章中にあったように、設定をあえて「モノクロ」に固定して撮影しております。
    以前はRAWで撮ってあとでモノクロ変換していたのですが、おっしゃるとおり面倒になったのと、露出も同じ被写体でも、カラーとモノクロって違ったりしますよね。被写体とモノクロ写真として真剣に向き合おうというコンセプトだったりします。単なる自己満足だったりしますが(笑)だったら銀塩にいけば良いのですが、デジタルならではの低コストは魅力的なものでw

  4. BigDaddy | URL | -

    > 鳩生さん

    昔の風景とも言えない、でも今の風景・・・、このような写真を追求していると言っても良く、お褒めの言葉として非常にありがたいものです。汚いだけの風景、古いだけの風景でなく、郷愁を感じる、そんな風景を今後も撮って行きたいと思っています。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  5. BigDaddy | URL | -

    > chachaさん

    写真をお褒め頂き、ありがとうございます。

    今時でもchachaさんの試み、基本を学ぶと言う事で意義があり、それはデジタルカメラになっても十分に活かせることだと思います。私も将来的考えている事ですが、いつか、135フィルムでなく、もっと大きなブローニーなどのフィルムにも挑戦され、現像、プリント、そこまで到達すると、フィルムを大きく引き伸ばした時の感動を味わえる思います。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  6. BigDaddy | URL | -

    > Blanc.Noirさん

    思考を変えるって良い事だと思っています。本文に書いた通り、あえてモノクロ設定でデジタルカメラを使われている方に疑問を持っていましたが、なるほど、そういう事か!、と実に目からうろこでしたよ(笑)。

    自己満足でも良いと思いますよ。むしろ自己満足から始まり、自己満足するからこそ、他の方に写真を見せる事が出来るのかもしれません。やっぱり写真を撮ったらドヤ顔しなくちゃ面白くありませんしね(笑)。

  7. kenji | URL | tHX44QXM

    いつも見ています!

  8. BigDaddy | URL | -

    > kenjiさん

    短いコメントながらやる気が出来ます。ありがとうございます。

  9. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは
    僕もいろんな方法でモノクロを楽しんでいますが、茶系なモノクロにしても 当ブログでは、青っぽく表示されてしまいます。
    きつくすると完全な茶色になってしまい、なかなか思う様にはいきません。

    今回のお写真、僕のPCでは やや茶色っぽく見えるのですが、それで正解なのでしょうか。

    蔵を保護する為の板でしょうか。
    階段にしろ、絵になる風景ですね。

  10. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃんさん

    使われているパソコンのモニターによって、またWindowsとMacの違いでも全く見えている絵は違いますから、その辺はインターネットの限界と言うところでしょうか。

    今回の写真、やや茶色・・・、うーん、微妙ですねぇ(笑)。私個人はそこそこ茶色を加えたモノクロに仕上げているつもりです。

    この写真、どうなんでしょうね。本文にも書いた通り、蔵をカモフラージュする為のものだったのか、不思議な風景でした。

  11. くい | URL | mQop/nM.

    こんにちは
    私もモノクロが良いと感じた場面で撮る時はモノクロ設定にしますね
    後でカラーにしてもどこか違和感が有ったりで結局モノクロにする事が多いです

  12. BigDaddy | URL | -

    > くいさん

    やはりそうですか。本文にも書いた通り、当初は、デジタルだからカラーからモノクロにすりゃいいのにと思っていましたが、モノクロの場合は、撮影時が勝負なのかもしれませんね。

    私も今後は、RAWは保存しますが、モノクロ表現が似合うような風景では、JPGの方はモノクロモードにする事を検討してみようと思います。

  13. ryu.z | URL | -

    お久しぶりです。

    モノクロ写真が題材なので、こりゃ~コメントしなきゃいけないでしょう!と気負ってみましたが、特にこれといって特別な事は全くしてません。

    私は全てカラーで撮ってPCでモノクロに仕上げていますけれど、撮る時はモノクロの目と言いましょうか?光の具合や物の造形だけを見るようにしてます。

    撮影がリズムに乗ってきた時は、時々そういうことを忘れて、目についたもので惹かれたものは何も考えず片っ端から撮っていってしまいますし、明らかに色に惹かれて撮ったという写真もあります。

    それが良い写真であればカラーでブログに載せますが、写真自体がつまらんものだったらお蔵入りです。

    私もカメラ自体をモノクロモードにしてた時もありますけど、カメラの吐き出すモノクロが気に入らないので使わなくなりました。

    撮影中に切り替えるということも、生来の面倒くさがりなのでやりません。

    大したこと書けなくてホント我ながら情けないものです。。。

  14. BigDaddy | URL | -

    > ryu.zさん

    モノクロが好きな方ってモノクロの目になっていると言いますよね。私はてんでです(笑)。見てオモロイと思ったものをただ撮るだけなので、後でモノクロ化しようとすると悩んじゃうんだと思います。

    確かにカメラが吐き出すモノクロの像ってあまりにも普通過ぎて、おやっって思ってしまいます。カラーからパソコン上でレタッチしてモノクロにした方が表現力は広がるきがしたりもします。

    言い換えると、カメラが吐き出すモノクロはフィルムでの、一般的な現像処理とプリントした時のやはり及第点程度でしかない絵と同じとも考えられ、フィルムでモノクロの実績の多い方は、カメラ上でモノクロにしていても特に違和感はないのかもしれません。

    撮影中に切り替える、これは確かに面倒で、それならやっぱり無駄かもしれませんが、モノクロ専用カメラってのを持っていた方が良いのかも、とふと思います。ただ、私はそこまでモノクロに拘っている訳じゃないので・・・(笑)。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)