にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympus E-P3レビュー その3 - まとめ

2011年12月25日 00:00

自転車のある風景

自転車のある風景

Olympus E-P3, M17mmF2.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



一昨日はE-P3で感じた良い点、昨日はその反対、悪い点を挙げてみた。今日はレビュー最終、それらを踏まえてまとめてみたい。

2日間のレビューをご覧になって、Olympusの最大の特徴であるアートフィルターに関して書かれていない、そう思われるかもしれないが、これらはプロカメラマンやプロのライターの書いたレビューを見れば一目瞭然。特にここで書くべき事ではないと感じる。

また、12月16日12月17日12月18日の記事に書いた通り、これらのアートフィルターのような絵ををPhotoshop CS5、Lightroom3で簡単に作れる事が判り、その2つのソフトを持っている私はアートフィルターを使いたいからOlympusのカメラを・・・、そんな意識は一切なくなってしまった。

※近いうちに添付される現像ソフトのOlympus Viewer 2を使い、改めて書こうと思っている。

さて、結論としては・・・。昨日書いた事だが、E-P3を含め、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ系のカメラはハードウェアとしてセンサーの限界を知ったとでも言えば良かろうか?、ISO1600は当たり前、時にはISO6400も使う私の撮影では、絶対にメインシステムにはなれない。

サブシステム、サブカメラとして持つには非常に優れた良いカメラかもしれないが、サブとしてのE-P3はお値段が張る。結果、「私自身はこのカメラには魅力を感じない」、そうなってしまう(勿論、借りて使う分には最高だ(笑))。

そこで出てくるのがPenLiteシリーズ。先々代のE-PL1s、そして一応はまだ現行であるE-PL2、この2機種は非常にリーズナブルでお買い得感が高い。外付けEVFのVF-2、もしくはVF-3を購入すると+2万円となるが、それでもレンズ込みで5万円前後と言う価格は魅力的だ。

しかしLiteシリーズはあくまでも廉価版であり(画質はほぼ同じならしい)、上位モデルはfnボタンが2つ、サブダイヤル付きなのに比べて、Liteシリーズはfnボタンは1つ、サブダイヤルは無し、この辺の操作に満足出来るか否か。アートフィルターの種類もE-P3より少ないがこれはOlympus Viewerを使えば良いだけの話。

E-PL2は量販店で何度か触っていて、購入するとしたら、1つしかないfnボタンはAFのHOMEポジション移動用、動画ボタンはAEロックに当てると思うので、メインダイヤルで露出補正するしか術は無い。まぁEVFはファインダーを覗いた状態で写る明るさが判るので、大半の風景では代理測光のAEロックで済むので何とかなるとは思っている。

E-P3とE-PL2との決定的な違いは恐らくAF関連だと思う。AFスピードはE-P3が確実に勝利するし、背面を液晶画面のタッチセンサーを利用したAFは思った以上に簡単に写真を撮る事が出来る。ちょっとした撮影なら、「ファインダーのないカメラはカメラじゃない!、それは風景コピー機でしかない!」と強調する私でさえ、タッチセンサーのAFでいいやぁ~、と思ってしまう。

要は皆さんそれぞれが何に価値を見出すかではなかろうか?。次に買うカメラはメインシステム、メインカメラになる、そんな方は高くても最新のカメラを買うべきだし、AF命!、そんな方もお値段の張るE-P3や、最新のLumixの一眼カメラであるGX1、はたまたSonyのNex-5、Nex-7らになるだろう。

反対にサブシステムとして使う、ほんのちょっとした記録や身近なスナップ主体ならば、E-PL1s、E-PL2、もしくは現行ではあるが旧モデルのLumixのGF2で十分だと思う。

OlympusかLumixか・・・、最大の違いはボディ内手振れ補正のOlympus、手振れ補正付きレンズでないと手振れを補正しないLumixと言う事になる。私個人はフォーサーズのセンサーが超高感度に弱い事も含め、ボディ内手振れ補正があった方が便利だと思う。

ボディ内手振れ補正はレンズマニアにも喜ばれる。マイクロフォーサーズのカメラはマウントアダプターを介して世界中のおおよそのレンズが装着可能だ。うちなら手持ちのK用のマウントアダプターを購入すれば、Pentaxのレンズが全て使え(AFが使えない等のちょっとした制約はあるが)、30年以上前のレンズにだって手振れ補正が可能だ。

私は・・・、来春、この手のカメラを買う予定でおり、何度も書くようにサブシステムとして使うのだから、OlympusのE-PL2、もしくはRicohのGXRのいずれか、になるんだと思う。

余談だが、もし、Pentax K-5を2台購入せずに、1台をNikon D7000にしていたら、少しお高いけど、EVF内蔵で、バッテリーが共通のNikon V1をサブシステム、サブカメラにしたいと思ったろう。Nikon D7000ユーザーはセンサーのサイズはフォーサーズよりも小さいがNikonのV1はサブとして非常に魅力的に映る筈だ。

※V1は使い勝手が悪いと言うレビューを見掛けるが、やっぱりどこのメーカーもボディを小さくすると、使い勝手まで手が回らないのだろうか?。そんなに日本メーカーの開発者って馬鹿ばっかりなのか?。Canonが将来どんな一眼カメラを発表するのか、興味あるところだ


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)